【クリック率を上げる方法】アフィリエイト広告の貼り方を解説します

 
「広告のクリック率を上げるコツについて教えてほしい。また、WordPressでアフィリエイト広告を貼る手順についても知りたい。」

こうした疑問にお答えします。


この記事では、クリック率を上げるコツも含め、アフィリエイト広告の貼り方について解説します。

 本記事の内容
  • アフィリエイト広告の貼り方

  • アフィリエイト広告を貼る流れ

  • Googleアドセンスの貼り方と注意点


ブログでアフィリエイト広告を貼るためには、ASPと契約しておく必要があります


契約していない方は、下記の記事を読みつつ契約しておきましょう。
» アフィリエイト初心者におすすめの定番ASP10社を紹介【全て無料登録できます】


 
ASPと契約した後は、広告主と提携したり、広告リンクをWordPressに貼る作業が待っているので、本記事では具体的な手順も解説します


これからアフィリエイト収入を得ようと思っている方は、本記事を読むことで広告を貼る手順や、クリック率を上げるためのコツを理解できます。

 
※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。


それでは見ていきましょう。

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

  1. ASPで案件を探す
  2. 広告主と提携する
  3. 広告リンクを貼る

1つずつ解説していきます。

①ASPで案件を探す


ASPの管理画面から広告案件を探します。


今回は、A8.netというASPを例にして画像つきでご紹介していきます。


▼まずは、A8.netの管理画面TOPページから、「プログラム検索」をクリックします。

プログラム検索



▼探したいプログラム(案件)について、「キーワードを入力」から探します。

プログラム検索

※カテゴリーで絞り込んだり、プログラム詳細を細かく検索することも可能です。

②広告主と提携する


掲載したい広告を見つけたら、次のステップは「提携申請」です。


▼右欄の「詳細を見る」をクリックします。

詳細を見る

※「一括申込み」にチェックを入れることで、複数の案件に対して一括で提携申請をすることができます。


▼クリックすると広告の詳細画面になるので、最下部の「提携申請する」をクリックします。

提携申請


提携申請」が完了すると、「審査中」というステータスが表示されます。


審査結果はメールで送られてくるので、少し待ちましょう。


▼提携完了すると、下記のように「提携中」と表示されます。
提携中


ちなみに、ブログ内の記事数が少なかったり、案件と違うジャンルの記事が多い場合は、参加承認を見送らせて頂くと告げられ落選する場合もあるのでご注意ください。


1度落ちても、再度申請すると合格できたりするので、気を落とさずに頑張りましょうね。

③広告リンクを貼る


広告提携ができたら、広告リンクを「WordPress」の「投稿記事」に貼ります。


▼「プログラム検索」から提携中のプログラムを探して、「広告リンク」をクリックします。

広告リンク作成



▼試しに、300×250のバナー広告を貼ると以下のように表示されます。

 テキスト広告の例
→クレジットカードならENEOSカードにしよう!


広告リンクは、各WordPressテーマによって、HTMLコードで貼ることになります。



2.アフィリエイト広告を貼る流れ

アフィリエイト広告を貼る流れ


続いて、アフィリエイト広告を貼る流れを説明していきます。

読者が行動を起こすタイミングが重要


読者が行動を起こすタイミングで、広告を設置すればクリックされる確率は上がります。


▼例えば、下記はレンタルサーバーをおすすめする手段として4つのサーバー会社を紹介するとします。

 WordPressでブログを始める場合に利用すべきレンタルサーバー

  1. 歴史があり安定感のあるレンタルサーバーを使いたい
    ▶︎エックスサーバー

  2. 一番コスパが良くて、最速のサーバーを使いたい
    ▶︎ConoHa WING

  3. 最新スペックのレンタルサーバーを、出来る限り安く使いたい
    ▶︎mixhost

  4. とにかく安くワードプレスを始めたい
    ▶︎ロリポップ!

※特に初心者の方は、上記の中から選べば失敗することはないでしょう。



今回の事例だと、「
WordPressでブログを始める場合に利用すべきレンタルサーバー」→「初心者は、この4つから選べば失敗しない」という流れなので、とても自然ですよね。


おそらく、読者は「レンタルサーバー選びに悩んでいるし、複数のサーバー会社を比較してみたい」という気持ちになるはずです。


こんな感じで、読者が行動を起こすタイミングでアフィリエイト広告を置きましょう。


上記をおさえつつ、読者が行動を起こしやすい具体的な3つのタイミングについて解説します。

①続きが気になるタイミング

もっと詳細について知りたい!と読者が感じるタイミングですね。


例えば、下記のように「エックスサーバーの詳細」や「公式サイト」のボタンがあると押したくなります。

\当ブログでも使用しているエックスサーバー/

» エックスサーバー

②必要だと感じたとき

リンクが必要となるタイミングはクリックされやすいです。


例えば、下記は「エックスサーバーの登録手順」ですが、手順に沿って進めていくと自然に広告が踏まれます。

エックスサーバーの登録手順

上記のような感じです。


「必要性」を意識してアフィリエイト記事を書いていくと、収益性が増していきますね!

③記事を読み終えたとき

記事を読み終えたときは、読者が行動を起こしやすいタイミングだとよく言われますね。


例えば、下記のように「まとめ」で再度アフィリエイト広告を設置するようなイメージですね。



記事を読み終えた読者は、次に何をしようか迷っている状況ですので、アフィリエイトリンクを設置しておくことで行動が喚起されやすくなるというわけです。


こんな感じで、記事を読み終えた後に、アフィリエイト広告を設置するのは必須ですね!

3.Googleアドセンスの貼り方と注意点

Googleアドセンスの貼り方と注意点

Googleアドセンスには、下記の4つの種類があります。


▼Googleアドセンスの種類

  1. ディスプレイ広告
  2. インフィード広告
  3. 記事内広告
  4. 関連コンテンツ

 

Googleアドセンスの審査に通過する方法は【Googleアドセンス合格できない】審査に通過する方法と広告設定【お助けマニュアル】をご覧ください。



アドセンスを貼るときの注意点として、「本来クリックされるはずだったアフィリエイト広告の代わりに、アドセンスがクリックされることで広告単価が下がる」ことが挙げられます。


アフィリエイト広告と干渉しあってしまう場合は、アドセンスを外すことも検討しましょう。


アドセンスとアフィリエイトは広告単価が大きく異なるので、上記の問題には注視しておきましょうね。


特に、アフィリエイトリンクが踏まれやすい場所に、アドセンスを設置しないのが大事です。


▼アドセンス広告の貼る位置については、コチラの記事でくわしく説明しています。

合わせて読みたい

  悩んでいる人 「Googleアドセンスに合格して、さっそく広告を貼ったのですが全くクリックされず、一度も収益が発生したことがありません。どこに広告を貼るのがいいのでしょうか。詳しく教えてください。」 こ[…]


まとめ:クリックしてもらえる位置に広告を設置しよう!

クリックしてもらえる位置に広告を設置しよう!

今回は、クリック率を上げるコツも含め、アフィリエイト広告の貼り方について解説してきました。


ASPに合格しているのに、アフィリエイト広告を貼っていない方は、本記事を読みつつリンク作成してみましょう。


なお、ASPを活用したアフィリエイトのセルフバックをする方法は【意外と知らない】アフィリエイトのセルフバックとは【稼ぐ方法】で解説しているので、「稼ぐ方法」や「おすすめのASP」をチェックしましょう。



また、ブログ初心者がアフィリエイト収入を得る際の心得については【収益があがる!】アフィリエイト広告の稼ぎ方【ブログ初心者の心得】で詳しくお話しています。


アフィリエイト広告はユーザーにとって自然なタイミングで設置して、しっかりクリックしてもらえるように工夫するようにしていきましょう。


というわけで、

今回は「【クリック率を上げる方法】アフィリエイト広告の貼り方を解説します」をまとめてみました。

さっそくクリック率が上がる広告の貼り方を実践しましょう!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございます

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪