家族経営の会社で働く身内の悩み【メリット・デメリット】【解決策】

 
悩んでいる人
「身内の経営者と従業員の板挟みや立ち位置の悩みにより精神的に病んでしまい私生活にまで影響が及んでしまっている。でも、こんな悩み誰にも相談できない。こうしたときはどうすればいいですか。」


こうした方の悩みに答えます

 本記事の内容
  • 1.家族経営の会社で働く身内の悩み

  • 2.家族経営の会社で働くメリット・デメリット

  • 3.家族経営の会社でやってはいけないこと


この3本立てでいきます。


これから話すことは、紛れもない僕の経験を踏まえて、今悩んでいるあなたにシェアします。


結論をいいますと身体が崩壊する前に辞めろです。


全く冷たい意見ではありません。


これからのあなた次第では、病気になってしまうことも考えられます。

1.家族経営の会社で働く身内の悩み


家族経営の会社で働く身内の悩み



まず僕は、前職(エンジニア)を辞め、義理兄が経営する会社(総合建設業)に転職した経験があります。


この時点で無理はあったのですが、当時はやる気に満ちていたので、多少の苦労は当たり前だと思いながらも、身内のためだと言い聞かせ働いていました。


しかし、そのような気持ちは長続きしません


一年くらい経つと、身内で働く者にしかわからない悩みが多々発生します。


正直、言い出したらキリがありません


僕の場合だと、経営者(身内)と従業員の間の立ち位置って、はじめは美味しそうなポジションだと思っていました。


しかし、全くの真逆でした。


辛すぎです。


なぜなら、経営者(身内)の言い分を耳にすることもあれば、従業員の言い分も耳にすることになります。


それぞれの悩みや不満がわかりますので、自身はどっちつかずになります。


というより、どっちにもつけずです。←これが正解


身内の意見は従業員に話す内容ではないです。


従業員の不満(誹謗中傷)などを経営陣(身内)には言えません。


従業員からの妬み恨みもこの立ち位置の辛さ(宿命)なのですよ。


経営者の身内であるだけに理不尽なことがたくさんありますよ。


あれ?


話せる人、相談できる人いないことに気づくのです。


納得のいかないことばかりでメンタルをずたずたにされました。


さらには、身内からは将来的に役員になってもらうとプレッシャーもありました。


そして、いつの日か身内が身内に見えなくなります。


仕事だからと言われれば、そうです


ただそれならそれで、はっきり割り切ってほしいのです。


要は、一番メンタルずたぼろになる立ち位置であるということです。


この記事を読んでくださっているあなたは共感できる人かもしれませんね。


そんなあなたは、病院に行っても問題ないと言われたりしますか?

その場合は自律神経の乱れの可能性があるので、別記事で紹介している方法を試してください。

関連記事

  「病院に行っても「なんの異常もありませんよ」と言われてしまうけど、なんとなく身体がだるい、眠れない、イライラするといった不調がみられます。この原因と治し方を教えてほしい。」 こうした悩みに答えます[…]



その後、僕は体調を崩して病気になりました。


僕には妻がいたのでなんとか回復しましたが、独身であったら命も危うかったと思います。

 

何度も辞めることを考えたのですが、身内の会社を辞めるのは、親にも兄弟にも迷惑がかかるのではないか?期待を裏切ることになるのではないか?と自分に自問自答する日々でした。


当時は自分を過小評価してしまう状態でした。


お気づきになった方もいるかと思いますが、すでに鬱に近い状態でした。


最終的には、身体を第一に考えた末に自分の意思を優先しました。


しかし、辛かったのはそこからです。


けじめをつけに自ら足を運びました。


身内の経営陣は僕の全てを否定しました。


すでに体調もよくないので、完全にノックダウン状態での話し合いでした。


会社は悪くない


僕が全て悪いと言われて終わったのを覚えています。


ひどく心が悲しみに包まれました。


かなりストーリー性がある話ですが事実です。


身内であろうと会社は会社。


会社を守ります


個人1人よりも従業員の方が絶対数も多いのですから。


会社にも守るものがある。


経営者の方なら当たり前だと言うでしょう。


ただここで身内ならではのお節介も発動します。


傷病手当はもらうな、失業保険は受け取るななどと、偉そうに。


「それは業務命令だ」と言わんばかりの感じでした。


体調の悪かった僕はその通りにするしかなく自分の思うようには話が進まず終わりました。


しかし、会社を辞めたことは僕にとって最良の選択でした。


これは間違いありません


退社後は体調もよくなり生きることも楽になりました。


まるでここからが自分の人生の始まりだと感じました。


結論、解決方法はあなたの選択次第です。

2.家族経営の会社で働くメリット・デメリット


メリット・デメリット


家族経営の会社に身内が働くメリットデメリットを僕の経験を元に説明します。


 メリット

・血が繋がっていなくても多少お金の優遇はある。

・従業員が知らない情報が耳に入る

・気持ち的に少し優越感はある

・将来の役職の話がある



 デメリット

・身内(経営者)への不信感が増す

馬車馬のように働かせられる

・従業員からの妬み恨みは当たり前

理不尽なことが多い

・会社が守ってくれることはない

・経営陣と従業員の板挟み

・頼れる人がいない

・一番辛い立ち位置

・都合の良いことばかり利用される

・身内のお節介が多い

・いざという時は、誰も何もしてくれない。

・身内と従業員から一歩離れて見られる。

・期待などのハードルが高い

・…..まだまだたくさん。


圧倒的にデメリットが多いことがわかります。


どちらも半々くらいの条件であれば続けることが可能だとは思います。


僕はデメリットが多かったこともあり退職する結果にたどり着きました。


中には、うまくいく人もいますが、僕と同じ境遇であるあなたが僕と同じような思いをしてほしくはありません。


今、人生を考え直すきっかけができたと思うことがあなたのためだと思います。


身内だから言いづらいことや自分ではどうすればいいのかわからないこと、不安なことがあると思います。


自分1人で悩み続ける人を救うために退職代行を扱うサービスも当たり前のように全国で利用されています。


身内だから話しづらいお金の話手続きの話全てお任せできます。


僕はこのサービスを知らなかったので自分で行動し、お金の話もうまくできず、損したばかりか、全否定されて終わりました。


悔しい思いです。


この記事を読んでいただいているあなたは、そんな思いをする必要はないです。


自分を救うのは自分です


僕のように後味悪く終わりたくなければ退職代行をおすすめします。


今の時代では、円満退社が難しいので退職代行を使った方が円満退社に繋がります。


おすすめの退職代行サービスはこちらです。

\円満退社のことなら「退職代行NEXT」/

>> 退職代行サービスのNEXT

お客様満足度が高く、メールでのお問い合わせ、LINEでの相談ができます。

 

3.家族経営の会社でやってはいけないこと


家族経営の会社でやってはいけないこと


家族経営の会社で身内が働く際にやってはいけないことがあります。


それは弱みを見せてはいけないということです。


この記事にヒットしているあなたならわかるはずです。

そして、自分の身体にをつくことです。


最悪の場合は、会社にいけなくなり関係性が悪くなります。


自分の体が健康であることが、そこで働くいちばんの条件にしてください!


▼もうすでに退職代行をお考えのあなたには、もう一つ紹介します

LINE申し込みからの手軽さと料金が一律で追加料なし。
自分から会社に連絡することはなくどんな条件であれ即日から出社せず退社可能です。
東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が行うので違法性なく安心・確実に退職できます。



違法性なく安心・確実に退職するなら

>> 【退職代行ガーディアン】

手軽さ、低費用、確実性も高く、リスク0です。


僕は無能なあまりに円満退社にはなりませんでした。

このサービスがあるなら使いたかった

やるせない思いです。


もちろん、人それぞれやり方はあります。


ただ、選択の仕方未来も変わることを僕は知っています。


あなたには退職代行サービスを使用することをおすすめします。




最後に、

本記事の内容を読んで

あなたの人生があなたのものになるきっかけになることを願っています。


というわけで、

今回は「家族経営の会社で働く身内の悩み【メリット・デメリット】【解決策】」をまとめてみました。

さっそく実行して人生を変えましょう!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまでした!

 

 

 

≫フォローお願いします≪