ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

ドメインとは?【初心者でもわかる基礎知識と種類を徹底解説】

悩んでいる人
「サイト(メディア)を開設するためにレンタルサーバーを契約したのですが、ドメインも必要みたいです。ドメインとは何ですか?」

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、ドメインの基礎知識や種類について分かりやすく解説します。

 

 本記事の内容

  • ドメインとは
  • ドメインの活用方法
  • ドメイン名の決め方

 

最後まで記事を読めば、ドメインについてイメージが持てるようになります。

 

ドメインについて理解できるとサーバーとの関係性も理解できます。

 

※ これからブログを始めようと決めている人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

>> THE・THOR(ザ・トール)

 

ドメインとは

ドメインとは
ドメインとは

 

ドメインとは「インターネット上の住所」のことだと例えられています。

 

閲覧したいWebサイトの特定やメールを送るために必要です。

 

当ブログですと、URLが「https://dots-on.com/」なので、ドメインは「dots-on.com」の部分にあたります。

 

ドメインの構造

 

ドメインは、以下のような構造になっています。

 

<例えば「https://dots-on.com」を参考にします>

  • https(スキーム):通信方法を意味しますが、ドメインではないので今回は説明を省略します。
  • dots-on.com(ドメイン名):スキュームのあとに続く部分が「ドメイン名」と呼ばれています。

 

ドメインの種類

 

ドメインには「.com」「.net」「.jp」など、数々の種類が存在します。

 

数ある種類のドメインですが、意味合いについて参考程度にご紹介します。

 

gTLD

 

gTLDは、分野別のドメインで、誰でもどの国の人でも制限なく使えます。

 

一応、それぞれのドメインには意味があるのでご紹介しておきます。

 

  • .com」:商用を意味している
  • net.」:ネットワークを意味している
  • .org」:非営利団体を意味している
  • .info」:情報提供を意味している
  • .biz」:商用を意味している
  • .blog」:ブログ使用を意味している

 

ccTLD

 

ccTLDは、2文字で国や地域を表したドメインです。

 

日本のccTLDは、認識されていないかもですが「.jp」です。

 

  • .jp」:日本に住所があれば取得できる
  • .co.jp」:日本に登記がある企業のみが取得できる
  • .ne.jp」:日本に住所や登記があるネットワーク提供者であれば個人でも法人でも取得できる

 

ccTLDのドメインは「住所が日本であること」や「企業であること」など取得条件がある場合も多いので注意しましょう。

 

「.co.jp」「.ne.jp」などは、属性型JPと呼ばれていて、日本在住に加えて「企業であること」や「ネットワーク提供者」などの取得条件を満たした人しか取れません。

 

 独自ドメインと共有ドメインの違いとは

 

これまでは、ドメイン名の種類について話しましたが、ここで「独自ドメイン」と「共有ドメイン」の違いについても説明していきます。

 

ドメインは大きく分けると「独自ドメイン」と「共有ドメイン」の2つがあります。

 

この違いを理解しておくと、自分の使用目的に合うドメインを選べるようになります。

 

独自ドメイン

 

独自ドメインは、個人で所有しているドメインのことです。

 

ほかの人が同じ名前を使用することはできません。

 

独自ドメインの取得方法については【無料あり】独自ドメインとは?【取得方法と費用を徹底解説】にて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

共有ドメイン

 

共有ドメインは、1つのドメインをみんなで共有して使用する場合のドメインです。

 

例えば「はてなブログ」でブログを始めた人は「hatenablog.jp」というドメインを共有して使用しており、独自ドメインとして持っているわけではありません。

 

ちなみに、独自ドメインも共有ドメインもそれぞれメリット・デメリットがありますので、以下で説明します。

 

独自ドメインのメリット・デメリット

 

 メリット

  • 信頼度が高い
  • 契約をやめない限り永久に使える
  • 検索エンジンで上位表示されやすい

 

 デメリット

  • 維持費が年間1000円前後かかる
  • 準備するのに少し時間がかかる

 

独自ドメインは、年間1,000円前後の費用がかかりますが、共有ドメインよりも信頼性が高く、使い方の幅も広がります。

 

ホームページやWebサイトでSEO対策をしっかりしたい人や信頼度が高いメールアドレスを使いたい人は、独自ドメインがおすすめです。

 

共有ドメインのメリット・デメリット

 

 メリット

  • 無料で利用できる
  • アカウント登録だけで簡単に使える

 

 デメリット

  • ドメイン名を好きに選べない
  • サービス提供が終わればなくなってしまう

 

共有ドメインは、無料で利用できる分、使い方が制限されてしまいます。

 

メールアドレスやホームページを無料で使いたい人に向いてます。

 

ドメインの活用方法

ドメインの活用方法
ドメインの活用方法

 

 ドメインの活用方法

  1. Webサイトを作る
  2. メールアドレスを作る

 

①:Webサイトを作る

 

Webサイトを作成するときにドメインだけではなくサーバーも用意する必要があります。

 

Webサイトをはじめて作る場合にドメインとレンタルサーバーを同時に申し込む方は、下記を参考に申し込んでみてください。

 

>> WordPressブログの始め方【初心者でも最短10分の作り方】

 

②:メールアドレスを作る

 

ドメインは、メールアドレスを作る際にも活用できます。

 

メールアドレスの@以下の文字を自由に作りましょう。

 

ドメイン名の決め方

ドメイン名の決め方
ドメイン名の決め方

 

ドメイン名は、ブログの入り口となるので、覚えやすく分かりやすいものにすることをおすすめします。

 

 ドメイン名を決める2つのコツ

  1. サイトの内容を表現する
  2. 長過ぎないようにする

 

例えば、1人キャンプを紹介するサイトを作るなら、ドメインに「camp-alone」といった文字を入れるとサイトの内容が表現できます。

 

ドメイン名が長すぎると覚えづらく、アクセスが減る場合があるので簡潔にしましょう。

 

ドメイン名の決め方は、ブログに適したドメイン名の決め方を解説!【おすすめのドメインサービスも紹介】にて詳しく解説しています。

 

まとめ:ドメインとサーバーは同時取得がおすすめ!

ドメインとサーバーは同時取得がおすすめ
ドメインとサーバーは同時取得がおすすめ

 

今回は、ドメインの仕組みや種類について解説してきました。

 

最後に本記事の内容をおさらいしましょう。

 

  • ドメインとは、インターネット上の住所で、いくつか種類がある
  • ドメインは、独自ドメインと共有ドメインに分かれる
  • 独自ドメインと共有ドメインにはどちらもメリット・デメリットがある
  • ドメインは、Webサイトやメールアドレスで活用できる

 

これからレンタルサーバーを契約される方は、ドメイン無料キャンペーンなどもあるのでよく確認しておきましょう。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「ドメインとは?【初心者でもわかる基礎知識と種類を徹底解説】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。