200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

20代でお金持ちになるための思考【その謎に迫る】

  • 2020-10-12
  • 2021-09-07
  • 学び
  • 35view
社畜会社員
「毎月の少ない固定給料を待つ生活に不安を抱いています。どうしたらお金持ちになれますか?」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、20代でお金持ちになる思考について解説します。

 

 本記事の内容

  • 20代でお金持ちになるための思考
  • お金持ちが知っている資産と負債の違い
  • お金持ちになるためにやる事は?

 

生きていれば必ず起こるお金の悩みですが、お金持ちになる方法はなく、お金持ちに近づくために考え方を変える必要はあります。

 

※ 当ブログでは「会社員の収入に依存せず、個人で稼ぐ力をブログで身につける」をテーマに、ブログ運営やアフィリエイト、SEOに関するノウハウを、200を超えるコンテンツで無料公開しています。ぜひお役に立てれば幸いです。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

20代でお金持ちになるための思考

20代でお金持ちになるための思考
20代でお金持ちになるための思考

 

あなたは以下に当てはまりますか?

 

  • お金持ちになりたくない
  • すでにお金持ち

 

どちらもNOであれば考え方を変えなければなりません。

 

あなたはどんな人生を求めますか?
安定、快適、金持ち

 

もし、安定や快適なら今のままでもすぐになれます。

 

ただし、お金持ちになるには難しいでしょう。

 

一般的に多くの人がごく普通の家庭で育ち、当たり前と言われる謎の決まりごとの中で生きています。

 

さらに、お金に関する話は行儀が悪いことだと叩き込まれてきました。

 

よって、お金に苦労することになるのです。

 

家は資産なのか?

 

持ち家が資産だと考える人はお金持ちにはなれない可能性があります。

 

例えば「アパートに住むよりも家を購入したほうが毎月のお支払額は変わらず、最終的には自分のものになるから資産になる」といいます。セールスの話でもこういった内容で交渉されます。

 

こうした考えこそ資産と負債の違いがわかっていない証拠です。

 

お金持ちが知っている資産と負債の違い

お金持ちが知っている資産と負債の違い
お金持ちが知っている資産と負債の違い

 

あなたは、お金の流れ(キャッシュフロー)をご存知ですか?

 

  • 資産:プラスのキャッシュフローが毎月入ってくる
  • 負債:マイナスのキャッシュフローが毎月出ていく

 

つまり、家のローンは負債であることが分かります。

 

簡単な話、毎月お金が出ていくからです。

 

最終的に自分のものになっても、家は毎月お金が出ていくことがあっても、入ってくることはありません。

 

それらは、税金等が考えられます。

 

家は資産ではない

 

ここまでで家が資産だという洗脳は解かれたと思います。

 

お金の知識(ファイナンシャルリテラシー)がない人が多い理由は、完全に教育にあります。

 

そして、ほとんどの人が、大人になるまでお金に関する勉強をしていません。

 

日本は学生のころから「会社に入りなさい。公務員になりなさい。医者になりなさい。弁護士になりなさい。」こうした職業が偉いというような洗脳の中で育てられました。

 

多くの人が経済的に苦しんでいる理由は、何年も学校に通いながら、お金に関して何も学んでいないことです。

 

今まで私たちは、学業においてお金のために働くことを学んできたのです。

 

お金持ちになるためにやる事は?

お金持ちになるためにやる事は?
お金持ちになるためにやる事は?

 

 社会人を大きく4つに分類

  1. 従業員:金持ちになれない
    →ほとんどの人たち
  2. 専門家:金持ちになれない可能性あり
    →医者や弁護士のような人たち
  3. 経営者:金持ちになれる可能性あり
    →会社の役員や事業主の人たち
  4. 投資家:金持ちになれる
    →投資運用している人たち

 

現在は、昔ほど学歴が関係ない時代になってきている故に、学歴の低い人のほうが稼いでいたりします。

 

▽さらに大きく分類します。

  1. 従業員・専門家
    収入 → 税金 → 支出
  2. 経営者・投資家
    収入 → 支出 → 税金

 

ここでは、税金と支出の順番が違うことが分かります。

 

例えば、100万円の収入を前提として説明します。そのうち税金は収入の50%として毎月の支出を40万円とします。

  • 前者は、100万円の収入から50万円の税金を支払い、40万円を支出します。残りは10万円です。(100/2-40=10)
  • 後者は、100万円の収入から40万円を支出し、30万円の税金を支払います。残りは30万円です。((100-40)/2=30)

 

上記のような差が生じます。

 

<他の違い>

  • お金がない人(消費)(一年休んだら破産)
    →資産にならないものを買う
  • お金持ちの人(投資)(一年休んでもお金が入る)
    →資産になるものを買う

 

少しずつわかってきたかと思います。

 

つまり、投資側にスライドすればお金持ちになれる可能性が近づくということです。

 

では投資とは何をするのか?

 

投資とは、資産運用のことです。

 

例えば、株、債券、不動産など。

 

あなたがこの話を知らないと、お金を自分のために働かせることを知らないまま一生を終わらせてしまっていたかもしれません。

 

お金持ちになりたいなら、お金の仕組みを学ぶことです。

 

はじめから投資に手を出すことはオススメしません。というのも、いきなり投資を始めることは、車に乗ったこともないのに、目をつぶって運転するようなことです。

 

<お金と人生について参考になる本>

 

 

  • 労働時間を減らして収入を増やしたい人
  • 税金を減らして、経済的に自由になりたい人

 

そんな思いのある人は、こちらもおすすめです。

 

 

上記の書籍は、お金の知識をくつがえす驚きと、わかりやすさから今のあなたにバッチリ合う内容だと思います。

 

ぜひ、購入してでも読んでみてくださいね。今後、あなたの人生にヒントを与えてくれるでしょう!

 

というわけで、

今回は「20代でお金持ちになるための思考【その謎に迫る】」をまとめてみました。

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。