200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

フランチャイズのメリットとデメリットを解説【独立開業までの流れ】

  • 2020-11-29
  • 2021-09-07
  • 仕事
  • 18view
悩んでいる人
「未経験でもフランチャイズに加盟できるの?どんなメリットとデメリットがあるのか知りたい。」

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、フランチャイズの仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

 

 本記事の内容

  • フランチャイズとは
  • フランチャイズのメリット・デメリット
  • 開業までの流れ

 

どのような形で独立・起業するにしても必ずメリットとデメリットが存在します。

 

フランチャイズでの開業は、個人がゼロから起業するよりもメリットが多いと言われています。

 

なので、これからフランチャイズの開業を前向きに考えている方向けに、フランチャイズ加盟のメリットをご紹介していきます。

 

※ 当ブログでは「会社員の収入に依存せず、個人で稼ぐ力をブログで身につける」をテーマに、ブログ運営やアフィリエイト、SEOに関するノウハウを、200を超えるコンテンツで無料公開しています。ぜひお役に立てれば幸いです。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

フランチャイズとは

フランチャイズとは
フランチャイズとは

 

フランチャイズとは、例えばコンビニエンスストアのオーナーさんだと言えばわかりやすいのかと思います。

 

コンビニのオーナーさんは、もともと別の仕事をしていた未経験のオーナーさんがほとんどです。

 

<フランチャイズの具体例>

某コンビニエンスストアが大好きなAさんがいます。

Aさんは、このコンビニが好きすぎて仕事にしたいと考えます。

アルバイトではなくオーナーさんになりたいと考えるAさんは、某コンビニエンスストアに商品やノウハウをブランドごと権利を提供してくださいと申し出ます。

その対価として発生した売上金の何割かを某コンビニエンスストアに支払いますという仕組みのこと。

 

つまり、子会社が親会社のブランドを用いて商売を行い、手数料を親会社に支払うようなことです。

 

フランチャイズをご検討されている方は、まず親会社であるフランチャイズ本部に加盟する必要があります。

 

加盟するとパッケージされたマニュアルに従い「仕入れ・販売・集客・採用・商品開発」など、ビジネスを行う上で必要な各要素を未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築された仕組みが利用できます。

 

参考:未経験者OK!まずは資料請求から!

 

フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリット・デメリット
フランチャイズのメリット・デメリット

 

順調な企業に乗っかるビジネスであるフランチャイズですが、もちろんメリット・デメリットもあります。

 

また、フランチャイズで開業することは、個人で開業することと、異なる特徴もありますので、しっかり理解しておきましょう。

 

 フランチャイズのメリット

  1. ノウハウと経営指導が提供される
  2. 未経験者でも参入可能
  3. 売上拡大に専念できる
  4. 本部のブランド力を活用できる
  5. 集客の一端を本部が担う
  6. 仕入れのスケールメリットが受けられる
  7. 既存サービスや設備が利用できる
  8. 本部の負担で開業資金が安くなる

 

メリット①:ノウハウと経営指導が提供される

 

フランチャイズで開業すると、運営ノウハウや経営指導を受けられることが多いです。

 

個人でお店を開業する場合は、仕入れや接客、広告など経営に関するさまざまなことを全てご自身で行う必要があります。

 

なので、個人で独立する場合は、かなりの時間と労力がかかるのですが、フランチャイズの場合、経営にまつわるさまざまなことが、初めからある状態で始められるので、開業までのスピードが早いです。

 

また、こうすると成功しやすいことや、こうすると失敗しやすいなどのノウハウも活用することができます。

 

メリット②:未経験者でも参入可能

 

通常、個人で店舗を持とうとすると、その業種に関する業務や経営の下積みが必要となります。

 

フランチャイズでは、経営や運営についてのノウハウ提供以外にも、研修制度が充実していて、業務がマニュアル化されていることが多いので、その業種の業務や経営経験がなくても店舗運営が可能になります。

 

経験不足で独立を諦めていた方でも、フランチャイズであれば、夢を叶えることができるかもしれません。

 

こうしたことから、未経験でもオーナーになれるのは、フランチャイズの仕組みだからできることなのです。

 

メリット③:売上拡大に専念できる

 

フランチャイズでは、オーナーは店舗の売上を拡大させることに集中できる環境が用意されています。

 

というのも、商品開発やマス広告、接客マニュアルの改善などは、基本的に本部が行う場合が多いので、加盟店は決められたルールに沿う形で運営できる仕組みです。

 

加盟店の役割は、その店舗の売上を維持拡大することなので、売上を上げるためには、地域住民から愛され、利用者を増やすことが重要です。

 

働く人々が、いきいきと仕事ができるように店舗の環境を整えることもオーナーの重要な役割です。

 

よって、商品開発やサービスの向上などは、本部の仕事ですので、加盟した方は店舗運営に専念できます。

 

メリット④:本部のブランド力を活用できる

 

フランチャイズの場合は、すでに確立したブランド力がある状態で経営を始めることができます。

 

知名度や認知度が高いブランドであれば看板を見ただけでもお客様の不安は一瞬で取り除かれ、商品やサービスをイメージしてもらえるので、開業してすぐにでもある程度の集客が見込めます。

 

フランチャイズ本部は、そのブランド力を維持・拡大していくために、商品開発や宣伝などを行います。

 

どの加盟店でも、同じ品質で商品・サービスが提供できるように接客マニュアル・運営マニュアルを日頃から改善していくのも、フランチャイズ本部の大きな役割です。

 

メリット⑤:集客の一端を本部が担う

 

店舗運営で最も重要なのが集客です。

 

フランチャイズの場合、テレビCMや新聞広告などのマス広告は、基本的に本部が行います。

 

つまり、本部による過去の実績に基づいた広告宣伝の効果を加盟店は受けられるということです。

 

また、本部からの加盟店へのチラシの配布・アドバイスなど、加盟店自身でできる集客の支援を受けられることも大きなメリットといえます。

 

メリット⑥:仕入れのスケールメリットが受けられる

 

商品や備品の仕入れをする際に、個人で開業すると仕入先探し、商品の確保などをすべてご自身で行わなければなりません。

 

それに対してフランチャイズの場合は、直営店を含む全店舗の商品・備品を本部が一括で仕入れて各加盟店に供給していることがほとんどなので、ゼロから仕入れ先を探し購入するよりも、手間がかからず、価格も抑えることができます。

 

メリット⑦:既存サービスや設備が利用できる

 

フランチャイズでの開業は、既存サービスや設備が利用できます。

 

個人で独立した場合、それらを試しながら徐々に改善していく必要がありますが、フランチャイズでの開業なら常に最適な備品の提供を受けることが可能です。

 

メリット⑧:本部の負担で開業資金が安くなる

 

基本、店舗を開業するには、建物・設備など、通常1,000万円以上の開業資金が必要になります。

 

コンビニなどの一部のフランチャイズでは、開業時の建物・設備の費用を本部が負担するプランもあるので、通常より開業資金をおさえることができます。

 

参考:【フランチャイズサポ─ト】

 

フランチャイズのデメリット

 

次に、フランチャイズに加盟することのデメリットをご紹介します。

 

 フランチャイズのデメリット

  1. イメージもブランドに起因する
  2. 本部の指示に従う必要がある
  3. 本部に対価を支払う必要がある
  4. 契約終了後の同業種の出店は禁止される

 

デメリット①:イメージもブランドに起因する

 

フランチャイズは、加盟するフランチャイズ本部のブランドを活用したビジネスのため、加盟したブランドのイメージが何らかの原因で低下してしまった場合、それによる影響をもろに受けてしまいます。

 

一方で、加盟店が行なった良い出来事やブランドイメージが向上した場合、その影響も全店舗に影響します。

 

デメリット②:本部の指示に従う必要がある

 

フランチャイズは、運営ノウハウを提供してくれるのですが、本部が決めたルールやマニュアルに沿った店舗運営をしなければならないので、自由度は低いです。

 

よって、地域性や客層に合わせた独自メニューやサービスの展開はオーナーの一存ではできません。

 

フランチャイズでは、ブランドイメージの保守・経営効率の向上のため、多くの制限を設けています。

 

自分の好きなように店舗運営をしたい方には自由度が低いのでおすすめしません。

 

デメリット③:本部に対価を支払う必要がある

 

フランチャイズパッケージの提供を受ける代わりに、その対価として毎月支払うのがロイヤリティです。

 

売上が想定通りに上がらなくてもロイヤリティを支払う義務が発生します。

 

なので、そのブランドに加盟する対価として、適当だと思えるロイヤリティを設定しているフランチャイズを選ぶことが重要です。

 

デメリット④:契約終了後の同業種の出店は禁止される

 

フランチャイズ本部では、契約期間を設けていることが多いです。

 

契約途中でフランチャイズ店舗を閉じる必要が出た場合は、違約金を支払う必要があります。

 

また、契約が終了した後も同業種での営業を禁止している場合がほとんどです。

 

これは、競合避止義務と呼ばれるフランチャイズ本部のノウハウの流出を防ぐためのルールです。

 

フランチャイズサポートを利用する

フランチャイズサポートを利用する
フランチャイズサポートを利用する

 

フランチャイズサポートとは、独立開業や起業を検討されている人やフランチャイズへの加盟店や代理店募集をお探しの人を対象とした、資料請求や説明会への参加予約ができるサイトのことをいいます。

 

フランチャイズに興味があったり、検討されている人で入り口に困っている人におすすめのサポートです。

 

フランチャイズサポートを利用すると「知る人ぞ知る会社」から「超人気な会社」まで、バラエティ豊かにご紹介していただけます。

 

<このような人におすすめ>

  • 転職を検討れされている方で、家族と過ごす自由な時間を求めている方
  • 独立や起業を検討されている方
  • 副業を始めることを検討されている方
  • 新規事業や新しい柱をお探しの法人企業様

 

まずは、無料請求を申し込んで説明会に1度足を運んでみましょう。

 

無料資料の請求はこちらからできます。

 

\独立・起業するならフランチャイズ/

【フランチャイズサポ─ト】

※ 業種や開業資金、様々な条件や地域ごとで探せます。

 

開業までの流れ

開業までの流れ
開業までの流れ

 

 開業までの流れ

  1. フランチャイズでの独立・開業を検討する
  2. 無料資料を請求する」「説明会に参加する」
  3. 自分にあった業種を調べる
  4. 加盟(契約)する
  5. 開業の準備
  6. 開業

 

開業するなら作られたレールに乗っかってビジネスを行うほうが成功するのは早いですし、間違いない手法です。

 

【無料】フランチャイズサポート厳選!オススメFC【資料請求】

 

まとめ

 

今回は、フランチャイズの仕組みやメリット・デメリットについて解説してきました。

 

未経験から参入可能で、ゼロからの独立と開業の支援を受けられるフランチャイズ。

 

メリット・デメリットをよく理解して、しっかり見極めるためにも納得のいくまで情報収集をしてみてください。

 

以下の掲載するフランチャイズサポートでは、数々のフランチャイズ本部を紹介してくれます。

 

【無料】フランチャイズサポート厳選!オススメFC【資料請求】

 

というわけで、

今回は「フランチャイズのメリットとデメリットを解説【独立開業までの流れ】」をまとめてみました。

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。