相続割合の決め方がわかる【基礎知識と相続窓口】

 
悩んでいる人
「相続が発生したときに分割をどのように決めたらよいのかわかりません。ネットで検索すると相続の割合を決める方法は「法定相続分」「遺言書」「遺産分割協議」の3つがあるそうです。詳しく教えてください。」


こうした悩みに答えます。


法定相続分は法律によって割合が決められているので、比較的平等な相続が可能です。


遺言書が残されている場合は基本的にその分割内容に従います。

 本記事の内容
  • 1.相続割合の決め方

  • 2.基礎知識を理解する

  • 3.相続の窓口



相続は誰にでも起こりうる出来事です。



しかもそれは突然で、ほとんどの方が何からはじめたらよいのかわからず、誰に相談すればいいのかもわからない状態が多いと思うんです。


今すぐ必要としなくても学んでおくことは必要です。


この記事は「相続が発生して何からすればよいのかわからない方」「今後起こりえる相続に関して学んでおきたい方」向けです。


それでは見ていきましょう。

1.相続割合の決め方


相続割合の決め方

相続の割合を決める方法を具体的に解説します。



方法を理解した上で、相談窓口などもご紹介できればとおもいます。


それぞれの方法に関する基礎知識や注意点などをしっかりと理解することが重要です。


悲しむ間もなく押し寄せてくる相続問題、自分で一からやろうとすると意外と面倒な手続きが多く大変な時間を費やすことがわかるとおもいます。


法定相続分に従って割合を決める場合は、まず法定相続分が認められている人(法定相続人)には範囲と順位が定められています。


なので相続が発生したらまずは誰が法定相続人になるのかを調査することが大切です。


基本的に家族、身内の者だとおもいます。


調査が無事に終われば法定相続分に従えばいいのですが、法定相続分では納得できないということもあるかもしれません。


▼その場合のために相続順位を覚えておきましょう。

第1位 : 子ども

第2位 : 親

第3位 : 兄弟姉妹


子どもがいないなら親に、親もいなければ兄弟姉妹に相続権が移ります。


ちなみに法定相続人が1人もいない場合は最終的に国庫に帰属します。


あと、配偶者は必ず相続人になることは定められています。(婚姻関係に限る)


まとめると法定相続人の範囲は原則「
配偶者」と「血族(血縁関係にある人)」です。配偶者は法律上の婚姻関係を結んでいる限り、必ず相続人になります。


そして、相続には順位があり被相続人の「
子ども」「」「兄弟姉妹」の順番で相続権が移動します。


だれが法定相続人になるのか」「相続権はどのように移るのか」など疑問や不安がある人などは相続に詳しい弁護士や窓口に相談することが大切です。

2.基礎知識を理解する


基礎知識を理解する


法定相続分」は全員一律というわけではなく、ケースによって割合が異なります。


例えば、配偶者と子どものケースは、「配偶者に1/2」「子どもに1/2」で法定相続分が与えられます。


もしも、配偶者と兄弟姉妹だったケースなら、「配偶者に3/4」「兄弟姉妹に1/4」で法定相続分が与えられます。


このように相続順位が移動することで配偶者の相続割合が増え、子ども・親・兄弟姉妹の順番に割合が減少していく仕組みです。


法定相続分に従って相続の割合を決定することに納得できないという場合は、「寄与分を主張する」「生前贈与分を差し引く」といった対処がとられることもあります。


寄与分が認められた場合は、相続財産から寄与分を差し引いたものが分割対象となります。


相続人の誰かが生前贈与を受けていた場合は、受益者以外に同額を分配して差し引いたものが分配対象となります。


そして最も優先されるのは「遺言書」です。


遺言書は法定相続分よりも優先されます。


なぜなら、「私的自治の原則」や「所有権絶対の原則」があるからです。


簡単に説明すると、個人の関係に原則国家はできるだけ干渉しませんし、所有する財産の取り扱いは誰にも干渉されず自由に決めてよいものだからです。


なので、遺言書で遺産分割を誰に何を相続させるのかという指定は個人の自由ということです。


しかし、分割内容があまりにも不公平なケースなども多くあることだとおもいます。


自分でまとめようとすると必ず何かが発生するのが相続問題ですから、はじめから相続窓口に相談した方がいいですし、任せてしまった方が後々良いとおもいます。


最後に「
遺産分割協議」をおこなって割合を決める場合は、どのようにして行われるとおもいますか?


「遺言書が書き残されていない」「一部の財産しか分割内容が記載されていない」などのケースであれば「遺産分割協議」をおこなって割合を自由に決めることができます。


ただし、遺産分割協議書を作成する必要があります。


そして、注意しなければならないのは、相続人全員でおこなわなければなりません。


なぜなら、相続人が1人でも欠けた状態で遺産分割協議をおこなってしまうと無効になってしまうからです。


協議終了後にもう一度協議をおこう必要が出てくる場合も考えられます。


正直話し合いで割合を決めることは難しそうです。


なかなかまとまらず裁判になることもあるそうですよ。


とにかく奥が深い相続問題なのではじめから窓口に差し出す方が正解です。


まとめますと、相続の割合を決める方法は「
法定相続分」「遺言書」「遺産分割協議」の3つがあります。


割合については相続人の範囲や順位によって異なるので確認することが重要です。


遺言書が残されている場合は基本的にその分割内容に従います。


もし遺言書が残されていないのであれば、遺産分割協議をおこなうのが一般的です。


相続人全員の同意があれば、割合や分割内容は自由に決めることが可能です。その際は、遺産分割協議書が必要です。


話がまとまらずトラブルに発展してしまう場合は、早めに弁護士に相談するか、窓口に相談しましょう。

3.相続の窓口


相続の窓口

知識はあってもお金の問題には、あらゆるケースが想定されるのでプロの相談窓口を利用することが良いですね。


>> 【相続の窓口】

 このような方におすすめです。

・相続のことで悩んでいる方
・相続の手続きを何からすればいいのかわからない方
・申告方法がわからない方
・連絡が取れない相続人がいる場合
・相続人が未成年の場合
・相続人が認知症の場合
・相続問題に悩んでいる方

・相続に向けて生前準備しておきたい方
・相続人がいない方
・相続人以外に財産を渡したい方


こちらの「相続の窓口」は、経験豊富なスペシャリストたちが相続の手続きすべてを代行してくれますので、安心して相談できます。初回相談は1時間まで無料なのでわからないことがあれば全て相談できます。土日祝日も店舗対応で相談可能です。


実は面倒な手続きを任せられるのはもちろん、自分で相続手続きするよりも節税できる可能性もあります。


気になる料金は定額制で最低価格でどこよりも安価で対応してくれます。


相続財産に不動産物件が含まれている場合は特に、プロに任せましょう。


なぜなら、不動産価値がわからないなどの余計な時間と手間が発生するからです。


経験豊富なプロにまかせれば専門家がワンチームとなって最善の対策をしてくれるので任せるべきだとおもいます。


また、元気なうちに生前対策をしておくことができれば遺された遺族間で争うこともなくなるので、対策準備もしておくべきだとおもいます。


結局、相続問題ってわからないことだらけなんですよね。


だから専門家は心強いです。

>> 土日祝も営業!初回相談無料【相続の窓口】




最後に、

本記事の内容を読んで

あなたの悩みを解決できる
内容であることを
願っています。


というわけで、

今回は「
相続割合の決め方がわかる【基礎知識と相続窓口】」をまとめてみました。

必要であれば相続窓口に相談しましょう!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪