ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

婚活ビジネスが儲かる仕組み【市場規模も解説!】

  • 2020-10-06
  • 2021-07-27
  • 仕事
  • 16view
副業したい人
「婚活ビジネスが儲かるらしいけど、詳しく教えてください。」

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、婚活ビジネスが儲かる仕組みや市場規模について解説します。

 本記事の内容
  • 婚活ビジネスが儲かる仕組み
  • 婚活ビジネスの市場規模は?
  • 結婚相談所に加盟するメリット

 

いま話題の婚活ビジネスですが、そもそも「婚活」という言葉が生まれたのは今から10年以上前のこと。

 

今では当たり前のこととして社会に受け入れられています。

 

適切なお相手探しをサポートする結婚相談所は、いまや社会的に求められているビジネスです。

 

<この記事に向いている人>

  • 社畜生活をリタイアしたい
  • 隙間時間で副業したい
  • 起業して稼ぎたい
  • 婚活ビジネスに興味がある

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

婚活ビジネスが儲かる仕組み

婚活ビジネスが儲かる仕組み
婚活ビジネスが儲かる仕組み

 

 婚活ビジネスが儲かる仕組み

  • 低リスク
  • 少ない自己資金
  • 1人で起業可
  • 高粗利率
  • 粗利率90%以上の収益 ※1

 

※ 1 粗利(売上総利益)は、売上高から仕入れにかかった原価を差し引くことで求められます。売上の9割があなたのお給料ということです。

 

 このビジネスに向いている人

  • 少ない自己資金で起業したい
  • ロイヤリティー不要のビジネスがしたい ※2
  • 年齢問わず働けるビジネスがいい
  • ひとりではじめられるビジネスがいい
  • 自由な場所・時間で副業したい
  • 在宅・テレワークで働きたい
  • 未経験でも活躍できる仕事がしたい
  • 社会貢献を実感できる仕事をしたい

 

※2 ロイヤリティーとは、特定の権利を利用する利用者が、権利を持つ者に支払う「対価」のことで、主に特許権、商標権、著作権などの知的財産権の利用に対する対価をいう。特に著作権に対する対価は印税ともいう。

 

婚活ビジネスは、少ない資本ですぐに始められて、低リスク高リターンが見込めます。

 

副業や兼業に最適な1日1時間からはじめられますので、時間がない人でもできるビジネスです。

 

婚活ビジネスの市場規模は?

婚活ビジネスの市場規模は?
婚活ビジネスの市場規模は?

 

起業や副業を考えたとき、人はお金を稼ぐことだけでは満足しないものです。

 

<起業や副業をする理由>

  • 新しいスキルを身につけたい
    ▶︎1人でビジネスする場合のメリットは計り知れません。
  • 趣味、生きがいを見つけられる
    ▶︎お金を稼ぐことにフォーカスすれば間違いなく楽しいでしょうし、人の幸せのお手伝いをして、高単価の報酬を取得できれば生きる楽しさも生まれるでしょう。
  • 知見、視野が広がる
    ▶︎スキル0からできるビジネスなので、知見、視野は広がることでしょう。
  • やりたいことができる
    ▶︎人の幸せのお手伝いこそ、あなたのやりたいことに変わるかもしれませんよ。自分の行動次第で価値観は変わるものです。
  • 失業の保険として…
    ▶︎保険どころか、本業になるかもしれませんよ?
  • 社会貢献
    ▶︎多くの方の悩みのタネである「結婚」をサポートできることは、社会貢献と言っても過言ではありません。
  • 失敗したくない
    ▶︎ビジネスをするのに、何もしないで稼ぐことなんて誰も考えていないことです。自己責任ですからね。ただやるべきことをやっていれば失敗はしないビジネスだと思いますね。
  • 必ず利益が出ること
    ▶︎やることをやっていれば利益は必ず出るビジネスだと思います。婚活で幸せを手に入れたい方がたくさんいるので。

 

そこで、婚活ビジネスが今のところ盛況なので、これから結婚相談所の独立開業を目指している人もいるでしょう。

 

ただし、ビジネスを成功させるためには様々な分析が必要です。

 

安易に「儲かりそうだから」と始めるのではなく、その前に市場規模について詳しく知っておきましょう。

 

<婚活ビジネスが拡大している理由>

  • 年齢を問わずスマートフォンやネットを使う人が年々増加している
  • 国や各自治体でも婚活する人を支援する取り組みを始めまっている
  • 少子化が加速している
  • 働く女性が増えたことに伴い、初婚年齢が高くなっている
  • ライフスタイルの多様化に伴い、離婚するカップルが増加している

 

このように、ライフスタイルの変化や国・自治体による婚活支援など、様々な理由によって婚活市場は年々盛況になってきていると考えられます。

 

<婚活する人の悩み>

  • 自分にはどんな人が合っているのかよくわからない
  • なかなか自分からは積極的になれない
  • いろいろな不安があって異性とうまく付き合えない
  • 自分のことをどう相手にアピールしたらいいのかわからない

 

このような場合でも、すべてカウンセラーに任せて心理的なストレスが少なく、よい出会いを作ることが可能です。

 

今後、ますます注目が集まることが期待されています。

 

結婚相談所に加盟するメリット

結婚相談所に加盟するメリット
結婚相談所に加盟するメリット

 

まずは、結婚相談所の連盟組織(IBJ)に加盟するのがおすすめでしょう。

 

というのも、加盟会員同士であればお見合いが組めるからです。

 

日本結婚相談所連盟の仕組みと開業準備については、日本結婚相談所連盟とは【仕組みと開業準備】にて詳しく解説しています。

 

収益についてもう少し詳しく

 

1人の会員様からの売上発注ポイントは安定した収益構造があるので「入会時のみ」「成婚時のみ」といった偏った収益に頼るのではなく、毎月コンスタントな収益が見込めます。

 

開業資金は小さく、収益は大きく、ロイヤリティ不要・粗利益90%以上・自宅での開業もできるので、副業・週末ビジネスとしても利益が生まれるビジネスモデルです。

 

未経験スタートOK・在宅・テレワークも可能です。

 

「副業から」「新規事業として」「子育て終わりの世代」「子育て両立」など、それぞれのライフスタイルに合わせて開業できます。

 

さらに詳しく説明します

 

先ほど粗利率90%以上だと説明しましたが、通常のフランチャイズですとロイヤリティを支払う義務があるので不可能です。

 

ただし、IBJ結婚相談所のように「ロイヤリティなし」という場合は「月会費」という形で17,000円ほど徴収するような仕組みになっています。

 

本部はこれで儲かるのかと思ってしまいますが、すでに1,700店ほど加盟しているので、本部は月会費だけで単月3,000万円弱の利益をあげていることになります。

 

また、IBJ結婚相談所の凄いところがすでに加盟している1,700店舗がライバルではなく、味方になるということです。

 

というのも、条件さえ合えば加盟店同士で送客できるので、コンバージョンも可能という素晴らしすぎるモデルだからです。

 

仮に飲食店であれば自分のお客様をライバルに送客することはあり得ません。

 

婚活ビジネスは1名でも会員様を見つけることができれば、お見合いに申し込むことが可能です。

 

つまり、会員様1名から収益のチャンスが生まれるということです。

 

もし、このビジネスモデルが気になるようでしたら「IBJ結婚相談所説明会」に参加してみてください。

 

起業はじっくりと「中身を知ること」が重要です。

 

100%成功保証付きのビジネスなんて存在しませんし「あの人が成功しているから私にもできる」とも限りません。

 

ご自身が納得できた段階で参入するべきですし、やってみる価値があります。

 

※ 無料の個別説明会は毎日開催されています。

 

\起業するなら日本結婚相談所連盟

≫ いま話題の婚活ビジネス【日本結婚相談所連盟】

 

まとめ:やるかやらないかは、あなた次第

やるかやらないかは、あなた次第
やるかやらないかは、あなた次第

 

今回は、婚活ビジネスが儲かる仕組みや市場規模について解説してきました。

 

結婚相談所ビジネスの場合は、自分1人で独立開業できるのが魅力ですが、最初からうまくいくとは限りません。

 

失敗するリスクを減らす上でも、連盟に加盟して開業することをおすすめします。

 

加盟することで、開業支援や研修などを受けられるのでノウハウも身につきます。

 

経営の経験がない人でもスムーズに独立開業可能です。

 

≫ いま話題の婚活ビジネス【日本結婚相談所連盟】

 

というわけで、

今回は「婚活ビジネスが儲かる仕組み【市場規模も解説!】」をまとめてみました。

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。