ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

アフィリエイト記事が書けない理由と解決策【無意識に回避していること】

悩んでいる人
「アフィリエイトを始めたけど全然記事が書けなくて困っています。どうすれば書けるようになりますか?」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、アフィリエイト記事が書けない理由を明らかにしつつ、解決策をご紹介します。

 

 本記事の内容
  • アフィリエイト記事が書けない理由
  • アフィリエイト記事が書けない行動パターン
  • アフィリエイト記事が書けないときの解決策

 

当ブログもアフィリエイトで記事が書けない時期が多々訪れるので、書けない気持ちがよくわかります。

 

ブログを書きたくないときは、正直に休むべきです。

 

 

ただし、やる気が起きないだけなら解決策は記事を書き続けることです。

 

前置きはここら辺にして、さっそく見ていきましょう。

 

アフィリエイト記事が書けない理由

アフィリエイト記事が書けない理由
アフィリエイト記事が書けない理由

 

あなたがアフィリエイトで記事が書けない理由は意外とシンプルだったりします。

 

基本的に、アフィリエイト記事を書くには、1本あたり4〜6時間はかかります。時間を費やすこともあって、そもそもアフィリエイトの優先順位が低くなっていませんか?

 

優先順位が下がるとアフィリエイトのために時間を使えず、記事を書くために必要なインプット時間やライティング時間を十分に確保できません。

 

それに、インプットとライティングの時間を確保できなければ、良質な記事を書き上げることもできません。

 

まずは、毎日のスケジュールにアフィリエイト記事を書く時間を取り入れましょう。

 

アドラー心理学によると失敗を回避している

 

 

こちらの本『嫌われる勇気』によると、できないことには必ず別の理由があるといいます。自分では気づかない別の理由です。

 

今回は、記事が書けない理由を優先順位が低いことから時間が確保できていないという指摘をしました。

 

つまり、アドラーにあてはめると、アフィリエイトの時間を確保していないのは、いざ書いてみて「誰にも読んでもらえなかった」あるいは「全く収益に繋がらない」というリスクを回避しているとも考えられます。

 

無意識のうちに失敗していない自分でいたいという心理が働いているのかもしれませんね。

 

しかし、アフィリエイトに関して言えば、はじめからうまくいくことはありえません。

 

何度も書いては修正して、読者の動きを分析し続けなければいけないので、時間を費やすのはあたりまえ。むしろ少しでも時間を当てていかなければ、絶対に書けるようにもなりません。

 

アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきこと

アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきこと
アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきこと

 

さっそく記事を書こうとしても、どんなテーマで何を書こうか迷ってしまうことがよくあります。

 

そこで、アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきことをご紹介します。

 

<記事を書く前にやっておくべきこと>

  1. アフィリエイトカテゴリーを設定する
  2. 想定読者を具体的にイメージ
  3. 記事の構成案を作成する

 

①:アフィリエイトカテゴリーを設定する

 

まずはじめに、アフィリエイトのカテゴリーを設定します。

 

というのも、カテゴリーを決めておくことで、記事のテーマを決める軸ができるからです。

 

カテゴリーは複数あってもOKですが、多すぎても内容が分散されてしまうので、3〜5カテゴリーにおさえましょう。

 

カテゴリー設定が難しい人は【稼ぐ】ブログはテーマ選びで決まる!失敗しないコツを教えますをご覧ください。

 

1つ目にやっておくことは、アフィリエイトのカテゴリー設定でした。

 

②:想定読者を具体的にイメージ

 

カテゴリー設定が終わったら、記事の想定読者(ペルソナ)を具体的にイメージしていきます。

 

この想定読者を設定することで、ターゲットの悩みや知りたいことが明確になり、どんな記事を書けばいいのか考える道しるべとなります。

 

例えば、具体的にイメージしやすい想定読者(ペルソナ)として、過去の自分を設定すると文章が書きやすくなります。

 

※ ペルソナとは、架空の人物像のことをいいます。

 

<例えば、この記事のペルソナ設定>

  • 20〜30代男性
  • 本業をしながら副業でアフィリエイトに挑戦中
  • ブログを立ち上げて10記事前後は書いてみたものの、記事ネタが尽きて手が止まってしまっている
  • アフィリエイト記事が書けるようになるにはどうしたらいいのか知りたい
  • アフィリエイトにかけられる時間は1日3時間ほどが限界

 

このくらいイメージできていると読者の顔が浮かぶので、具体的な悩みや内容が見えてきます。

 

アフィリエイトは読者の悩みを解決して、商品やサービスを提示するのが基本です。

 

つまり、読者が抱えている悩みをリアルに想像できるほど解決しやすいのです。

 

よく「過去の自分が悩んだことを解決すればいい」と聞きますが、自分と同じ悩みを抱えている人は意外といます。

 

人は自分の悩みは特別だと思いがちですが、そんなことはありません。

 

ご自身が過去に悩んだことは他人も悩んでいます。手助けする気持ちで解決できればOKです。

 

ペルソナ設定については、ブログでペルソナの設定は重要なの?【設定方法も解説します】にて詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

2つ目にやっておくことは、想定読者を具体的にイメージすることでした。

 

③:記事の構成案を作成する

 

カテゴリー設定と想定読者のイメージができたら、記事の構成案を作成しましょう。

 

アフィリエイト記事を書く前に構成案を作ってしまえば、完成図を先にイメージすることができます。

 

つまり、構成案を作ることで、この記事で何を伝えたらいいのかを事前に理解できるようになります。

 

構成案の作り方については、ブログで文章構成を作る手順と留意点【記事設計からライティング】にて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

3つ目にやっておくことは、記事の構成案を作成することでした。

 

アフィリエイト記事が書けない行動パターン

アフィリエイト記事が書けない行動パターン
アフィリエイト記事が書けない行動パターン

 

<アフィリエイト記事が書けない行動パターン>

  1. ノウハウコレクターになっている
  2. 何も考えずに書いている
  3. 他記事を丸パクリしてる

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:ノウハウコレクターになっている

 

アフィリエイト記事が書けない人の中にはノウハウコレクターになっている人がいます。

 

しかし、大事なのは知識だけではなく、ライティングの経験を積むことです。

 

確かにノウハウは役に立つのですが、書く練習をしない限りは逆に遠回りです。

 

②:何も考えずに書いている

 

何も考えずに書き続けるのはNGです。

 

というのも、記事のターゲットや文章構成を考えずに書いている記事は、品質が低くなってしまいます。

 

記事の品質が低いと読者にリピートしてもらえません。

 

最初はしんどいかもですが、以下のようなことを考えながら記事を書くように徹底しましょう。

 

  • キーワード選定
  • ペルソナ設定
  • 悩みの解決方法

 

③:他記事を丸パクリしてる

 

丸パクリはNGです。

 

他記事からは以下のようなことを学びつつ、自身の記事に活かしましょう。

 

  • 想定読者は誰なのか
  • 検索意図が何なのか
  • コンテンツの優れている部分はどこなのか

 

他記事は読者目線で読みつつ、学ぶようにしましょう。

 

アフィリエイト記事が書けないときの解決策

アフィリエイト記事が書けないときの解決策
アフィリエイト記事が書けないときの解決策

 

アフィリエイト記事が書けないときの解決策をご紹介します。

 

アフィリエイト記事を書くには、テンプレートを使用するのがおすすめです。

 

具体的には、以下の流れで書いていきます。

 

アフィリエイト記事テンプレート

 

  1. 想定読者の悩みを見える化
  2. 悩みの解決方法を提示
  3. 解決方法の根拠を説明
  4. マネタイズ方法を組み込む

 

本記事でも、上記の構造に沿ってライティングしています。

 

アフィリエイトにおいては、とくに④のマネタイズが重要です。

 

記事ごとのマネタイズの違い

 

  • 商品レビュー:買ってほしいもの
  • サービス紹介:体験してほしいこと

 

上記のとおり。記事の内容によって、マネタイズの方法は変わってきます。

 

本記事では、最後におすすめの本をご紹介して終わりにします。

 

例えば、このようにライティングに関する本を紹介して、物販へと繋げたりします。

 

ライティングに役立つ本

 

ライティングについて学ぶために、ぜひ読んでおきたい本を2冊ご紹介します。

 

 

一冊目は『沈黙のWebライティング』です。

 

Webライティングに焦点を当てて書かれており、読み手の心を動かすようなWebライティングの極意を分かりやすい事例とともに知ることができます。

 

 

2冊目は『新しい文章力の教室』です。

 

コミックナタリー初代編集長の唐木元さんが書かれた本です。

 

良い文章とは完読される文章」という前提のもとに文章の書き方を詳しく解説しています。

 

読まれる文章」を書きたい人にはおすすめの1冊です。

 

他にも、いろんなおすすめ本はありますが、今回は上記の2冊をおすすめします。

 

まとめ:”記事が書けない”は無意識にリスク回避している

"記事が書けない"は無意識にリスク回避している
“記事が書けない”は無意識にリスク回避している

 

今回は、アフィリエイト記事が書けない理由を明らかにしつつ、解決策をご紹介してきました。

 

記事が書けない理由は、きっと心の奥底で失敗するリスクから回避しようとして、優先順位を下げているだけなのかもしれません。

 

アフィリエイト記事は書き重ねるごとにスキルが上がったり、想定読者のイメージがリアルになったりします。

 

実際のところ、記事を何本書いても筆が重たいときはよくあります。しかし、ブログが書き慣れるまでは、コツコツ習慣化するしかありません。

 

記事が書けなくて悩んでいるのであれば、カテゴリー設定からはじめてみてください。

 

もしも、アフィリエイトの仕組みがわからないのであれば、ブログで稼ぐ仕組みや方法とは?【初心者でも分かる内容でご案内】にて収益化について解説していますので、ご覧になってみてください。

 

今回は以上です。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「アフィリエイト記事が書けない理由と解決策【無意識に回避していること】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。