ブログ記事が書けない理由を解消します【結論:毎日書けば全て良し】

 
悩んでいる人
「ブログを始めたけど全然記事が書けなくて困ってます。どうすればブログが書けるようになりますか?教えてください。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、ブログが書けなくて悩んでいる方向けに理由を明らかにしつつ、解決策をご紹介します。

 

 本記事の内容
  • ブログ記事が書けない理由

  • ブログ記事が書けない行動パターン
 
当ブログも書けなくて悩む時期は多々あるので、書けない気持ちはよくわかります。
 
ブログを書きたくない時は、正直に休むべきですね。
理由については、ブログが疲れた時の解決策を紹介します【休むことは執筆に効果的】にて解説していますので読んでみてください。
 
ただし、やる気が起きないだけなら解決策はブログを書くことです。
 
※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。
 
それでは、さっそく見ていきましょう。
 

ブログ記事が書けない理由

ブログ記事が書けない理由

 

あなたがブログ記事を書けない理由は意外とシンプルだったりします。

 

基本的に、「キーワード選定 → ライティング → 公開」というステップでブログを書くと思うのですが、各ステップで詰まるポイントがあります。

 

  1. ブログのネタ切れ
  2. ペルソナ設定ができない
  3. 記事構成がまとまらない
  4. ライティングに慣れない
  5. 自分の記事に自信がない

 

上記を解決していけば、ブログが書けるようになるということです。

 

全てが当てはまる人はいないと思うので、あなたに当てはまる原因の解決策を実際に試してみてください。

 

①:SEOキーワード選定をする

 

「ブログのネタが切れた」場合の解決策です。

 

「ブログネタ=読者の悩み」なので、SEOキーワードから記事ネタを考えれば解決できます。

 

SEOキーワード選定については、SEOキーワード選定の方法を4ステップで解説!【検索上位を狙うコツ】にて詳しく解説していますので、ご覧ください。
 

②:想定読者を具体的にイメージ

 

「ペルソナ設定ができない」場合の解決策です。

 

具体的にイメージしやすい想定読者(ペルソナ)として、過去の自分を設定すると文章が書きやすくなります。

 

ペルソナとは、架空の人物像のことをいいます。
 
ペルソナを設定することで、ターゲットの悩みや知りたいことが明確になり、どんな記事を書けばいいのかが見えてきます。
 

 例えば、この記事のペルソナは以下のような感じで設定しています。

 

  • 20〜30代男性

  • 本業をしながら副業でアフィリエイトに挑戦中

  • ブログを立ち上げて10記事前後は書いてみたものの、記事ネタが尽きて手が止まってしまっている

  • ブログ記事が書けるようになるにはどうしたらいいのか知りたい

  • ブログにかけられる時間は1日3時間ほどが限界

 

このくらいイメージできていると読者の顔が浮かぶので具体的に内容が見えてきますね。

 

ブログでは、読者の悩みを解決して商品やサービスを提示するのが基本です。

 

つまり、読み手が抱えている悩みをリアルに想像できるほど解決しやすいのです。

 

よく「過去の自分が悩んだ内容を解決するといい」と聞きますが、自分と同じ悩みを抱えている方は意外といるのでおすすめです。

 

人は、自分の悩みは特別だと思いがちですが、そんなことはありません。

 

 
あなたが過去に悩んだことは、他の人が悩んでいます。手助けしてあげる気持ちで解決できればOKです。
 

③:構成案を作成する

 

「記事構成がまとまらない」場合の解決策です。

 

ブログを書く前に、構成案を作ってしまうことで、完成図を先にイメージしましょう。

 

構成案を作ると、この記事で何を伝えたらいいのか事前に理解できるようになります。

 

構成案の作り方については、ブログ記事を設計する手順と注意点にてご紹介していますのでチェックしてみてください。

 

④:毎日ブログを書く

 

「ライティングに慣れない」場合の解決策です。

 

当ブログは、100本ほど記事を書いたらライティングに慣れてきた実績があります。

 

とにかくまずは、ブログを書いて慣らしていくしかないと思います。

 

⑤:ターゲットは1人にしぼる

 

「自分の記事に自信がない」場合の解決策です。

 

自分の記事に自信がないのは、他人と比べていることが考えられます。

 

こんなときは、1人の読者に向けて書きましょう。

 

みんなから好かれようとすると、誰のためでもない文章が出来上がるので注意です。
 
ブロガーは、特定の誰かに向けて文章を書ければOKなのです。
 

ブログ記事が書けない行動パターン

ブログ記事が書けない行動パターン

 

ブログ記事が書けないときの行動パターンをご紹介します。

 

 具体的には、以下のような行動です。

  1. ノウハウコレクター
  2. 何も考えずに書いている
  3. 他記事を丸パクリしてる
 
1つずつ、解説していきますね。
 

①:ノウハウコレクター

 

ブログが書けない人の中には、ノウハウコレクターになっている人がいます。

 

しかし、大事なのは知識だけではなく、ライティングの経験を積むことです。

 

たしかにノウハウは役に立つのですが、書く練習をしない限りは逆に遠回りになります。

 

②:何も考えずに書いている

 

何も考えずに書き続けることはNGです。

 

というのも、記事のターゲットや文章構成を考えずに書いている記事は、品質が低くなってしまいます。

 

記事の品質が低いと、読者にリピートしてもらえません。

 

最初はしんどいかもですが、以下のようなことを考えながら記事を書くように徹底しましょう。

 

  • キーワード選定
  • ペルソナ設定
  • 悩みの解決方法

 

③:他記事を丸パクリしてる

 

丸パクリはNGです。

 

他記事からは以下のようなことを学びつつ、自分の記事に活かしましょう。

 

  • 想定読者は誰なのか
  • 検索意図がなんなのか
  • コンテンツの優れている部分はどこなのか

 

他記事は、読者目線で読みつつ、学ぶようにしましょう。

 

まとめ:ブログを毎日書けば全て良し!

ブログを毎日書けば全て良し!

 

今回は、記事が書けない理由と解決策をご紹介してきました。

 

本記事の内容をおさらいしましょう。

 

  1. ブログのネタ切れ
    →SEOキーワード選定をする

  2. ペルソナ設定ができない
    →想定読者を具体的にイメージ

  3. 記事構成がまとまらない
    →構成案を作成する

  4. ライティングに慣れない
    →毎日ブログを書く

  5. 自分の記事に自信がない
    →ターゲットは1人にしぼる
 
こんな感じです。
 
実際、ブログを何本書いても筆が重たいときはよくあります。
ブログを書きなれるためには、コツコツ習慣化させていきましょうね。
 
ブログ収入を得る方法については、以下の記事にて紹介していますので、チェックしてみてください。
 
ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 
というわけで、

今回は「ブログ記事が書けない理由を解消します【結論:毎日書けば全て良し】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪