SEO検索順位チェックツール、Rank Trackerとは【GRCと比較してみた】

 
悩んでいる人
「投稿した記事の検索順位をチェックしたいけど、ツールは何がいいですか?Rank Trackerがいいって聞いたことあるけど、GRCとの比較も知りたい。プランや導入方法も教えてほしい。」


こうした疑問にお答えします。



本記事では、SEO検索順位チェックツール「Rank Tracker(ランクトラッカー)」を使うことで、何ができるのかと「GRC」との比較を解説していきます。

 本記事の内容
  • Rank Trackerの機能や使い方

  • Rank TrackerのおすすめプランとGRCとの比較

  • Rank Trackerの導入方法

  • Rank Tracker の検索キーワード登録方法


ブログで稼ぐためには、検索順位からの流入を増やすことがとても大切です。


そして、検索順位を上げるためには、狙ったキーワードで上位獲得を目指す必要があります。


※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。


それでは見ていきましょう。

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

≫ THE THOR(ザ・トール)

 

1.Rank Trackerの機能や使い方

Rank Trackerの機能や使い方

ブログを運営する流れといえば「キーワード選定→コンテンツ制作・公開」が一般的ですね。


しかし、公開して終わりではないのがブログだと知ってますか?


せっかく書いた記事ですから、しっかり検索順位も気にしていく必要があります



しかし、検索順位を自分で探すことは難しい作業です。


1ページ目にあるとは限りませんし、日々順位は変わります。


そこで今回紹介するRank Tracker(ランクトラッカー)」というツールが大変便利なので紹介します。


このツールを使いますと「検索順位チェック→リライト」という流れを加えてサイクルを回すことが可能になります。

独自サイトの検索キーワード順位チェック

独自サイトの検索キーワード順位チェック


上記のように、キーワードごとの検索順位をチェックすることができます。

 Rank Trackerの見方

  • キーワード(一番左):自分で設定したキーワード

  • Google Rank (2・4列目):Googleで表示されている検索順位

  • 差異(3列目):検索順位の前日からの変動

※差異は、順位が上がると「+ ↑」、下がると「– ↓」で表示されます。


検索順位が分かれば、「リライトして改善→Rank Trackerでチェック」という感じで、改善ループを回していくことができます。


▼リライトする理由や方法をコチラの記事で詳しく説明しています。

合わせて読みたい

  「ブログのアクセス数が伸びないタイミングで、ツイッターを眺めていたら、リライト(記事の修正)をする人が多かったのですが、どのようなことをしているのか教えてください。」 こうした疑問にお答えします。この[…]

順位チェックのスケジュール予約

順位チェックのスケジュール予約


Rank Tracker(ランクトラッカー)では、検索順位のチェックをスケジュール予約することができます。


検索順位の測定はわりと時間がかかるので、毎日スケジュールしておけば解決できます。
※しかし、PCを起動しておく必要があります。

 
僕は、朝夕の毎日8:00にセットしています

スケジュール予約は「環境設定」→「スケジューラー」にて設定可能です。


僕は、Rank Tracker(ランクトラッカー)のおかげで、毎朝8:00に検索順位が測定されるので、その日のリライトすべき記事が一目で分かるようになりました。

検索キーワードをグループごとに管理

検索キーワードをグループごとに管理


Rank Tracker(ランクトラッカー)では、検索キーワードをグループごとに管理できます。


▼例えば、以下の分類など

  • ブログカテゴリー
  • 生活カテゴリー
  • 仕事カテゴリー


特化ブログを運営している方は、1カテゴリーでOKですが、雑記ブログ形式で複数のカテゴリーで記事を書いているなら、この機能がかなり役に立ちます。

続いては、Rank Tracker(ランクトラッカー)のプランを、「GRC」と比較しながらご紹介していきます。

2.Rank TrackerのおすすめプランとGRCとの比較


Rank TrackerのおすすめプランとGRCとの比較

Rank Tracker(ランクトラッカー)でおすすめの料金プランと、GRCとの比較をご紹介していきます。


GRCとは、Windowsユーザーに推奨の検索順位チェックツールです。

個人ブログならプロフェッショナル版がおすすめ

個人ブログならプロフェッショナル版がおすすめ


▼Rank Trackerの有料プランは、下記の2種類です。

  • プロフェッショナル版:$149
  • エンタープライズ版:$349

上記のうち「プロフェッショナル版」がおすすめです。


個人でブログサイトを運営するには、十分すぎる機能が揃っています。


僕はブログ運営3ヶ月目からずっと「プロフェッショナル版」を使っていますが、特に不便なことはなく快適に利用できています。


続いて、プロフェッショナル版ではどんなことができるのか、ご紹介しましょう。

Rank Trackerの「プロフェッショナル版」でできること


▼「プロフェッショナル版」の主な機能は下記です。

  1. プロジェクト毎の競合他社 5社
  2. プロジェクトの保存(無制限)
  3. SEOタスクのスケジュール
  4. クリップボードへのデータのコピー

上記のように、検索順位チェックツールとして必要なものは不足なく揃っています。


エンタープライズ版だと、SEOの順位データをエクスポート(CSV, SQL, html)できたり、競合調査が10社までだったりします。


企業クラスがメディア運営をしている場合は、エンタープライズ版にしてもOKだと思いますが、個人はプロフェッショナル版で十分だと思います。



料金が気になる方は、無料版からスタートもできるのでご安心ください

ただし、無料版だと登録した検索キーワードが保存できないので、毎回登録することになります。


ブログで稼いでいきたいという方にとっては、必須ツールなので検討してみるのがおすすめです。
(購入して30日以内なら、返金保証もありです)


» Rank Tracker 公式サイトへアクセスする

※返金保証あり。
※クリックすると公式HPに飛びます。

GRCと比較


結論は、Windowsユーザーには、GRCがおすすめです。


とはいえ、Rank Tracker(ランクトラッカー)は「Windows」「Linux」にも対応しているので、Rank Tracker(ランクトラッカー)を使うのもありです。


▼GRCの料金プランと機能

  • ベーシック版(4,500円/年):5サイト・500キーワードまで

  • スタンダード版(9,000円/年):50サイト・5,000キーワードまで

  • エキスパート版(13,500円/年):500サイト・50,000キーワードまで

  • プロ版(18,000円/年):5,000サイト・500,000キーワードまで

  • アルティメット版(22,500円/年):サイト無制限・キーワード無制限


登録サイトと登録キーワード数が「無制限」のRank Trackerと同等クラスだと、GRCの場合は「スタンダード版」「エキスパート版」「プロ版」ですね。

 Macユーザーの場合、GRCを使うには仮想サーバーを用意したりと、導入が少し面倒なのでRank Trackerがおすすめですよ。


 Windowsユーザーの方は、GRCを推奨します。


僕はMacユーザーなのでRank Trackerを使用しています。


どちらにしようか迷ったら、Windowsユーザーの方は» GRC、Macユーザーの方は» Rank Trackerを選んでおきましょう!


正直、GRCの方が安く感じます。というより安いです。

3.Rank Trackerの導入方法


Rank Trackerの導入方法


つぎに、Rank Tracker(ランクトラッカー)の導入方法をご紹介します。


公式サイトにアクセスすると、英語が表示されるかもですが、本記事の解説通りに進めていけば問題ないのでご安心ください。


▼Rank Trackerを導入するステップは下記のとおりです。

  1. 公式サイトに「名前」と「メアド」を入力してRank Trackerをダウンロード

  2. ソフトを開き、案内の通りに設定をする

  3. 公式サイトから有料パッケージを購入

  4. メールで届く「登録キー」を確認

  5. 「登録キー」をRank Trackerに入力

1:公式サイト に「名前」と「メアド」を入力してRank Trackerをダウンロード

※サイトが日本語になっていない方は、右上から「JPN」を選択すると日本語になります。

»コチラをクリックすると、下記のような画面になるので、「お名前」と「メールアドレス」を入力していきましょう。

公式サイト に「名前」と「メアド」を入力してRank Trackerをダウンロード


名前(ローマ字)と、メールアドレスを入力して、右側の「ダウンロードする」をクリックします。



ダウンロードが勝手に始まります。

2:ソフトを開き、案内の通りに設定をする

ソフトを開き、案内の通りに設定をする

▼上記のファイルを開くと、インストーラーが出てくるので、ダブルクリックで開きます。


▼ネット上からダウンロードしたファイルなので、本当に開いていいか確認されますが、「開く」をクリックしてOKです。


▼Javaのポップアップがでた方は、以下の方法で処理します。

Rank Trackerをインストールして使うためには、Javaというアプリのようなものが必要です。


インストールしようとしたときに、英語でJavaが必要ですといったポップアップが出てきた方は、下記の手順に沿ってJavaをダウンロードしましょう。


最新版のJavaをインストールする方法は、下記になります。

 Javaのインストール方法

  1. » コチラへアクセス
  2. 同意して無料ダウンロードを開始」をクリック
  3. ダウンロードしたソフトをダブルクリックして開く
  4. 「Java 8 Update 261」をダブルクリックして開く
  5. 「開いてもよろしいですか?」と聞かれるので「開く」をクリック
  6. インストール」をクリックする
  7. インストール完了

上記の手順でJavaがインストールできたら、Rank Trackerのアプリを再度開いてみましょう。


▼言語選択の画面になるので、「日本語」を選択します。


▼続いて、利用規約の「承諾する」をクリックします。


▼SEO PoweSuiteというツールの「Rank Tracker」以外のツールもおすすめされますが、チェックボックスのチェックを外して「次へ」をクリックします。


▼インストール完了したら、「完了
」をクリックしてRank Trackerを起動させましょう!

Rank Trackerを起動

3:公式サイトから有料パッケージを購入


まずは、こちらから公式サイトへとアクセスしましょう。
» Rank Tracker 公式サイトへアクセスする


▼公式サイトにアクセスしたら左下の「注文」をクリックします。

公式サイトから有料パッケージを購入


▼続いて、ご自身のお好みのプランを選んで、「今すぐアップグレード」をクリックします。

(ここでは、プロフェッショナル版をおすすめします。)

プランを選んで、「今すぐアップグレード」


▼「クレジットカード」か「PayPal」か「その他のお支払い方法」を選択して、支払いを完了させましょう。

支払いを完了


支払いが完了したら、ライセンスキーが掲載されたメールが届きます。

4:メールで届く「登録キー」を確認


▼下記のようにメールに「登録者名(Registered by:の後ろ)」と「登録キー(Registration Key:の後ろ)」が掲載されているので、コピーします。

メールで届く「登録キー」を確認

 

5:「登録キー」をRank Trackerに入力


▼続いて、Rank Trackerのアプリに戻り、ヘルプから「情報を登録」をクリックします。

「登録キー」をRank Trackerに入力


▼下記の項目を入力して「送信」をクリックします。

  • 登録者:Registered by:の後ろ
  • 登録キー:Registration Key:の後ろ
ライセンス入力


完了したら、Rank Trackerとライセンスの紐付けが完了です!


おめでとうございます!!


ダウンロード&情報登録が終わったら、チェックしたいSEOキーワードの設定を進めていきましょう。

4.Rank Tracker の検索キーワード登録方法

Rank Tracker の検索キーワード登録方法

ここからはRank Trackerの使い方についてご紹介します。


▼Rank Trackerの基本的な使い方

  • サイトの登録
  • ワークスペースの作成
  • SEOキーワードの計測
  • 順位チェックのスケジューラーの設定

 

サイトを登録する


まずは、プロジェクト(検索順位チェックするサイト)を作成していきます。


▼ご自身のサイトURLを入力します。


▼GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携がありますが、こちらは連携してもしなくてもOKです。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携


▼Googleサーチコンソールを連携する場合は、独自サイトのURLを選択して「OK」をクリックします。

Googleサーチコンソールを連携


▼Googleアナリティクスを連携する場合は、独自サイトのURLを選択して「OK」をクリックします。

Googleアナリティクスを連携


▼最初に、いくつかキーワードを登録できるので、サイトの名前+いくつかのキーワードを記入(後から追加可能)して「次へ」をクリックします。

キーワードを登録


続いて、検索エンジンを選択します。



既存では、USAになっているので、日本語の検索エンジンを選択します。


▼右上の「さらに検索エンジンをリクエスト」をクリックします。

新しいランキングをモニターするプロジェクトを作成する


上記の画像のように、japanと入力してjapanの「Google.co.jp」のプラスマーク()をクリックして、追加します。


▼追加したら、USAの検索エンジンは削除しましょう。

使用する検索エンジンを選択


▼選択して、USAを削除すると下記のようになります。

USAの検索エンジンは削除する


完了」をクリックしたら、サイトの登録は完了です。



続いては、ワークスペースを作成します。

ワークスペースを作成する


ワークスペースとは、計測したい情報をカスタマイズできる場所です。


▼まずは、タブ右上の「」をクリックします。

ワークスペースを作成する


▼下記の項目に、チェックマークを入れます。

  • キーワード
  • タグ
  • 注意
  • Google.co.jp Rank
  • Google.co.jp URLが見つかりました
  • Google.co.jp 差異
  • Google.co.jp 日付を確認
  • 検索数

上記の8つをチェックしておけばOKです。


▼「OK」をクリックすれば、完了です。

列のカスタマイズ


注意欄には、リライト情報を書き込むようにしています。


なぜなら、検索順位が上がらないときに記事の修正を行い、その修正で順位が上がったかどうかを管理できるからです。

SEOキーワードを計測する


▼右上の「すべてをチェックする」をクリックすれば、自動で検索順位をチェックしてくれます。

SEOキーワードを計測する

上記は当サイトの、検索キーワードの順位が1位であることがわかります。


チェックは毎日するようにしましょう。

順位チェックのスケジュール予約をする


最後は、検索順位チェックのスケジュール予約の設定方法です。


▼赤線上アイコン真ん中の「スケジューラー」をクリックします。

順位チェックのスケジュール予約をする


▼下記のように、タスク名・スケジュール情報を設定して、「オン」のボタンをクリックしておけば設定完了です。

タスク名・スケジュール情報を設定

 

 
当ブログは、朝夕の毎日8:00に検索順位チェックをスケジュールしています

 

5.まとめ:Rank Trackerを使って上位表示を狙おう

Rank Trackerを使って上位表示を狙おう

Rank Tracker は、狙った検索キーワードの検索順位を測定するツールです。


記事を書くまえにキーワード選定を完了してから導入するのが正しいと思います。


まずは、無料版からお試しで使ってみましょう


有料版にアップデートしたら毎日、検索順位をチェックしながら、記事を改善しましょうね。


また、Windowsユーザーの方は、GRCがおすすめなので検討してみてください。


▼これからブログを始める方に向けて、コチラの記事を掲載しておきます。

あわせて読みたい

  悩んでいる人 「ブログを始めたいと思っているのですが、結局何から始めれば良いのか分かりません。ブログで副業収入を得たいので、稼ぐまでの流れを詳しく教えてください!」 こうした悩みにお答えします。この記事では、ブ[…]



最後に、検索順位から流入を増やしていきたい方はRank Trackerが非常に便利なツールです。


というわけで、

今回は「SEO検索順位チェックツール、Rank Trackerとは【GRCと比較してみた】」をまとめてみました。

さっそく検索順位チェックツールを検討しましょう!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございます

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪