【頑張りすぎ】ビジネスマンは身体を癒せ【リラクゼーション】

 
頑張りすぎた
「近所にリラクゼーションのサロンができたけど、マッサージとの違いは何だろう。リラクゼーションとマッサージ、どっちのサロンに行けばいいのかな。」


こうした疑問に答えます。

本記事の内容
  • 1.ビジネスマンは身体を癒せ

  • 2.マッサージとリラクゼーションの違い

  • 3.「〇〇〇〇」が良い理由


この3本立てでいきます。


リラクゼーションとマッサージの違いがわかって、自分にはどちらが向いているのか明確になれば安心して行けますよね。


それでは見ていきましょう。

1.ビジネスマンは身体を癒せ


ビジネスマンは身体を癒せ



ビシネスしている方のほとんどがPC作業だと思います。


頑張るほど結果に繋がるので、ついつい身体に気を使わず過ごしてしまうことありますよね。


僕も作業に没頭するタイプなので、一日ご飯を食べることすら忘れることがあります。気がつくと外が真っ暗みたいな。


僕は温泉が好きなので、銭湯によく行くのですが、


温泉施設って、マッサージとかリラクゼーションとか、必ずありますよね?


そもそも2つはどう違うの?


そこも気になるのですが、料金が高いような気がしてしまって、なかなか踏み出せないんですよね。


僕の場合は、温泉に入るだけでも十分疲れは取れますし、もしマッサージを一回行うと、温泉10回分にもなり兼ねますから。


でも、マッサージとかの気持ち良さも知っているので、色々調べてみました。


そもそも、マッサージとリラクゼーションがどう違うのか?


そして、コスパの良いお店はどこなのかを紹介していきます。

2.マッサージとリラクゼーションの違い


マッサージとリラクゼーションの違い


▼リラクゼーションとマッサージには次のような違いがあります。

 リラクゼーションマッサージ
国家資格なしあり
養成学校民間公認
目的癒し症状改善
健康保険の適用なし適用される場合がある


では、詳しくみていきましょう。


マッサージとは「あん摩マッサージ指圧師」が行う施術のみを指します。

マッサージは一般的に、もみほぐし・ハンドトリートメントと同一に認識されています。しかしその他の「~マッサージ」といわれるリラクゼーションや、他の国家資格者の行うもみほぐしはマッサージではありません。


リラクゼーションの目的は、ひと言でいえば「心身を癒す」ことです。


マッサージは医療の一部の役割を果たしており、目的は「症状改善」にあります。


▼マッサージには血液の循環を促し新陳代謝をよくする作用があるので、以下のような症状改善に効果を発揮します。

不定愁訴症候群:肩こり・頭痛・腰痛・冷え・だるさなど

内因性の疾患:神経痛・リウマチ・脳卒中後遺症など

外因性の疾患:関節の変形・捻挫の後遺症など

 

3.「〇〇〇〇」が良い理由


良い理由


結論、おすすめのお店は【りらくる】です!


僕は知らなかったのですが、かなり有名とのことです。


個人的にどこにでもあるお店がいいなと思ったのです。


どこにいても近くで検索すればあるのは、とても助かりますよね!


あと料金がお手頃なところですね!

▼おすすめの理由は以下の通りです。

・全国の店舗数が多いこと。

・営業時間が長いこと。

・アプリでの会員価格などもあって、お手頃価格なところ。

 


店舗検索で近くのお店を検索し、ネット予約または予約欄に記載の電話番号をタップして直接電話予約も可能です。

>> 全国630店舗以上!リラクゼーション店【りらくる】




最後に、

本記事の内容を読んで

あなたに合うのは、マッサージなのかリラクゼーションなのか明確になるといいですね!


というわけで、

今回は「【頑張りすぎ】ビジネスマンは身体を癒せ【リラクゼーション】」をまとめてみました。

さっそくあなたのそばの「りらくる」へ!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪