SEOで検索意図が重要と言われる理由とは?【調べ方・作り方も解説】

  • 2021-02-18
  • SEO
  • 27view
 
悩んでいる人
「SEOで検索意図は重要だと言われているけど、どんな風に役立つの? SEOに役立つなら、検索意図を調べる方法や、コンテンツづくりに活かすコツも知りたい。」


こうした悩みにお答えします。


この記事では、検索意図の重要性や、調べ方、コンテンツに活かす方法を解説していきます。

この記事を読み終えると、検索意図をSEOに活かすコツを理解でき、ユーザーが満足するコンテンツ作成をする方法が分かります

 

 本記事の内容
  • SEOで検索意図が重要と言われる理由とは

  • 検索意図を調べる方法

  • 検索意図に沿ったコンテンツの作り方


SEOにおいて、検索意図はかなり重要だということを念頭におきつつ、集中して読み進めていきましょうね。

なぜなら、検索意図を汲みとったSEOライティングができると、ユーザーに刺さるコンテンツを作ることができるからです。


※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。


それでは見ていきましょう。

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

1.SEOで検索意図が重要と言われる理由とは

SEOで検索意図が重要と言われる理由とは


検索意図とは、ユーザーが検索して得たいニーズのことです。


ブログを本気でやる全員が知っておくべき超重要なことですので、最後まで読んでいってくださいね。

検索意図がSEOに役立つ理由とは

検索意図がSEOに役立つ理由とは、読者の検索意図を満たすことができるからです。


検索意図を汲み取れると、読者の求めているニーズに先回りして、サービス提供することができます。


つまり、「読者の求めること=検索意図」です。


トップ営業マンのように、お客さんの求めていることを理解して、期待に120%答えられる提案をしていきましょう。



検索意図の理解は、サイト集客も、ブログ収入を得ることも、アフィリエイトで成約件数をあげることにも役立ちます。


ブログで稼ぐのなら、100%身につけておきたいスキルですね


検索意図の理解は、Googleの理念にも通じる

検索意図に120%答えることは、Googleの理念にも沿っています。


度々記事に掲載しますが、Googleが掲げる10の事実を見てみましょう。

10. 「すばらしい」では足りない。

たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。(一部抜粋・太字筆者)

出典:Googleが掲げる10の事実

上記のように、ユーザーが自分でも気づいていない、本質的なニーズに答えることを大事にしていますね。


つまり、SEOでも検索意図に120%答えて、ユーザーを満足させるコンテンツは、Googleの求めているコンテンツでもあるのです。

検索意図には、顕在ニーズと潜在ニーズの2種類ある

▼検索意図の2つのタイプは以下です。


それぞれ、解説していきます。

①:顕在ニーズとは?

読者が自分で気づいていること


実際に、検索するキーワードなので、わかりやすいです。

②:潜在ニーズとは?

読者が自分で気づいていないこと


実際に、検索するキーワードではないので、分かりにくいです。


潜在ニーズは、顕在ニーズを満たしたときに、「ユーザーが次に知りたいこと」です。


▼例えば、「検索意図 理由」という検索キーワードの場合、以下のような検索意図が考えられます。

  1. 顕在ニーズ:検索意図の重要性を知りたい
  2. 潜在ニーズ:検索意図の調べ方やコンテンツに活かす方法を知りたい
 


つまり、「検索意図 理由」というキーワードだけを頼りに、ユーザーの検索意図は、①検索意図の重要性を知りたい。②検索意図の調べ方やコンテンツに活かす方法を知りたい。両方のニーズが発生することを予測する必要があります。

 
検索意図を考えるコツは「ユーザーがその後に何を求めるのか?」を常に考えることです


両方を満たすコンテンツが作れると、ユーザーの検索意図は満たされ、SEOにも効果があります。

2.検索意図を調べる方法

検索意図を調べる方法

ここからは、検索意図を調べる方法について解説します。


▼検索意図を調べるには、以下の方法があります。


1つずつ解説していきます。

①:キーワードの検索結果を調べる

検索上位の記事を読み込んでみましょう。

 記事を読み込むポイント

  • 記事の読者は誰か?
  • 読者が抱えている悩みは何か?
  • 記事で解決している潜在ニーズは何か?



ちなみに、本記事の場合は冒頭で3つとも書いています。

 本記事の冒頭

 
悩んでいる人
「SEOで検索意図は重要だと言われているけど、どんな風に役立つの? SEOに役立つなら、検索意図を調べる方法や、コンテンツづくりに活かすコツも知りたい。」


こうした悩みにお答えします。


この記事では、検索意図の重要性や、調べ方、コンテンツに活かす方法をご紹介していきます。

この記事を読み終えると、検索意図をSEOに活かすコツを理解でき、ユーザーに刺さるコンテンツ作成をする方法が分かります
 
▼ 記事の想定読者は誰か?
「検索意図について知りたい人」

▼ 読者が抱えている顕在ニーズは何か?
「検索意図の重要性を知りたい
「検索意図はどんな風に役立つのか知りたい
「検索意図を調べる方法を知りたい」
「検索意図をコンテンツづくりに活かすコツを知りたい」

▼ 読者が抱くであろう潜在ニーズは何か?
「検索意図に沿ったコンテンツの作り方を知りたい」
上記のような感じです。


また、Googleのサジェストワードや、関連ワードも、検索意図を調べるのに役立ちます。


▼Googleのサジェストワード
Googleのサジェストワード

※Googleのサジェストワードは、検索エンジンがユーザーに対して、求めていることを提案するキーワードのことです。


▼関連ワード

関連ワード
※上記のように、「検索意図」で調べてみたのですが、「調べ方」や「考え方」「分析」など、さまざまな検索意図が予測できるキーワードが得られました。


このように、Googleのサジェストワード関連ワードは、検索意図の分析に役立ちます。

②:Q&Aサイトで悩みに目を通す

検索意図は、読者のリアルな悩みをイメージすることが大事です。


Yahoo!知恵袋教えて!gooといったQ&Aサイトは、悩みの発掘場所です。


▼例えば、Yahoo!知恵袋で「検索意図」で調べてみると、1万件以上が投稿されていました。

Yahoo!知恵袋

 

リアルな悩みを見つけられるので、読者がどういう背景で検索しているかイメージしやすいですね

 

③:リアルにイメージをしてみる

家族・友人との会話をイメージして、検索意図を深掘りすると、リアルにイメージできます。


▼例えば、友人がブログを始めたいと言っている場合です。

友人:「最近、ブログを始めようと考えているんだけど、有料と無料どちらで始めたらいいかな?」

僕 :「ブログで稼ぐところまで考えているのであれば、有料ブログがおすすめだよ!」

友人:「わかった!ありがとう。ちなみに有料ブログってWordPressってやつ?」

僕 :「そうそう。まずはサーバーとドメインを契約する必要があるんだけど、今はWordPressも含めた一括設定ができるよ!」

友人:「そうなんだ!どうやるの?」

僕 :「僕は、エックスサーバー から一括設定したよ!今だと割引キャンペーンやってるから、このリンクから予約したらお得だよ〜」

友だち:「ありがとう!やってみるね!ブログ立ち上げた後のことってあとで聞いてもいい?」

僕 :「ブログ運営に関しては、ブログの始め方ロードマップで全て解説しているから参考にしてみてね!分からないところがあれば連絡してもらえればOKだよ〜」

友人とは、こうした会話になりますね。


会話の中で、おすすめのレンタルサーバーなどをアフィリエイトで紹介すれば、アフィリエイトも成立します。


実際は、友人に対してはしませんが、このようなイメージで検索意図を深掘りするのもありです。


▼では、この会話から友人の検索意図をまとめてみます。

上記のような感じです。


以上が、リアルにイメージして検索意図を調べる方法でした。


3.検索意図に沿ったコンテンツの作り方

検索意図に沿ったコンテンツの作り方

検索意図に沿ったコンテンツの作り方について解説します。


▼作り方は以下です。

  1. キーワードを選定する
  2. 検索意図を調査する
  3. 記事を執筆して公開する

 

①:キーワードを選定する

まず書き始める前にキーワードを選定しましょう。


キーワードを決めないで書くのは、ゴールのないマラソンのようなことです。



今までキーワードを決めずに記事を書いていた方は、SEOキーワードの正しい選び方【基礎知識】を読んで、キーワードの選び方をチェックしましょう。

 
キーワードのSEO検索順位は、定期的にチェックしましょう


ちなみに、僕が使用しているSEO検索順位チェックツールは、Rank Trackerです。
» SEO検索順位チェックツール、Rank Trackerとは

②:検索意図を調査する

キーワードが決まったら、検索意図を調べていきます。


▼検索意図の調べ方については、前項で解説した方法で調査します。

 

③:記事を執筆して公開する

検索意図を調べたら、記事執筆しましょう。


検索意図に1つずつ回答していくと、そのまま記事にしていけます。


▼例えば、本記事の場合は以下です。

本記事の検索意図

  • 「検索意図の重要性を知りたい」
  • 「検索意図を調べる方法について知りたい」
  • 「検索意図をコンテンツづくりに活かすコツを知りたい」

上の検索意図に対して、各見出しをそのまま作ります。

 本記事の見出し

  • 見出し1:SEOで検索意図が重要と言われる理由とは
  • 見出し2:検索意図を調べる方法
  • 見出し3:検索意図に沿ったコンテンツの作り方

あとは、見出しに沿って本文を完成させ、図や画像を整えたら、検索意図を汲み取った記事が完成します。

まとめ:SEOにおいて検索意図は重要である

SEOにおいて検索意図は重要である

本記事の内容をまとめます。

  • 検索意図がSEOに重要な理由は、ユーザーの悩みや知りたいことに答えるために必要

  • 検索意図は、顕在ニーズと潜在ニーズの2種類

  • 検索意図を調べる方法は、「キーワードの検索結果を調べる」、「Q&Aサイトで悩みに目を通す」、「リアルにイメージをしてみる」の3つ

  • 検索意図に沿ってコンテンツを作る方法は、検索意図への回答を見出し化する

このような感じですね。


昨今、検索意図にしっかり答えていない記事は、順位が上がりません。


Googleの理念にもあるように、ユーザー自身も気づいていないような、潜在ニーズを満たしてあげられるコンテンツを作っていきましょう。


というわけで、

今回は「SEOで検索意図が重要と言われる理由とは?【調べ方・作り方も解説】」をまとめてみました。

初心者の方は大変ですが、本記事を読みつつ、何度もトライしてみましょう。

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございます

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪