【誹謗中傷対策】ネット上の誹謗中傷とは【書き込みを削除する方法】

 
悩んでいる人
「最近、誹謗中傷で悩まされています。時として命を断つ覚悟までしてきました。このような状況はどうのようにして対処すればよいのでしょうか。」


こうした悩みにお答えます。



最近はSNSでの誹謗中傷に悩まされて命を断つ人もいます。


日本の法制度では匿名側が圧倒的に有利ですよね。


そんなのおかしいに決まってます。

 本記事の内容
  • 1.ネット上の誹謗中傷とは

  • 2.誹謗中傷対策

  • 3.司法書士に相談


この3本立てでいきます。


SNSなどを運営する会社が厳罰化や管理を強めたところで再発防止になるのでしょうか?


一人一人がこの問題に関してよく理解する必要があります。


この記事は、ネット上で悪質な書き込みや誹謗中傷被害でお困りの方向けです。


それでは見ていきましょう。

1.ネット上の誹謗中傷とは


ネット上の誹謗中傷とは



誹謗中傷とは、根拠のない言葉で相手を傷つけることです。


タダで匿名アカウントをSNSで登録し、ものの数秒で誹謗中傷を書き込める時代です。


それに書き込まれた側はひどく傷つき、発信者側は何も感じてないという、あまりにもバランスの悪い不公平な仕組みです。


誹謗中傷の悪意ある書き込みとして「バカ」「し○」「こ○す」など確かに悪質な言葉から、実際は「悪意があるか否か」といったケースもあります。


それは、直接的な言い回しではなかったり、丁寧な口調で悪質なことをいっていたりとタチが悪いのです。


どれも心ない言葉が見受けられます。


どのような心理であろうと自分がされて嫌なことはしてはいけません。


これは「基本中の基本」ですね。


人間は、群れる場所に群れて、多くの人の発言に便乗する生き物です。


しかし、その制御ができるのも人間です。


正直、そういう人には重たい罰を与えるべきなのですが、これが難しいのも現実です。

2.誹謗中傷対策


誹謗中傷対策


誹謗中傷にあったら、まずは手元にある媒体を全て電源から落としましょう!


真に受けることはありません。


全ての人は、どれもこれも声にしては言えないことを他人に便乗してやっているのです。


人の心ほど見えないものはなく証拠もありませんので、追求することはやめましょう。


それに反論など時間と労力の無駄です。


ネット上で誹謗中傷を受けた方には、発信者を名誉毀損の罪などで訴えたり書き込みの削除を求めたりすることができます。


なぜなら、SNSの運営会社やインターネットプロパイダーにIPアドレスなどの発信者情報の開示を求められるからです。


被害者が運営会社に直接申し立てても、個人情報保護の観点から率先して開示に応じるケースは少ないので弁護士等が必要になります。


それは開示請求に限らず、IPアドレスの入手後には携帯電話会社に発信者の氏名や住所を開示してもらう必要があるからです。


相手を特定して訴えるまでにも最低でも1年は必要だと言われています。


そこで、ITに特化した司法書士に相談することをおすすめします。

 

3.司法書士に相談


司法書士に相談


ITに特化した司法書士「平柳司法書士事務所」をご紹介します。


こちらは、「即時見積もり」「即時対策」の迅速な対応をしてくれます。


また、対策ができなかった場合は費用はかかりません。


そして、無料で相談に乗っていただけます。


相談は無料とか当たり前とか思わない方が良いですよ。


誰も無料で時間を売る人なんていませんからね。


ラッキーだと思いましょう。

 このような方におすすめです。
・ネット上に過去の逮捕、事件記事が残っている方

・2chなどの掲示板に個人情報を書かれた方

・ブログ記事等に悪口や誹謗中傷が書かれている方

・自分の偽アカウントがSNS等に存在する方

・対策可能かどうか相談したい方

・ネット上の悪評、悪意のある記事により売上が減少している方

 

▼解決までの流れ

・webからお問い合わせ(無料相談)
⬇︎
・対策ご提案・無料見積もり
⬇︎
・ご契約
⬇︎
・即時対策開始
⬇︎
・解決


無料相談は、受付時間10時~20時(日・祝日除く)全国対応です。

まずは、無料お問い合わせフォームから相談しましょう!

>> 【平柳司法書士事務所】ネット上の誹謗中傷を徹底削除!




最後に、

本記事の内容を読んで

あなたの未来が安全に守られることを願っています。


というわけで、

今回は「【誹謗中傷対策】ネット上の誹謗中傷とは【書き込みを削除する方法】」をまとめてみました。

さっそく司法書士に相談しましょう!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪