宇宙誕生の瞬間はいつ!?【月は買えます】

 
悩んでいる人
「普通に生活している中で宇宙とか地球を意識することはないけど、自分が住んでいるのは地球であって宇宙の一部であるのは確かだね。興味はあるけど、周りに詳しい人もいない。少し詳しく教えてほしい。」


こうした疑問にお答えします。


本記事では知っておくと嬉しい情報が含まれますので、最後まで読んでくださいね。

 本記事の内容
  • 1.宇宙誕生の瞬間はいつ!?

  • 2.太陽系の仕組み

  • 3.惑星の特徴
 

この3本立てでいきます。


この記事では、あなたが住んでいる地球も宇宙の一部であることを実感してもらいます。


それでは見ていきましょう。

1.宇宙誕生の瞬間はいつ!?


宇宙誕生の瞬間はいつ!?



宇宙の始まりは、約138億年前にビックバンにより誕生したとされます。


ビックバンとは、超高温のすごく小さな点が急速にふくらむ現象です。


その後、宇宙はふくらみながら冷えていき、やがて星や銀河が生まれました。


そして、約46億年前に天の川銀河の中で、太陽系が生まれます。


宇宙誕生の話はこんなところです。


意外と知る前は深そうな印象がありましたが、これだけ説明できれば十分に説得力があります。


2.太陽系の仕組み


太陽系の仕組み


太陽系は天の川銀河の星の1つです。


写真のような渦を巻いている星に見覚えはありませんか?


天の川銀河には、太陽をふくめて約1000億個の恒星があります。


太陽は、天の川銀河の中心からおよそ3万光年離れたところにあります。


※1光年とは、光の速さで1年間に進むことのできる距離のことです。


太陽の周りを回る8つの惑星がありまして、その一つが我々人類が住む地球です。


次は、その太陽系惑星について、少し詳しく説明します。

3.惑星の特徴


惑星の特徴

 

▼太陽(たいよう)
誰しもが知る星の一つです。

自らがかがやく熱い星でして、直径が地球の109倍の大きさだといわれます。

地上から小さく見えているのは気のせいだと感じてもらえますか?

ちなみに、表面温度6000℃です。

 

▼水星(すいせい)

太陽系のなかで、いちばん小さくて軽い惑星です。

昼は高温に、夜はとても寒い。

直径の大きさは地球の1/3だといわれます。

表面温度は-180℃〜430℃です。

 

▼金星(きんせい)

太陽に2番目に近く、地球からは夕方や明け方に明るくかがやいて見える惑星です。

見た目は全く違いますが、直径の大きさは地球とほぼ同じだとされています。

表面温度は(平均)465℃です。

 

▼地球(ちきゅう)
3番目が我々が住む星。地球です。

地上にいるととても大きく感じますが、宇宙全体で考えると、とても小さい天体です。

太陽からの距離がちょうど良いので、豊富な水があります。

 

▼月(つき)

地球の周りを回る天体です。

地球(惑星)の周りを回る天体を「衛星」と呼びます。

地球のただ一つの衛星です!

直径の大きさは地球の1/4程度

表面温度は、-180℃〜130℃です。


ちなみに、月の土地が買えることをご存知ですか?

送れるギフトとしても販売されているので、特別感のあるプレゼントを準備したい方におすすめです!


\あの人の驚く顔が見てみたい!/

≫ 大切な人に月の土地を贈ろう


\サプライズプレゼントに/

≫ 月の土地が贈れる「MOON GIFT CARD」



または、星に名前をつける贈り物もありますので、世界に一つだけの星を大切な人の名前などをつけてプレゼントするのもありです!

\世界に一つだけ、自分だけの星/

≫ 世界に一つだけ、星の贈り物
オーストラリアの天文台公認!


正直、どちらもプレゼントできれば最強です。


月の土地に興味がある方は、値段や購入方法などがわかりやすく解説していますのでコチラの記事をどうぞ!

あわせて読みたい

  「大切な人への贈り物を考えています。今までにない特別で素敵なプレゼントを贈りたくて調べていたら、月の土地が買えることを知ったので詳しく教えてください。」 こうした疑問にお答えします。この記事では、かな[…]




▼火星(かせい)
地球のすぐ外側を回っている惑星です。

人類が行くことができるかもしれないとさせる惑星です。

直径の大きさは地球の1/2ほどです。

表面温度は、-150℃〜20℃です。

 

▼木星(もくせい)
太陽系最大の惑星です。ガスでできています。

周りには70個以上の衛星が回っているそうです。

直径の大きさは地球の11倍にもなります。

表面温度は、-108℃(1気圧のところ)といわれます。

 

▼土星(どせい)

大きな環をもつ惑星です。

太陽系では、木星に次ぐ巨大ガス惑星です。

よく惑星の写真やデザイン、スタンプなどで見る代表的なやつです。

直径の大きさは、地球の9.5倍です。

表面温度は、-139℃(1気圧のところ)といわれます。

 

 

▼天王星(てんおうせい)
人類が望遠鏡を使って見つけた最初の惑星です。

氷の成分を多く含んでます。

横だおしで自転するめずらしい惑星です。

直径の大きさは、地球の4倍ほどです。

表面温度は、-197℃(1気圧のところ)といわれます。

 

▼海王星(かいおうせい)
太陽系の中で、太陽からいちばん遠いところにある惑星です。

氷の成分を多く含んでいます。

ここまでくると、信じられないレベルですよね。
本当にあるの?というかんじもします。
まじで界王様がいそうなイメージ。

ですが、実際はしっかり確認されている惑星です!

直径の大きさは、地球の4倍ほどです。

表面温度は、-201℃(1気圧のところ)といわれています。
 

 




宇宙から学べることは、人間なんてちっぽけで儚い。


それを知った上で、悔いの残らない人生にしていきましょう。



興味が湧いたのならば、参考書や図鑑を読むことがおすすめです。

▼僕のお気に入りの本を掲載しておきます。

というわけで、今回は「宇宙誕生の瞬間はいつ!?【月は買えます】」をまとめてみました。

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪