200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

Googleサーチコンソールの使い方と設定方法を解説【ブログ運用改善には欠かせない】

悩んでいる人
「Googleサーチコンソールはブログ改善に役立つというけど、使い方がわかりません。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、Googleサーチコンソールの使い方と設定方法について解説します。

 

 本記事の内容

  • Googleサーチコンソールでできること
  • Googleサーチコンソールの設定方法
  • Googleサーチコンソールの使い方

 

Googleサーチコンソールがあればアクセス解析やサイト改善など、さまざまな用途で活用できますので、この機会に使い方を覚えておきましょう。

 

※ これからブログを始めようとしている人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

>> THE・THOR(ザ・トール)

 

Googleサーチコンソールでできること

Googleサーチコンソールでできること
Googleサーチコンソールでできること

 

Googleサーチコンソール(以下、サーチコンソール)とは、Googleが無料で提供しているページ情報や検索データを確認できるツールです。

 

サーチコンソールの概要や設定方法、使い方を理解するとSEO対策ができるようになるので、ご自身のサイトを上位表示させられる可能性が高まります。

 

サーチコンソールでは「Webサイトの状態を確認する」ことと「ユーザーがサイトに訪れるまでにどんなアクションを起こしたのかを解析する」ことができます。

 

具体的には以下のようなことがわかります。

 

  • どんなキーワードで検索されたか
  • 検索順位でどのくらいにいるか
  • サイトがインデックスされているか
  • サイトマップへ送られているか
  • スマホから見やすくなっているか

 

ブログ運営をする上でも、リライトをする際のキーワードチェックや検索順位チェックとしても利用できます。

 

また、サーチコンソールは、SEOやサイトの分析だけではなく、Googleとページ情報のやりとりもできるので、Webサイトを持つすべての方におすすめしたいツールです。

 

そして、サーチコンソールとブログを連携させることで、1日にどれだけGoogle検索からユーザーが訪れているのか、どのような検索キーワードで検索されて、どのページに訪れたか、ページの順位は何位なのかを分析できるツールでもあります。

 

なお、記事を作成した時に「記事はここです!」とGoogleに教えることもできますよ。

 

サーチコンソールとアナリティクスの違いとは

 

Googleが提供しているウェブ解析の公式ツールとして「Googleアナリティクス」というツールもあります。

 

サーチコンソールは、Googleアナリティクスと同列で扱われることがありますが、

 

  • アナリティクス:ページに訪れたユーザー行動の分析ツール
  • サーチコンソール:ページに訪れる前のユーザー行動や検索エンジンでの見え方を分析するツール

 

どちらか片方を使うのではなく、どちらも併用するのがベストです。

 

Googleアナリティクスについては、Googleアナリティクスの導入方法と使い方を解説【アクセス数を確認しよう】にて詳しく解説しています。

 

サーチコンソールを使う理由

 

サーチコンソールを使う理由は、ページを分析して改善につなげることはもちろんですが、ページのインデックスを促したり、ブログの状態を把握するという大きな目的があります。

 

クローラーにサイトを教える

 

Googleでは、Google Botと呼ばれるプログラム(以下クローラー)ですべてのWebサイト・Webページを調査していて、クローラーが見つけられたページを検索結果に表示します。

 

クローラーがページを見つけられないと、せっかく作ったブログもGoogle検索では表示されません。

 

そのため、サーチコンソールに自分のサイトも登録して、インデックスしてもらえるようにしましょう。

 

Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定方法
Googleサーチコンソールの設定方法

 

ここからは、サーチコンソールの設定方法を解説していきます。

 

STEP①:Googleアカウントにログイン

 

まずは、Googleアカウントでログインします。

 

※ すでにGoogleアカウントをお持ちの方は、そのアカウントでログインしましょう。

 

<Googleアカウントの登録方法>

  1. Googleアカウントを作るには、Googleのログインページ右上の「アカウントを作成する」をクリックして「名前・メールアドレス・パスワード」を入力して「次へ」をクリックして進みます。
  2. Googleアカウントを作成するには、電話番号認証が必要なため、SMS(ショートメール)が受信可能な電話番号を入力して「次へ」をクリックします。
  3. 入力した電話番号宛に「G-  」から始まる6桁の確認コードが送信されていますので、入力して「確認」をクリックします。
  4. Googleアカウント規約を読んで「同意する」をクリックするとGoogleアカウントの作成が完了します。

 

STEP②:認証用のコードを取得

 

Googleアカウントへのログインが完了したら、サーチコンソールでの操作を進めていきます。

 

  1. サーチコンソールへ移動して「今すぐ開始」をクリックします。
  2. 左上の「プロパティを検索」から「プロパティを追加」をクリックします。
  3. 「Google Search Consoleへようこそ」というページに移動しますので、右側の「URLプレフィックス」にご自身のサイトURLを入力して「続行」をクリックします。
  4. 「所有権の確認」というページが表示されますので、下部の「HTMLタグ」をクリックします。
  5. HTMLタグをクリックすると「メタタグ」といわれるコードが表示されますので、メモ帳などにコピペしておきましょう。
    ※ページは再度作業しますので、開いたままでOKです。
  6. WordPressのHTMLコードの「</head>」の直前にコピーしたコードを貼ってください。
    ※ 以降でご紹介するプラグインを使用する方法もあります。
  7. サーチコンソールに戻って「所有権が認証されました」と表示されたら登録は完了です。

 

STEP③:WordPress側での設定

 

WordPress側でサーチコンソールを設置する場合は「All in One SEO」のプラグインを使うと便利です。

 

このやり方で行う場合は、プロパティの設定は「URLプレフィックス」で行います。

 

URLプレフィックス」で所有権の確認まで行き「確認」ボタンを押さないで、WordPressのダッシュボードにある「All in One SEO」の「一般設定」をクリックします。

 

ウェブマスター認証」の欄に「Google Search Console」の項目があります。

 

そこに「URLプレフィックス」から取得したHTMLタグのメタタグをコピーして「content=”〇〇”」の「〇〇」の部分だけを入力します。

 

あとは「変更を保存」するだけで所有権が登録できますので、ぜひ利用してみてください。

 

Googleサーチコンソールの使い方

Googleサーチコンソールの使い方
Googleサーチコンソールの使い方

 

Googleサーチコンソールの基本的な使い方をご紹介します。

 

その①:記事の更新をクローラーに伝える

 

サイトが検索順位に表示されるためには、Googleのクローラーがサイトを訪れて、サイトがインデックスされる必要があります。

 

更新したばかりのサイトは、クローラーがサイトに来るまでに時間がかかるため、サーチコンソールを使ってクローラーに信号を出します。

 

  1. サイドメニューから「URL検査」をクリックします。
  2. サーチコンソールの検索窓にクローラーへ信号を送るページのURLを入力してください。
    「URL検査」をクリック
    「URL検査」をクリック

  3. URLがGoogleに登録されていません」と表示される場合は、Googleにまだインデックスされていない状態です。その場合は「インデックス登録をリクエスト」をクリックして申請します。
    インデックス登録をリクエスト
    インデックス登録をリクエスト

  4. インデックス登録をリクエスト済み」が表示されたらリクエスト完了です。
    リクエスト完了
    リクエスト完了

 

その②:サイトの検索キーワードを検索

 

サイトの検索キーワードチェックでは、検索キーワードごとのクリック率をサーチコンソールで確認できます。

 

記事の対策キーワードでうまくアクセスを集められているかを確認したり、記事をリライトした際の効果を検証する際に利用します。

 

  1. サイドメニューから「検索パフォーマンス」をクリックします。
    「検索パフォーマンス」をクリック
    「検索パフォーマンス」をクリック

  2. 下にスクロールすると検索キーワードが表示されますので、タブから「ページ」をクリックします。
    「ページ」をクリック
    「ページ」をクリック

  3. 検索キーワードを調べたい対象のページのURLをクリックします。
    URLをクリック
    URLをクリック

  4. ページごとにどのような検索キーワードでクリックされたかが表示されます。
    検索キーワードの表示
    検索キーワードの表示

 

その③:サイトの検索順位を確認

 

サイトの検索順位については、記事の対策キーワードでの検索順位を調べたり、記事をリライトした際に効果を検証する際に利用します。

 

表示される検索順位は、指定した期間の平均検索順位になります。

 

  1. サイドメニューから「検索パフォーマンス」をクリックして「平均掲載順位」をクリックします。
    「検索パフォーマンス」→「平均掲載順位」をクリック
    「検索パフォーマンス」→「平均掲載順位」をクリック

  2. 検索キーワードの表に「検索順位」が表示されます。集計期間を変更したい場合は「日付」の項目から変更できます。
    「検索順位」を表示
    「検索順位」を表示

 

その他の便利な機能

 

ブログ運営を始めた頃に気にする必要はありませんが、慣れてきたら以下の機能も活用してみましょう。

 

サイトに関するメッセージを確認

 

サイトに関するメッセージでは、サイトのパフォーマンスやエラー状況などの重要な情報を教えてくれます。サーチコンソールを利用する際に合わせてチェックするようにしましょう。

 

サイトに関するメッセージを確認
サイトに関するメッセージを確認

 

被リンクを確認

 

どのようなサイトからリンクを受けているか、どのサイトが一番リンクを受けているかは「リンク」で確認できます。

 

  1. サイドメニューから「リンク」をクリックします。
    「リンク」をクリック
    「リンク」をクリック

  2. 「外部リンク」の項目が被リンクの一覧となります。
    「上位のリンクされているページ」を見れば、よく被リンクを受けるページを把握できます。
    「上位のリンク元サイト」では、どのようなサイトから被リンクを受けているかを確認できます。

    被リンクを確認
    被リンクを確認

 

モバイルの最適化

 

「モバイルユーザービリティ」という項目では、サイトがスマホから閲覧しやすいかを教えてくれます。

 

スマホでサイトを見た時に「ここがわかりづらい!」と教えてくれますので、参考にしながらモバイル最適化したサイトを目指しましょう。

 

  1. サイドメニューから「モバイルユーザビリティ」をクリックします。
    「モバイルユーザビリティ」をクリック
    「モバイルユーザビリティ」をクリック

  2. エラーがある場合は、詳細の項目で原因を確認できます。
    エラーの内容を確認
    エラーの内容を確認

 

例えば、上記では「テキストが小さすぎて読めません」というエラーが出力されています。

 

これは文字の大きさが10px以下の場合に表示されますので、11px以上に変更することで解消します。

 

「Googleサーチコンソール」に関するよくある質問

「Googleサーチコンソール」に関するよくある質問
「Googleサーチコンソール」に関するよくある質問

 

最後に、Googleサーチコンソールに関するよくある質問をまとめました。

 

Q1:新しい記事は毎回コンソールから送信するべきなのか?

 

新しく公開した記事は、毎回「インデックス登録リクエスト」で送信するべきか?
毎回「インデックス登録リクエスト」を送信する必要はありません。

 

Googleのロボットが定期的にサイトを巡回しているため、放っておいてもロボットがページを辿ってインデックスしてくれます。

 

ただし、急ぎの場合や、いつまでもインデックスされない場合は「インデックス登録リクエスト」から送信しましょう。

 

Q2:サイトマップの送信は必要なのか?

 

サイトマップは必要か?
サイト内に適正なリンクが設定されていればサイトマップを必ずしも送信する必要はありません。

逆に存在しないURLを送信しているなど、サイトマップのメンテナンスが適正に行われない場合も起こり得ます。

 

Q3:Googleサーチコンソールに登録しないとSEOで不利になるのか?

 

Googleサーチコンソールに登録していないとSEOで不利になるか?
Googleサーチコンソールに登録しないとSEOで不利になることはありません。

逆に、登録したことで不利になることもありません。

 

ただし、サイトのデータを確認できるのは、Googleサーチコンソールに限るので、登録しておいた方がSEO戦略も立てやすくなります。

 

Q4:サーチコンソールとアナリティクスは両方必要なのか?

 

サーチコンソールとアナリティクスは両方必要か?
いずれも違う性質のものであるため、登録しておくことをおすすめします。

 

登録しないことでSEOに不利になることはありませんが、両方とも登録することで、より正確な情報を獲得できます。

 

正直、Googleサーチコンソールの方が重要だと思います。ぶっちゃけ、アナリティクスは、ほとんど見ません。(月に1回くらいです。)

 

まとめ:サーチコンソールはブログ運用改善に欠かせないツール

サーチコンソールはブログ運用改善に欠かせないツール
サーチコンソールはブログ運用改善に欠かせないツール

 

今回は、Googleサーチコンソールの設定方法と使い方について解説してきました。

 

ブログ運営をする上で、SEOやサイトの分析だけではなく、Googleとページ情報のやりとりもできるので、サーチコンソールは必須ツールだといえます。

 

アクセス解析やブログ改善の場面で利用できますので、ぜひ活用していきましょう。

 

\ ブログの始め方の続きを読もう /

※ クリックするとブログの始め方に戻ります。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

  • ブログをこれから始める人は、以下の記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討してみてくださいね。

 

というわけで、

今回は「Googleサーチコンソールの使い方と設定方法を解説【ブログ運用改善には欠かせない】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。