ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

WordPressでリダイレクト設定する方法【プラグインでSEO評価を引き継ぐ】

悩んでいる人
「既存キーワードで新しい記事を作ったので、古い記事リンクからリダイレクトさせたいです。WordPressのリダイレクト設定を教えてください。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、誰でもできるWordPressのリダイレクト方法を解説します。

 

 本記事の内容

  • WordPressのリダイレクトとは?
  • 「.htaccess」にリダイレクト設定する方法
  • プラグイン「Redirection」を利用する方法

 

同じキーワードで新しい記事を書いてしまった人は、古い記事の評価を活かすために301リダイレクトをしましょう。

 

301リダイレクトは、個別ページの評価を引き継いでいるので、SEO的にもおすすめです。

 

他にも、WordPressではリダイレクトする機会がたくさんあります。リダイレクトすることで、サイト訪問者を惑わすことなく、新しいアドレスに転送させられるのでとても便利な機能です

 

ただし、リダイレクトを行った経験がない人からすれば、どうやって設定すればいいのかわからないですよね。

 

この記事を読み終えると、WordPressでリダイレクト設定ができるようになります。

 

※ これからWordPressブログを始めようと思っている人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

前置きはこの辺にして、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

>> THE・THOR(ザ・トール)

 

WordPressのリダイレクトとは?

WordPressのリダイレクトとは?
WordPressのリダイレクトとは?

 

まず、前提として、リダイレクトには以下の2種類があります。

 

  • 301リダイレクト
  • 302リダイレクト

 

いずれのリダイレクトも、ユーザーを他のURLに転送するための設定です。

 

ただし、この2種類には、それぞれ違いがありますので、場面によって使い分けましょう。

 

301リダイレクトとは

 

301リダイレクトとは、元々のGoogleからのページ評価を引き継いだまま、新しいURLへとリダイレクトする方法のことです。

 

要は、301リダイレクトとは「あるURLを永久的に移転します」とGoogleに宣言することです。

 

301リダイレクトを日本語で説明すると「恒久的な転送」という意味になります。

 

301リダイレクトした記事ページは、Googleからの評価も含めて永遠に新しい記事ページへと転送されるという意味です。

 

 301リダイレクトのポイント

  • 301リダイレクトとは「恒久的な転送」
  • 301リダイレクトはページ評価を引き継げる
  • 301リダイレクトの利用例としては同じキーワードに対して新規記事を作成したとき

 

302リダイレクトとは

 

302リダイレクトとは、URLを一時的に変更する際に利用されるリダイレクト設定です。

 

301リダイレクトが、SEO評価を引き継ぐ設定に対して、302リダイレクトはSEOの評価を引き継ぎません

 

サイトのメンテナンスを行う際や、一定期間のみページを閉鎖する場合などに、302リダイレクトを使用しましょう。

 

リダイレクトが必要になるパターン

 

リダイレクトが必要になるのは、以下のような場面が多いです。

 

  • サイトの引っ越し
  • サイトのリニューアル
  • ディレクトリの転送
  • ページの転送
  • SSL化の対応

 

上記のような場面に共通していることは、サイトのURLが変更されること。

 

例えば、サイト引っ越し時は、ドメイン変更に伴い、URLも変わるため必ずリダイレクト設定が必要になります。

 

または、SSL化していないサイトをSSL化させる場合、単純に「http」→「https」にするだけで終わりではありません

 

SSL化されていない元のページが表示されないように、リダイレクトによって新しいSSL化されたページに遷移させる必要があるため、もっともリダイレクト設定をすることが多いのが、SSL化の設定をするときでもあります。

 

サイトのURLに変更がある場合は、必ずリダイレクト設定を行う必要があることを覚えておきましょうね。

 

「.htaccess」にリダイレクト設定する方法

「.htaccess」にリダイレクト設定する方法
「.htaccess」にリダイレクト設定する方法

 

続いては、具体的なリダイレクト設定の方法について解説していきます。

 

「.htaccess」にリダイレクト設定する手順

  1. レンタルサーバーへアクセス
  2. htaccess というファイルを開く
  3. 301リダイレクトのコードを書く

 

手順①:レンタルサーバーへのアクセス

 

まずは、お使いのレンタルサーバーにアクセスします。

 

当ブログは、エックスサーバー なので「サーバーパネル」からアクセスします。

 

手順②:.htaccessというファイルを開く

 

サーバーにアクセスしたら「.htaccess」というファイルを開きます。

 

おそらく、以下のようなコードが書かれていると思います。

 

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

 

上記1番下「# END WordPress」のあとに301リダイレクトのコードを書けば完了です。

 

はい、超かんたん!

 

手順③:301リダイレクトのコードを書く

 

<301リダイレクトの転送元のURL>

https://dots-on.com/redirect
<301リダイレクトの転送先のURL>
https://dots-on.com/new-redirect

 

下記のように「redirect 301 /」の後ろに[転送元のURL]と[転送先のURL]を入力します。

 

redirect 301 /redirect https://dots-on.com/new-redirect

 

コードを書いたあとはファイル更新、またはFTPソフトを使っている方はファイルをアップロードして完了です。

 

WordPressで301リダイレクトの確認方法

 

301リダイレクトが正しく機能しているか確認する方法は、リダイレクトチェックツールを使うことで簡単に確認できます。

 

>> リダイレクトチェッカー

 

※ 上記サイトに転送元URLを入力すると確認できます。

 

301リダイレクトの方法については以上です。

 

評価を引き継いだまま、新しいURLにリダイレクトしたいときは、301リダイレクトを利用してみましょう。

 

プラグイン「Redirection」を利用する方法

プラグイン「Redirection」を利用する方法
プラグイン「Redirection」を利用する方法

 

最後に、プラグイン「Redirection」を利用する方法についてご紹介します。

 

特に、初心者はプラグインで設定することをおすすめします。

 

直接「.htaccess」ファイルを書くことも不可能ではないですが、誤った記述をしてしまうとサイトが表示できなくなることもあります。

 

「.htaccess」はWordPressそのものを制御するコードが書かれているため、1文字でも間違うとサイトに不具合が発生してしまう可能性があるのです。

 

特別な理由がなければ、プラグインで設定するようにしましょう。

 

手順①:プラグインをインストールする

 

まず、プラグイン「Redirection」をインストールして「有効化」します。

 

プラグイン「Redirection」をインストール
プラグイン「Redirection」をインストール

 

プラグイン「Redirection」を有効化
プラグイン「Redirection」を有効化

 

手順②:「Redirection」の設定画面にアクセス

 

次にホームの管理画面から「ツール」→「Redirection」をクリックします。

 

管理画面から「ツール」→「Redirection」をクリック
管理画面から「ツール」→「Redirection」をクリック

 

手順③:リダイレクトの設定

 

下記の画面が出るので「セットアップを開始」をクリックします。

 

「セットアップを開始」をクリック
「セットアップを開始」をクリック

 

次に「セットアップを続行」をクリックします。

 

「セットアップを続行」をクリック
「セットアップを続行」をクリック

 

続いて「セットアップ完了」をクリックします。

 

「セットアップ完了」をクリック
「セットアップ完了」をクリック

 

すると「Redirection」の設定画面に遷移するので、画面下にある「新しい転送ルールを追加」の項目で各項目に値を入れていきます。

 

基本的に「ソースURL」に元のURLを「ターゲットURL」に遷移先のURLを入れます。

 

各項目に値を入れる
各項目に値を入れる

 

最後に「転送ルールを追加」のボタンを押せば、リダイレクトの作成が完了です。

 

新たにリダイレクトが作成されているか確認してください。ドメインごとにリダイレクトする場合も、同じ要領でURLを挿入するだけなので、とても簡単です。

 

まとめ:WordPressのリダイレクトはプラグインで設定しよう!

WordPressのリダイレクトはプラグインで設定しよう!
WordPressのリダイレクトはプラグインで設定しよう!

 

今回は、WordPressのリダイレクト設定の方法について解説してきました。

 

リダイレクト設定は、サイトリニューアルやSSL化の際には、必ず必要となります。

 

ただし、直接「.htaccess」にコードを記述する方法は、初心者には少し難しいので、プラグインを使用するようにしましょう。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「WordPressでリダイレクト設定する方法【プラグインでSEO評価を引き継ぐ】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。