200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを徹底比較

悩んでいる人
「従来のエックスサーバーと新サービスの違いが知りたい。」

 

こんな疑問にお答えします。

この記事では、wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーとの違いについて解説します。

 

wpXシン・レンタルサーバーは、2021年05月にエックスサーバー株式会社によってリリースされたレンタルサーバーです。

エックスサーバー自体は2003年から運営していて、サービスによってWordPressの表示速度や料金体系が異なります。

 

これからwpXシン・レンタルサーバーを検討される方は、この記事を最後まで読んで、各サービスの違いを比較してみてください。

 

wpXシン・レンタルサーバーの契約からブログを始めるまでの手順を解説

 

※ これからブログを作ろうとしている人は「完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】」をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\wpXシン・レンタルサーバーがリリース/

 

エックスサーバーの各種サービス

エックスサーバーの各種サービス
エックスサーバーの各種サービス

 

エックスサーバー株式会社が提供するレンタルサーバーは、大きく分けて以下の3種類です。

 

 エックスサーバーのレンタルサーバー

 

この他にも法人向けサービスとして「Xserverビジネス 」もありますが、今回は比較しやすい個人向けレンタルサーバー3種に絞って、それぞれの機能や料金体系を比較していきます。

 

その①:エックスサーバー

 

エックスサーバー は、エックスサーバー株式会社がはじめにリリースしたレンタルサーバーであり、2021年で18周年を迎えました。

 

エックスサーバーも独自の進化を遂げており、サーバースペックもオールNVMe RAID10や、48コアCPU&512GBメモリなど、新しい機能と新たなハードウェアを次々に搭載し続けています。

 

エックスサーバーに搭載されている主な機能は、以下のとおりです。

  1. NVMe RAID10
  2. 48コアCPU&512GBメモリ
  3. Xアクセラレータ Ver.2
  4. nginx
  5. 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結
  6. 無料独自SSL
  7. FastCGI・HTTP/2
  8. WAF

 

エックスサーバーの月額料金は、最も安いプランで月額990円です。

 

wpXシン・レンタルサーバーと比べると、料金はやや高めの設定になっています。

 

エックスサーバーの料金プランと機能性について解説

 

その②:wpX Speed

 

wpX Speed は、2019年09月に提供を開始したWordPress専用クラウド型レンタルサーバーです。

 

wpXシン・レンタルサーバーと同じく、NVMe RAID10構成を採用。

 

オールSSDやピュアSSDと呼ばれる従来のサーバー環境と比較すると、最大16倍の読み込み速度を記録していきます。

 

またwpX Speedでは、WEBサイトのアクセスが急増した場合も、リソースの多いプランに自動変更する「オートスケール機能」を搭載しており、動作や表示が常に安定するという特徴を持っています。

 

この他、アカウントごとにCPUやメモリなど、サーバーリソースを確保する機能が損なわれないようにチューニングされています。

 

wpX Speedに搭載されている主な機能は、以下のとおりです。

  1. NVMe RAID10
  2. 一定の負荷検知でプラン変更する「オートスケール」機能
  3. アカウントごとにCPUやメモリなどサーバーリソースを確保
  4. PHP-FPM
  5. 規模やアクセス状況に合わせたプラン構成
  6. WAF

 

wpX Speedは、1時間あたり「2.2円〜」の時間課金制のプラン構成で、他のサービスのような月額料金制ではありません。

 

ただ、プランの予算は任意設定ができ、1ヶ月あたりの最大料金は各プランごとに固定されているので、使いすぎる心配もありません。

 

とはいえ、最も安いプラン「W1」の上限が月額1,320円(200GB)なので、wpXシン・レンタルサーバーよりやや高めの料金設定になっています。

 

その③:wpXシン・レンタルサーバー

 

wpXシン・レンタルサーバー は、2021年05月にリリースされたレンタルサーバーです。

 

これまでご紹介してきたエックスサーバーのシステムをベースに、高速化技術KUSANAGIをはじめ、処理速度と耐障害性に強いオールNVMe RAID10を搭載しています。

 

なお、エックスサーバー株式会社の実施したスピードテストでは、エックスサーバー内で最も速いサーバー速度を記録しています。

 

そのほかwpXシン・レンタルサーバーには、以下の最新技術やサービスが提供されています。

  1. NVMe RAID10
  2. Xアクセラレータ Ver.2
  3. 第2世代「AMD EPYCTM」
  4. 48コアCPU&512GBメモリ
  5. nginx
  6. 国内最大級のバックホーン回線に10Gbpsで直結
  7. アカウントごとにCPUやメモリなどサーバーリソースを確保
  8. WEB、メール、MySQLデータの自動バックアップ
  9. 不正アクセスからサイトを確保するWAF
  10. セコムセキュリティ診断
  11. 独自ドメインが永久無料(全9種)
  12. 独自ドメインが1年間無料(全16種)

 

高速化技術のほかにも、アカウントごとにCPUやメモリなどサーバーリソースを厳格に管理しており、アクセスが集中した時にも常に安定した環境が利用できます。

 

さらに、wpXシン・レンタルサーバーの料金は、最もベーシックなプランでも月額539円からとリーズナブルです。

 

wpXシン・レンタルサーバーの機能は、以下の記事にて詳しく解説しています。

>> wpXシン・レンタルサーバーの特徴と機能を分かりやすく徹底解説

 

全サービス共通機能「WordPress簡単インストール」

全サービス共通機能「WordPress簡単インストール」
全サービス共通機能「WordPress簡単インストール」

 

エックスサーバーの全サービスで共通する機能として「WordPress簡単インストール」や「WordPress簡単移行」などがあります。

 

ワンクリックでWordPressがインストールできる機能や、他社レンタルサーバーから引っ越しできる便利な移管機能が搭載されています。

 

wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを比較

wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを比較
wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを比較

 

では、エックスサーバーがリリースしている3種類、

 

 

のサービス料金や容量をそれぞれ比較していきましょう。

 

比較①:料金

 

wpXシン・レンタルサーバー、wpX Speed、エックスサーバーの月額料金は、以下のとおりです。

 

エックスサーバー
月額990円〜
wpX Speed
1時間あたり2.2円(月額上限1,320円)
wpXシン・レンタルサーバー
月額539円〜

 

上記のように、最も月額料金が安いのは、wpXシン・レンタルサーバー だということが分かります。

 

比較②:容量

 

wpXシン・レンタルサーバー、wpX Speed、エックスサーバーの容量は、以下のとおりです。

 

エックスサーバー
300GB/400GB/500GBの3段階
wpX Speed
200GB(W1)〜1TB(W7)の7段階
wpXシン・レンタルサーバー
300GB/400GB/500GB/600GBの4段階

 

wpX Speedは、最大1TBのプラン(W7、月額最大88,000円)も使えますが、ここまで大きなプランを個人で使う機会は、ほとんどありません。

 

通常のWEBサイトやブログ運営であれば、wpXシン・レンタルサーバーの300GB(ベーシックプラン)で十分対応できます。

 

料金、容量で総合的に判断しても、wpXシン・レンタルサーバー は非常に魅力のあるサービスだといえます。

 

エックスサーバーの各種サービスの選び方

エックスサーバーの各種サービスの選び方
エックスサーバーの各種サービスの選び方

 

エックスサーバーがリリースしている3種類のサービス、

 

 

の中から、目的別にレンタルサーバーを選ぶ方法をご紹介します。

 

WordPressテーマとプラグインの相性で選ぶ

 

WordPressテーマやプラグインのアップデートに強いサービスは、以下の2種類です。

 

 

wpXシン・レンタルサーバー でも特に問題ないのですが、まだリリースされて間もないので、一部の機能に対応していない可能性がゼロではありません。

 

WordPressの表示速度で選ぶ

 

wpXシン・レンタルサーバーは、高速化技術KUSANAGIを搭載していることと、wpX SpeedもWordPressの表示速度を売りにしていることから、表示速度で選ぶなら以下の2種類です。

 

 

料金と高性能で選ぶ

 

料金と高性能で選ぶなら、wpXシン・レンタルサーバー 一択です。

 

総合的に比べても、wpXシン・レンタルサーバーは初期費用が無料であり、月額料金539円〜など圧倒的にコスパが良いといえます。

 

まとめ:総合的にwpXシン・レンタルサーバーがおすすめ!

総合的にwpXシン・レンタルサーバーがおすすめ
総合的にwpXシン・レンタルサーバーがおすすめ

 

今回は、wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーの違いについて解説してきました。

 

それぞれを比べても、最新の技術を搭載していて、WordPressの表示速度が速いという点から総合的に比較しても、最もおすすめなのがwpXシン・レンタルサーバー です。

 

アップデートし続けるエックスサーバーの機能をベースに、最新の高速化技術や機能を搭載し、月額料金もおさえられた「wpXシン・レンタルサーバー」をぜひ体験してみてくだい。

 

国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『wpXシン・レンタルサーバー』

 

wpXシン・レンタルサーバーに関連する特集記事

 

当ブログでは、wpXシン・レンタルサーバーに関する記事の特集を組んでいます。

下記の記事が、ブログやWEBサイトの構築にお役立ていただければ幸いです。

 

wpXシン・レンタルサーバーの契約からブログを始めるまでの手順を解説

wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを徹底比較

wpXシン・レンタルサーバーの各種プランと月額料金について解説

wpXシン・レンタルサーバーで独自SSLの設定方法を分かりやすく解説

wpXシン・レンタルサーバーに搭載されているKUSANAGIとは?

wpXシン・レンタルサーバーの独自ドメイン取得と設定方法を解説

wpXシン・レンタルサーバーの評判・口コミを徹底レビュー

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法

wpXシン・レンタルサーバーの特徴と機能を分かりやすく徹底解説

wpXシン・レンタルサーバーの詳細とサーバーパネルの使い方

wpXシン・レンタルサーバーでブログを書く手順や方法を徹底解説

 

 

というわけで、

今回は「wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを徹底比較」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。