200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法

悩んでいる人
「wpXシン・レンタルサーバーで、WordPressを設定する方法や相性の良いテーマが知りたい。」

 

こんな悩みにお答えします。

この記事では、wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法や相性の良いWordPressテーマについて解説します。

 

wpXシン・レンタルサーバーは、WordPressの高速化技術KUSANAGIを搭載しています。

そのほか、WordPress簡単インストール機能や簡単移行機能などを採用し、WordPressに最適化されたレンタルサーバーです。

はじめてレンタルサーバーを契約する人でも、数分程度でWordPress開設まで設定できます。

 

これからブログやWEBサイトを作りたい方は、この記事を参考にWordPressをインストールしてみてくださいね。

 

wpXシン・レンタルサーバーの契約からブログを始めるまでの手順を解説

 

※ これからブログを作ろうとしている人は「完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】」をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\wpXシン・レンタルサーバーがリリース/

 

wpXシン・レンタルサーバーとは

wpXシン・レンタルサーバーとは
wpXシン・レンタルサーバーとは

 

wpXシン・レンタルサーバー は、2021年05月にエックスサーバー株式会社によってリリースされました。

 

これまでのエックスサーバーをベースに、WordPressの高速化技術KUSANAGIを搭載した新しいレンタルサーバーです。

 

KUSANAGIは、wpXシン・レンタルサーバー以外にも、レンタルサーバー「ConoHa WING 」や「さくらのレンタルサーバ 」などでも採用されています。

 

また、エックスサーバーには、WordPressに特化したクラウド型レンタルサーバー「wpX Speed 」があります。

 

wpX Speedは、WordPressの高速化で定評がありますが、時間課金制(1時間あたり2.2円)であり、wpXシン・レンタルサーバーに比べると料金はやや割高です。

 

対するwpXシン・レンタルサーバーは、従来の「エックスサーバー 」の技術をベースに、新たにKUSANAGIをはじめ、最新の機能を搭載したレンタルサーバーです。

 

wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーの違いは、以下の記事にて詳しく解説しています。

>> wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを徹底比較

 

なお、先ほどからご紹介している高速化技術KUSANAGについては、以下の記事にて解説していますので、合わせてご覧ください。

>> wpXシン・レンタルサーバーに搭載されているKUSANAGIとは?

 

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressが最適な理由

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressが最適な理由
wpXシン・レンタルサーバーでWordPressが最適な理由

 

wpXシン・レンタルサーバー でWordPressが最適な理由は、WordPress向けにチューニングされた高速化技術KUSANAGIを搭載しているからです。

 

このほか、wpXシン・レンタルサーバーのサーバーパネルからはワンクリックでWordPressをインストールできます。

 

さらに、他社レンタルサーバーで使用中のWordPressサイトも、サーバーパネル上で移管できます。

 

サーバーの乗り換えやサイトの引越しを検討中の方にも、wpXシン・レンタルサーバーはおすすめです。

 

wpXシン・レンタルサーバーの特徴と機能を分かりやすく徹底解説

 

WordPressとは

 

そもそもWordPressとは、無料配布されているブログソフトウェアのことです。

 

そんなWordPressを使うメリットは、自由にカスタマイズしてブログやWEBサイトを作成できるということ。

 

また世界中の開発者が、WordPressのテーマやプラグインを公開しており、自分好みに改変して利用できる自由度の高さが支持されています。

 

実際に、世界で公開されているWEBサイトの半数以上がWordPressで作成されています。

 

日本国内でもSEOに強く、管理しやすく、カスタマイズが自由にできるという理由で、多くのWEBサイトやブログにWordPressが使われています。

 

完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】

 

ブログにはWordPressがおすすめ

 

ブログにWordPressがおすすめなのは、はじめての方でも簡単に操作できて、運用しやすいからです。

 

また、無料で配布されており、コストをかけずにブログやWEBサイトが作れるといったことも大きなメリットです。

 

実際に、当ブログ(dotsblog)でも、WordPressを使用しています。

 

最近では個人でブログを開設し、収益化しているブロガーも増えていますが、ブログ運営者の大半がWordPressを使ってブログ作成しています。

 

個人的には、WordPressの操作や設定は初心者でもできることから、今まで1人ではできないという人に出会ったことがありません。

 

wpXシン・レンタルサーバー のように、ブログに最適化されたレンタルサーバーを使えば、契約と同時に独自ドメインやWordPressのインストール、ブログ運営に必要な設定が数分でサクッと完結してしまうので、契約者がやることは、ドメイン名やURLを決めておくことくらいです。

 

なので、WordPressはカスタマイズも自由で、オリジナルのブログやWEBサイトが簡単に開設できるので、おすすめです。

 

ブログ収入で稼ぐ仕組みと方法を解説【初心者でも分かる内容でご案内】

 

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法
wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法

 

では、実際にWordPressを設定する方法をご紹介します。

 

まず、wpXシン・レンタルサーバー のサーバーパネルを開きます。

 

WordPress」の項目では、WordPressのインストールや各種設定を行うことができます。

 

サーバーパネル

※ 先に独自ドメインを取得してから、WordPressの設定画面を開いてください。独自ドメインがなければ、インストール先が選択できないので、WordPressを動かせません。

 

ちなみに、wpXシン・レンタルサーバーの契約時に「WordPressクイックスタート」を申し込んでおけば、すでにWordPressはインストールされています。

 

wpXシン・レンタルサーバー契約時に、独自ドメインとWordPressクイックスタートを同時に申し込んでおけば、サーバーパネルからWordPressをインストールする手間や、独自ドメインを取得する手間が省けます。

 

また、クイックスタートはクレジットカード支払いにしか対応していませんが、契約時に永久無料の独自ドメインが1つ受け取れます。または、契約後にも新しいドメインが1年間無料で1つ使用できます。

 

なお設定したドメインは、サーバーパネルから確認できます。

 

wpXシン・レンタルサーバーの独自ドメイン取得と設定方法を解説

 

WordPressを他社サーバーから移行する方法

WordPressを他社サーバーから移行する方法
WordPressを他社サーバーから移行する方法

 

wpXシン・レンタルサーバー には「WordPressの簡単移行」機能がついており、他社で使用していたWordPressの引越しにも対応しています。

 

サーバーパネルの「WordPress」項目から「WordPress簡単移行」をクリックします。

 

他社レンタルサーバーで使用していたサイトのURLとWordPressのユーザー名、パスワードを入力します。

 

最後に、移行先のWordPressURLを入力して「確認画面へ進む」をクリックすれば、WordPressの移行作業は完了です。

 

移行元のWordPressログイン情報やURLを準備しておくとスムーズに移行できますよ。

 

wpXシン・レンタルサーバーと相性の良いWordPressテーマ

wpXシン・レンタルサーバーと相性の良いWordPressテーマ
wpXシン・レンタルサーバーと相性の良いWordPressテーマ

 

wpXシン・レンタルサーバー にWordPressを設定したら、WordPressテーマを設定しましょう。

 

WordPressテーマとは、WordPressのデザインやカスタマイズはもちろん、SEO施策やブログの設定、広告なども一括管理できる優れものです。

 

ちなみに当ブログでは、THE・THOR(ザ・トール)というWordPressテーマを使用しています。

 

WordPressテーマには、無料と有料のものがありまして、ブログの収益化を目指している方や、長くブログを運営する方には、有料のWordPressテーマがおすすめです。

 

無料のWordPressテーマは、コストがかからないものの、有料版に比べて使える機能が制限されており、初期設定やカスタマイズに時間もかかってしまいます。

 

一方で、有料のWordPressテーマはSEO施策に強く、セキュリティ面にも優れ、初期設定なども簡単にできるよう設計されています。

 

そこで今回は、wpXシン・レンタルサーバー と相性の良いWordPressテーマをご紹介します。

 

 wpXシン・レンタルサーバーと相性の良いWordPressテーマ

 

それぞれの価格や特徴も見ていきましょう。

 

①:wpXシン+THE・THOR(ザ・トール)

THE・THOR(ザ・トール)
出典:THE・THOR(ザ・トール)

 

THE・THOR(ザ・トール)は、集客と収益にこだわったWordPressテーマです。

 

また、検索エンジンフレンドリーな構造を採用しているため、すでにテーマ全体がSEOに最適化されているので、SEOプラグインを別途インストールする必要がありません。

 

そして、THE THORには「デザイン着せ替え機能」が搭載されているので、プロのデザイナーが提案したWEBサイトや本格ブログに1クリックで構築できます。

 

●参考サイト:THE・THOR(ザ・トール)

上記リンクをクリックすると、公式ページにアクセスします。

※ 価格:16,280円

 

②:wpXシン+ACTION(AFFINGER6)

ACTION(AFFINGER6)
出典:ACTION(AFFINGER6)

 

ACTION(AFFINGER6)は、SEOに強いWordPressテーマであり、つい最近までは「WING(アフィンガー5)」でした。

 

つまり、WING(アフィンガー5)の後継であり、進化を続けていることが分かります。

 

進化したACTION(AFFINGER6)では「収益化」や「ブランディング」を意識しており、初心者でも結果が出るSEO機能を搭載しています。

 

管理画面では、収益化UPの機能をはじめ、複数のサイトも一括管理できるので便利です。

 

また、広告・ASPに関する管理ツールも充実しており、アフィリエイトサイトやブログ運営にも役立ちます。

 

●参考サイト:ACTION(AFFINGER6)

上記リンクをクリックすると、公式ページにアクセスします。

※ 価格:14,800円

 

③:wpXシン+賢威

賢威
出典:賢威

 

賢威 は、ロングセラーのWordPressでして、2007年からバージョンアップを繰り返し、2021年時点では、賢威ver8をリリースしています。

 

賢威の特徴は、SEOに強いことであり、新たなバージョンではモバイルファーストのレスポンシブデザインも採用しています。

 

また、賢威を運営する株式会社ウェブライダーは「沈黙のwebマーケティング」や「沈黙のwebライティング」といったブログ界隈で名著とされる書籍を出版しているSEOにも強いWEBマーケ会社です。

 

●参考サイト:賢威

上記リンクをクリックすると、公式ページにアクセスします。

※ 価格:27,280円

 

④:wpXシン+STORK19

STORK19
出典:STORK19

 

STORK19 は、ブログ専用WordPressテーマでして、デザイン性の高いテンプレートとして知られています。

 

実際にデザインにこだわりがあって、シンプルながらもデザインの美しさが際立っています。

 

また、初心者でも直感的にボタンやテキストマーカーなどが使えるので、パネルなどの機能性、操作性の良さにもこだわりが見られます。

 

そして、SEOで重要なサイトスピードについても何度か改良を重ねており、デザインや動画、アニメーションなどの表示を崩さないようにしながら、表示速度の改善に取り組んでいます。

 

今では、STORK19はSEOに強いテーマとして、ブロガーやアフィリエイターの間では広く伝わっています。

 

●参考サイト:STORK19

上記リンクをクリックすると、公式ページにアクセスします。

※ 価格:11,000円

 

⑤:wpXシン+スワロー

スワロー
出典:スワロー

 

スワロー は、プロブロガー八木仁平氏が監修を行い、OPENCAGE(オープンケージ)が開発したWordPressテーマです。

 

スワローの特徴は、洗練されたデザインに加え、モバイルファーストでSEOに優れた設計を採用したことです。

 

また、スワローには、ブログ運営においてよく使われるであろうショートコードが最初から揃っており、HTMLやCSSの知識がない初心者でもクリック操作で、本格的なWEBサイトやブログが作成できます。

 

●参考サイト:スワロー

上記リンクをクリックすると、公式ページにアクセスします。

※ 価格:9,900円

 

⑥:wpXシン+SWELL

SWELL
出典:SWELL

 

SWELLは、新エディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」に対応したWordPressテーマです。

 

デザインがシンプル、かつエディタ画面の使いやすさには多くのユーザーから好評です。

 

●参考サイト:SWELL

上記リンクをクリックすると、公式ページにアクセスします。

※ 価格:17,600円

 

WordPressテーマの設定方法

 

WordPressテーマの設定方法は、WordPress管理画面左メニュー「外観」→「テーマ」をクリックします。

 

インストールしたWordPressテーマを選択し「有効化」すればOKです。

 

WordPressテーマの導入方法は、以下の記事にて詳しく解説しています。

>> SEOに強い!WordPressテーマおすすめ9選【無料版+有料版】

※ なお、今回ご紹介したもの以外にもおすすめがあるので、より深く知りたい方は上記の記事を参考にしてください。

 

相性の良いWordPressテーマを選べば、wpXシン・レンタルサーバーのサイトの高速表示も損なわれず、安定した状態で管理、運営が行えます。

 

まとめ:wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定しよう!

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定しよう
wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定しよう

 

今回は、wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法と相性の良いテーマについて解説してきました。

 

wpXシン・レンタルサーバーは、サーバーパネルからワンクリックでWordPressが設定できます。

 

また、wpXシン・レンタルサーバー最大の魅力であるWordPressの表示速度を損なわないためにも、相性の良いWordPressテーマを使用しましょう。

 

では、wpXシン・レンタルサーバーで快適なブログやWEBサイトを運営してください。

 

国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『wpXシン・レンタルサーバー』

 

wpXシン・レンタルサーバーに関連する特集記事

 

当ブログでは、wpXシン・レンタルサーバーに関する記事の特集を組んでいます。

下記の記事が、ブログやWEBサイトの構築にお役立ていただければ幸いです。

 

wpXシン・レンタルサーバーの契約からブログを始めるまでの手順を解説

wpXシン・レンタルサーバーと従来のエックスサーバーを徹底比較

wpXシン・レンタルサーバーの各種プランと月額料金について解説

wpXシン・レンタルサーバーで独自SSLの設定方法を分かりやすく解説

wpXシン・レンタルサーバーに搭載されているKUSANAGIとは?

wpXシン・レンタルサーバーの独自ドメイン取得と設定方法を解説

wpXシン・レンタルサーバーの評判・口コミを徹底レビュー

wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法

wpXシン・レンタルサーバーの特徴と機能を分かりやすく徹底解説

wpXシン・レンタルサーバーの詳細とサーバーパネルの使い方

wpXシン・レンタルサーバーでブログを書く手順や方法を徹底解説

 

 

というわけで、

今回は「wpXシン・レンタルサーバーでWordPressを設定する方法」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。