200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方と設定方法を解説

  • 2021-09-25
  • 2021-10-21
  • 生活
  • 24view
悩んでいる人
「YouTubeのチャンネルアートを設定したいのですが、作り方が分かりません。」

 

こんな悩みにお答えします。

この記事では、YouTubeチャンネルアートの作り方と設定方法について解説します。

 

 本記事の内容

  • YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方が分かる
  • YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の設定方法が分かる

 

YouTubeの個人チャンネル上部にはチャンネルアートという大きなバナー画像を設置することができます。

チャンネルを開設した後に必ずやっておきたい設定のひとつです。

また、チャンネルアートは表示する機器によって表示される大きさが変わるので、どのようにチャンネルアートの中に情報をデザインすればいいのかを解説していきます。

 

この記事では設定方法まで解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

※ これからYouTubeチャンネルを作ろうとしている人は「YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】」もぜひチェックしてみてください。開設手順から投稿方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

関連記事

悩んでいる人 「これからYouTubeを始めたいので、チャンネル開設から動画投稿までを全て教えてほしい。」   こんな悩みにお答えします。 この記事では、YouTubeチャンネルの開設から投稿までを[…]

 

YouTubeチャンネルアートの作り方

YouTubeチャンネルアートの作り方
YouTubeチャンネルアートの作り方

 

YouTubeのチャンネルアートは、自分のチャンネルをブランディングするための重要なデザイン部分です。

 

また、通常の動画制作のときに使用するセーフティゾーンとは違う形のレイアウト構成になっています。

 

デバイスごとの安全表示領域

 

チャンネルアートのデバイスごとの安全表示領域は、下記のリンクから確認ができます。

チャンネルのブランディングを管理する

 

チャンネルアートデザインの注意点

 

YouTubeガイドラインによると、アップロードサイズは2048 × 1152 ピクセルですが、

 

バナー画像のガイドライン

  • テキストやロゴの最小サイズにおける安全領域: 1235 × 338 ピクセル。この範囲外にある画像は、一部のビューやデバイスではカットされて表示されることがあります。

引用:YouTubeヘルプ|チャンネルのブランディングを管理する

 

ということで、表示される領域は「1235×338ピクセル」とかなり限定的になるので注意しましょう。

 

チャンネルアートを無料で作成する

 

チャンネルアートを無料で作成するなら「Canva」を利用しましょう。

 

YouTube用のテンプレートなどもあり、画像素材もアップロードしてデザインすることが可能です。

 

下記の記事はブログアイキャッチ用に解説したのですが、チャンネルアートサイズに設定すれば手順に沿って進められます。

WordPressブログのアイキャッチ画像の作り方【Canvaの手順】

 

チャンネルアートの作成を依頼する

 

チャンネルアートの更新頻度はあまり多くないので、ココナラ を使ってプロデザイナーやイラストレーターの方に依頼して、ハイクオリティーなものを作ってもらうのも有効です。

 

価格は1,000円程度でデザイン作成してくれる方が多く、プロフィールには実績なども載せてくれています。

 

ブログやツイッターのアイコンイラストを作成する方法【ココナラが便利】

 

YouTubeチャンネルアートの設定方法

YouTubeチャンネルアートの設定方法
YouTubeチャンネルアートの設定方法

 

画像を用意することができたら、チャンネルアートの設定をしていきましょう。

 

まず、ご自身のチャンネルへログインします。

 

 チャンネルアート(バナー画像)の変更

  1. 右上アイコンをクリックして「YouTube Studio」を選択
  2. 左メニュー「カスタマイズ」を選択
  3. 「ブランディング」を選択
  4. 「バナー画像」を選択
  5. 画像をアップロード

 

上記の5ステップで登録、変更が可能です。

 

バナー画像の設定自体はそれほど難しいものではなく、簡単に設定できます。

 

YouTubeチャンネルアートのデザインQA

YouTubeチャンネルアートのデザインQA
YouTubeチャンネルアートのデザインQA

 

最後に、YouTubeチャンネルアートでよくある質問にお答えします。

 

YouTubeチャンネルアート(バナー画像)のデザインを規格に合わせてぴったり作るには、覚えることが少しだけありますよ。

 

Q1:チャンネルアートの大きさは?

Q2:画像ファイルの形式は?

Q3:画像ファイルの容量は?

Q4:アスペクト比は?

Q5:チャンネル上部のテーマ色は?

 

Q1:チャンネルアートの大きさは?

 

YouTubeで推奨されている解像度(画像の大きさ)は、最小で2048×1152になっています。

 

チャンネルアートをデザインソフトで作成する場合は、画面サイズを2048×1152以上に設定して作りましょう。

 

Q2:画像ファイルの形式は?

 

画像ファイル形式は、JPGかPNGファイルにしましょう。

 

参考記事:YouTubeサムネイルの作り方を分かりやすく解説【再生数が伸びる】

 

Q3:画像ファイルの容量は?

 

YouTubeのチャンネルアートに使用される画像のサイズ(1ファイルあたりの容量)は、6MB以下となっています。

 

これについては、先ほど書いた推奨解像度で作れば気にする必要はありません。

 

Q4:アスペクト比は?

 

YouTubeで使用する動画用サムネイルと違い、チャンネルアートは必ずしも16:9にする必要はありません

 

2048×1152で表示が最適化されるようになっていますので、推奨解像度に合わせましょう。

 

Q5:チャンネル上部のテーマ色は?

 

スマホでチャンネルを表示すると、画面上部のグローバルナビゲーション部分のテーマ色が設定されています。

 

この色は、チャンネルアートで設定された画像データの色調から自動で選択されるので、もし気に入らない色が出てくる場合は、チャンネルアートの色調や、色の配色率を少し変えてみてください。

 

まとめ:YouTubeチャンネルアートはとても重要!

YouTubeチャンネルアートはとても重要
YouTubeチャンネルアートはとても重要

 

今回は、YouTubeチャンネルアートの作り方と設定方法について解説してきました。

 

チャンネルアートはブランディングで重要な要素になるので、定期的に更新してクオリティーを上げていきましょう。

 

また、これからYouTubeチャンネルを始める方は、以下の記事も参考になれば幸いです。

 

YouTubeの始め方に関する記事特集

 

 YouTubeの始め方

YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】

 

 チャンネルの設定

YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方と設定方法を解説

YouTubeチャンネルのカスタマイズ方法を分かりやすく解説

YouTube動画の透かしでチャンネル登録ボタンを設定する方法

YouTubeチャンネルの概要欄の書き方を分かりやすく解説

YouTubeチャンネルや動画を多言語化する方法を分かりやすく解説

YouTubeチャンネルアイコンの作り方を分かりやすく解説

 

 動画の設定

YouTubeサムネイルの作り方を分かりやすく解説【再生数が伸びる】

YouTubeのハッシュタグの付け方【動画検索に必要なSEO対策】

YouTubeのタイムスタンプでチャプターを設定する方法 

YouTube動画制作でテロップを配置するセーフティゾーンを解説

YouTubeに最適なアスペクト比を徹底解説【結論 16:9】

 

 SEO対策

YouTube動画のアップロード方法と詳細設定を分かりやすく解説

YouTubeのVSEO対策で上位表示させる方法を分かりやすく解説

 

\会員登録不要!無料お試しはこちら/

動画・URL・画像をアップするだけで簡単指示【アカポン】

 

というわけで、

今回は「YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方と設定方法を解説」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。