200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】

  • 2021-09-17
  • 2021-10-21
  • 生活
  • 74view
悩んでいる人
「これからYouTubeを始めたいので、チャンネル開設から動画投稿までを全て教えてほしい。」

 

こんな悩みにお答えします。

この記事では、YouTubeチャンネルの開設から投稿までを初心者向けに徹底解説します。

 

 本記事の内容

  • YouTubeチャンネルの始め方が分かる
  • YouTube動画を作るコツが分かる
  • YouTube収益化について理解できる

 

YouTubeは、動画を撮影してタイトルをつければ、世界中に配信できる動画コンテンツです。

今回は、初心者向けにYouTubeチャンネルの開設から動画コンテンツの投稿までを徹底解説していくのですが、

このご時世、せっかくYouTubeがあるので、この機会に個人のチャンネルを開設して自分の得意なことや好きなことを発信する準備をしていきましょう。

 

YouTubeで動画を配信するには、手続きとか技術とか多くて難しそうと考える人も多いと思いますが、実は意外と簡単なのでご安心ください。

 

※ 当ブログでは「会社員の収入に依存せず、個人で稼ぐ力をブログで身につける」をテーマに、ブログ運営やアフィリエイト、SEOに関するノウハウを、200を超えるコンテンツで無料公開しています。ぜひお役に立てれば幸いです。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

ちなみに、スマホで記事を読み進みつつ、パソコンで設定していくのがおすすめです!

 

目次

YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】

YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】
YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】

 

YouTubeには、多岐にわたるジャンルが存在しており、毎日大量の動画がアップロードされています。

 

国内ユーザー数6,500万人(2020年09月時点)
ユーザー層老若男女
特徴手軽に配信、収益化も可能
拡散力YouTubeの独自アルゴリズムによって表示される

 

概要はこの辺にして、さっそくYouTubeアカウントを作成して、個人チャンネルを開設していきましょう。

 

 YouTubeチャンネルの開設方法

  1. Googleアカウントを作成する
  2. YouTubeアカウントを作成する
  3. 新チャンネルを開設する
  4. 新チャンネルをカスタマイズする
  5. 新チャンネルで動画を投稿する

 

上記の5ステップで進めていきます。

 

ステップ①:Googleアカウントを作成する

 

すでにGoogleアカウントをお持ちの方は次にお進みください。Googleアカウントがあれば、すぐにYouTubeアカウントを作成することが可能です。

 

まだ、Googleアカウントをお持ちでない場合は、以下のリンクから無料登録を進めてください。

>> Googleアカウントを作成する

※ 上記リンクをクリックすると、Googleアカウント作成フォームにアクセスします。

 

ステップ②:YouTubeアカウントを作成する

 

Googleアカウントが作成できたら、YouTubeにアクセスしてチャンネル開設のための登録をします。

 

YouTubeチャンネルには、

 

  • デフォルトアカウント
  • ブランドアカウント

 

の2種類のチャンネルがあります。

 

デフォルトアカウントは、最初のGmailを登録した際に作成されたアカウントです。

 

デフォルトアカウントのYouTubeチャンネルは、すでに作成されており動画をアップロードできますが、チャンネル名がアカウント名となってしまいます。

 

YouTubeチャンネルには、独自の名前をつけたい人が大半ですので、YouTubeにアップロードをするときには、事前にブランドアカウントを開設しましょう。

 

チャンネル名に関していえば、チャンネル登録者が100名以上になるとYouTube内の独自カスタムチャンネル(WEBアドレス名)をつけることが可能になりますので、チャンネル名を日本語で書いてしまうと、日本語のWEBアドレス表記になってしまいます。

 

今後のことを考えると、チャンネル名は半角英数字でなるべく短くしておいた方が良さそうです。

 

また、ブランドアカウントはいくつも作ることができるので、それぞれの独自チャンネル名をつけることができます。

 

ステップ③:新チャンネルを開設する

 

それでは、YouTubeでブランドアカウントのチャンネルを開設していきましょう。

 

なお、ブラウザ(chrome、safariなど)を使えば、PCでもスマホでも作成できますので、お好きなほうでお進みください。

※ 今回は、PCでchromeを使用した手順となっております。

 

 新チャンネル開設の手順

  1. ブラウザでYouTubeを開く
  2. YouTubeにログインする
  3. PC版で表示する
  4. 設定を選択する
  5. チャンネルを追加する
  6. チャンネル名を入力する
  7. チャンネルを確認する

 

手順①:ブラウザでYouTubeを開く

 

まずは、ブラウザを開き、検索窓に「https://www.youtube.com/」と入力、あるいは以下のリンクをクリックします。ただし、スマホの方はブラウザで開くようにしてください。

 

>> YouTubeを開く

※ 上記リンクをクリックすると、YouTubeにアクセスします。

 

手順②:YouTubeにログインする

 

右上のアイコンをタップして「ログイン」します。

 

「ログイン」
「ログイン」

 

なお、スマホの方はモバイル版だと表示ができないので、PC版を表示させます。chromeのアドレスバーのメニューから「PC版サイト」を選択してください。

 

手順③:設定を選択する

 

ログインできたら、右上のアイコンをクリックします。

 

右上のアイコンをクリック
右上のアイコンをクリック

 

一覧がプルダウンしますので、次に「設定」を選択します。

 

「設定」を選択
「設定」を選択

 

手順④:チャンネルを追加する

 

すると、以下のような画面が表示されますので「チャンネルを追加または管理する」をクリックします。

 

「チャンネルを追加または管理する」をクリック
「チャンネルを追加または管理する」をクリック

 

続いて「チャンネルを作成」をクリックします。

 

「チャンネルを作成」をクリック
「チャンネルを作成」をクリック

 

手順⑤:チャンネル名を入力する

 

以下のような画面が表示されたら、好きなチャンネル名を入力し「作成」をクリックします。

 

「作成」をクリック
「作成」をクリック

 

手順⑥:チャンネルを確認する

 

作成が完了すると、以下のようにアカウントが開設されます。

 

登録完了
登録完了

 

ステップ④:新チャンネルをカスタマイズする

 

YouTubeの新チャンネルが開設できたら、最低限の設定を施しておきましょう。

 

 最低限の設定

  1. チャンネルアイコンの設定
  2. チャンネル概要欄の設定
  3. チャンネルアートの設定
  4. チャンネル登録ボタンの設定
  5. アカウント制限の解除

 

簡単なYouTubeチャンネルの概要については、こちらの記事で解説しています。

YouTubeチャンネルのカスタマイズ方法を分かりやすく解説

 

その①:チャンネルアイコンの設定

 

まずは、チャンネルアイコンを設定していきましょう。チャンネルアイコンは大事なブランドアイコンのひとつなので、しっかりデザインしていきたいところです。

 

個人で撮影した写真でもいいですし、作成したアイコンを設定してもOKです。

 

なお、アイコン作成を依頼するなら、ココナラ がおすすめです。依頼方法や作成方法は「ブログやツイッターのアイコンイラストを作成する方法【ココナラが便利】」にて詳しく解説していますので、参考になれば幸いです。

 

アイコンが作成できたら、チャンネルページに設置するために、右上アイコンをタップして「チャンネル」を選択します。

 

「チャンネル」を選択
「チャンネル」を選択

 

次に、アイコン部分をクリック、または「YouTube Studio」を選択して、左メニュー「カスタマイズ」→「ブランディング」を選択します。

 

アイコン部分をクリック
アイコン部分をクリック

 

すると、以下の画面が表示されますので、写真の「アップロード」をクリックし、お好きな画像をアップロードします。

 

「アップロード」します
「アップロード」します

 

アップロードが完了したら「公開」をクリックします。

 

「公開」をクリック
「公開」をクリック

 

チャンネル画面に戻って、チャンネルアイコンが変更されていれば、設定完了です。

 

設定完了
設定完了

 

詳しくは「YouTubeチャンネルアイコンの作り方を分かりやすく解説」にて解説しています。

 

その②:チャンネル概要欄の設定

 

次に、チャンネルの概要欄を設定していきます。ここは、ご自身のチャンネルがどのようなものなのかを知ってもらうための重要な情報欄です。

 

外部リンクなども設定できるので、他に発信しているSNSアカウントや、お問い合わせ用のメールアドレスなどがあれば、ここで紹介しましょう。

 

まずは、先ほどと同じように、左上アイコンをクリックして「チャンネル」を選択します。

 

「チャンネル」を選択
「チャンネル」を選択

 

続いて、アイコン部分をクリック、または「YouTube Studio」を選択して、左メニュー「カスタマイズ」→「基本情報」を選択します。

 

アイコン部分をクリック
アイコン部分をクリック

 

説明文の入力が完了したら「公開」をクリックします。

 

「公開」をクリック
「公開」をクリック

 

公開したら、チャンネル画面に戻って「概要」をクリックします。

 

「概要」をクリック
「概要」をクリック

 

概要が表示されていれば、正しく設定できています。

 

YouTubeチャンネルの概要欄の書き方を分かりやすく解説

 

その③:チャンネルアートの設定

 

続いて、チャンネルアート(YouTubeチャンネルのバナー)を設定します。ここは、チャンネルの大部分を占めるデザイン部分になります。

 

まず、先ほどと同じように、アイコン部分をクリック、または「YouTube Studio」を選択して、左メニュー「カスタマイズ」→「ブランディング」を選択します。

 

アイコン部分をクリック
アイコン部分をクリック

 

以下のような画面が表示したら、バナー画像の「アップロード」をクリックし、お好きな画像をアップロードします。

※ ちなみに、アップロードできるサイズは指定されていますので「横幅2,560px × 縦幅1,440px以上の画像、かつ容量が6MB以下」でアップロードしましょう。

 

「アップロード」します
「アップロード」します

 

アップロードしたら「公開」をクリックして、チャンネルを表示します。

 

「公開」をクリック
「公開」をクリック

 

チャンネル画面に戻って、バナー画像がアップロードされていれば、設定完了です。

 

設定完了
設定完了

 

YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方と設定方法を解説

 

その④:チャンネル登録ボタンの設定

 

YouTubeでは、動画コンテンツ内に透かしで埋め込んだ「チャンネル登録ボタン」が登録できます。

 

ファンを増やすための重要なアイコンになるので、はじめのうちに設定しておきましょう。

 

まず、先ほどと同じように、アイコン部分をクリック、または「YouTube Studio」を選択して、左メニュー「カスタマイズ」→「ブランディング」を選択します。

 

以下のような画面が表示されたら、動画の透かしの「アップロード」をクリックし、チャンネル登録用の透かしアイコンをアップロードします。

 

「動画の透かし」にアップロード
「動画の透かし」にアップロード

 

YouTubeでは、透かしボタンデザインの解像度は150×150ピクセル以上を推奨しています。

 

また、ボタンの解像度は、150ピクセル以上となっていますが、ファイルサイズは上限指定で1MB未満になるようにしましょう。

 

なお、登録する画像に対して透かし設定が推奨されているので、透明情報が設定可能なPNG形式で書き出しましょう。

 

YouTube動画の透かしでチャンネル登録ボタンを設定する方法

 

その⑤:アカウント制限の解除

 

YouTubeのコンテンツ作成に入る前にアカウント制限の解除を行います。

 

というのも、YouTubeは電話番号やSMSでアカウントの確認を行わないと以下の機能が制限されています。

 

  • 動画のアップロード時間15分以上不可
  • カスタムサムネイルの変更不可
  • ライブ配信の制限

 

これらの制限解除方法を解説します。

 

まず、先ほどと同じように、アイコン部分をクリック、または「YouTube Studio」を選択します。

 

アイコン部分をクリック
アイコン部分をクリック

 

以下のような画面が表示されたら、左下の「設定」をクリックします。

 

「設定」をクリック
「設定」をクリック

 

続いて「チャンネル」をクリックして「機能の利用資格」を選択し「スマートフォンによる確認が必要な機能」をクリックします。

 

「スマートフォンによる確認が必要な機能」をクリック
「スマートフォンによる確認が必要な機能」をクリック

 

下にスクロールすると「電話番号を確認」ボタンが出てくるのでクリックします。

 

「電話番号を認証」をクリック
「電話番号を認証」をクリック

 

以下の画面が表示されたら「電話」または「SMS」で6桁のコードを取得します。

 

6桁のコードを取得
6桁のコードを取得

 

コードを受け取り送信すれば、完了です。

 

これで、動画アップロードの時間制限やライブ配信の制限が解除されます。

 

ステップ⑤:新チャンネルで動画を投稿する

 

続いては、動画コンテンツの投稿方法について解説していきます。

 

チャンネルページの「ホーム」にて「動画をアップロード」をクリックします。

 

「動画をアップロード」をクリック
「動画をアップロード」をクリック

 

ファイルを選択」をクリックして、お好きな動画を選択します。

 

「ファイルを選択」をクリック
「ファイルを選択」をクリック

 

タイトルと説明を入力し、サムネイルや子供向けかどうかを選択して「次へ」をクリックします。

 

詳細
詳細

 

動画の要素は特に何もせず「次へ」をクリックします。

 

動画の要素
動画の要素

 

ここで、YouTubeから公開前のチェックが入ります。問題が検出されなければ「次へ」をクリックします。

 

チェック
チェック

 

最後に、動画の公開日時と、視聴できるユーザーを選択して「保存」をクリックします。

 

公開設定
公開設定

 

アップロードが完了して画像をクリックし、動画が再生できれば完了です。

 

YouTube動画のアップロード方法と詳細設定を分かりやすく解説

 

YouTube動画コンテンツを作るコツ

YouTube動画コンテンツを作るコツ
YouTube動画コンテンツを作るコツ

 

ここからは、YouTubeで動画コンテンツを作成するコツをご紹介します。

 

  1. サムネイル画像を設定する
  2. 動画にハッシュタグ (#)を設定する
  3. 動画にキャプター機能を追加する
  4. チャンネルを多言語対応にする
  5. YouTubeショートを活用する

 

コツ①:サムネイル画像を設定する

 

YouTubeといえばサムネイルですが、よくわからないなら動画をアップロードして、そのまま動画の中にあるフレームをキャプションしたものでもOKです。

 

動画が紹介されるときは、動画のキャプションとタイトルがコンテンツの中身を紹介する情報になります。

 

さらに重要なのが、サムネイルが視聴者の目に止まる重要な要素だということです。

 

チャンネル登録者数を増やすには、新規視聴者数を増やすことなので、おすすめに自分の動画が表示されたときにクリックされないといけません。

 

そのため、YouTubeの動画に設定できるサムネイルはクリック率にダイレクトに影響するため、魅力的なオリジナルサムネイル画像をデザインしましょう。

 

YouTubeサムネイルの作り方を分かりやすく解説【再生数が伸びる】

 

コツ②:動画にハッシュタグ (#)を設定する

 

動画をアップロードする前後でハッシュタグを設定することができます。

 

ハッシュタグは、視聴者が動画を探しているときに紐づけられるキーワードのことです。

 

例えば「#コンビニ商品」「#星野リゾート」など..

 

上記のキーワードで検索された場合に、関連記事として表示されることがあります。

 

YouTubeのハッシュタグの付け方【動画検索に必要なSEO対策】

 

コツ③:動画にキャプター機能を追加する

 

YouTubeでは、動画にキャプチャー機能を追加することができます。

 

キャプチャーを設定することで、視聴者は動画の全体像を知ったり、動画内の区切られた各シーンへ素早く到達することが可能になります。

 

YouTubeのタイムスタンプでチャプターを設定する方法 

 

コツ④:チャンネルを多言語対応にする

 

日本国内のYouTube利用者数は、6,500万人(2020年09月時点)ですが、多言語対応にすることで世界中の何十億人もの視聴者にリーチすることができます。

 

YouTubeチャンネルや動画を多言語化する方法を分かりやすく解説

 

コツ⑤:YouTubeショートを活用する

 

YouTubeは、スマホ用にショート動画の撮影・編集・投稿ができる新機能を2021年07月にリリースされました。

 

主な機能は、

 

  • ショートカメラで最大60秒の動画撮影
  • スマホのギャラリーから動画にクリップ追加が可能
  • 動画の特定ポイントにテキスト追加が可能
  • ショート動画に自動でキャプション追加が可能
  • フィルター追加で動画にエフェクト追加が可能

 

の5つです。

 

YouTubeに必要な機材

YouTubeに必要な機材
YouTubeに必要な機材

 

動画撮影にどんな機材が必要なのかといえば、最低限「スマホ」と「通信環境」があればOK。

 

正直、スマホがあれば常に持ち運べますし、動画撮影もできます。最近のスマホは画質や音声もきれいですので、動画撮影にとても便利です。

 

通信環境は、あくまで長い動画をアップロードするため、それなりの通信環境がなければいけません。スマホの月額通信料が少なすぎるとすぐに上限に達してしまうのでお気を付けください。

 

なお、スマホ以外の便利アイテムは以下に掲載しておきます。

 

 照明機器

 

 マイクスタンド

 

動画の編成と整理方法

動画の編成と整理方法
動画の編成と整理方法

 

YouTube動画をアップしていくと、ファンとなった視聴者が過去動画を見たいときに、ジャンルや内容に応じた動画の整理が必要になります。

 

ここからは、動画を整理する方法をご紹介します。

 

  1. 再生リストを作成する
  2. 再生リストをカスタマイズする
  3. シリーズ設定をする
  4. 新規訪問者向けページチャンネルを作成する

 

方法①:再生リストを作成する

 

動画を整理していくためにも、動画の再生リストは初めから作成しておきましょう。

 

再生リストは、YouTubeにログイン後「YouTube Studio」の左メニュー「再生リスト」から、リストの新規作成が可能です。

 

再生リストを作成したら、各動画の編集画面から分類する再生リストを選択してカテゴリー分けしましょう。

 

方法②:再生リストをカスタマイズする

 

再生リストは、動画再生の順番を入れ替えたりすることが可能です。

 

アップロードした動画を視聴してもらった後に、次にどの動画を見て欲しいのかを考えて再生リストをカスタマイズしましょう。

 

再生リストのカスタマイズは「YouTube Studio」の左メニュー「再生リスト」を選択し、カスタマイズしたい再生リストの横にある「編集」ボタンをクリックすると、カスタマイズが開始できます。

 

方法③:シリーズ設定をする

 

再生リストが完成したら、

 

  1. 再生リストの説明欄を入力
  2. 再生リストのリスト並び替え
  3. 「再生リストの公式シリーズとして設定」を設定

 

の設定を行いましょう。

 

再生リストの編集画面に入ると、再生リストのタイトル変更と説明欄へのテキスト記入などが可能です。

 

また、詳細設定で「並び替え」を選択して、動画を新しくアップロードしたときの動作を入力しておきましょう。

 

なお「この再生リストの公式シリーズとして設定」という項目にチェックを入れておくと、自分の再生リストや関連動画を自分のチャンネル内に誘導することができるので、動画の再生後にまた違う誰かの関連動画に離脱してしまうことを防ぐことができます。

 

方法④:新規訪問者向けページチャンネルを作成する

 

YouTubeのチャンネルカスタマイズでは、新規の訪問者向けページチャンネル登録者向けおすすめ動画の2種類のページを作成することができます。

 

やり方は「YouTube Studio」の左サイドバー「カスタマイズ」を選択し「レイアウト」をクリックすると「チャンネル登録していないユーザー向けのチャンネル紹介動画」と「チャンネル登録者向けのおすすめ動画」が出てきます。

 

それぞれに動画を追加していきましょう。

 

YouTubeは企業のプロモーションにもなる

YouTubeは企業のプロモーションにもなる
YouTubeは企業のプロモーションにもなる

 

YouTubeを発信するスタイルは様々ですが、ビジネスとも相性が良いです。

 

YouTubeのSEO対策

 

YouTubeで検索上位に表示するためには、VSEO対策が必要です。

 

具体的には、動画の投稿内容を必要な場所へしっかりと情報を盛り込むことができれば、上位表示の可能性を高めることができます。

 

YouTube検索で上位表示を目指すために可能な対策は、

 

  • タイトル
  • タグ
  • ハッシュタグ
  • 説明文
  • キャプター
  • 字幕
  • 翻訳
  • サムネイル
  • アイコン
  • チャンネルアート
  • チャンネル設定
  • チャンネル登録ボタン

 

といった感じで、しっかり設定しておきたいところです。

 

YouTubeのVSEO対策で上位表示させる方法を分かりやすく解説

 

YouTubeはマーケティング手法の1つ

 

YouTubeはマーケティング手法の1つといえます。

 

プロダクトの紹介からプロダクトの使い方などを短時間で多くの情報を多くの人に伝えることが可能です。

 

また、直接的なプロダクトの動画でなくても、ご自身がYouTube動画にメインで出演すればコンテンツを積み上げておくことで間接的にプロダクトを宣伝することも可能になります。

 

まさに、メンタリストDAIGO氏やマコなり社長氏はご自身がメイン出演しつつ、マーケティングにつなげていますね。

 

YouTubeは企業のプロモーションに使える

 

YouTubeを活用したプロモーションを利用すれば、企業はコンテンツによって商品やサービスを広めていくことが可能になります。

 

ブログやWEBサイトなどのテキストによる検索結果より、動画の検索結果はまだ検索上位に出やすいので、自社製品に関連するキーワードに動画があまりなかった場合はチャンスです。

 

適切にチャンネル設定をして動画コンテンツを積み上げていけば売上の向上も見込めます。

 

また、この分野は自社から商品やサービスの情報を発信するよりも、第3者や利用者が紹介するUGCコンテンツも重要になりますので、下記の記事を参考にしてみてください。

>> 会社の売上を上げるためにアフィリエイト広告主に登録する【企業目線で解説】

 

YouTube収益化の基準と設定

YouTube収益化の基準と設定
YouTube収益化の基準と設定

 

YouTubeでは、広告による収益化が可能です。

 

また、YouTubeの収益化は主に、

 

  1. 広告収入
  2. スーパーチャット
  3. アフィリエイトリンク

 

といった方法があります。

 

収益化①:広告収益

 

YouTubeを広告収益化するには、以下の条件をクリアすることと、所在地の設定をしなければなりません。

 

  • 動画の総再生時間:4,000時間以上(直近12ヶ月)
  • チャンネル登録者数:1,000人以上

 

これらをクリアすることで、広告収入を発生させることができるようになります。

 

以下では「所在地を日本に設定する方法」と「条件を達成した際の通知設定」の手順について解説します。

 

では「YouTube Studio」を開いてください。

 

左側メニュー「$ 収益受け取り」を選択し「所在地を更新」をクリックします。

 

「所在地を更新」をクリック
「所在地を更新」をクリック

 

次に、居住国を選択して「保存」をクリックします。基本的に「日本」ですね。

 

「保存」をクリック
「保存」をクリック

 

すると以下の画面が表示されますので「参加条件を満たしたら通知する」をクリックします。

 

「参加条件を満たしたら通知する」をクリック
「参加条件を満たしたら通知する」をクリック

 

これで、先ほどの条件2つをクリアできれば、YouTubeコンテンツの広告収入を得られます。

 

通知設定完了
通知設定完了

 

収益化②:スーパーチャット

 

スーパーチャットは、ライブ配信の視聴者が配信者に向けてお金を送ることができるシステムです。

 

ライブ配信で視聴者とのコミュニケーションをとりながら投げ銭をしてもらう機能なので、エンターテイメント向けです。

 

普段から定期的にライブ配信をしていれば、イベントごとにスパチャをとおして収益化できるかもしれません。

 

最近は、ゲーム実況などで長い時間ライブ配信している企画などが増えています。

 

収益化③:アフィリエイトリンク

 

YouTubeの動画説明欄に、アフィリエイトリンクを貼って収入を得る方法もあります。

 

Amazonアソシエイトや楽天で取り扱っている商品のリンクを貼る方法や、A8.netやもしもアフィリエイトなどのASPでも可能です。

 

ASPと提携をして動画に関連した商品などのテキストリンクを動画概要欄に貼り、新しい収入窓口を作りましょう。

 

 YouTubeアフィリエイトにオススメのASP

  1. A8.net
  2. もしもアフィリエイト
  3. afb

 

それぞれの手順をご紹介します。

 

ASP①:A8.net

 

手順❶:A8.netのアフィリエイトリンクを用いて、YouTubeで収益化するには、まずA8.netに登録する必要があります。

>> A8.netの登録方法から使い方までを徹底解説【稼ぎ方まで分かる】

 

手順❷:登録したら「YouTubeを使ったアフィリエイトガイド」にアクセスして、YouTubeチャンネルのURLで登録します。

 

手順❸:YouTubeを使ったアフィリエイトガイド内にある、広告リンクの取得方法に従いリンクを取得します。

 

手順❹:取得した広告リンクは、YouTubeチャンネルの動画説明欄に貼れます。

 

ASP②:もしもアフィリエイト

 

手順❶:もしもアフィリエイトのアフィリエイトリンクを用いて、YouTubeで収益化するには、まずもしもアフィリエイトに登録する必要があります。

>> もしもアフィリエイトの登録方法からやり方まで解説【リンクの使い方】

 

手順❷:もしもアフィリエイトのプロモーション検索で「SNS・YouTube OK」と書いてある広告案件は、YouTubeにリンクを貼ることができます。

 

手順❸:プロモーション検索の横にある「詳細検索」で「SNS・YouTube OK」をチェックすると探しやすいです。

 

手順❹:取得した広告リンクは、YouTubeチャンネルの動画説明欄に貼れます。

 

ASP③:afb

 

手順❶:afbのアフィリエイトリンクを用いて、YouTubeで収益化するには、まずafbにSNSアカウントを登録する必要があります。すでに登録が済んでいる場合は、サイトの追加申請を行いましょう。

>> afb(アフィb)の登録方法と審査通過のコツを解説【セルフBの使い方】

 

手順❷:利用規約を確認し、必須事項を入力、サイトの分類は「SNS」で登録し、審査が完了すれば、YouTubeでアフィリエイトも可能になります。

 

手順❸:取得した広告リンクは、YouTubeチャンネルの動画説明欄に貼れます。

 

「YouTube」に関するよくある質問

「YouTube」に関するよくある質問
「YouTube」に関するよくある質問

 

最後に、YouTubeに関するよくある質問にお答えします。

 

Q1:アップロードしたコンテンツの削除方法は?

Q2:YouTubeチャンネルの削除方法は?

 

Q1:アップロードしたコンテンツの削除方法は?

 

アカウントからアップロードした動画コンテンツを削除することは可能ですが、完全削除されYouTubeでの復元はできませんでの気をつけてください。動画を再び見たい場合は、バックアップを保存するようにしましょう。

 

 コンテンツの削除方法

YouTube Studioを開いたら、左メニュー「コンテンツ」を選択し、削除する動画の横にあるその他アイコンから「完全に削除」をクリックします。

 

Q2:YouTubeチャンネルの削除方法は?

 

 チャンネルの削除方法

YouTube Studioを開いたら、左メニュー「設定」を選択し「チャンネル」→「詳細設定」をクリックします。

❷ 一番下の「YouTubeコンテンツを削除」を選択し、必要に応じてログイン情報を入力します。

❸ 「コンテンツを完全に削除する」を選択し、チェックボックスをオンにしてチャンネルの削除を確定します。

❹ さいごに「コンテンツを削除」を選択します。

 

チャンネルが完全に削除されるまでに時間がかかることがあります。しばらくの間は、引き続きサイトで動画のサムネイルが表示されることがありますが、問題ありません。

 

まとめ:YouTubeは他メディアと連携するのもあり!

YouTubeは他メディアと連携するのもあり
YouTubeは他メディアと連携するのもあり

 

今回は、YouTubeチャンネルの開設から投稿までを初心者向けに徹底解説してきました。

 

YouTubeは無料で誰でも利用できることから、1度チャンネルを設定してしまえば、あとはスマホでも動画の作成や投稿が可能です。

 

最近は高価な機材がなくても、スマホできれいな動画を撮影できるようになりました。

 

初期設定から投稿まで意外と簡単にできるので、YouTubeでの情報発信をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

あまり最初のうちから企画を詰め込みすぎるとかなり大変なので、まずは動画を作ることとアップロードすることに慣れるために継続する習慣を身につけていきましょう。

 

YouTubeとブログメディアは相性が良い

 

YouTubeとブログメディアはとても相性が良いです。

 

YouTubeにアップした動画をブログ記事で紹介したり、逆にブログ記事の内容をYouTubeで解説したりすると、連携が取りやすいです。

 

多くのYouTube運営者は、YouTube以外のSNSやWEBコンテンツを同時並行で運用しています。

 

現在、ブログメディアを始めるにしても、手頃な価格で、かつお得に簡単に開設できるようになっています。

 

>> エックスサーバーとは?契約からブログを始めるまでの手順を徹底解説

 

ブログも始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

 

  • ブログをこれから始める人は、以下の記事をぜひご覧ください。

>> 完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】

  • また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

>> WordPressブログの始め方【初心者でも最短10分の作り方】

 

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討してみてくださいね。

 

YouTubeの始め方に関する記事特集

 

 YouTubeの始め方

YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】

 

 チャンネルの設定

YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方と設定方法を解説

YouTubeチャンネルのカスタマイズ方法を分かりやすく解説

YouTube動画の透かしでチャンネル登録ボタンを設定する方法

YouTubeチャンネルの概要欄の書き方を分かりやすく解説

YouTubeチャンネルや動画を多言語化する方法を分かりやすく解説

YouTubeチャンネルアイコンの作り方を分かりやすく解説

 

 動画の設定

YouTubeサムネイルの作り方を分かりやすく解説【再生数が伸びる】

YouTubeのハッシュタグの付け方【動画検索に必要なSEO対策】

YouTubeのタイムスタンプでチャプターを設定する方法 

YouTube動画制作でテロップを配置するセーフティゾーンを解説

YouTubeに最適なアスペクト比を徹底解説【結論 16:9】

 

 SEO対策

YouTube動画のアップロード方法と詳細設定を分かりやすく解説

YouTubeのVSEO対策で上位表示させる方法を分かりやすく解説

 

\会員登録不要!無料お試しはこちら/

動画・URL・画像をアップするだけで簡単指示【アカポン】

 

というわけで、

今回は「YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。