200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

YouTube動画のアップロード方法と詳細設定を分かりやすく解説

  • 2021-09-29
  • 2021-10-21
  • 生活
  • 19view
悩んでいる人
「動画制作が終わったのでこれからアップロードしたいのですが、その方法と前後でやることがあれば教えてください。」

 

こんな悩みにお答えします。

この記事では、YouTube動画のアップロード方法と前後の設定について解説します。

 

 本記事の内容

  • YouTube動画のアップロード方法が分かる

 

正直、YouTube動画のアップロード自体は簡単です。

ただ、そのあとの設定に重要な要素が詰め込まれています。

 

この記事を最後まで読んで、再生数を伸ばせるコンテンツにしていきましょう。

 

※ これからYouTubeチャンネルを作ろうとしている人は「YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】」もぜひチェックしてみてください。開設手順から投稿方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

関連記事

悩んでいる人 「これからYouTubeを始めたいので、チャンネル開設から動画投稿までを全て教えてほしい。」   こんな悩みにお答えします。 この記事では、YouTubeチャンネルの開設から投稿までを[…]

 

YouTube動画をアップロードする方法

YouTube動画をアップロードする方法
YouTube動画をアップロードする方法

 

YouTube動画をアップロードするには、まず「YouTube Studio」にログインします。

 

画面右上の「+作成(ビデオアイコン)」をクリックすると、

 

  • 動画をアップロード
  • ライブ配信を開始

 

を選択できますので「動画をアップロード」を選択します。

 

すると、アップロードする画面が表示されますので、アップロードしたい動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

 

もしくは「ファイルを選択」をクリックして、アップロードしたい動画ファイルを選択して「開く」ボタンをクリックしても同じようにアップロードできます。

 

アップロードはこれで完了です。

 

YouTube動画アップロード時のコツ

YouTube動画アップロード時のコツ
YouTube動画アップロード時のコツ

 

YouTube動画を制作する度にアップロードすることは簡単ですが、コンテンツをシリーズ化したりするのに有効な方法が「予約投稿」です。

予約投稿は、公開設定で「公開」を選択後に「スケジュールの設定」ができるようになっていますので、こちらの機能も利用してみましょう。

 

 予約投稿のメリット

① チャンネルの視聴者が多くアクセスしている時間帯に合わせることができる

② SNSと連携して、コンテンツの放送日などを告知しながら、事前に視聴者を集めることができる

③ コンテンツストックを作っていくことができるでの、制作は1日2〜3本撮りにしながらコンテンツの公開は1日ひとつにして毎日投稿のように設計することができる

 

YouTubeアップロード後の動画ファイルの設定

YouTubeアップロード後の動画ファイルの設定
YouTubeアップロード後の動画ファイルの設定

 

動画をアップロードすると、

 

  1. タイトル
  2. 説明
  3. サムネイル
  4. 再生リスト
  5. 視聴者
  6. 終了画面
  7. カード

 

といった設定ができます。

 

設定①:タイトル

 

タイトルの設定では、アップロードした動画に名前を付けましょう。

 

クリック数に直結しますので、できる限りコンテンツの内容に沿った分かりやすいタイトルをつけてください。

 

設定②:説明

 

動画の説明欄には、外部リンクの設置も可能なので、動画説明の後に他のSNSアカウントやWEBメディアへのリンクを入れることができます。

 

また、ASPに登録することで、動画に関連した商品などのテキストリンクを貼ることで収入を得ることも可能です。

 

まずは、以下の2つでアフィリエイトをすることができます。登録時間はそれほどかかりませんし、登録無料なので収益化を考えているのであれば、登録しておくと収益幅が広がります。

 

A8.netの登録方法から使い方までを徹底解説【稼ぎ方まで分かる】

もしもアフィリエイトの登録方法からやり方まで解説【リンクの使い方】

 

ASPと提携して動画に関連した商品などのテキストリンクを動画説明欄に貼ることで、新しい収入の窓口を得る機会を作りましょう。

 

説明欄はYouTube動画で重要な要素なので、下記の記事が参考になれば幸いです。

YouTubeチャンネルの概要欄の書き方を分かりやすく解説

 

設定③:サムネイル

 

サムネイルとは、視聴者が見たい動画を検索すると動画とタイトルが出てくる表示画像です。

 

動画内のシーンから選ぶことができますが、指定のオリジナル画像データをアップすることも可能です。

 

この部分は、商品で言えば一番最初にユーザーの目に入るファーストインプレッションなので、凝ったサムネイルでクオリティーをあげることが重要です。

 

YouTubeサムネイルの作り方を分かりやすく解説【再生数が伸びる】

 

アップロードするコンテンツの環境によって統一感がバラバラなチャンネルもあります。

 

サムネイルでチャンネルに統一感を出すことが可能なので、ぜひ設計してみてください。

 

サムネイルの解像度は、1280×720ピクセルが推奨されています。

 

設定④:再生リスト

 

さまざまなジャンルの動画をアップするのであれば、最初のうちにジャンル分けして再生リストを作成しながら動画を増やしていくことをおすすめします。

 

再生リストにまとめておくことで、視聴者が動画を閲覧した後に見せたい動画の導線を抑制することが可能になります。

 

 動画の再生に導線をつける方法

① 再生リストを整理して動画のプレイリストを作成する

② 動画の詳細画面内にある設定で動画に対して「終了画面」を設定する

③ 動画の詳細画面内にある設定で動画に対して「カード」を追加して「動画」または「再生リスト」を設定し、再生途中での導線を作る

 

設定⑤:視聴者

 

視聴者の設定では、子供向けかどうかの選択ができます。

 

子供向けを選択すると、YouTubeのガイドラインに沿ったコンテンツ規定がありますので「詳細」を確認して選択してください。

 

ここまでの入力が完了したら「保存」をクリックしましょう。

 

設定⑥:終了画面

 

YouTube動画の詳細では、終了画面を設定することができます。

 

 終了画面で追加できる要素

  1. 動画
  2. 再生リスト
  3. チャンネル登録
  4. 他チャンネル
  5. リンク

 

設定⑦:カード

 

YouTube動画の詳細では、カードを設定することができます。

 

 カードで追加できる要素

  1. 動画
  2. 再生リスト
  3. チャンネル
  4. リンク

 

まとめ:YouTubeアップロード後の設定が重要!

YouTubeアップロード後の設定が重要
YouTubeアップロード後の設定が重要

 

今回は、YouTube動画のアップロード方法と前後の設定について解説してきました。

 

動画のアップロード自体はすごく簡単ですが、動画として重要な要素が詰まっているあとの設置もしっかり行っておきましょう。

 

この記事では、YouTube関連の特集記事も掲載していますので、参考になれば幸いです。

 

YouTubeの始め方に関する記事特集

 

 YouTubeの始め方

YouTubeの始め方マニュアル【開設から投稿まで徹底解説】

 

 チャンネルの設定

YouTubeチャンネルアート(バナー画像)の作り方と設定方法を解説

YouTubeチャンネルのカスタマイズ方法を分かりやすく解説

YouTube動画の透かしでチャンネル登録ボタンを設定する方法

YouTubeチャンネルの概要欄の書き方を分かりやすく解説

YouTubeチャンネルや動画を多言語化する方法を分かりやすく解説

YouTubeチャンネルアイコンの作り方を分かりやすく解説

 

 動画の設定

YouTubeサムネイルの作り方を分かりやすく解説【再生数が伸びる】

YouTubeのハッシュタグの付け方【動画検索に必要なSEO対策】

YouTubeのタイムスタンプでチャプターを設定する方法 

YouTube動画制作でテロップを配置するセーフティゾーンを解説

YouTubeに最適なアスペクト比を徹底解説【結論 16:9】

 

 SEO対策

YouTube動画のアップロード方法と詳細設定を分かりやすく解説

YouTubeのVSEO対策で上位表示させる方法を分かりやすく解説

 

\会員登録不要!無料お試しはこちら/

動画・URL・画像をアップするだけで簡単指示【アカポン】

 

というわけで、

今回は「YouTube動画のアップロード方法と詳細設定を分かりやすく解説」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。