200を超える” ブログノウハウ ”を無料公開 >> ブログで稼ぐために役立つ情報を配信中

孤独な人ほど成功する確率が高い理由【無理して友達は作らない】

  • 2020-10-13
  • 2021-09-06
  • 学び
  • 312view
悩んでいる人
「人と関わることが苦手な孤独人間です。人と関わらないと成功は難しいのでしょうか?」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、孤独と成功の関係性について解説します。

 

 本記事の内容

  • 孤独な人ほど成功する確率が高い
  • 自己認識を変えると成功確率があがる
  • 無理をして友達を作る必要はない

 

孤独を感じている人ほど、すでに成功者の資質があるかもしれません。むしろラッキーかも。

 

今回は、その理由を見ていきましょう。

 

孤独な人ほど成功する確率が高い

孤独な人ほど成功する確率が高い
孤独な人ほど成功する確率が高い

 

実は孤独な人って自分が孤独だと思っていないことが多いです。

 

というのも、自身が独立できているのと、自分の時間を生きることが上手な人だからです。

 

人との関わりが少ないと孤立しているような考えになってしまいがちですが、孤独な人ほど自分のために時間を費やしています。

 

成功者は周りに人が溢れていて、見た目も華やかなイメージがありますが、大抵の人はそうなるまでに孤独を感じていたでしょうし、今も孤独を感じていることが多いです。

 

例えば、有名なアメリカの発明王エジソンは「最上な思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。」という名言を残しています。

 

 

その通りでして、最高の思考は孤独の中で作られるのではないでしょうか。

 

 孤独な人が成功する理由

  • 群れない
    →成功者は、身を置く環境の重要性をわかっている。
  • 責任感が強い
    →人のせいにしても成長や進捗がないことを知っているので、うまくいかなかった場合は「自分がもっと工夫する必要がある」と考える。
  • 学ぶことをやめない
    →1日1時間の学習でも1年単位で考えるとバカにできないことが分かっている。
  • 人にはそこまで差がないことを知っている
    →やるかやらないかだけの話である。
  • 継続が大きな成果を出すことを知っている
    →小さいことを積み重ねるのが、先へ進むただ1つの道だと思っている。
  • 一匹狼でいることを恐れない
    →成功者の多くは『強い信念を持つことが夢の実現につながること』を知っています。『信念』とは自分にとって正しいと信じる考えであり、行動のエンジンとなって周りを牽引する力を発揮しますが、その考えは時として自己中心的・自分勝手などの印象を周りに与えてしまい、時として『孤独』を感じる事もありますが、そんな『孤独感』に負けることなく、『目標達成』という『信念』を堅く持ち覚悟をもって1人でも進む。
  • 失敗を恐れない
    →失敗は成功へのチャンスだと思っている。
  • 考えるよりも行動が先になる
    →行動が結果に繋がることを知っている。
  • 心理学を理解している
    →心理を理解することは成功者になるための重要な要素である。
  • 成功をさらに高める問題意識を持っている
    →成功のさらに先に成功を求める。

 

自己認識を変えると成功確率がUPする

自己認識を変えると成功確率がUPする
自己認識を変えると成功確率がUPする

 

すべての孤独に通じることではなく、成功したいと強く思う人なら自己認識を変えるだけで成功確率がUPします。

 

 自己認識を変える項目

  • 何事も後回しにしがち
    →行動の優先順位を明確にしましょう
  • 安定を好む
    →環境の変化を受け入れましょう
  • 集団(群れ)を好む
    →一匹狼になりましょう
  • 自己投資をしない
    →本を読む習慣を身につけましょう
  • 自信がない
    →自己肯定感を向上させましょう
  • ブレやすい
    →『信念』をもって行動しましょう
  • 継続しない
    →『習慣化』できる仕組みを考えましょう
  • いつも同じレベルのコミュニティにいる
    →自己成長のために今より上のコミュニティに入りましょう
  • 責任感がない
    →何事も『自分事』にして責任感を向上させましょう
  • 信頼関係が築けていない
    →相手の心理状態をよく観察しましょう。

 

成功者は常に考え、目標を実現するために最速のスピードと圧倒的な努力を惜しみません。

 

孤独な人は、割とすぐに実行できます。

 

むしろ足りないと思う部分を意識するだけでいいと思います。

 

参考記事:心理学NLPとは【仕事、人生、人間関係で活躍中】

 

無理をして友達を作る必要はない

無理をして友達を作る必要はない
無理をして友達を作る必要はない

 

 友達がいないパターン

  1. 人生の充実に目を向けて、周囲との付き合いに時間を割かなくなり友達ができない
  2. 友人が欲しくて付き合いに時間を割いているのに友達ができない

 

  • 前者に該当する人は、成功者としての素質をひめた人です。
  • 後者に該当する人は、他人に依存しがちで成功から遠ざかってしまう。

 

友人の良し悪しは人それぞれですが、成功するイメージを抱いているのであれば、無理に友達を探さず、自分の時間に費やすべきです。

 

成果を出すことができるようになれば、自ずと周りは増えていくでしょう。

 

類は友を呼びますからね。

 

 無理をして友人を作らない理由

  • 群れて時間を奪われる
  • 自分で責任を負わなくなる
  • 学ぶことをやめてしまう
  • 人と差をつけてしまいがちになる
  • 継続することよりも、人に言われた通りにしか動けなくなる
  • 1人では行動できなくなる
  • 失敗を恥ずかしいものだと思ってしまう
  • 行動意欲が下がる
  • 信念がぶれやすくなる
  • ひとつの成功で満足してしまう

 

このように成功したい人にはメリットのないことばかりです。

 

あなたが近くに置いておく人は、家族や大切な人、信頼できる少数の人で十分です。

 

これからは個人で生きる力が重要になるので、一生のビジネス仲間なんて決まり文句はご遠慮しましょう。

 

それは、群れにすぎません。

 

 

というわけで、

今回は「孤独な人ほど成功する確率が高い理由【無理して友達は作らない】」をまとめてみました。

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。