【2021年】記事作成におすすめのブログサービス10選を徹底比較!

 
悩んでいる人
「ブログをどのサービスで始めたらいいのかわかりません。おすすめのブログサービスを教えてください。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、記事作成におすすめのサービスについてご紹介します。

 

 本記事の内容
  • 記事作成におすすめのブログサービス10選
  • ブログサービスを選ぶコツ

 

ブログを日記として運営するのであれば、どのサービスを利用しても問題ありません。

 

しかし「稼ぎたい人」や「情報発信したい人」は、目的によって利用すべきサービスを検討する必要があります。

 

<この記事に向いている人>

  • どのブログサービスを利用するか迷っている人
  • 自分に合うブログサービスを探している人

 

 
焦る必要はないので、落ち着いて検討しましょう。
 
※これからWordPressブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。
 
それでは、さっそく見ていきましょう。
 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

記事作成におすすめのブログサービス10選

記事作成におすすめのブログサービス10選

 

最近の情報発信といえば、SNSが主流になりつつありますが、文字制限など100%伝えるには限界があります。

 

しかし、ブログでは「長文が投稿できる」「検索エンジン経由でのアクセスが見込める」といった特徴があります。

 

それに、多くの人が悩みや問題点をインターネットから解決しようとする行為は、今も変わりません。

 

これから紹介するブログサービスは、当ブログが徹底的に調査した上で特におすすめの10選です。

 

  1. WordPressブログ
  2. はてなブログ
  3. Amebaブログ
  4. FC2ブログ
  5. 楽天ブログ
  6. note
  7. Tumblr
  8. ライブドアブログ
  9. 忍者ブログ
  10. Blogger

 

ご自身に合ったブログサービスを見つけるために、ぜひご覧ください。

 

1.WordPressブログ

<WordPressブログに向いている人>
  • 稼ぐことが目的
  • アクセス数を増やしたい
  • 広告運用スキルを身につけたい
  • 自分の好きなデザインにしたい
  • お金だけでなく、経験やスキルも得たい
  • Webマーケティングスキル、データ分析スキルなどを得たい

 

上記に当てはまる人は、WordPressがおすすめです。

 

とくに稼ぎたいなら「WordPress一択」です。

 

というのも、稼ぐことに特化したサイト運営ができるからです。

 

例えば、広告の配置を好きに変更できたり、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールでアクセス解析したり、バナーやボタンなどのデザインを自由に変えることができます。
 
 
スキルや経験を積みながら稼げるのが、WordPressブログ最大の魅力です。
 

WordPressブログのデメリット

 

<デメリット>

  • レンタルサーバーが必要
  • 管理に少し手間がかかる
  • 不正アクセスの脅威がある
  • 定期的にシステムの更新が必要
 
WordPressは、サーバー上で動くものなので、サーバー費用がかかります。
 
ただし、月々1,000円程度なので低コストで運営可能です。
 
一方で無料サーバーも存在しますが、あまりおすすめしません。というのも、プログラムの利用制限やトラブルサポートがないからです。
 
WordPressを使う費用対効果はめちゃくちゃ大きいので、ぜひ試してみてください。
 

WordPressブログのメリット

 

<メリット>

  • サービス自体は無料で利用できる
  • WordPressのノウハウスキルが得られる
  • 収益性が高い
  • デザインの差別化がしやすい
  • カスタマイズが簡単にできる
 
 
WordPressの始め方については、WordPress(ワードプレス)ブログの始め方【初心者でもたった10分でできる】にて誰にでもできるように解説しています。
 

2.はてなブログ

はてなブログ

引用:はてなブログ

 
はてなブログに向いている人>
  • 簡単にブログを作成したい
  • 無料ブログでアフィリエイトしたい
  • 「はてなブックマーク」で情報を集めたい
  • ブログの動作を安定させたい
 
初心者でもはじめからアクセスを集められるのが「はてなブログ」です。
 
「はてなブックマーク」「はてなブロググループ」という活発なコミュニティがあるので、記事を書いてすぐにコミュニティからのアクセスが期待できます。
 
 
アフィリエイトもできる、昔から人気のある無料ブログです。
 
ただし、デメリットもあります。
 
<デメリット>
  • カスタマイズ性は低い
  • 広告が表示される
  • 独自ドメインが利用できない

 

はてなブログを利用するのであれば、無料プランではなく有料プランに申し込むことで上記のデメリットは解消できます。

 

>> はてなブログの公式サイトをみる

 

3.Amebaブログ

Amebaブログ

引用:アメーバブログ

 
<Amebaブログに向いている人>
  • アメブロユーザーのアクセスを集めたい
  • アメブロ内でファンを得たい
  • フォロー機能でユーザーと繋がりたい
  • ブログの動作を安定させたい
 
Amebaブログは「はてなブログ」と同様に、活発なコミュニティがあり、はてなブログよりもユーザー同士のつながりを強くしやすいという特徴があります。
 
というのも、フォロー機能やコメント機能での交流ができるなど、SNSに近い使い方ができるからです。
 
Amebaブログのメリット・デメリット
 
<メリット>
  • 無料で利用できる
  • Amebaユーザーが多い
  • SNSに近い感覚で利用可能

 

<デメリット>

  • カスタマイズ性は低い
  • 広告が表示される

 

初動からアクセスを増やしたい方におすすめですが、デメリットの問題を有料プランにしてまで利用するほどの価値があるかは分かりません。

 

>> アメーバブログの公式サイトをみる

 

4.FC2ブログ

FC2ブログ

引用:FC2ブログ

 
<FC2ブログに向いている人>
  • 幅広いジャンルでブログ運営したい
  • 大量のデザインテンプレートから選びたい
  • 記事を高速表示させたい
 
FC2ブログでは、有料サーバーで扱えないジャンルも扱えることがあります。
 
デザインテンプレートも5,000種類以上揃っており、お気に入りのデザインが見つかりやすいです。
 
また、2019年から企業広告を撤廃しサイト表示を高速化しています。
 
この方針は、状況次第で変わりそうですが、今も広告非表示で運営されているので、記事を高速表示させたい人は試してみてはいかがでしょうか。
 
FC2ブログのメリット・デメリット
 
<メリット>
  • カスタマイズ性が高い
  • FC2ユーザーが多い
  • アダルトコンテンツ利用可能
  • SEOに強い

 

<デメリット>

  • Bing検索エンジンに表示されない
  • 更新状況によって広告が表示される
 
アダルト系のコンテンツが利用可能ではありあますが、それが原因でBing検索エンジンに表示されにくい状況になっています。
 
現状では、SEOに強いようにも感じますが、今後はGoogle検索エンジンにも影響があるかもしれません。
 
ユーザー数が多くて、アダルトコンテンツが利用可能なら良い!」という方におすすめです。
 
 

5.楽天ブログ

楽天ブログ

引用:楽天ブログ

 

<楽天ブログに向いている人>

  • 楽天アフィリエイトをやりたい
  • 写真・動画をたくさんあげたい
 
楽天ブログは、楽天アフィリエイトと相性が良いので、楽天アフィリエイトに力を入れたい人におすすめです。
 
ボタン1つで記事内に楽天アフィリエイトバナーを入れられます。
 
とくに楽天ブログの読者は、楽天利用者の割合が多いので、楽天アフィリエイトで楽天ポイントが貯まりやすいという特徴があります。
 
楽天ブログのメリット・デメリット
 
<メリット>
  • 楽天アフィリエイトが利用できる
  • 写真・動画の登録が可能

 

<デメリット>

  • デザイン性が低い
  • 予約投稿ができない
  • 楽天アフィリエイトしか使えない
 
楽天アフィリエイト以外のアフィリエイトができないのは痛手ですが、そもそも楽天アフィリエイトが目的の方にはおすすめです。
 
 

6.note

note

引用:note

 
<noteに向いている人>
  • コンテンツを発信したい
  • ファンと交流したい
  • コンテンツを収益につなげたい
 
自分のコンテンツを発信していきたい方におすすめです。
 
というのも、情報発信のしやすさとファンとの交流がしやすい仕組みが備わっているからです。
 
noteには、収益化しやすい仕組みがあるので、基本的に記事を書くテンプレや色合いなども決まっているので、創作活動に集中する時間を確保しながら、発信できるのが特徴です。
 
noteのメリット・デメリット
 
<メリット>
  • SNS感覚で利用可能
  • コンテンツによる収益化が可能

 

<デメリット>

  • アフィリエイトが利用できない
  • デザイン性が低い
 
コンテンツを収益化することはできますが、アフィリエイトはできないという点は注意しましょう。
 
逆にアフィリエイトはできませんが、独自コンテンツを販売したい方におすすめです。
 
 
noteについては、ブログとnoteの違いとは?【メリット・デメリットも解説します】にて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

7.Tumblr

Tumblr

引用:Tumblr

 
<Tumblrに向いている人>
  • 記事をtwitterのように拡散させたい
  • デザインをカスタマイズしたい
  • 多国籍のユーザーに発信したい
 
ブログをTwitterのように拡散したいならTumblrがおすすめです。
 
というのも「リブログ」というTwitterのリプライのような仕組みが備わっているので、ほかのブロガーから拡散されやすくなっているからです。
 
デザインのカスタマイズがしやすく、海外では企業や有名人がTumblrでホームページを作成している事例も多数あります。
 
 

8.ライブドアブログ

ライブドアブログ

引用:ライブドアブログ

 
<ライブドアブログが向いている人>
  • ブログ容量を気にせず投稿したい
  • 大量のアクセスを見込んでいる
  • PC画面の広告を消したい
 
ライブドアブログは、2015年から有料版の機能をすべて無償で使用可能にしました。
 
それに伴い、ブログ容量が無制限となり、画像や動画を好きなだけ取り込めます。
 
また、大量のアクセスが集まってもスピードが遅くなったり、見れなくなったりもしません。
 
ライブドアブログのメリット・デメリット
 
<メリット>
  • 無料で利用できる
  • デザインが豊富
  • LINEからブログ更新通知が受け取れる
  • アダルトコンテンツが利用可能

 

<デメリット>

  • スマホ版のデザイン性が低い
  • スマホ版の広告は削除不可
 
スマホ版にはデメリットが大きいですが「LINE通知サービス」や「アダルトコンテンツ」も利用したい人におすすめです。
 
 

9.Seesaaブログ

Seesaaブログ

引用:Seesaa

 
<Seesaaブログに向いている人>
  • 無料プランで独自ドメインを利用したい
  • 複数ブログを作成したい

 

無料ブログで独自ドメインが利用可能という大きなメリットがあります。

 

1つのアカウントで最大5つまでブログを作成可能なので、いくつかのブログを作成したいという場合にはSeesaaがおすすめです。

 

ほかのブログサービスの場合は、1つずつアカウントを作る必要がありますが、Seesaaの場合はその手間が省けます。

 

Seesaaブログのメリット・デメリット

 

<メリット>

  • 無料プランでも独自ドメインが利用できる
  • 複数ブログが作成可能

 

<デメリット>

  • 管理画面の操作が遅い
  • スマホ版の広告は削除不可
 
アフィリエイト目的で利用するにはおすすめできませんが、無料プランで独自ドメインを利用したい人におすすめです。
 

 

10.Blogger

Blogger

引用:Blogger

 
<Bloggerに向いている人>
  • 強制広告なしで記事を書きたい
  • アドセンス広告をブログに貼りたい
  • シンプルに記事を書きたい
 
強制広告は一切入らないので、広告無しで記事を書きたい人におすすめです。
 
ただし、デザインがとてもシンプルなので、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
 
とはいえ、ほとんど余計なものが表示されないので、記事の表示スピードが早いです。
 
Bloggerは、Googleが運営しているので、無料ブログで唯一のアドセンス申請が可能です!!
 

 

ブログサービスを選ぶコツ

ブログサービスを選ぶコツ

 

基本的に、今回ご紹介したブログサービスを選べば間違いないです。

 

しかし「上記で紹介されたブログサービスには、自分に合うものが見つからなかった」という人がいるかもしれませんので、ご自身でサービスを検討する際に見るポイント5つを紹介します。

 

ブログ作成の目的を明確にする

 

目的を明確にすると自分に合ったブログサービスが選べるようになりますし、継続して取り組めるようにもなります。

 

例えば、以下のような目的が挙げられます。

 

  • ブログで稼ぐため
  • Webマーケティングスキル、ブログ運営スキルを得るため
  • 自分が興味あるジャンルを学び、知識のアウトプットをするため
  • 日記を書くため ・他のブロガーとつながるため
  • クリエイターとして自身のブランディングをしながら、情報発信するため

 

 
ブログで稼ぐことが目的ならWordPress一択です。

 

デザイン・カスタマイズ性で選ぶ

 

デザインを最優先でこだわりたい人は「たくさんテンプレートがあるか、カスタマイズがしやすいか」で選びましょう。

 

テンプレートの種類が多いとお気に入りのデザインが見つかりやすいですし、自分が気にいるカスタマイズも可能になります。

 

ブログのコミュニティで選ぶ

 

記事を書いてすぐにアクセスを集めたい人は、活発なコミュニティをもつブログを選びましょう。

 

活発なコミュニティは横のつながりが強いので、新着記事であってもユーザーのアクセスが期待できます。

 

アフィリエイトの可・不可で選ぶ

 

アフィリエイトをしたい人(= ブログで稼ぎたい人)は、アフィリエイトができるかを確認しましょう。

 

なかには、アフィリエイトができないブログサービスもありますし、条件付きでしか商品・サービスを紹介できないこともあります。

 

強制広告の有無を確認する

 

個人的には、強制広告がないブログサービスがおすすめです。

 

というのも、読者にとってもアフィリエイトをしたいブロガーにとっても、広告は邪魔になる可能性が高いからです。

 

自身が発信するジャンルにマッチしない広告が出てきたり、自身のブログとデザインが合わない可能性もあるので注意が必要です。

 

 
稼ぐことを目的に考えている人は、自動広告の有無は必ずチェックしておきましょう。

 

無料ブログとWordPressの違いは?

無料ブログとWordPressの違いは?

 

無料ブログとWordPressは、ビジネスとして活用する際に大きな違いがあります。

 

それは、WordPressは稼ぐことに特化した運営ができますが、無料ブログでは、さまざまな制限がある中での運営をしなければならないことです。

 

例えば、当ブログは自分の好きな場所に広告を表示させることができますが、無料ブログではここまで自由に設定することができません。

 

無料ブログのメリット・デメリットについては【WordPressと無料ブログ】始めるならどっちがおすすめ?【メリット・デメリット比較】にて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ:WordPressブログを選べば間違いない!

WordPressブログを選べば間違いない!

 

今回は、記事作成におすすめのブログサービスについてご紹介してきました。

 

最後にこの記事の内容をおさらいしましょう。

 

<おすすめのブログサービス10選>

  1. 本格的にブログ運用するなら「WordPressブログ」

  2. はじめからアクセスを期待するなら「はてなブログ」

  3. ユーザーと横のつながりを持つなら「Amebaブログ」

  4. アダルトコンテンツを利用したいなら「FC2ブログ」

  5. 楽天アフィリエイトをメインで使うなら「楽天ブログ」

  6. 独自コンテンツを販売したいなら「note」

  7. ブログを拡散したいなら「Tumblr」

  8. ブログ容量を気にせず投稿したいなら「ライブドアブログ 」

  9. 無料プランでも独自ドメインを使いたいなら「Seesaaブログ」

  10. 強制広告なしのブログがいいなら「Blogger」

 

それぞれの用途がご自身に合うかどうかをよく検討して決めましょう。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「【2021年】記事作成におすすめのブログサービス10選を徹底比較!」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪