ブログとnoteの違いとは?【メリット・デメリットも解説します】

 
悩んでいる人
「最近ブログを始めたのですが「note」で記事を書いている方もいます。違いはあるのでしょうか?詳しく教えてください。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、ブログとnoteの違いと特徴について解説します。

 

 本記事の内容
  • noteとは
  • ブログとnoteの違いとは?
  • noteのメリット・デメリット
 
noteは、ブログと同じく情報発信ができるサービスですが、いくつか独自の特徴があります。
 
<この記事に向いている人>
  • これからnoteを始めてみたい人
  • ブログとnoteを使い分けたい人

 

 
今回は、note中心の紹介記事になります。
 
※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。
 
それでは、さっそく見ていきましょう。
 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

noteとは

noteとは

 

noteは、自身の経験やノウハウを手軽に発信できるサービスのことです。

 

無料で記事を公開できるほか、有料販売ができることが最大の特徴となります。

 

機能がシンプルなので、一般的なブログよりも簡単に情報発信ができます。

 

noteでできること

 

<5つの投稿機能>

  1. テキストの投稿
  2. 画像の投稿
  3. 映像の投稿
  4. 音声の投稿
  5. つぶやきの投稿

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:テキストの投稿

 

noteでは、見出しを設けたり目立たせたり太字にしたりすることで、ブログのようなテキスト(文章)を投稿できます。

 

 
noteのユーザーは、テキストをメインに投稿している人が多いです。

 

②:画像の投稿

 

noteでは、画像を投稿することができます。

 

例えば、自分で撮影した写真や描いたイラストもnoteで公開できます。

 

 
noteでは、写真家やイラストレーターがポートフォリオの代わりに自分の作品を投稿していることもあります。

 

③:映像の投稿

 

noteでは、YouTubeまたはvideoの映像が投稿できます。

 

④:音声の投稿

 

noteでは、音声のみの投稿ができます。

 

例えば、ラジオのような番組を作って投稿している人もいます。
 
投稿できる音声ファイルはMP3またはAACで、最大100MBまでとなっています。

 

⑤:つぶやきの投稿

 

noteでは、SNSのような短いつぶやきが投稿できます。

 

「プレミアム会員」になるとできること

 

noteには、月額500円の「プレミアム会員」制度があります。

 

以下では、プレミアム会員の特徴をご紹介します。

 

コンテンツの予約投稿ができる

 

noteのプレミアム会員では、予約投稿ができるようになります。

 

有料コンテンツの価格上限をアップできる

 

一般会員の場合、有料コンテンツに設定できる販売価格の上限は1万円です。

 

しかし、プレミアム会員になれば、価格上限を5万円にアップできます。

 

 
有料コンテンツに力を入れたい方におすすめです。
 

月額課金制の定期購読としてマガジンを発行できる

 

プレミアム会員では、マガジンを月間課金制の定期購読として発行することができます。

 

例えば、毎月コンスタントに記事を更新し、人気が出れば安定収入につなげることも可能です。

 

コメント欄のON/OFF機能を利用できる

 

noteは、基本的にコメント欄を閉じることはできません。

 

しかし、プレミアム会員のみコメント欄のON/OFF機能を利用できます。

 

数量限定販売ができる

 

プレミアム会員では、記事を数量限定で販売できます。

 

数量限定にすることで、いつもは時間をかけて購入を検討する人も急いで購入してくれる可能性が高まります。

 

Amazonウィジェットを追加できる

 

プレミアム会員では、noteにAmazonウィジェットも追加できます。

 

無料会員でもAmazonリンクは掲載できますが、プレミアム会員なら記事以外のマイページにもリンクを貼れるようになります。

 

noteはこんな人におすすめ

 

noteは、以下のような人におすすめです。

 

ブログやSNSで認知度がある人

 

すでにほかのブログやSNSで認知度があるなら、noteを書いても読まれやすいです。

 

noteは、自分自身がテーマの軸となるので、より自分のことを知ってもらうのに役立ちます。

 

自分のコンテンツを手軽に発信したい人

 

noteは、自分の経験をもとに情報発信したい人に向いています。

 

情報発信に興味はあるものの、わざわざブログを作るほどでもないと考えている人でも、noteなら手軽に始められます。

 

ノウハウを販売したい人

 

自分の経験をもとに情報発信したいと考えている人の中には、コンテンツを有料で販売したいという人もいます。

 

その場合もnoteなら自由に金額を設定した記事を作ることができます。

 

ブログとnoteの違いとは?

ブログとnoteの違いとは?

 

noteはブログのようなサービスですが、細かい部分を見るとさまざまな違いがあります。

 

収益化の方法

 

ブログ

 

ブログの収益化には、記事への広告掲載が有力な手段です。

 

その広告が表示されたり、クリックされたりすることで広告収入が発生します。

 

Googleアドセンスやアフィリエイトサービスなどを利用することで、広告を掲載することができます。

 

note

 

noteでは、広告による収益化ができない代わりに記事自体を販売することができます。

 

記事ごとに販売価格を設定でき、さらに記事単体だけではなくマガジン形式での販売も可能です。

 

デザインのカスタマイズ性

 

ブログ

 

無料のブログサービスを利用している場合には制限がありますが、WordPressでブログを作っている場合には、自分の好きなデザインにカスタマイズすることができます。

 

WordPressを使う場合でも、デザインを0から作り上げる必要はなく、好みのテーマを選んで設定することができます。

 

note

 

noteは、デザインのカスタマイズができません。

 

デザインを変更したり、他人と差別化をはかりたいならブログを使いましょう。

 

カスタマイズにこだわらず、手軽に情報発信したいという人にnoteはおすすめです。

 

向いている人

 

ブログ

 

ブログは、記事を次々と追加することで、資産構築していくことが強みです。

 

良質な記事を量産することで、検索エンジンからの評価が高まり、新しい記事を公開した際にも多くの人に見てもらいやすくなります。

 

ブログは、自分の情報発信の基盤が欲しい!という方が向いてます。

 

note

 

noteは、SNSやブログなどで知名度のある人や自身のノウハウを手軽に発信したい人に向いてます。

 

とくに、記事自体を販売することができるという特徴から、ブログを作ってたくさんの記事を出すほどではないけど、少数記事で価値ある情報を売ってみたい方に向いています。

 

コンテンツ

 

ブログ

 

ブログでは、作成したコンテンツはすべて自分の資産となります。

 

WordPressなどで作ったブログであれば、サービス終了の危険もなく、資産を蓄積していくことができます。

 

また、URLも自身でドメイン取得すれば、独自のものを使うことができます。

 

note

 

無料ブログに似ていて作成したコンテンツはnote上で公開されるため、もしnoteがサービス終了してしまった場合には、同時に無くなってしまう可能性があります。

 

URLについては、基本的にnoteのドメイン名のみしか使用できません。月5万円のnote proを利用すれば独自ドメインが使用可能になりますが、個人利用するには高額だと思っています。

 

noteとブログの違い

 

noteには、ほかの媒体とは異なる特徴や魅力があります。

 

noteの良さを活かすならブログやSNSと組み合わせて使うのがおすすめです。

 

それぞれの強みを理解した上で使い分けると、より効果的な発信ができます。

 

うまくいけば、ブログで広告収入を得つつ、noteでも有料コンテンツの売上を伸ばすことができるでしょう。

 

noteのメリット・デメリット

noteのメリット・デメリット

 

noteには、さまざまなメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

 

ここでは、noteのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

noteのメリット

 

アカウントを作成したら無料ですぐに使える

 

noteは、基本的に無料でアカウントを作成するだけで、記事が簡単に書けます。

 

サービス登録から書き始めるまで1分かからないレベルでお手軽です。

 

コンテンツを簡単に有料販売できる

 

noteでは、コンテンツを有料販売することができます。

 

その方法は、公開時に有料を選択して販売価格などいくつかの項目を設定するだけのお手頃仕様です。

 

有料販売がnote最大の特徴とも言えます。

 

マガジンの発行ができる

 

noteで作成した記事は、マガジンにまとめることもできます。

 

マガジン単位で有料設定ができるので、メルマガのような感覚で有料マガジンを発行できます。

 

クリエイターをサポートする「投げ銭」機能がある

 

noteには、クリエイターをサポートする「投げ銭」機能がついています。

 

具体的には、一定金額を選択し送金できる機能です。

 

応援の気持ちを伝えるなど、さまざまな使い方ができます。

 

ユーザー同士でアカウントをフォローすることができる

 

noteでは、フォロー機能もあります。

 

気になる相手をフォローして更新通知を受け取ったり、ユーザー同士でフォローし合って交流したりできます。

 

noteのデメリット

 

デザインのカスタマイズができない

 

noteは、ブログとして最小限の機能しかついていないため、デザインのカスタマイズはできません。

 

基本は広告を掲載できない

 

noteは、基本的には広告掲載ができない仕様になっています。

 

一般的にブログでは広告収入を得られますが、noteで収入を得たいなら有料コンテンツが中心になります。

 

まとめ:ブログやSNSと組み合わせて利用しよう

ブログやSNSと組み合わせて利用しよう

 

noteは、ブログ以上に簡単に情報発信が始められるサービスとして便利です。

 

そして、最大の特徴でもあるコンテンツの有料販売機能を活用すれば、ブログよりも短期間で収益化が狙えます。

 

また、ブログやSNSと組み合わせることもできるので、ブログの運営に慣れてきた段階でnoteでも情報発信していくなど、特徴を押さえて活用をしていただければと思います。

 

» noteへのアクセスはこちらから

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「ブログとnoteの違いとは?【メリット・デメリットも解説します】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪