ブログ記事の書き方と構成について解説します【記事が書けるようになる!】

 
悩んでいる人
「ブログの記事ってどんな構成で書けばいいの?書き方を教えてください。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、ブログの書き方と構成について解説します。

 

 本記事の内容
  • ブログ記事の構成
  • ブログ記事の書き方
  • ブログ記事が書けない理由

 

当ブログも始めたばかりの頃は、どんな感じで記事を書けばいいのかイメージがつきませんでした。

 

しかし、構成を意識したら記事が書けるようになりました。

 

 
本記事からブログの構成を学ぶことで記事が書けるようになります。

 

※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

ブログ記事の構成

ブログ記事の構成

 

ブログを書く場合は、基本的に3つの構成を理解する必要があります。

 

  • 導入部分
  • 本文部分
  • 結論部分

 

1つずつ、解説していきます。

 

導入(リード)部分

 

最初に導入部分(リード文)を書きましょう。

 

ここでは「本文が気になる」と読者に思わせる必要があります。

 

また、導入部分のあとに目次を入れると、本文に行く前に全体像を伝えることができますので、設定しておきましょう。

 

SEO的にも目次は入れることをおすすめします。

 

読者は記事を最初から読む人もいれば、自分が特に読みたい部分に目次から移動する人もいますので、先に選択肢を与えて読者のニーズを満たせることがベストです。

 

本文(メイン)部分

 

本文は記事のメイン部分になります。

 

訪れてきた読者の疑問や知りたいことにしっかりと答え、満足してもらえる記事を意識しましょう。

 

必ず見出しをつけて、内容がひと目でわかるようにすると良いです。

 

ブログの読者は流し読みをする人が多く、最初は見出ししか読まれないこともありますので、見出しで読者の関心を引けるようにしましょう。

 

結論(まとめ)部分

 

結論には、記事内容の要点を書いて、読者に再度記事内容を思い出させます。

 

読者の中には、結論部分を読んだあとに導入部分から読む人もいます。

 

結論部分でも記事の内容が分かるように、手を抜かずに書きましょう。

 

ブログ記事の書き方

ブログ記事の書き方

 

それでは、各構成部分の具体的な書き方について解説します。

 

導入部分の書き方

 

<導入部分の書き方>

  1. 記事で解決できる悩みや疑問を書く

  2. 解決策を説明する

  3. 解決できる根拠・理由を示す

  4. 記事の内容をまとめる

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:記事で解決できる悩みや疑問を書く

 

まずは、記事で解決できる悩みを書きましょう。

 

最初に悩みを書くことで、同じ悩みを持つ読者の関心を引きます。

 

この記事では、悩みとして「ブログの記事ってどんな構成で書けばいいの?書き方を教えてください。」といったことを書いています。

 

②:解決策を説明する

 

解決策を示すことで、読者に安心感を与えるのと同時にもっと詳しく知りたい!と思わせて関心を強めることができます。

 

この記事では「ブログの書き方と構成について解説します」とお伝えしています。

 

③:解決できる根拠・理由を示す

 

解決策の説得力を上げるために、できるだけ根拠を書きましょう。

 

この記事では「当ブログも始めたばかりの頃は、どんな感じで記事を書けばいいのかイメージがつきませんでしたが、構成を意識したら記事が書けるようになりました」という経験論を示しています。

 

④:記事の内容をまとめる

 

記事の内容をもっと詳しく知りたい!と関心を強く持たせることができます。

 

この記事では「本記事からブログの構成を学ぶことで記事が書けるようになります。」とまとめています。

 

本文部分の書き方

 

文章を書くときに基本的な型として使われるCREC法をご紹介します。

 

この流れが主張を伝える上で分かりやすい型とされていますので、説得力も増す構成になっています。

 

使いやすい型なので、ぜひ覚えてしまいましょう。

 

  1. Conclusion(結論)
  2. Reason(理由)
  3. Evidence(具体例、理由の根拠)
  4. Conclusion(結論)

 

1:結論

 

始めに結論を提示することで、聞き手が話の内容を把握でき、あとの話が理解しやすくなります。

 

2:理由

 

結論の根拠や理由を説明することで、結論に対して説得力が増します。

 

3:具体例、理由の根拠

 

具体例や理由の根拠を示すことで、結論の内容をイメージしやすくします。

 

4:結論

 

最後にもう一度結論をいうことで、結論を印象づけ、記憶に残りやすくします。

 

CREC法とPREP法とはどう違うの?

 

同じようなフレームワークとしてPREP法があります。

 

PREP法とは、

 

  • P:Point(結論)
  • R:Reson(理由)
  • E:Example(事例、具体例)
  • P:Point(結論)

 

CREC法とはスペルが違うだけで同じことなので、結論同じフレームワークということが分かります。

 

読者は結論を先に知りたい

 

結論を先に言わないといけない理由は、聞き手を不安にさせないことと、話の内容が入ってきやすくするためです。

 

つまり、結論を先に言うことによって聞き手は結論から逆算して話を聞くことができるので、安心して話が入ってきやすくなります。

 

結論部分の書き方

 

最後に結論部分の書き方を説明します。

 

  1. 簡単に本文部分を説明する

  2. 結果的に悩みが解決できることを伝える

  3. CTA(おすすめ記事など)を置いておく

 

1:簡単に本文を説明する

 

結論部分は、読者に内容を思い出させて、読者の納得感を高めます。

 

2:解決できることを伝える

 

これで問題を解決できることを再度お伝えします。ここでさらに満足度を高めることができます。

 

3:CTAを設置する

 

満足度が上がったところで、CTAを設置しましょう。

 

CTAとは、次に行動してほしいことです。

 

具体的には「次にこの記事を読んでみてください」などのおすすめ記事を設置することです。

 

まとめ:記事は誰でも書けるようになる!

記事は誰でも書けるようになる

 

今回は、ブログの書き方と構成について解説してきました。

 

ブログの構成や書き方が理解できれば、今までよりは書くことに抵抗がなくなったことでしょう。

 

本記事の内容をおさらいしましょう。

 

<ブログ記事の構成>

  • 導入(リード)部分
    →記事で解決できることをまとめる

  • 本文(メイン)部分
    →CREC法を用いて解決する

  • 結論(まとめ)部分
    →記事内容をまとめる

 

それでも記事が書けなくて悩まれている人は、ブログ記事が書けない理由を解消します【結論:毎日書けば全て良し】にて書けない理由を解説していますので、参考にしてみてください。

 

というわけで、

今回は「ブログ記事の書き方と構成について解説します【記事が書けるようになる!】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪