ブログで人を動かす文章の書き方とテクニックを分かりやすく解説

悩んでいる人
「ブログを書いてアクセスはあるものの全く収益に繋がりません。人を動かす文章の書き方やテクニックがあれば教えてほしい。」

 

こんな悩みにお答えします。

この記事では、人を動かす文章の書き方とテクニックについて解説します。

 

 本記事の内容

  • ブログで人を動かす文章の書き方とテクニック

 

文章で人を操ることができたらブログで稼ぐこともカンタンな気がしますよね。そんなことを常々おもいます。

ただしテクニックを知っているかどうかなので、人を動かす文章を書きたい方は本記事を最後まで読んでみてください。

 

最後に超おすすめの禁断書も紹介しています。

 

※ これからブログを始める方は「完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】」もチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトが利用するレンタルサーバー/

エックスサーバー

 

スポンサーリンク

ブログで人を動かす文章の書き方

ブログで人を動かす文章の書き方
ブログで人を動かす文章の書き方

 

人を動かす文章とは、

  • × 伝わらない文章
  • 伝わる文章
  • 行動する文章

だと考えます。

 

例えば「あなたは、なぜブログをやろうと思うのですか?

この短い文章でも人は動きます。

なぜならブログをやる参考理由を提示しなければ、人は受け取った情報が足りな過ぎて、想像や予測で判断する習慣があるからです。

 

つまり読者は情報量が少ない文章ほど自分にとって好ましい方向へ想像を働かせます。
=読者の想像力を利用するのです。

 

「書かない」3原則

  1. あれこれ書きすぎない
  2. きれいな文章を書こうとしない
  3. 自分が書きたいことは書かない

これらを1つずつ、深掘りしていきましょう。

 

①:あれこれ書きすぎない

 

まず人を動かす文章の書き方として「自分が何を伝えたいのか」ではなく「この記事を読んだとき、相手にどんな行動をしてほしいのか」で考える必要があります。

 

例えば「おすすめの調理器具」ではなく、どう伝えれば「いま買わないと損をする」と思っていただけるのか。

「伝わる文章」よりも「したくなる文章」を書くことがポイントです。

 

読者はこちらの文章を読みたいように想像しながら読んでいるため、きちんと説明された長い文章である必要はありません。

 

文章は伝えたいことをあれこれ書いても読んだ人の心が動くものではないということです。

 

いちばん良くないのは書き手であるあなたが読者をどう行動させたいのか分かっていないこと。

 

文章を書くときのスタートは「相手にどんな行動をして欲しいか」を設定することです。

これを広告の世界ではワンメッセージ・ワンアウトカムと言われています。

※ ワンメッセージ・ワンアウトカムとは、1つのメッセージが読者に伝わり心を動かすことで、1つの結果を得るという考え方。

 

例えば「ブログは文章を書いて稼ぐことができます」と、書きすぎない文章で本質を示します。

実際は奥が深いのですが、ブログ初心者の方にその内容を深々と説明しても、ややこしく感じてしまい途中で読むのをやめてしまうでしょう。

 

結果は「ブログ=難しい」で終わってしまいます。

そこで読者に一番伝えたい要素を取り出せば「ブログ=稼げる」になります。

 

人を動かす本質は読者の中にしかなく、文章はそのスイッチを押すための道具にすぎません。

 

ここで覚えておいてほしいことは「伝えたいことを1つに絞ると人は動く」ということです。

 

②:きれいな文章を書こうとしない

 

どんな文章にも共通することですが、端的にいうと「感情を揺さぶるような文章を書く」ということです。

それは「読者の感情に働きかける」「感情を揺さぶる」という力になります。

 

ズバリ『人を動かすのは「論理」ではなく「感情」』です。

 

きれいな文章を書こうとすると表面的な文章になってしまい読者の心には届きません。

時候の挨拶のような言葉が心に届いたことがありますか?そんなことよりも近況を話した言葉の方が心に残りますよね。

 

ここで覚えておいて欲しいことは、きれいな文章は読まれず個人的な思いや背景が盛り込まれている文章の方が読まれるということです。

 

当たり障りのないきれいな文章はやめましょう。きれいに書こうとするほど自分の感情を抑えてしまいますからね。

 

③:自分が書きたいことを書かない

 

一言で表すと「自分が書きたいことではなく、読者の心(悩み)を読んで書く」ということです。

 

正直、書きたいこと書いて誰が読みますか?

読者は「これって自分のことかも」「答えが見つかるかも」と感じて読み進めます。

 

多くの方は自分が読ませたいことを考えて書こうとするばかりで、読み手のことについてあまり意識していません。「書いたら読んでくれるもの」と考えている人は危険。そんなに甘いものではありません。

 

基本的に読者は文章をしっかり読んでくれません。

あなたも仕事の書類にさらっと目を通して終わることは多くないですか?

 

文章で人の心を動かすことはそう簡単なことではありません。

だからこそ読者の心を読むことが重要なのです。

 

自分が書きたいことを考えている時間があるなら、それを読む人たちのことを考えていた方がブログに良い影響を与えます。

 

スポンサーリンク

ブログで人を動かす文章のコツ7つ

ブログで人を動かす文章のコツ7つ
ブログで人を動かす文章術7つ

 

どんな文章でも読み手の心を動かして行動へと導けなければ価値はありません。

読者は「自分の欲求と関連したことが書いてある」と気づけば文章を読もうとします。

 

これから紹介するコツをうまく盛り込めば、あなたの文章は相手の心を思うままに動かすことができます。

 

 読者を動かす7つのコツ

  1. 興味
  2. 本音と建前
  3. 悩み
  4. 損・得
  5. みんな一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけの

上記の全てを取り入れる必要はありませんが、状況に応じて組み合わせることで読者の心を掴み込んでみてください。

 

コツ①:興味

 

1つ目のコツは「興味」です。

 

ブログでは読者がどんなものに興味を持っているのかを探る必要があります。

手っ取り早い方法は、ツイッターなどのSNSからヒントを取得することです。

 

 参考になるキーワードとは?

「隙間時間にできる副業ないかな。」

「低コストで始められる副業ないかな。」

「アフィリエイトをやってみたーい!」

上記のような内容の書き込みを見ただけでも、世間の興味・関心がすぐにわかりますよね。

 

これってSNSが浸透していなかった時代からするとすごいことなので、SNSを使って読者の興味を考察して文章を展開しましょう。

 

コツ②:本音と建前

 

2つ目のコツは「本音と建前」です。

 

日本国内で暮らす大半の方が本音と建前で過ごしているのではないでしょうか?

  • 本音=理想はこうありたい
  • 建前=現実ではこうあるべき

誰もが日頃から使い分けている本音と建前。その間にあるのは「理想と現実」です。

この「理想と現実」のギャップが大きいほど、読者を行動させるエネルギーは変わります。

 

そこで強いフックとなるのが、人の心にある「建前を認めてほしい」という欲求です。

心中に秘めている本音を見抜き認めてあげられたら人は認めてくれた相手を心から信頼し、本音を話してくれるようになります。これは、男女・年齢問わず人を突き動かす力ですね。

 

大切なのは読み手の心にある本音と建前の境界線を想像することです。

 

自分の頭の中にある言葉をそのまま書き出すのではなく、どの言葉を選べば相手に響くのかを考えることが重要。読者の本音と建前のギャップに心が揺さぶられるエネルギーが詰まっているため、理想に気づかせて行動させましょう。

 

コツ③:悩み

 

3つ目のコツは「悩み」です。

 

人の悩みは、以下の4つに大別されます。

  • 健康
  • 希望
  • お金

これらの悩みに年齢を加えると大体の悩みは想像できます。

 

文章を書く上でターゲットの悩みを見抜きつつ、解決策を文章で示して狙いどおりに誘導しましょう。

 

コツ④:損・得

 

4つ目のコツは「損・得」です。

 

以下のような広告を目にしたことはありませんか?

  • 「全額返金」
  • 「今だけ無料キャンペーン」

これらを「嫌い」という人は少ないでしょう。

多くの人が「無料!」という言葉に心惹かれる背景には「自分が得することよりも損することに、より大きな影響を受ける」という心理があります。

 

どういうことかと言いますと、私たちは得するよりも、損するほうが重く感じる生き物なのです。

損失を避けられるとわかった途端に得した気持ちになる。そんな心の動きを利用してるのが先ほどの「無料キャンペーン」です。

 

人は買って得するよりも買って損をしない方がいいんですよね。文章ではデメリットを説明しつつ、それを上回るメリットで締めくくるようにしましょう。

 

コツ⑤:みんな一緒

 

5つ目のコツは「みんな一緒」です。

 

みんな」というキーワードは、人を行動に駆り立てるワードです。

これは「社会的証明」という心理が働いているからです。

※ 社会的証明とは、みんながしていることは正しいと思い込むこと。

 

人は決定に迷ったときに周囲を考察して同じ行動を取ろうとします。日本人はとくに周りの空気を読む行動を起こしますよね。

これをブログに活かすのであれば、読者が帰属したいと思っているカテゴリーを知ることです。

 

ここでブログをやりたい人に訴求するなら・・・

ブログをやっている人は、2008年に総務省が発表したブログの実態に関する調査研究の結果によりますと、

  • 国内ブログ総数…約1,690万(2008年1月)
  • ブログ記事総数…約13億5,000万件
  • 新規開設ブログ …約40万~50万(毎月)

※ 現在はさらに10年以上経ていますので、膨大な数字となっていることが想像できます。

これからはもっとブログを始める方が増えると考えられるので、今から始めることをおすすめします。

というのも、個人で稼ぐ時代に突入している現在、1人1メディアは持っておいた方が良いと考えるからです。

 

人を動かす文章では、読者が憧れるカテゴリーやすでに共通しているカテゴリーにつなげて訴求しましょう。

 

コツ⑥:認められたい

 

6つ目のコツは「認められたい」です。

 

人は認められたり、褒められたり、評価されると嬉しいものです。

身近なところでいうと、SNSの「いいね」や「リツイート」をもらえると嬉しくなりますよね。

 

これは心中にある「承認欲求」が満たされるからなんです。

 

承認欲求をくすぐるようなことを文章に盛り込むと読者は喜んで動いてくれます。

 

コツ⑦:あなただけ

 

7つ目のコツは「あなただけ」です。

 

誰でも特別扱いは嬉しいものです。

文章では「あなただけに・・・」のように書くと人は弱く心が揺れ動かされます。

 

さらに「あなただけ」に加えて「希少性」が入ると、もう最強です。

 

例えば「今回はオプションをつけますよ。これって通常の人が1年分支払う金額に相当しますが、あなただけに限定特典として差し上げます。他の人には内緒でお願いします。」

このように数量限定よりも情報の限定に人は弱いです。

 

以上が人を動かす文章のコツでした。

 

スポンサーリンク

ブログで人を動かすテクニック

ブログで人を動かすテクニック
ブログで人を動かすテクニック

 

これから紹介するテクニックは全てを使用する必要はありません。

1つでも取り入れると効果的だと考えます。

  1. 冒頭はポジティブにする
  2. なんども繰り返す
  3. 話しかけるように書く
  4. アップダウンを意識する
  5. 追伸を加える

1つずつ、解説していきますね。

 

①:冒頭はポジティブにする

 

文章は始めが肝心でして、明るい調子で書き始めるとそれだけで相手の心をつかみ、その先を読みたいと思わせることができます。

記事の冒頭が暗ければ、言い回しをちょっとだけ明るいニュアンスにしてみましょう。

 

例えば、人の印象で考えてみると「笑顔=明るい」「無表情=怖そう」など、瞬間的に感じた印象はその後の付き合いにも影響します。

このように文章でも同じことが言えます。

 

ここで言っていることは、ビジネスにもプライベートにも共通して使うことができますね。人は印象の影響から離れられない生き物です。そのため、文章の書き出しはポジティブに詳しく書きましょう。

 

②:なんども繰り返す

 

突然、何を繰り返すの?と思われたかもしれませんが、ここで言う繰り返しは「意味」と「感情」を繰り返すことです。

なぜなら文章の説得力が大いに上がるからです。

 

例えば「ブログを始めたい」と言う「意味」と「感情」を繰り返すのであれば、

  • Who:誰がブログを始めたいのか。
  • What:何がブログを始めるきっかけなのか。
  • When:いつブログを始めたいのか。
  • Where:どこでブログを始めたいと思ったのか。
  • Why:なぜブログを始めたいのか。
  • How:どのような感じでブログを始めるのか。

このように「5W1H」に当てるとうまく文章が作れますよ。

 

③:話しかけるように書く

 

会話を「文章化」するだけで説得力が上がります。

なぜなら人は文章よりも会話の方が内容を覚えやすいからです。

 

やりとりの中にQ&Aがあると内容がきちんと伝わりますよね?
自分の投げかけた質問に対して相手がどう答えるかを想像しながら書くようにしましょう。

 

読み手の疑問や反応を取り込んで書くことが「話しかけるように書く」のコツとなります。

文章は会話をするように1人2役で書きましょう。そうすることでカンタンに心を動かす文章が書けます。

 

④:アップダウンを意識する

 

文章にメリハリをつけるためには、アップダウンのテクニックが必要です。

狙いとしましては、メリハリの他に読み手の心を意図的に不安にさせた後にグッと持ち上げることが目的です。

 

例えば、大ヒットの映画や小説は、たいてい「上げて、下げて、また上げて」と言う構成になっています。

このアップダウンがないと人は感情が揺り動かされることはありません。

読み手の感情の起伏を大きくさせるほど、文章が持つエネルギーが強くなります。

 

⑤:追伸を加える

 

人が文章の中で最も読み心に残るのは追伸部分だと言うことをご存知ですか?

カンタンに言うと「まだ続きがあること」のほうが強く記憶に残るのです。

 

例えば「ドラマの次回予告」「映画の予告編」には、短時間の中でワクワクさせる期待感があり、印象に強く残ります。

 

要は人って未完の情報ほど忘れないものなんですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ:ブログで人を動かすなら書き方とテクニックを取り入れよう!

ブログで人を動かすなら書き方とテクニックを取り入れよう
ブログで人を動かすなら書き方とテクニックを取り入れよう

 

今回は、人を動かす文章の書き方とテクニックについて解説してきました。

 

本記事の内容をおさらいしましょう。

 書かない3原則

  • あえて文章を短くすることで読み手の想像力を借りる。
  • 人を動かすのはきれいな文章ではなく感情を盛り込む。
  • 読者が読みたい内容や言葉を選んで文章を書く。

 

 ブログで人を動かす文章のコツ

  1. 興味
  2. 本音と建前
  3. 悩み
  4. 損・得
  5. みんな一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけの

 

 人を動かす文章のテクニック

  1. 冒頭はポジティブにする
  2. なんども繰り返す
  3. 話しかけるように書く
  4. アップダウンを意識する
  5. 追伸を加える

 

これから書く記事の中に取り入れてみてください。

 

今回は以上です。

 

追伸:本気で人を動かすならこの本がおすすめ

 

正直、この本を手に取るかどうかでも文章力の差はついてしまうと思います。

ブロガーやアフィリエイターが愛読している本なので、あなたも読んでみてはいかがですか?

 

本書は、心理学を活かしたライティング術について書かれています。

ブログに応用できるテクニックが満載なので、手元に置いておきたい一冊です。

 

こちらの本で読み手を行動させる文章術を学びましょう。

 

こちらは「人を操る禁断の文章術」よりもさらに詳しく踏み込んだ本です。

ブログに限らず人生において最強の武器を手にすることができます。

本書はあまり教えたくはない。そんな一冊です。

 

こちらは言わずと知れた名著です。

ブログに限らず自分自身のためにもなる本なので読んでみる価値は大いにあります。

なかにはすべてのことをこの一冊で学んだという方もいるほどの内容なので気になる方はどうぞ。

 

 ブログを始めたい方へ

このブログでは「会社に依存しない生活を送りたい方」「第2の収入窓口を作って生活を今より豊かにしたい方」「個人で稼ぐ力を身につけたい方」に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

ブログをこれから始める方は、下記の記事が参考になります。

● 完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】

また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

● WordPressブログの始め方【初心者でも最短10分の作り方】

ぜひ、この機会にブログ開設を検討してみてください。

 

 関連記事

 

というわけで、

今回は「ブログで人を動かす文章の書き方とテクニックを分かりやすく解説」をまとめてみました。

追記:「まだ間に合います」は最強の言葉である。

スポンサーリンク

最後まで、記事を読んでいただきありがとうございます。