おすすめレンタルサーバー7選を徹底比較【WordPress対応】

悩んでいる人
「WordPressで個人ブログを始めるのにサーバーが必要です。おすすめのレンタルサーバーはありませんか?何社か比較できると嬉しいです。」

 

こんな悩みにお答えします。

この記事では、WordPressにも対応しているおすすめのレンタルサーバーをご紹介します。

 

 本記事の内容

  • おすすめのレンタルサーバーが分かる
  • おすすめのレンタルサーバーが比較できる

 

この記事を読んでいるということは、レンタルサーバーがWordPressを用いたブログやWEBサイト運営に欠かせないサービスであることは知っていることでしょう。なので、1からの説明は不要だと考えます。

そこで気になる通信速度や帯域の広さ、サーバーの安定性などを深掘りして比較していきます。

 

今回ご紹介するレンタルサーバーは

の7社です。各社の特徴を徹底比較していきましょう。

 

なお、検索エンジンで上位表示される記事は専門性が高いあまり初心者には難しめの内容なので、この記事では初心者向けに噛み砕いて解説していきたいと思います。

 

まずは、焦らずじっくり検証していきましょうね。

 

※ これからブログを始める方は「完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】」もぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトが利用するレンタルサーバー/

エックスサーバー

 

目次
スポンサーリンク

レンタルサーバーの基礎知識

レンタルサーバーの基礎知識
レンタルサーバーの基礎知識

 

まずはレンタルサーバーについて理解しておきたいところですが、この記事を読んでいる方はすでに理解していると思うので「いやいや知ってるよ!」という方は本項を飛ばして、おすすめレンタルサーバーの紹介にお進みください。

 

では一度きりの学びを始めましょう。

 

サーバーの名称と機能

 

サーバーとは、ブラウザで検索したリクエストの回答になるWEBページを提供するコンピュータやプログラムのことです。

※ ブラウザとは、インターネットに公開されているWEBページを閲覧するためのソフトウェア。(Google Chrome、Safariなど)

つまり、ユーザーがブログやWEBサイトを閲覧する場合、ユーザーとブログやWEBサイトが直接繋がっているわけではなく、一旦サーバーを通じてデータを提供するようリクエストが行われています。これはPCに限らず、スマホやタブレット端末においても同じです。

 

普段何気なく見ているサイトも、サーバーの働きによって動いているって知ると面白いですよね。

 

そしてレンタルサーバーとは、サーバーを借りることができるサービスのことでして、ブログやWEBサイトの公開はもちろん、アフィリエイトサイトやECサイトの公開、メールアドレスの利用もできます。

 

また、レンタルサーバーを利用するとサーバー会社が提供するHDDやSSD、情報処理機能、メンテナンスやサポートサービスなどを利用できるので、個人ブログに限らず大規模サイトの運用にもレンタルサーバーは使用されています。

 

たまにセキュリティに厳しい職場や大手企業の場合は、独自の専用サーバーを導入する場合もありますが、通常のブログやWEBサイトであればレンタルサーバーで十分ですし、レンタルサーバーに申し込むとサーバーを自社で運営・管理する必要がなくなります。

 

レンタルサーバーの種類

 

レンタルサーバーは、以下の4つの種類に分けられます。

 レンタルサーバーの種類

専用サーバー
1台のサーバーを1ユーザーが独占するサービス
共用サーバー
1台のサーバーを複数のユーザーで共有するサービス
VPSサーバー
1台のサーバーの中に複数の仮想専用環境を作成し、それぞれに1ユーザーが独占するサービス
クラウドサーバー
1台のサーバーを複数のユーザーで共有し、サーバー内にデータを保存できるサービス

● レンタルサーバーとは?仕組みや種類を初心者向けに分かりやすく解説

 

なお、本記事で紹介するレンタルサーバーは「共用サーバー」です。これから記載するレンタルサーバーについては全て共用サーバーを指します。

※ クラウド型のレンタルサーバーも含む。

 

レンタルサーバーの特徴

 

レンタルサーバー(共用サーバー)は、一般的なプランであれば、月1,000円程度で利用できるため、考え方としてはランチ1回分の利用料金でブログやWEBサイトを運用できるという特徴があります。

また、今回ご紹介するサーバーは高機能で高速なサーバーばかりです。

 

レンタルサーバーでWordPressをかんたん構築

 

ご存知の方も多いと思いますが、WordPressとは無料で利用できるソフトウェアでして、WEBの専門知識がなくても簡単にブログやWEBサイトが作成できます。

また、数時間でデザイン性の高いブログやWEBサイトが作れるのも特徴です。

● WordPressとは?初心者向けにメリットとデメリットを分かりやすく解説

 

なお、WordPressの魅力は無料であることやデザイン性が高いだけではなく、SEOに強いことや豊富なプラグインでさまざまな機能が拡張・カスタマイズできることです。

 

WordPressはサーバーの設置が面倒という声やセキュリティリスクを心配する声もありますが、本記事で紹介するレンタルサーバーは全てWordPressを簡単インストールする機能が搭載されており、契約と同時にWordPressが自動設定できたり、契約後に管理画面から1クリック設定することができます。

これなら、サーバーの知識がない方でも迷わずWordPressが始められますよね。

関連記事:WordPressクイックスタートを初心者向けに分かりやすく解説

 

おすすめレンタルサーバーの特徴

おすすめレンタルサーバーの特徴
おすすめレンタルサーバーの特徴

 

今回は、数あるレンタルサーバーの中からおすすめを厳選した基準は

  1. 独自ドメインが設定できる
  2. WordPressが簡単インストールできる
  3. 利用料金がお手頃価格
  4. サーバースペックが高い
  5. サポート機能が充実している
  6. キャンペーンを実施している

といったところを最低条件として設定しています。

※ 一部キャンペーンを実施していないこともある。

 

これから個人でブログやWEBサイトを始める方は、準備にかける負担は極力減らしたいはず。

なので、本記事で紹介するレンタルサーバーは、あなたがこれから始めるブログやWEBサイトをサポートしてくれる良きパートナーとなってくれます。

 

dots
ちなみに当ブログ(dotsBlog)は、2020年09月にエックスサーバー でWordPressを運用開始しました。

 

最近は、レンタルサーバーに「WordPress簡単インストール」機能が付いたサービスが増えています。

WordPress簡単インストールとは、一般的にレンタルサーバーの契約と同時にドメインの取得やWordPressのインストールが一括設定できるという機能のことです。

また、WordPress簡単移行の機能が付いていれば、他社サービスからの移行も簡単に行えます。

 

おすすめのレンタルサーバー7選【WordPress対応】

おすすめのレンタルサーバー7選【WordPress対応】
おすすめのレンタルサーバー7選【WordPress対応】

 

ここからは、WordPressに対応しているおすすめのレンタルサーバー7社をご紹介していきます。

値段や容量、利用できるサービスなどをそれぞれ比較しながら、ブログやWEBサイトへの導入を検討していきましょう。

 

 おすすめレンタルサーバー7社

どれを選んでも問題ありませんが、それぞれの特徴を知った上でご自身に適したものを選んでください。

 

まずは、簡単に比較表をまとめてみました。

レンタルサーバーお試し期間初期費用月額料金各種プランプラン変更独自ドメイン自動バックアップWPインストール/独自SSLマルチドメインWP簡単移行サポート運用サイト数
エックスサーバー
最大10日間3,300円990円〜・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
月単位で上位プランに変更可・一部永久無料あり
・16種類1年間無料
過去14日分あり/無料無制限あり電話/メール対応200万件
ConoHa WING
なし無料828円〜・ベーシック
・スタンダード
・プレミアム
すべてのプランに変更可2つまで永久無料
(WINGパック契約時)
過去14日分あり/無料無制限あり電話/メール/チャット対応非公開
mixhost
30日間返金保証無料968円〜・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
・ビジネスプラス
上位プランに変更可対象ドメイン永久無料
(12ヶ月以上契約時)
過去14日分あり/無料無制限ありメール対応非公開
ロリポップ!
10日間1,650円〜220円〜・ライト
・スタンダード
・ハイスピード
・エンタープライズ
上位プランに変更可
(お試し期間を除く)
有料過去7回分あり/無料100〜無制限あり電話/メール/チャット対応170万件
さくらのレンタルサーバ
14日間1048円〜524円〜・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
・ビジネスプロ
・マネージド
なし有料バックアップ&ステージングあり/無料200〜無制限あり電話/メール対応45万件
カラフルボックス
30日間無料528円〜BOX1〜BOX8すべてのプランに変更可有料過去14日分あり/無料無制限あり電話/メール/チャット対応非公開
ヘテムル
15日間2,200円880円〜・ベーシック
・プラス
なし有料過去14日分あり/無料無制限あり電話/メール対応非公開

>> スマホの方もスクロールできます

総合的に見て、評価の高いものばかりです。

 

では、上記のレンタルサーバーについて、詳しく解説していきます。

 

①:利用者国内No.1の「エックスサーバー」

利用者国内No.1の「エックスサーバー」
利用者国内No.1の「エックスサーバー」

 

 エックスサーバーの概要

運営会社エックスサーバー株式会社
お試し期間最大10日間
初期費用3,300円
月額料金990円〜
各種プラン・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
プラン変更月単位で上位プランに変更可
独自ドメイン・一部永久無料あり
・16種類1年間無料
自動バックアップ過去14日分
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン無制限
WP簡単移行あり
サポート電話/メール対応
運用サイト数200万件
公式サイトエックスサーバー

 

エックスサーバー はレンタルサーバーの中でも超王道でして、ブログやWEBサイトの作成、WordPressの設定などに利用する人が非常に多いです。

実際にエックスサーバーは、WordPressユーザーから評判が良く、契約後すぐにWordPressが設定できる「WordPress簡単インストール機能」や「WordPress簡単移行機能」を搭載しています。

 

 エックスサーバーの特徴

  • 超高速環境「KUSANAGI」技術搭載
  • 超高速で大量アクセスに強い
  • 簡単便利なWordPress機能を搭載
  • 運用サイト数200万超えの安心感
  • 困ってもすぐに出てくる情報量
  • 創業以来99.99%以上の稼働率を堅持
  • 他ユーザーの影響を受けないリソース保証
  • 24時間365日の安心サポート
  • 10日間の無料お試しキャンペーン

 

中でも最近は、世界最速クラスと評される人気の高速環境技術「KUSANAGI」を導入したことで、圧倒的サーバー性能で大量アクセスを高速処理してくれます。

また、他ユーザーの影響を受けないリソース保証機能によって、いつでも安定して速度環境を利用できます。

 

スペックに関してユーザーが心配することはなく、これからWordPressを設定するのが不安な方でも、知識豊富なスタッフが設定を行う「設定代行サービス(有料オプション)」も提供されています。

 

エックスサーバーの詳細、申し込みに関しては以下のサイトをご覧ください。

エックスサーバー

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

関連記事

悩んでいる人 「国内で最も人気のレンタルサーバー「エックスサーバー」ってどんなサービスなの?」   こんな疑問にお答えします。 この記事では、エックスサーバーの概要とWordPressを始める手順に[…]

 

エックスサーバーのメリット・デメリット

 エックスサーバーのメリット

  • 運営期間が長く利用者が最も多い
  • 転送量が多くサーバーが落ちにくい
  • SSD容量が多く数千の記事が投稿できる
  • トラブルが起きても検索で解決できる
  • サポートサービスの対応が早い

 エックスサーバーのデメリット

  • コスト面では他サーバーに若干劣る
  • 初期費用が3000円かかる(キャンペーン中は無料になる
  • バックアップ復元にお金がかかる

 

WordPressに特化した新サービス「シン・レンタルサーバー」

エックスサーバーでは、WordPressに特化した新サービス「シン・レンタルサーバー 」を2021年05月に公式リリースしました。

これまでのエックスサーバーのシステムをベースとしたレンタルサーバーになります。

では何が違うのかというと、最新技術や機能を搭載してさらなる高みを目指したものがシン・レンタルサーバーです。一方で新機能を導入するにも膨大な検証データをもとに慎重に運営されているのが元祖エックスサーバーといったイメージです。

関連記事:シン・レンタルサーバーでWordPressブログの始め方を分かりやすく解説

 


レンタルサーバー選びで「よく分からない・失敗したくない」という人は、個人から大手企業、官公庁までもが利用するエックスサーバーを選んでおけば間違いありません。

 

\当ブログでも使用するエックスサーバー/

エックスサーバー

 

エックスサーバーを利用した場合のブログの始め方は「WordPressブログの始め方【初心者でも最短10分の作り方】」にて画像を交えながら分かりやすく解説しています。お役に立てれば幸いです。

 

②:国内最速の「ConoHa WING」

国内最速の「ConoHa WING」
国内最速の「ConoHa WING」

 

 ConoHa WINGの概要

運営会社GMOインターネット株式会社
お試し期間なし
初期費用無料
月額料金828円〜
各種プラン・ベーシック
・スタンダード
・プレミアム
プラン変更すべてのプランに変更可
独自ドメイン2つまで永久無料(WINGパック契約時)
自動バックアップ過去14日分
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン無制限
WP簡単移行あり
サポート電話/メール/チャット対応
運用サイト数非公開
公式サイトConoHa WING

 

ConoHa WING は、2018年09月にサービスを開始しました。

割と新しいレンタルサーバーではありますが、2021年の日本マーケティングリサーチ機構による調査では

  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー
  • WordPress利用者満足度
  • サポートデスク対応満足度

の3部門においてNo.1を獲得しています。

 

また、大手GMOが運営していることもあり非常に安心して利用できます。

GMOといえば、以下のような広告を見たことがあると思いますが、ドメイン取得サービスとして国内で有名です。

 

ConoHa WINGの詳細と申し込みは以下の公式サイトをご覧ください。

ConoHa WING

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

関連記事

悩んでいる人 「ブログを始めるのにレンタルサーバーが必要なんだけど、ConoHa WINGってどんなサービスなの?」   こんな悩みにお答えします。 この記事では、ConoHa WINGの概要とWo[…]

 

ConoHa WINGのメリット・デメリット

 ConoHa WINGのメリット

  • サーバー料金が比較的安い
  • サイト表示速度が国内最速
  • プランによって独自ドメインが2つまで永久無料
  • 超大手のGMOが運営していて安心
  • 管理画面が使いやすく、初心者にもわかりやすい

 ConoHa WINGのデメリット

  • 大手が運営しているものの、新しいサーバーのため利用者が少ない
  • 無料モニター期間がない

 

お得に簡単にWordPressブログを始めたい!」という初心者〜中級者におすすめです。

 

\最速サーバーを使うならConoHa WING/

ConoHa WING

 

③:高機能でコスパ最強の「mixhost」

高機能でコスパ最強の「mixhost」
高機能でコスパ最強の「mixhost」

 

 mixhostの概要

運営会社アズポケット株式会社
お試し期間30日間返金保証
初期費用無料
月額料金968円〜
各種プラン・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
・ビジネスプラス
プラン変更上位プランに変更可
独自ドメイン対象ドメイン永久無料(12ヶ月以上契約時)
自動バックアップ過去14日分
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン無制限
WP簡単移行あり
サポートメール対応
運用サイト数非公開
公式サイトmixhost

 

mixhost は、まだ新しいサーバー会社なので、そのぶん最新の設備や最新の技術を使っています。

とにかく高速な動作環境に新しい通信技術へ迅速に対応しています。

 

2019年の日本マーケティングリサーチ機構による調査では

  • アクセス処理速度満足度
  • 表示スピード満足度
  • アフィリエイター&ブロガー満足度

といった3部門で1位を獲得したレンタルサーバーです。

 

mixhostの詳細と申し込みは以下の公式サイトをご覧ください。

mixhost

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

関連記事

悩んでいる人 「ブログを始めるのにレンタルサーバーが必要なんだけど、mixhostってどんなサービスなの?」   こんな悩みにお答えします。 この記事では、mixhostの概要とWordPressを[…]

 

mixhostのメリット・デメリット

 mixhostのメリット

  • 高速表示HTTP/3を日本初対応
  • バックアップ、データ復旧共に0円
  • プラン変更が可能
  • 初期費用が無料
  • アダルト系にも対応

 mixhostのデメリット

  • まだ新しいので歴史が浅く信頼性の蓄積という意味ではイマイチ
  • 電話での問い合わせが不可

 

費用を抑えつつ、最新で高機能なサーバーを使いたい人、またはアダルト系サイトを運営したい人におすすめです。

 

\最新で高機能なサーバーが使いたいならmixhost/

mixhost

 

④:最も低コストの「ロリポップ!」

最も低コストの「ロリポップ!」
最も低コストの「ロリポップ!」

 

 ロリポップ!の概要

運営会社GMOペパボ株式会社
お試し期間10日間
初期費用1,650円〜
月額料金220円〜
各種プラン・ライト
・スタンダード
・ハイスピード
・エンタープライズ
プラン変更上位プランに変更可(お試し期間を除く)
独自ドメイン有料
自動バックアップ過去7回分(申し込みが必要で有料300円/月)
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン100〜無制限
WP簡単移行あり
サポート電話/メール/チャット対応
運用サイト数170万件
公式サイトロリポップ!

 

ロリポップ! は、値段の安さからも初心者にかなりおすすめできるレンタルサーバーです。

 

また、WordPressが60秒で設定できる「WordPress簡単インストール機能」を搭載しているほか、レンタルサーバー稼働率99.9%という高い安定性に加え、24時間365日電話やメールでサポートを受けられます。

 

2021年の日本マーケティングリサーチ機構による調査では

  • WordPress利用者満足度
  • コストパフォーマンス満足度
  • 使い続けたいレンタルサーバー

といった3部門で1位を獲得したレンタルサーバーです。

 

ロリポップの詳細と申し込みは以下の公式サイトをご覧ください。

ロリポップ!

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

関連記事

悩んでいる人 「ブログを始めるのにレンタルサーバーを探しているのですが、ロリポップってどんなサービスなの?」   こんな悩みにお答えします。 この記事では、ロリポップの概要とWordPressを始め[…]

 

ロリポップのメリット・デメリット

 ロリポップのメリット

  • WordPressがたったの60秒で設置可能
  • 満足度94%のサポートで24時間365日すぐに解決
  • 超高速の新プラン「ハイスピード」がリリース
  • 20周年を迎えて170万人以上が利用している安心感
  • 豊富なプランによる低コスト

 ロリポップのデメリット

  • エックスサーバーやmixhostに乗り換えた。という声が多い(※ハイスピードプランで改良)
  • 自動バックアップが有料なので、結局メリットの「安さ」があまり際立たなくなる

 

続くかどうか分からないなら「値段が安い」というのは初心者にとってかなり大きなメリットです。

 

\低コストではじめたいならロリポップ!/

ロリポップ!

 

⑤:最老舗・最安値の「さくらのレンタルサーバ」

最老舗・最安値の「さくらのレンタルサーバ」
最老舗・最安値の「さくらのレンタルサーバ」

 

 さくらのレンタルサーバの概要

運営会社さくらインターネット株式会社
お試し期間14日間
初期費用1048円〜
月額料金524円〜
各種プラン・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
・ビジネスプロ
・マネージド
プラン変更なし
独自ドメイン有料
自動バックアップバックアップ&ステージング(設定する必要がある)
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン200〜無制限
WP簡単移行あり
サポート電話/メール対応
運用サイト数45万件
公式サイトさくらのレンタルサーバ

 

さくらのレンタルサーバ は、国内で歴史と実績のあるレンタルサーバーであり、コスパ重視でサイト運営したい方やブログ初心者におすすめのサービスです。

 

さくらのレンタルサーバの詳細と申し込みは以下の公式サイトをご覧ください。

さくらのレンタルサーバ

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

さくらのレンタルサーバのメリット・デメリット

 さくらのレンタルサーバのメリット

  • WordPreeの導入やステージング機能をはじめ、多機能でありながらプレミアムでも月額1,571円
  • 国内にデータセンターがあり、停電や地震時にも安定して稼働できるように対策を取っているため、安定して稼働してくれる

 さくらのレンタルサーバのデメリット

  • プラン変更ができないため、変更するなら一度解約して再度申し込む必要がある
  • 大量に同時アクセスが発生する場合(数百〜数千など)プランによっては動作が安定しない場合がある

 

\最老舗で安価なさくらのレンタルサーバー/

さくらのレンタルサーバ

 

⑥:地域別バックアップ対応の「ColorfulBox(カラフルボックス)」

地域別バックアップ対応の「ColorfulBox(カラフルボックス)」
地域別バックアップ対応の「ColorfulBox(カラフルボックス)」

 

 カラフルボックスの概要

運営会社株式会社カラフルラボ
お試し期間30日間
初期費用無料
月額料金528円〜
各種プランBOX1〜BOX8
プラン変更すべてのプランに変更可
独自ドメイン有料
自動バックアップ過去14日分
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン無制限
WP簡単移行あり
サポート電話/メール/チャット対応
運用サイト数非公開
公式サイトカラフルボックス

 

カラフルボックス は比較的新しいレンタルサーバーですが、高性能で安くてコスパが良いのでイチオシです。

 

他とは違う特徴としては、地域別自動バックアップ機能を標準搭載していることです。

 カラフルボックスの特徴

  • 東京のサーバーを使用している→大阪のサーバーにバックアップ
  • 大阪のサーバーを使用している→東京のサーバーにバックアップ

といった形で、どちらかで災害がおこっても、確実に復旧できるようになっています。

 

また、スピードへのこだわりや、初期費用が基本的に無料であること、アダルトOKなどのメリットも多いです。

 

カラフルボックスの詳細と申し込みは以下の公式サイトをご覧ください。

カラフルボックス

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

関連記事

悩んでいる人 「ブログを始めるのにレンタルサーバーを探しているのですが、カラフルボックスってどんなサービスなの?」   こんな悩みにお答えします。 この記事では、カラフルボックスの概要とWordPr[…]

 

カラフルボックスのメリット・デメリット

 カラフルボックスのメリット

  • 地域別バックアップで災害の多い日本でも安心して利用できる
  • 料金が比較的安い。(基本的に初期費用は0円)
  • アダルト、出会い系に対応している
  • 最先端の技術が取り入れられている
  • 過去14日分を無料で自動バックアップしてくれる

 カラフルボックスのデメリット

  • まだ新興サーバーなので、運用実績はイマイチ
  • 月528円の最安プランではさすがに遅い

 

災害に強い、最新のサーバーを求めている人におすすめです!

 

ColorfulBox(カラフルボックス)

 

⑦:GMOが運営する中間サーバーの「Heteml(ヘテムル)」

GMOが運営する中間サーバーの「Heteml(ヘテムル)」
GMOが運営する中間サーバーの「Heteml(ヘテムル)」

 

 ヘテムルの概要

運営会社GMOペポバ株式会社
お試し期間15日間
初期費用無料
月額料金1,100円〜
各種プラン長期契約ほどお得
プラン変更なし
独自ドメイン有料
自動バックアップ過去14日分
WPインストール/独自SSLあり/無料
マルチドメイン無制限
WP簡単移行あり
サポート電話/メール対応
運用サイト数非公開
公式サイトヘテムル

 

ヘテムル は、GMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーでして、本記事でも紹介している「ロリポップ!」や「ムームードメイン」も提供しています。

ヘテムルの特徴としては、月額1,100円〜で超高速を追求したレンタルサーバーです。

個人的には「ConoHaWING」と「ロリポップ!」の間かなと思います。

 

全体的に高機能ですし、価格も安いのですが、

  • 高機能がいいなら「ConoHaWING」で良い
  • 安くおさえたいなら「ロリポップ!」で良い

といった感じで、全体的にどっちつかずの印象です。

 

ヘテムルの詳細と申し込みは以下の公式サイトをご覧ください。

ヘテムル

※ 上記リンクをクリックすると、公式サイトにアクセスできます。

 

ヘテムルのメリット・デメリット

 ヘテムルのメリット

  • 必要機能は全て備わっている
  • 料金が比較的安い方

 ヘテムルのデメリット

  • これといった特徴がない

 

「ConoHaWING」と「ロリポップ!」の間を求めている人におすすめです。

 

ヘテムル

 

おすすめのレンタルサーバー7選を徹底比較

おすすめのレンタルサーバー7選を徹底比較
おすすめのレンタルサーバー7選を徹底比較

 

ここまで、おすすめレンタルサーバー7社について詳しくご紹介してきました。

ここからは、各機能や性能をいろんな角度から比較していこうと思います。

 

①:サーバースペックとコスパで比較

 

レンタルサーバーを比較する際には、いろんな切り口があります。

まずは「サーバースペック」と「コスパ」に大別してどちらに重視しているのかを見ていきましょう。

 

大別表は以下のとおりです。

● サーバースペック重視

  • エックスサーバー
  • ConoHa WING
  • mixhost
  • ヘテムル

● コスパ重視

  • ロリポップ!
  • さくらのレンタルサーバ
  • カラフルボックス

 

サーバースペック重視 (4社比較)

 サーバースペック重視に向いている人

  • アクセス重視のサイトを作りたい
  • サイトの表示速度が少しでも速い方が良い
  • サーバースペック重視で安定性を重視する

 

サーバースペック重視で選ぶなら、以下の4社を選べばOK。

 

コスパ重視 (2社比較)

 コスパ重視に向いている人

  • 不便でない範囲であればスペックを追求しない
  • 5万PV以内のサイトを作る予定
  • とにかくコスパ重視で安い方が良い

 

コスパ重視で選ぶなら、以下の3社を選べばOK。

こちらの3社は月額500円程度で始めることが出来るほど安価ですが、月間数千〜数万PVくらいのWEBサイトやブログがストレスなく動くレベルです。

 

②:月額料金で比較

 

レンタルサーバーの月額料金については、下記のとおりです。

● 安い

  • ロリポップ!
  • さくらのレンタルサーバ
  • カラフルボックス
  • ConoHa WING
  • mixhost
  • エックスサーバー
  • ヘテムル

● 高い

 

以下の表を見ても分かるとおり「ロリポップ!」が最も安く「ヘテムル」が最も高いといえます。

プラン月額料金
エックスサーバースタンダード990円〜
mixhostスタンダード968円〜
ヘテムルベーシック1,100円〜
ConoHa WINGベーシック828円〜
カラフルボックスBOX1528円〜
さくらのレンタルサーバスタンダード524円〜
ロリポップ!ライト220円〜

料金設定の差については、通常のブログやWEBサイトの運営において「低額なら良い・高額なら良い」という話ではありません。

 

③:無料の独自ドメインで比較

 

ご紹介してきた7社には、独自ドメインを無料で提供してくれるところもあります。

独自ドメイン(無料)
エックスサーバーあり
ConoHa WINGあり
mixhostあり
ロリポップ!あり(条件あり)
さくらのレンタルサーバなし
カラフルボックスなし
ヘテムルなし

一般的にはレンタルサーバーの契約と同時に独自ドメインの取得が必要になります。

なかでも「エックスサーバー」や「ConoHa WING」、「mixhost」はサーバー契約と同時に独自ドメインを無料で受け取ることができます。

 

無料で受け取れないレンタルサーバーの場合は、以下のような有名ドメイン取得サービスを利用して購入します。

 

④:無料のお試し期間で比較

 

ご紹介してきた7社の中には、無料お試しを受けられるサービスがあります。

無料お試し期間
エックスサーバー10日間
ConoHa WINGなし
mixhostなし(30日以内の返金制度あり)
ロリポップ!10日間
さくらのレンタルサーバ14日間
カラフルボックス30日間
ヘテムル15日間

 

「ConoHaWING」以外は無料お試し期間が適用されますが、「mixhost」は正式には無料お試し期間ではありませんが、30日以内であれば返金してくれる制度を採用しています。

 

無料お試し期間では実際にサーバーを利用して、以下のようなことを確かめることができます。

  • 表示速度
  • 管理画面の使いやすさ
  • サポートの対応

 

表示速度などはサイト開設後にある程度の記事数を投稿してみないとなかなか判断できないため、無料お試し期間はできるだけ長めの方がおすすめ。

 

dots
無料お試し期間中にキャンセルすれば、利用料金はかかりませんので、ぜひ利用してみましょう。

 

⑤:管理画面の使いやすさで比較

 

ご紹介してきた7社の管理画面の特徴を比較してみましょう。

管理画面特徴
エックスサーバー2つの管理画面

  • Xseverアカウント
  • サーバーパネル
2つのログイン画面でログイン情報が異なる
ConoHa WING1つの管理画面シンプルでわかりやすい
mixhost2つの管理画面

  • マイページ
  • cPanel
cPanelを触れる場合は少し難しい
ロリポップ!1つの管理画面1画面でわかりやすいが、ドメイン取得時に別アカウント登録が必要
さくらのレンタルサーバ2つの管理画面

  • 会員
  • サーバコントロールパネル
初めて触れる場合は、少し戸惑うかもしれない
カラフルボックス1つの管理画面初めて触れる場合は少し難しい
ヘテムル1つの管理画面シンプルでわかりやすい

>> スマホの方はスクロールできます

 

各レンタルサーバーの管理画面については個人差が出てきますが、どれも操作性に関して言えば問題ないレベルです。

どこのサーバーを使うにしても初めは慣れるまでに時間がかかりますが、慣れてしまえば特に問題なく利用できます。

 

⑥:ストレージの種類や容量で比較

 

ストレージについては、SSDを搭載しているサーバーが優位です。

ディスクの種類ディスク容量
エックスサーバーSSD300GB〜
ConoHa WINGSSD300GB〜
mixhostSSD250GB〜
ロリポップ!SSD100GB〜
さくらのレンタルサーバHDD100GB〜
カラフルボックスSSD150GB〜
ヘテムルSSD200GB〜

 

SSDを搭載しているサーバーはデータの読み取りや処理速度が早いので、サイトが高速になる一因となります。

 

ディスク容量については、

多い

  • エックスサーバー・ConoHa WING
  • mixhost
  • ヘテムル
  • カラフルボックス
  • ロリポップ
  • さくらのレンタルサーバ

少ない

の順となっています。

ただし7社ともに100GB以上あるので1,2サイトの運用であれば、それほど気にする必要もありません。

 

⑦:転送容量制限で比較

 

転送量とは、Webサイトを閲覧する際に通信するデータや、サーバーにファイルをアップデート・ダウンロードする際に発生するデータが該当します。

そして転送容量制限はこれらのデータ量の制限になります。

 

ここでは、転送容量制限について比較してみましょう。

転送容量制限
エックスサーバー900GB/日〜
ConoHa WING27TB/月〜
mixhost18TB/月〜
ロリポップ!100GB/日〜
さくらのレンタルサーバ160GB/日〜
カラフルボックス6TB/月〜
ヘテムル160GB/日〜

※ 上記の数値は目安です。

 

転送容量制限については、

高い

  • エックスサーバー・ConoHa WING
  • mixhost
  • カラフルボックス
  • さくらのレンタルサーバ・ヘテムル
  • ロリポップ!

低い

の順となっています。

 

ただし通常規模のサイト運営をする人にとっては、あまり関係ないので気にしなくてもいいかもしれません。

それに、各サービス十分に高いので問題ありません。

 

⑧:途中のプラン変更で比較

 

今回ご紹介してきた7社の中には、途中のプラン変更に適応しないサービスもあります。

プラン数プラン変更
エックスサーバー3種類月単位で上位プランに変更可
ConoHa WING3種類すべてのプランに変更可
mixhost4種類上位プランに変更可
ロリポップ!4種類上位プランに変更可(お試し期間を除く)
さくらのレンタルサーバ5種類不可
カラフルボックス8種類すべてのプランに変更可
ヘテムル2種類不可

 

プラン変更の適応度でいうと

  • 「ConoHa WING・カラフルボックス」は、途中で上位・下位プランへの変更が可能です。
  • 「エックスサーバー・mixhost・ロリポップ」は、上位プランのみ変更が可能です。
  • 「さくらのレンタルサーバ・ヘテムル」のみプランの途中変更ができません。

の順になります。

 

⑨:サポートサービスで比較

 

各社サポートサービスは、基本的に備わっています。

メールサポート電話サポート
エックスサーバーありあり
ConoHa WINGありあり(チャットあり)
mixhostありなし
ロリポップ!ありあり(チャットあり)
さくらのレンタルサーバありあり
カラフルボックスありあり(チャットあり)
ヘテムルありあり

 

mixhostのみ電話サポートがありません。

 

7社ともにメールサポートはあるので基本的に問題ありませんが、メールが苦手・電話が良いという方は、mixhostには注意してください。

 

⑩:運用サイト数・稼働実績で比較

 

運用サイト数・稼働実績は、以下のとおりです。

運用サイト数稼働実績
エックスサーバー200万件長い(2003年〜)
ConoHa WING非公開比較的短い(2013年〜)
mixhost非公開短い(2016年〜)
ロリポップ!170万件長い(2001年〜)
さくらのレンタルサーバ45万件最も長い(1996年、2004年〜)
カラフルボックス非公開短い(2018年〜)
ヘテムル非公開長い(2005年〜)

 

これまでの比較した点を考慮すると、性能面では後発参入の「ConoHa WING・mixhost・カラフルボックス」は老舗4社「エックスサーバー・ロリポップ・さくらのレンタルサーバ・ヘテムル」をリードしている感があります。

一方「エックスサーバー・ロリポップ・さくらのレンタルサーバ・ヘテムル」は「ConoHa WING・mixhost・カラフルボックス」よりも稼働実績が10年以上長いので、市場シェアも大きくネットや本にも多く掲載されているというメリットがあります。

 

レンタルサーバーの導入方法

レンタルサーバーの導入方法
レンタルサーバーの導入方法

 

ここまでの詳細情報をもとにレンタルサーバーを決められた方は、実際に導入してみましょう。

 

 レンタルサーバーの導入方法

  1. レンタルサーバーを選ぶ
  2. レンタルサーバーを申し込む
  3. レンタルサーバーにログインする
  4. WordPressの設定(簡単インストール機能)
  5. WordPressでブログを始める

それでは、順番に解説していきます。

 

手順①:レンタルサーバーを選ぶ

 

まず「料金プラン、ストレージ、機能性」を比較し、利用するレンタルサーバーを選択します。

 

上記の7社から選べばOKです。

 

手順②:レンタルサーバーを申し込む

 

続いて、選択したレンタルサーバーに申し込みます。

(ここでログインIDやパスワードも同時に設定します。)

 

手順③:レンタルサーバーにログインする

 

先ほどの申し込み時に設定したログインIDとパスワードを使用してレンタルサーバーにログインします。

 

管理画面からは、

  • アカウントの管理
  • 契約情報の確認
  • SSLの設定
  • メール設定
  • ドメイン設定
  • プランの変更
  • サイトの各種設定
  • WordPressの設定

といったことが行えます。

 

手順④:WordPressの設定(簡単インストール機能)

 

続いて各レンタルサーバーが提供するWordPress機能を使ってWordPressをインストールします。

基本的に1クリックで完了することがほとんどですが、中にはレンタルサーバーの契約手続きと同時に設定できる場合があるので、ぜひ利用しましょう。

 

例えば、エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」機能を利用すると契約完了と同時にWordPressブログが始められます。

参考記事:WordPressブログの始め方【初心者でも最短10分の作り方】

 

手順⑤:WordPressでブログを始める

 

WordPressが設定できたら、いよいよブログが始められます。

ブログの運営方法は「完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】」にて詳しく解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

 

レンタルサーバー利用時の注意点

レンタルサーバー利用時の注意点
レンタルサーバー利用時の注意点

 

ここまで、さまざまなレンタルサーバーをご紹介していきましたが、レンタルサーバーを設定する際に注意することがあります。

 

 レンタルサーバーの注意点

  1. オーバースペックになってはいけない
  2. とにかく安ければ良いわけではない
  3. サイト移行するならバックアップは必須

 

注意点①:オーバースペックになってはいけない

 

個人ブログを運営するのであれば、容量や転送量の大きなプランにわざわざ申し込む必要はありません。

中には途中でプラン変更できないものもありますが、ほとんどのレンタルサーバーは上位プランへの変更はできるのでブログやWEBサイトの成長に合わせてプランを変えるようにしましょう。

 

注意点②:とにかく安ければ良いわけではない

 

ブログやWEBサイトの運営費用といえばサーバー代なので極力安くしたいのは分かりますが、安さを追求しすぎて安定性や機能性を見落としてはいけません。

もしもブログやECサイトを作って稼ぐことも考えているのであれば、なおさら格安サーバーに関してはよく検討しましょう。

● おすすめの格安レンタルサーバー7選を徹底比較!メリットとデメリットも解説

 

唯一費用がかかるレンタルサーバーだからこそ、安定性や機能性を重視してほしいです。

レンタルサーバーで失敗しないためにも運用するブログやWEBサイトの規模や成長を考慮して選びましょう。

 

注意点③:サイト移行するならバックアップは必須

 

他社のレンタルサーバーからWordPressやサイトを移行する際には、データ情報が消えないように必ずバックアップを取ってからサイトの移行を行いましょう。

また、引越し先のレンタルサーバーで「サイト引越し代行サービス」を行なっている場合があります。

 

私は無料ブログからの移行なので!という方は、下記の記事も合わせてどうぞ。

● 無料ブログからWordPressに移行する方法を分かりやすく解説

 

おすすめレンタルサーバーまとめ(総合評価)

おすすめレンタルサーバーまとめ(総合評価)
おすすめレンタルサーバーまとめ(総合評価)

 

ここまでご紹介してきたレンタルサーバーを総合評価していきたいと思います。

個人的な評価にもなってしまいますが、参考にしていただければ幸いです。

 

基準としては

❶ 個人に限らず法人も利用できる

❷ 独自ドメインが設定できる

❸ WordPressインストールが簡単

❹ 管理画面が分かりやすい

❺ ユーザーから人気がある

といったことを踏まえて総合評価します。

 

1位:利用者国内No.1の「エックスサーバー

2位:国内最速の「ConoHa WING

3位:高機能でコスパ最強の「mixhost

4位:地域別バックアップ対応の「カラフルボックス

5位:最も低コストの「ロリポップ!

6位:最老舗・最安値の「さくらのレンタルサーバ

7位:超高速を追求した「ヘテムル

上記を参考にしつつ、レンタルサーバーを選んでいただければ幸いです。

なお、1番イチオシがエックスサーバーで一番イマイチなのがヘテムルというわけではございません。

 

「おすすめレンタルサーバー」に関するよくある質問

「レンタルサーバー」に関するよくある質問
「レンタルサーバー」に関するよくある質問

 

最後に、おすすめレンタルサーバーに関するよくある質問にお答えします。

 

Q1:レンタルサーバーを途中で変更したい

 

可能です。

 

しかし、サーバー移行に慣れていない初心者は失敗する可能性があります。

失敗した場合、サイトがホワイトアウトして全く見れない状態になってしまいますので、簡単移行機能や移行代行サービスを完備しているレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

 

Q2:ディスク容量は気にした方がいい?

 

それほど気にしなくてOKです。(ブログの場合)

 

今回ご紹介してきたレンタルサーバーは、それぞれ100GB以上のスペックがありますが、実際に使用しているのは10GBほどです。

 

Q3:レンタルサーバーのデータ転送量とは?

 

転送量は、WEBサイトを安定して表示するためには重要な指標です。

 

転送量の目安としては「最低でも30GB/日以上・最低でも1TB/月以上」を目安にしてみましょう。

 

Q4:レンタルサーバーとドメインは同じ会社で契約した方がいい?

 

自由です。

 

レンタルサーバーがA社、ドメインがB社でも問題ありません。

ただし、同じ会社で契約した方が設定や管理がしやすいと思います。

 

Q5:レンタルサーバーが決められない

 

当ブログも利用している「エックスサーバー 」を選んでおけば間違いないです。

 

ちょっと押し売りしているように感じますが、間違いなく安定しているうちのひとつです。

関連記事:WordPressブログの始め方【初心者でも最短10分の作り方】

 

まとめ:レンタルサーバーはおすすめの中から選ぼう!

レンタルサーバーはおすすめの中から選ぼう
レンタルサーバーはおすすめの中から選ぼう

 

今回は、WordPressに対応しているおすすめレンタルサーバー7社の比較と解説をしてきました。

どのスペックも十分なので、あとは好みのサーバーを選ぶのみです。

 

本記事でご紹介したおすすめレンタルサーバーをおさらいしましょう。

上記のどれを選んでも失敗することはないので安心してください。

現在、レンタルサーバーでWordPressを開設するのは驚くほど簡単です。

 

レンタルサーバー契約後の初期設定

 

当ブログでは、レンタルサーバー契約後の初期設定などについても特集しています。

 

レンタルサーバーには複数のWordPressが設置可能

 

本記事でご紹介しているレンタルサーバーは、1契約で複数のドメインを利用できます。

よって複数のWordPressをインストールし、複数サイトを1つのレンタルサーバーで運用することが可能なのです。

 

なお、エックスサーバー では独自ドメインが永久無料で1つと、16種類のドメインが1年間無料で使えるので、サブで試験運用してからメインブログに反映させるなど用途はさまざまです。

 

また、各レンタルサーバーの無料お試し期間を活用しつつ、検討していきましょう。

 

\ ブログの始め方の続きを読もう /

※クリックするとブログの始め方に戻ります。

 

というわけで、

今回は「おすすめレンタルサーバー7選を徹底比較【WordPress対応】」をまとめてみました。

スポンサーリンク

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。