150を超える、ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

ブログに目次は必要?おすすめプラグインや作り方を解説【メリットあり】

悩んでいる人
「ブログに目次を入れる必要性ってある?目次を入れるにはどうすればいいの?」

 

こんな悩みにお答えします。

 

この記事では、ブログに目次を作る方法やおすすめのプラグインをご紹介します。

 

 本記事の内容

  • ブログに目次を入れるメリット
  • ブログに目次を作る方法
  • ブログの目次におすすめのプラグイン
  • 目次を効果的に使うコツ

 

結論をいってしまいますと、ブログに目次は必要です。なぜなら、記事を読んだ人がその内容をひと目で把握できるからです。

 

特に長文記事の場合、目次があった方が読者は読みたい部分にアクセスしやすくなるため、読者ファーストやSEOの面を考えれば、あった方がいいに決まってます。

 

しかし、WordPress初心者であれば、目次の作り方がわからないという方も多いと思います。

 

目次の設置を検討している方は、この記事を最後まで読んで、読者にもSEOにも良い影響を与える記事に仕上げましょう。

 

※ これからブログを作ろうとしている人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

>> THE・THOR(ザ・トール)

 

ブログの目次とは

ブログの目次とは
ブログの目次とは

 

ブログの目次とは、記事内の「見出し」が書かれた順に並べ、リスト化したものです。

 

特にブログ記事などのWebページにおいては、目次をリンクにすることができるため、クリックすると目的の箇所まで移動するナビゲーションの機能を持たせることができます。

 

▽(例)この記事の目次はこんな感じです▽

目次
目次

 

ブログに目次を入れるメリット4つ

ブログに目次を入れるメリット4つ
ブログに目次を入れるメリット4つ

 

ブログに目次を入れるには、具体的にどのようなメリットがあるのか、イマイチわからない方もいると思います。

 

ブログに目次を入れるメリットは、下記の4つです。

 

 目次のメリット4つ

  1. ページに書かれている内容を把握できる
  2. 読みたい部分にアクセスできる
  3. 検索結果に表示されることがある
  4. 実際に読者は目次をクリックしている

 

つまり、ブログの目次は、読者にとって便利で役に立つ機能だということです。

 

最近の検索エンジンは、ユーザビリティを重要視しているので、ブログに目次を設置することによりSEO効果も期待できます。

 

メリット①:ページに書かれている内容を把握できる

 

Web記事は、雑誌や書籍と違い、すべての文章にしっかりと目を通す読者はほとんどいません。

 

ネットで検索する人のほとんどは「今すぐ知りたい情報を探している」ので、その記事に「何が書いてあるのか」をひと目で把握できた方が良いのです。

 

Googleの検索エンジンは、読者の満足度が高いページをより検索上位にあげるようにしています。

 

下に向かってスクロールしていかないと何が書いてあるのかわからない記事よりも内容が瞬時に把握できる記事のほうが「良質な記事」だと判断される傾向があります。

 

とはいえ、目次を入れたからといって、検索順位が急激に改善されるわけではありません。ただSEOの面で良い影響があるのは間違いありませんし、ユーザビリティ(読者の使い勝手や満足度)の改善にもつながるので、できる限り目次を入れるようにしましょう。

 

メリット②:読みたい部分にアクセスできる

 

目次があれば、読者は目次をクリックして、読みたい部分にアクセスできます。

 

読者は記事のすべてを読みたいわけではないですし、特に長文ページですと、どこに自分が求める情報があるのかを探すのは至難の業です。

 

文章が長すぎると、途中で離脱してしまう可能性が高まりますので、読者がストレスなく求める情報にアクセスできることが、目次を入れるもっとも大きなメリットです。

 

メリット③:検索結果に表示されることがある

 

実は目次が検索結果に表示されることもあります。

 

Googleで特定のキーワードを検索した際に、1ページ目の最上部に表示される「強調スニペット = 検索0位」を目にしたことはありませんか?

 

目次は、簡潔に記事の内容がまとめられているため、強調スニペットに表示されやす傾向があります。

 

強調スニペットに表示されるためにも、目次を設置しておきましょう。

 

>> 強調スニペットとは?【表示方法や種類も解説します!】

 

メリット④:実際に読者は目次をクリックしている

 

ブログの目次は読者にしっかりとクリックされています。

 

確認方法として「ヒートマップツール」を使うとわかりますが、目次がいかに利用されているかがわかりますよ。

 

これを見て、僕は目次が必要不可欠だと感じました。

 

ただし、中には短い文章や見出しがない記事もありますので、その場合は不要です。

 

ブログに目次を作る3つの方法

ブログに目次を作る3つの方法
ブログに目次を作る3つの方法

 

それでは、実際にブログに目次を作っていきましょう。

 

今回ご紹介する方法は3つです。

 

  1. 目次プラグインを活用する
  2. 手動で目次を作成する
  3. テーマの標準機能を使用する

 

方法①:目次プラグインを活用する

 

一般的によく利用されているのが、プラグインを使って目次を入れる方法です。

 

ブログといっても様々な種類がありますが、もしあなたのブログがWordPressならば、プラグインを入れるだけで簡単に目次を生成できます。

 

中でももっとも多く利用されているプラグインが「Table Of Contents Plus」です。

 

新規記事はもちろん、既存の記事にもすべてに反映させることができます。

 

h2・h3などの見出し構造を判定し、記事に自動的に表示してくれます。

 

まず、WordPressのプラグイン検索画面から「Table Of Contents Plus」を検索します。

 

「Table Of Contents Plus」を検索
「Table Of Contents Plus」を検索

 

プラグインを見つけたら、「今すぐインストール」をクリックします。

 

「今すぐインストール」をクリック
「今すぐインストール」をクリック

 

インストール中…」に切り替わります。

 

「インストール中...」
「インストール中…」

 

インストールが完了したら「有効化」をクリックします。

 

「有効化」をクリック
「有効化」をクリック

 

有効化できたら、目次を自動で作ってくれる設定にしていきましょう。

 

管理画面「設定」→「TOC+」をクリックしてください。

 

管理画面「設定」→「TOC+」をクリック
管理画面「設定」→「TOC+」をクリック

 

下記のように設定をしておきましょう。

 

目次を自動で作ってくれる設定

目次をスクロールさせたい場合

「設定を更新」をクリック
「設定を更新」をクリック

 

最後に必ず「設定を更新」をクリックして完了です。

 

これで、記事を作成すれば、自動的に目次が生成されます。

 

方法②:手動で目次を作成する

 

プラグインを使用せずに手動で目次を入れるには「HTML」の知識が必要になります。

 

手動で行うメリットとしては、WordPressへの負担を軽減させる効果があります。

 

手動で目次を作成する場合は、以下の手順で行いましょう。

 

まず、テキストエディタで、目次を作ります。例えば、見出しが3つの場合で作成してみましょう。

 

テキストエディタ
テキストエディタ

 

次に見出しを、h2タグを使って追加していきます。

 

見出しが3つの場合で作成
見出しが3つの場合で作成

 

追加した見出しにリンクを設定していくのですが、まずh2の見出しに「id」を追加し、名前をつけます。

 

h2の見出しに「id」を追加
h2の見出しに「id」を追加

 

名前をつけたら、今度は目次にリンクを入れます。

リンクを入れるには「liタグ」の中の文字を「aタグ」で囲んで「href」に先ほどつけた「id」を「#」をつけて入力します。

 

目次にリンクを入れる
目次にリンクを入れる

 

あとは、目次をボックスで囲んだり、デザインCSSで変更すれば、しっかりした目次になります。

 

目次をボックスで囲んで完成
目次をボックスで囲んで完成

 

方法③:テーマの標準機能を使用する

 

テーマによってはプラグインを使用しなくても、最初からデフォルトで目次機能が備わっていることが多いです。

 

例えば、当ブログが使用するWordPressテーマ「THE・THOR(ザ・トール)」にも、最初から「目次の表示機能」が搭載されています。

 

投稿画面で「目次」の項目を選択します。

 

「目次」の項目を選択
「目次」を選択

 

プレビュー画面で確認すると、以下のように表示されています。

 

プレビュー画面
プレビュー画面

 

スタイリッシュな感じで、h2とh3で階層を分けて表示してくれるので、デフォルトの設定でも十分に目次として機能します。

 

テーマを入れるだけで、ここまでデザインを整えてくれるのは便利ですよね。強いて言うならば、1クリックで完了です。

 

他にも、目次機能を搭載したテーマはたくさんあるので、こちらの記事から探してみてください。

>>【SEOに強い】WordPressテーマおすすめ9選【無料版+有料版】

 

当ブログのデザインが気になる方は、THE THOR(ザ・トール)の評判レビューと口コミまとめ【WordPressテーマ】を参考にどうぞ!

 

目次を効果的に使用するコツ5つ

目次を効果的に使用するコツ5つ
目次を効果的に使用するコツ5つ

 

目次はただ設置すればいいものではありません。読者に便利に活用していただくために工夫が必要です。

 

ここからは、目次を効果的に使用するコツについて解説します。

 

 目次を効果的に使用するコツ5つ

  1. 目次は常に「開く」にしておく
  2. 目次は短すぎず、長すぎずを意識する
  3. 目次で内容が分かるようにする
  4. 見出しは1行におさめるようにする
  5. 読者の目を惹く魅力的な目次にする

 

コツ①:目次は常に「開く」にしておく

 

せっかくブログに目次を設置したものの、デフォルトで「閉じる」に設定してしまっている方がたくさんいますが、もったいないです。

 

繰り返しになりますが、目次はクリックされるものなので、読者にとって便利なものだと意識して常に「開く」に設定しておくことをおすすめします。

 

コツ②:目次は短すぎず、長すぎずを意識する

 

目次は、短すぎず、長すぎずを意識して調整しましょう。

 

あまりにも長い目次にしてしまうと、読者からすれば読む気を失いやすい可能性があります。

 

とはいえ、逆に短すぎるくらいなら目次は必要ありません。

 

目次は、短くても3項目以上、長くても9項目程度でおさえるのがおすすめです。

 

コツ③:目次で内容が分かるようにする

 

目次を読んだだけで記事に内容がわかるような見出し構成を意識しましょう。

 

構成の順序をよく練り、読者にわかりやすく伝わるように論理的に展開させましょう。

 

ちなみに、僕が他人の記事を読む際にも、目次から見るようにしています。目次である程度の文章力がわかります。

 

そのくらい目次というのは、重要な要素なのです。

 

コツ④:見出しは1行におさめるようにする

 

見出しの文字数が長すぎた場合、スマホの表示で改行されやすくなり、読みづらくなります。

 

読みづらいのは、単純に読者にストレスを与えてしまうので、よくありませんね。

 

改行しないくらいの長さで、要点を上手くついた見出しを作りましょう。

 

コツ⑤:読者の目を惹く魅力的な目次にする

 

目次は記事の冒頭に設置するもののため、読者のほとんどが目次を目にすることになります。

 

つまり、目次が魅力的でなければ離脱の可能性が高まってしまいます。

 

目次を魅力的にする工夫としては、

 

  • 数値を入れて見やすくする
  • シンプルでわかりやすくする
  • キーワードを含める

 

など、読んでもらえる工夫を施しましょう。

 

まとめ:ブログに目次を作るなら、プラグインがおすすめ!

ブログに目次を作るなら、プラグインがおすすめ!
ブログに目次を作るなら、プラグインがおすすめ!

 

今回は、ブログに目次を作る方法やおすすめのプラグインをご紹介してきました。

 

結論をあらためて言うと、手軽に設定するならプラグインの使用がおすすめです。

 

自分で設定したい方やSEOに強いWordPressテーマを導入したい方は、それでいいのですが、この先テーマを変える可能性があったりする場合は、1から設定の見直しも必要になるので気をつけましょう。

 

プラグインであれば、自動で目次を生成してくれますし、テーマやデザインが変わっても影響はありません。

 

簡単に目次を入れるなら、本記事でご紹介したプラグイン「Table Of Contents Plus」をぜひ使ってみてください。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

  • ブログをこれから始める人は、以下の記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討してみてくださいね。

 

というわけで、

今回は「ブログに目次は必要?おすすめプラグインや作り方を解説【メリットあり】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。