ブログ記事をリライトする理由と方法を徹底解説【SEOを意識しよう】

 
悩んでいる人
「ブログの検索順位を伸ばすには、リライトを繰り返す必要があるみたいですが、どのようなことをしているのか教えてください。」

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、ブログをリライトする理由や方法について解説します。

 

 本記事の内容
  • ブログ記事のリライトとは
  • ブログ記事をリライトする3つの理由
  • ブログ記事をリライトする方法

 

今回は「ブログの検索順位が上がらない!」と悩んでいる中級者向けの内容です。

 

過去記事を全面的に見直すことで、検索順位が上がるので、収益もUPするかもしれません。

 

 
ある程度のブログ運営に慣れてきたら、この記事を参考にしつつリライトしてみましょう。

 

ちなみに、リライトは自分の好きなタイミングでOKです。むしろ、リライトせずして検索順位は上がりませんし、収益も上がりません。

 

※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

ブログ記事のリライトとは

ブログ記事のリライトとは

 

リライトとは、過去に投稿した記事の文章や画像を見直して、読者がより読みやすいように、見やすいように追記したり書き換えることです。

 

つまり、読者の利便性を考慮した良いコンテンツへとブラッシュアップする作業のことです。

 

ブログをリライトすることは、SEO効果を高めるほか、PV数の拡大にも期待できます。また、サイトを成長させるために欠かせないのがリライトでもあります。

 

リライトによるSEO効果とは

 

リライトすることで、検索エンジンから再評価されて特定のキーワードにおける該当記事の検索順位が変動します。

 

ただし、リライトした記事の再評価が悪く検索順位が下がってしまう場合やリライト前と評価が変わらない場合もあります。

 

 
SEOで評価を得るためには、ユーザビリティを意識した質の高い記事に書き換えましょう。

 

リライトのタイミング

 

リライトをするタイミングは、ブログがある程度蓄積してからでOKです。

 

当ブログは、100記事に近づいたタイミングでリライトしましたが、自分がリライトしたいと思ったタイミングでいいと思っています。ご提案するならば、初心者の方はブログ全体のコンテンツ量が充実してからをおすすめします。

 

というのも、ブログコンテンツが不足していると、ブログに対する読者の満足度が低くなってしまうため、リライトの効果を検証できません。

 

効果的にブログを改善していくためにも、ブログがある程度完成したタイミングでリライトに取り掛かりましょう。

 

ブログ記事をリライトする3つの理由

ブログ記事をリライトする3つの理由

 

ここからは、なぜリライトする必要があるのかを詳しく解説します。

 

<リライトする理由3つ>

  1. 検索順位を上げる
  2. 誘導したいページへの遷移率を上げる
  3. 古くなった情報を更新する

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:検索順位を上げる

 

まずは、狙ったキーワードでの検索順位を上げることです。

 

上位表示されたら読者の目に止まりやすくなり、アクセスが上がります。

 

アフィリエイトをしていたり、自分のサービスを告知している人は、収益UPが見込めます。

 

検索順位を上げるための対策をSEO(検索エンジン最適化)と呼んでいて、リライトではSEOを意識した取り組み方が重要なポイントになります。

 

初心者向けのSEOチェックリストを作成したので、ぜひ時間のあるときに確認してみてください。

>>【初心者向け】SEO対策チェックリスト48項目

 

そもそもSEOについてよく知らないよ!という人は、SEO対策とは?【知っておくべきことを徹底解説!】にて詳しく解説していますので、しっかり理解してみてください。

 

 
記事を公開して上位表示されなくても、諦めず何度もリライトしつつ上位表示を目指しましょうね!

 

②:誘導したいページへの遷移率を上げる

 

続いては、サイト運営で1番目的となるCV(広告のクリック数やサービスの成約)を上げることです。

 

CVを上げるには、遷移率と呼ばれる「読者が1つのページから別のページに移動した割合」の改善が必要になります。

 

具体的には、読者が1記事だけ読んで離脱してしまうのは非常にもったいないので、関連記事を内部リンクとして設置することでサイト内を移動しやすくすることです。

 

最終的に1番誘導したいページ(商品のお申込みページなど)に導けるような対策を行います。

 

最終的に誘導したいページへ導くことを「CVR(コンバージョン率)」といいます。

 

③:古くなった情報を更新する

 

最後は、古い情報を新しい情報に書き換えることです。

 

古い情報は読者に「間違った知識を与えてしまう」可能性があるため、定期的に見直しが必要です。

 

例えば、紹介していた商品が終了していた場合は、新商品の紹介や代替品の紹介をするなど、ユーザーに最新の情報を提供できるようにします。

 

間違った情報のままだとブログの信頼性が下がりますので、変化のあった情報は早めに新しい情報に修正し、不要な情報は削除することを心がけましょう。

 

ブログ記事をリライトする方法

ブログ記事をリライトする方法

 

ここからは、実際にリライトする方法について解説します。

 

記事数が増えると全ての記事をリライトするのは難しいので、1番上位表示を狙える記事からリライトしていきましょう。

 

<リライトする方法>

  1. 検索順位を調べる

  2. 古い情報を更新するためのリライト

  3. コンバージョン率を上げるためのリライト

  4. リライト後の効果を検証する

  5. Googleアナリティクスでアクセス数を確認する

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:検索順位を調べる

 

まずは、リライトするべき記事を適切に選ぶことが大切です。

 

記事の検索順位によってリライトの内容も変わってきますので、はじめに調べましょう。

 

検索順位を調べる方法としては、

 

  1. RankTrackerを使用する方法
  2. Googleサーチコンソールを使用する方法

 

があります。

 

1:Rank Trackerを使用する方法

Rank Trackerを使用する方法

 

検索順位を調べるためのツールとしておすすめなのが、Rank Tracerです。

 

ブロガーの中でも神ツールと言われているほど、検索順位を調べることに特化しています。

 

Rank Trackerについては、SEO検索順位チェックツール、Rank Trackerとは【GRCと比較してみた】にて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

2:Googleサーチコンソールを使用する方法

 

もう1つは、Googleサーチコンソールでサイトの検索順位を確認する方法です。

 

「検索パフォーマンス」の「検索結果」から、検索キーワードごとに、ランクインしている記事の「クリック数」「表示回数」「CTR(クリック率)」「平均掲載順位」を確認することができます。

 

Googleサーチコンソールについては、Googleサーチコンソールの設定方法と使い方を解説【ブログ運用改善には欠かせない】にて詳しく解説しています。

 

Google検索で地道にサイトの検索順位を数える方法は、非効率なのでやめましょう。

 

②:古い情報を更新するためのリライト

 

古い情報の更新を目的とするリライトは、記事内容を追記したり書き直したりします。

 

とはいえ、すべての記事をリライトするわけではなく、検索順位によって「リライトした方が良い記事」と「リライトしなくていい記事」があります。

 

リライトした方が良い記事

 

リライトした方がいい記事は、検索順位が1位から100位までの記事です。

 

記事の順位が100位より低い場合は、記事がコンテンツとしてほとんど評価されていないと思ってOKです。

 

そのため、一旦100位以下の記事はリライトをせずに、ほかに効果が出る可能性の高い記事を優先的にリライトしましょう。

 

リライトは順位に応じて変わる

 

リライト方法は、記事の順位に応じて変わります。

 

これらは、上位表示の記事をもとに分析した結果から解説します。

 

 1位

 

検索順位で1位を獲得した記事は、Googleに1番評価されているので、リライトする必要はありません。

 

ただし、古い情報があれば、ほかの記事よりも優先して新しい情報にリライトしましょう。

 

 2位〜5位

 

検索順位で2位〜5位にある記事は、検索順位をどうしてもあげたい記事以外は、ほかの記事を優先させましょう。

 

というのも、上位表示されている記事は、Googleが十分検索結果にマッチしている記事だと評価しているからです。

 

ライバルサイトの記事はドメインパワーの影響などで、どれだけほかの記事をリライトしても上位表示できないことがあります。

 

なので、記事を量産してドメインパワーをあげるなどに徹した方が費用対効果が高まります。

 

 6位〜50位

 

6位〜50位くらいまでの記事は、Googleから検索キーワードの意図にマッチした内容だと認められています。

 

より検索意図に合うようにコンテンツを充実させる」ことを主としたリライトをしていきましょう。

 

検索順位が低いのは、記事のコンテンツ量が少なかったり、検索意図に答えきれていないことが原因だと考えられますので、しっかりリライトすれば上位表示が見込めます。

 

<具体的な対策>

  • オリジナリティを充実させる
  • 検索意図にマッチした内容に改善する

 

 51位〜100位

 

51位〜100位くらいまでの記事は、リライトする価値がある記事だといえます。

 

順位が上がらない理由としては、記事の内容が不十分か、ドメインパワーが低いことが考えられます。

 

③:コンバージョン率を上げるためのリライト

 

コンバージョン率を上げることを目的とするリライトが必要です。

 

コンバージョン率を上げるためにリライトした方が良い記事

 

コンバージョン率を改善させるためにリライトする記事は、アクセスを集めていて改善結果がわかるものです。

 

1位〜20位までの記事は、コンバージョン率改善のためのリライトの対象となります。

 

21位以降の記事は対象とせず、検索順位を上げることに集中しましょう。

 

具体的な改善内容

 

1位〜20位までの記事は、積極的にコンバージョン率の改善を行いましょう。

 

<具体的な改善内容>

  • 最新の情報に更新する
  • 文章のテンポを意識する
  • 記事内に画像を入れる
  • 関連記事のリンクを追加する
  • 検索キーワードを再検討する

 

④:リライト後の効果を検証する

 

リライトをして終わりではありません。

 

対策が正しかったのか、リライトの目的を達成できたのかを検証しましょう。

 

検索順位のためのリライトであれば、検索順位がどう変わったのか確認し、記事の遷移率を高めるためのリライトなら、それぞれのページのPV数の変化やユーザーの滞在時間の変化などを確認します。

 

SEO効果が出ない場合は、ユーザーの検索意図や競合調査、不足しているコンテンツの追加や不要なコンテンツの削除などを検討する必要があります。

 

 
リライトのコツが掴めてくると、ほかの記事にも応用できるようになります。

 

ただし、リライトした記事を検索エンジンが再評価し、検索順位に反映されるまでに2週間ほどかかることが多いです。

 

⑤:Googleアナリティクスでアクセス数を確認する

 

記事のアクセス数や滞在時間は、アナリティクスを使って確認できます。

 

※ アナリティクスは、Googleが提供する無料ツールです。

 

確認方法については、Googleアナリティクスの導入方法と使い方を解説【アクセス数を確認しよう】にて詳しく解説しています。

 

ブログ記事をリライトする際の留意点

ブログ記事をリライトする際の留意点

 

最後に、ブログをリライトする際の留意点をご紹介します。

 

新記事を作成する際の留意点でもありますが、リライトを行う際にも以下のポイントを抑えることで記事の評価が大きく変わります。

 

リライトに失敗した原因を明らかにする

 

リライトに失敗した場合は、原因を明らかにして別の方法に切り替える必要があります。

 

※ リライトの失敗は、検索順位が下がったり、アクセス数やクリック率が下がった場合を指しています。

 

<失敗例>

リライトによって検索キーワードと記事の整合性が下がってしまったり、過剰なSEO対策を行なってしまうケースが多いです。

 

このような記事は、Googleスタッフが目視で確認して悪質だと判断したときに「手動ペナルティ」を受けて検索結果に表示されなくなります。

 

検索してきたユーザーにとって本当にほしい情報となっているか、改めてチェックしてみましょう。

 

リライトは目的を持って取り組む

 

リライトをする際には、目的を持って取り組みましょう。

 

とくに「上位表示する優先度は高いのか?」「目標の順位は明確なのか?」を意識する必要があります。

 

ちなみに、記事を書くときもリライトするときもキーワードを意識できないと厳しいです。

 

キーワード選定については、SEOキーワード選定の方法を4ステップで解説【検索上位を狙うコツ】にて詳しく方法を解説しています。

 

リライトは1回で終わらない

 

リライトは1回では終わりません。

 

2、3回目で上位表示できることもあります。

 

<リライトの流れ>

  • 記事公開
  • 1ヶ月経過・検索順位チェック
  • リライト(1回目)
  • 1ヶ月経過・検索順位チェック
  • リライト(2回目)
  • 1ヶ月経過・検索順位チェック
  • リライト(3回目)

 

都度、順位がしっかり上がっているかを確認することが大切です。

 

重複ページではないか確認する

 

重複ページが存在すると、ユーザーの利便性が低下して検索エンジンからの評価もされづらくなってしまいます。

 

重複ページは1つの記事にテーマを統合してリライトするようにしましょう。

 

その際に最も評価の高いページに301リダイレクトすることで、評価が高まりやすくなります。

 

また、低品質ページが削除されることも評価の向上につながります。

 

WordPressで301リダイレクトする方法は、WordPress(ワードプレス)でリダイレクトする方法を解説【SEO評価を引き継ぎます】にて詳しく解説しています。

 

著作権に気をつける

 

著作権とは、知的所有権の1つでして、自己の著作物の複製や放送などを独占する権利のことです。

 

他人の著作権を侵害すると、損害賠償や訴訟になる可能性もあり、記事のライティングを行う際に必ず気をつけなくてはならないポイントです。

 

原稿に引用文を使いたい場合は、どこからどこまでが引用なのかが分かるように明確に区別して、必ず引用元を記載するようにしましょう。

 

 
画像やイラストにも著作権があるので、規約を守ってフリー素材を有効活用したり、不安なら許可を得てから使用するようにしましょう。

 

まとめ:SEOを意識するならリライトは必須です

SEOを意識するならリライトは必須です

 

今回は、リライトをする理由や方法について解説してきました。

 

リライトは、3つの目的を意識して改善しましょう。

 

  1. 検索順位を上げる
  2. 誘導したいページへの遷移率を上げる
  3. 古くなった情報を更新する

 

改めて記事の書き方を見直したい方は、ブログ記事の書き方と構成について解説します【記事が書けるようになる!】にて再確認してみてください。

 

というわけで、

今回は「ブログ記事をリライトする理由と方法を徹底解説【SEOを意識しよう】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪