【超簡単】SEOキーワードの正しい選び方【基礎知識】

  • 2021-04-13
  • SEO
  • 49view
 
悩んでいる人
「SEOキーワードって重要なの?収益に大きく影響するならしっかり理解しておきたいので、詳しく教えてください。」

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、SEOキーワードの選び方からSEO最適化されたタイトルの作り方、さらには必須ツールについて解説します。

 

 本記事の内容
  • SEOキーワードの正しい選び方
  • SEOキーワードを選定する方法
  • SEO最適化されたタイトルの作り方とは
  • SEO最適化に必須なツール

 

※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

≫ THE THOR(ザ・トール)

 

SEOキーワードの正しい選び方

SEOキーワードの正しい選び方

 

①:ロングテールキーワードを狙う

 

ロングテールキーワードとは、細かいキーワードのことです。

 

一般的には、検索されるキーワードの80%はロングテールキーワードと言われています。

 

例えば [ブログ SEO キーワード] などで検索することです。

 

②:ロングテールキーワードを狙う理由

 

ビッグキーワードの訪問者数に対して、ロングテールキーワードの訪問者数は少ないです。

 

しかし、コンバージョン率が上がります。

 

初心者には、あまり関係のない話ですが、目安としてコンバージョン率は3%と言われています。

 

SEOキーワードを選定する方法

SEOキーワードを選定する方法

 

ここではざっくりと説明しますが、より詳しく知りたい方は、SEOキーワード選定の方法を4ステップで解説!【検索上位を狙うコツ】をご覧ください。

 

①:検索されそうなキーワードを確定する

 

例えば [プログラミング] というキーワードをターゲットにします。

 

[プログラミング学習] といったキーワードを狙ってもいいですが [プログラミングスクール] と検索するユーザーの方が購入に近いので、まずは [プログラミングスクール] から攻めていきます。

 

考えられる検索ユーザーは下記です。

 

  • プログラミングスクールで検索する人
  • プログラミング学習サービスを探している
  • プログラミングを学びたい人

 

②:キーワードプランナーでキーワード調査をする

 

キーワードプランナーにアクセスして [プログラミング スクール] と入力します。

 

キーワードプランナーでキーワード調査をする

 

検索結果をExcelにまとめます。

 

検索結果をExcelにまとめます

 

Excelのみによるキーワード整理でも良いのですが、より詳細なキーワード整理をする場合はマインドマップを使うと便利です。

 

もしくは、キーワードをカテゴリ別に分ける際にサブツールとしてkeysearch Betaがおすすめです。

 

keysearch Betaがざっくりのカテゴリ分けをしてくれます。

 

③:キーワードごとに検索ユーザーと記事内容を考える

 

例えば [プログラミング スクール オンライン] の場合で考えてみます。

 

検索ユーザー:複数のオンラインスクールサービスを比較して、自分にあったサービスを探したい。
記事内容:複数のオンラインスクールサービスが簡単に比較できる情報を掲載する。

 

上記のような考え方で、検索ユーザーを設定した後に記事内容を構成していきます。

 

そうすると、下記のようなタイトル案が見えてきます。

 

タイトル案:【プログラミング】オンラインスクールサービス比較まとめ【20選】
 

④:派生キーワード記事を作成する

 

プログラミングオンラインスクール関連の記事がすべて完成したら、プログラミング学習といったキーワードも狙っていきましょう。

 

手順はすべて同じです。

 

詳しくは、SEOキーワード選定の方法を4ステップで解説!【検索上位を狙うコツ】にて分かりやすく丁寧に解説しています。

 

SEO最適化されたタイトルの作り方とは

SEO最適化されたタイトルの作り方とは

 

①:ターゲットキーワードを含める

 

例えば [プログラミング スクール] というキーワードを狙うなら、タイトルには [プログラミング スクール] のキーワードを入れましょう。

 

②:タイトルタグの文字数は32文字にする

 

検索結果には、32文字までしか表示されません。

 

厳密には32文字を超えて表示される場合もありますが、基本的には32文字で考えてOKです。

 

③:ターゲットキーワードはタイトルの前半に含める

 

例えば [プログラミング スクール] というキーワードを狙うなら [プログラミング スクール] というキーワードをタイトルの前半に含めましょう。

 

④:クリック率が高くなるタイトルにする

 

クリック率をあげるには、下記のような単語を使用しましょう。

 

  • 『理由』
  • 方法
  • 数字
  • なぜ
  • 0円
  • 無料
  • 僕でもできた』『あなたでもできる
  • まとめ
  • ◯◯選
  • 限定
  • 比較
  • 失敗しない
  • 返金保証
  • 質問
  • ヒント

 

上記のようなキーワードを入れると良いでしょう。

 

SEOキーワードについては、ブログで適切なSEOキーワードの入れ方とは【超重要】にて詳しく解説しています。

 

SEO最適化に必須なツール

SEO最適化に必須なツール

 

SEOツールとかで調べると「50選」とか出てきますが、誰がそんなに使うんじゃって話ですよね。

 

当ブログが使っているアクセス解析ツールは以下のものです。

 

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • キーワードプランナー
  • ランクトラッカー

 

Googleアナリティクス

 

Googleアナリティクスでは、全体的なアクセス解析をします。

 

今月のデータと先月のデータを比べて、どれくらい数値が変わったのか、なぜ数値が変わったのか、数値を伸ばすための仮説はどうなるかを確認しましょう。

 

Googleアナリティクスを使っていない方は、Googleアナリティクスの導入方法と使い方を解説【アクセス数を確認しよう】にて詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

 

Googleサーチコンソール

 

Googleサーチコンソールでは、流入キーワードを確認します。

 

どういったキーワードで訪問者が訪れたのか、検索結果でのクリック率はどれくらいなのかを確認しましょう。

 

検索結果でクリック率が低かったら、タイトルかディスクリプションに問題があると思います。

 

Googleサーチコンソールを使っていない方は、Googleサーチコンソールの設定方法と使い方を解説【ブログ運用改善には欠かせない】にて詳しく解説していますので、チェックしてみてくださいね。

 

キーワードプランナー

 

キーワードプランナーでは、SEOキーワード設計をします。

 

検索されやすいキーワードなどを洗い出しましょう。

 

 
キーワード設計のないブログは、ゴールのないマラソンのようなものです。

 

RankTracker (ランクトラッカー)

 

Rank Tracker(ランクトラッカー)は、キーワードの検索順位を計測するツールのことです。

 

Windowsユーザーなら「GRC 」が推奨です。

 

Macユーザーには「Rank Tracker(ランクトラッカー)」がおすすめです。

 

上記ツールの比較については、SEO検索順位チェックツール、Rank Trackerとは【GRCと比較してみた】にて詳しく解説しています。

 

まとめ:SEOキーワード選定は意外と簡単だけど面倒

SEOキーワード選定は意外と簡単だけど面倒

 

今回は、SEOキーワード選定について解説してきました。

 

知識がなかっただけに、理解した今は簡単だと思っているのではないでしょうか。

 

ただし、キーワード選定ができても記事のクオリティが低いと意味がありません。

 

結局は、読者に向き合ってコンテンツ作りしていくことが最善の方法です。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「【超簡単】SEOキーワードの正しい選び方【基礎知識】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪