Googleアナリティクスの導入方法と使い方を解説【アクセス数を確認しよう】

 
悩んでいる人
「WordPressブログでアクセス数の分析がしたいのですが、Googleアナリティクスの使い方がよくわかりません。導入方法から教えてください。」


こうした悩みにお答えします。


この記事では、「Googleアナリティクス」の導入方法から使い方まで全て解説します。

 本記事の内容
  • Googleアナリティクスの導入方法

  • Googleアナリティクスの使い方

  • Googleアナリティクスでアクセス数の確認方法



Googleアナリティクスは、基本は無料でありながら非常に高機能なツールで、サイト運営に必須のツールといっても過言ではありません。


それは、アナリティクスの機能が多く、何の機能でどんなデータを見たらいいのかわからず、戸惑ってしまうほどです。



 
Googleアナリティクスはが使えるようになると、ブログの改善に役立ちますので、この記事をしっかり読んでアクセス解析を始めましょう。

 

※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。



それでは、さっそく見ていきましょう。

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

Googleアナリティクスとは


Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。


後に説明するように有料版もあるのですが、基本的には無料版でOKです。


Googleアナリティクスでは、登録したサイトのユーザーの行動に関するデータがわかります。


例えば、「サイトの訪問者数はどれくらいか」「訪問者はどこから来たのか」「使われたデバイスはスマホかパソコンか」などのデータを計測することができます。



なお、データ計測のためにはトラッキングコードと呼ばれるJavaScriptのコードをページに組み込みます。


ユーザーがページにアクセスするとこのコードが実行されてGoogleのサーバーにデータが蓄積され、それをGoogleアナリティクスで計測しています。


上記のデータをチェックすることで、自分のサイトの良い点や悪い点も確認できます。

2.Googleアナリティクスの導入方法

Googleアナリティクスの導入方法


Googleアナリティクスのブログへの設置は、アナリティクスのアカウントを作成し、ブログへアナリティクスのコードを設置する必要があります。


▼Googleアナリティクスの設定は以下の通りです。

  1. Googleアカウントの作成
  2. アナリティクスアカウントの作成
  3. WordPressへのアナリティクス設置
  4. Google Search Consoleとの設定

 

①:Googleアカウントの作成


Googleアナリティクスの使用には、Googleアカウントが必要なため、まずはGoogleのアカウントから作成します。
※すでにアカウントを持っている方は、読み飛ばしていただいて問題ありません


▼Googleアカウントを作るには、Googleのログインページで右上の「アカウントを作成する」をクリックし、「名前・メールアドレス・パスワード」を入力して、「次へ」をクリックします。


Googleアカウントを作成するには、電話番号認証が必要なため、SMS(ショートメール)が受信可能な電話番号を入力して「次へ」をクリックします。


▼入力した電話番号宛に「G- 」から始まる「6桁の確認コード」がSMS(ショートメール)に送信されていますので、入力して「確認」をクリックします。


▶︎Googleのアカウント規約を読んで「同意する」をクリックすると、Googleアカウントの作成が完了します!

 

②:アナリティクスアカウントの作成


続いてアナリティクスのアカウントを作成していきます。


ここでは分析したいサイトのURLなどを入力し、トラッキングコードと呼ばれるタグを取得します。


このトラッキングコードをページのHTMLに設置し、それが読み込まれることで、Googleアナリティクスでデータを計測できるようになります。


▼アナリティクスのアカウント作成ページにアクセスし、「アカウント名(ブログ名)」を入力してページ下部の「次へ」をクリックします。


▼アクセスを測定する対象は「ウェブ」を選択します。それから「次へ」をクリックします。


▼「ブログ名」「ブログのURL」「最も近いジャンル」「日本」を入力したうえで「作成」をクリックします。
※URLが 「https:// 」で始まる場合は、左側のメニューで「https://」を選択しましょう。


▼Googleアナリティクスの利用規約が表示されますので、「日本」を選択して規約に目を通してチェックを2つ入れた上で「同意する」をクリックします。



▶︎「トラッキングID」や「グローバルサイトタグ」などのコードが表示されているページが表示されれば、アナリティクスのアカウント作成は完了します!



ここまでで、ひとまずお疲れ様です。


次にアナリティクスのトラッキングコードをブログに設置する方法を説明します。

③:WordPressへのアナリティクス設置方法


WordPressへの設置方法は、「プラグインを使用する方法」とテーマに直接コードを書き込む方法」があります。


直接コードを張り付ける方法よりも、プラグインを使った方法が、設定も早く簡単ですので、最初に説明します。

<プラグインを使用する方法>

ブログへアナリティクスの設置ができるプラグインとして「All in One SEO Pack」というプラグインを利用します。

▼まずは、プラグイン「All in One SEO Pack」をインストールします。


▼プラグインを「有効化」すると、プラグインの一覧ページに移動するので、All in One SEO Packの「SEO設定」をクリックします。


▼一度アナリティクスに戻り、「UA- 」から始まるトラッキングIDをコピーします。


▼「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、「Googleアナリティクス」の項目までスクロールして、先ほどコピーしたトラッキングIDを貼り付けます。


▶︎ページ下部の「設定を更新」をクリックすると、All in One SEO Packを利用したアナリティクスの設定が完了します!



アナリティクスが正常に設置できているのかを確認するには、自分のブログを開いた状態でアナリティクスの「アクティブユーザーのリアルタイム」を見てみましょう。


数字が表示されていれば正常に設置できています。

<テーマに直接コードを書き込む方法>

▼トラッキングコードを直接貼り付ける方法では、グローバルサイトタグ(トラッキングコード)を利用しますので、現在表示されている以下のようなトラッキングコードを全選択コピーします。

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-176913145-1″></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag(‘js’, new Date());

gtag(‘config’, ‘UA-*********’);
</script>


▼続いて、WordPressのダッシュボードを開き、サイドメニューの「外観」から「テーマエディター」をクリックします。
※テーマを直接編集することで、サイトが崩壊してしまい、最悪の場合、ページが崩れてアクセスできなくなる可能性があります。そのためサーバーからファイルをバックアップしたうえで作業しましょう。


▼テーマエディターの右側にあるメニューから「テーマヘッダー(header.php)」をクリックします。
※ここから先は、先ほどのトラッキングコードを貼り付ける以外に、テキストを編集しないように気をつけてください。もし、どこか触ってしまったと思った場合、保存することなく一度ダッシュボードに戻ってやり直せばOKです。


▼テーマヘッダー(header.php)のコードの中から「</head>」と記述されている部分を見つけ出し、その直前にコピーしたトラッキングコードを貼り付けます。

▶︎トラッキングコードを設置し、ページ下部の「ファイルを更新」をクリックすると、ブログとアナリティクスの連携が完了します。

 

④:Google Search Consoleとの設定


Google Search Console(以下サーチコンソール)をアナリティクスと連携してさらに詳しいアクセス解析が可能になります。


▼アナリティクスの設定は、すべて画面左下の「管理」から行います。

・アナリティクス:主にサイトに訪れた後の行動を解析します。

・サーチコンソール:主にサイトに訪れる前の行動を解析します。

 

「サーチコンソール」と「アナリティクス」の連携

▼サーチコンソールとの連携は、「プロパティ設定」をさらにスクロールし、「Search Consoleを調整」をクリックします。


▼「追加」をクリックします。


アナリティクスとは別のページが開き、連携可能なサイトが表示されますので該当のブログを選択し「保存」をクリックします。


▼サーチコンソールの画面に移動しますが、画面を消して問題ありません。


▶︎アナリティクスの設定ページに戻り、一度ページを更新するとサーチコンソール が追加されていますので、設定を保存して完了です。
 

3.Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスの使い方


ここまでの設定で、アナリティクスはかなりの精度でアクセス解析ができるようになりました。


▼ここからは、アナリティクスの基本的な使い方を解説します。

  1. ユーザーの属性を解析
  2. ユーザーの流入元を解析
  3. ユーザーの行動を解析
  4. データの期間設定

 

①:ユーザーの属性を解析


ブログの運営で、ユーザーの属性(性別や年齢)を知ることは非常に重要です。


なぜなら、ターゲットに応じたアプローチをする際に、参考にするからです。


ユーザー属性を調べるには、アナリティクスの左側のメニューから「ユーザー」をクリックし、表示されたメニューの中から「ユーザー属性」をクリック、さらに「概要」を選択します。



 
グラフをもとに、自分のブログにはどんなユーザーが訪れているのかを確認しましょう。

 

②:ユーザーの流入元を解析


ここでは、ユーザーの流入元(外部からの流入や、内部リンクでの移動)を調べる方法を解説します。


ユーザーがどこから自分のブログに来たのかという「流入元」を把握することで、SEO対策やSNSの強化について方針がたてやすくなりますよね。


例えば、SEOでのアクセスよりSNSのアクセスが多ければ、SNSのアクセスを伸ばすか、SEO対策を見直すかの判断をするきっかけになるでしょう。


ナリティクスの左側のメニューから「集客」をクリックし、表示されたメニューの中から「概要」を選択します。



概要では、どのように集客しているのか、グラフやデータで調べられます。

③:ユーザーの行動を解析


ユーザーの行動では、記事ごとのページビュー数や直帰率などのデータを調べられますので、記事のリライトや導線の見直しなどに役立てられます。


例えば、アクセスはあるもののそのページでコンバージョンが発生しない場合には、直帰率が高かったりページ滞在時間が短かったりする可能性があります。


これらの分析をするのが、アナリティクスのユーザー行動です。


ユーザー行動は、アナリティクスの左側のメニューから「行動」をクリックし、表示されたメニューの中から「概要」を選択して表示します。
 

 キーワードがいくつか出てきますので、簡単に説明します。

ユーザー(UU)

ユーザーとは、ブログへの訪問者のことです。何人のユーザーが訪れたかを測定します。サイトを何回見たではなく、何人という計算です。

セッション

ユーザーが測定期間中にサイトにきた回数です。これは同じ人であってもサイトを訪れるたびに回数が増えていきます。

たとえば、ブログに1人が5回ブログに訪れたら、ユーザー1、セッション5と表示されます。

ページビュー数

ユーザーがページを閲覧した回数です。セッションはブログ全体へ1回アクセスしたら1増えて、ページビューはその中でページを見るたびに増えていきます。

直帰率

直帰率は、1ページだけみてすぐにページを離脱した場合の割合です。ユーザーを他のページへ誘導できていないことがわかります。

離脱率

離脱率は、ユーザーがブログを離れる最後のページ(離脱ページ)になった割合です。最後にみてHPから完全に離れたときの割合です。
各ページの離脱率=該当ページでの離脱数(離脱したビュー数)÷該当ページ全体のページビュー数

 

④:データの期間設定


アナリティクスは、データの期間を絞って計測したり、期間比較をすることができます。


アナリティクスの管理画面の右上の方に、期間が出ていますので、それをクリックすると期間設定ができます。


比較をする場合は、比較にチェックを入れると比較したい期間を指定できます。

4.Googleアナリティクスでアクセス数の確認方法

Googleアナリティクスでアクセス数の確認方法


Googleアナリティクスを使用してアクセス数の確認や、訪問してきたユーザーの解析方法を説明します!

ブログ全体に対するアクセス数を確認する方法


まずはブログへの全体のアクセス数を確認します。


左側の「ユーザー」を選択し、「概要」をクリックするとアクセス状況が表示されます。


▼ここで項目の意味を理解しましょう!

ユーザー数

ユーザー数は、同一端末を使ってブログを訪問した人の数です。同一人物でも、端末が異なればそれぞれ1ユーザーとしてカウントされます。


例えば、スマホとパソコンなど、異なる端末からアクセスした場合には2ユーザーとなります。同一人物は1ユーザーとして数えられます。

ページビュー数

ページビュー数は読者がページを表示した回数のことです。


ページを読み込むごとにPV数が増えるため、1人の読者がトップページを見てから次のページに移動した場合のPV数は、2とカウントされます。

セッション数

セッション数とは、読者がブログを訪問した回数です。訪問してから別のサイトに移動するまでを1セッションと数えます。


1度訪問したら、何ページ読んでもセッション数は1回です。別のブログに移動して、また戻ってきてくれた場合、セッション数は2回です。


日付が変わる、操作が行われない状態で30分以上経過すると、リセットされ1回としてカウントされます。ユーザー数は何度訪れても1回ですが、セッション数は一定時間が経つと2回になります。

平均セッション時間

ブログに滞在した時間の平均です。それぞれのページでの滞在時間の平均となります。

直帰率

全体のサイト訪問者のうち、何人が1ページ目以外にアクセスせずにサイトを離れたかという割合です。

たとえば、「ブログへの訪問者が5人」で「2人が1ページのみ見てブログを離れた」という場合は、直帰率40パーセント(2÷5=0.4)です。

 

個別のページごとのアクセス数を確認する方法


Googleアナリティクスでは、個別にページごとのアクセス数もチェックできます。


先ほどはサイト全体のデータでしたが、こちらでは各ページのアクセス状況を確認できます。


ページを改善する際に非常に役に立つ解析データなので覚えましょう。


▶︎アナリティクスの左側メニュー「行動」から「サイトコンテンツ」を選び、「すべてのページ」をクリックすると解析結果が表示されます。
 

ページ別訪問数

ページ別訪問数は、同一端末を使ってそのページへ訪問した人の数です。同一人物でも、端末が異なればそれぞれ1ユーザーとしてカウントされます。

平均ページ滞在時間

1つのページでの滞在時間の平均です。


滞在時間が少ない場合は、どうやってそのページに長く留まってもらうか考えるときにとても参考になる数値です。

離脱率

離脱率は、いろいろページを回ってきて最後にユーザーが離れた人数の割合です。

直帰率と似ていますが、考え方が違うので間違わないようにしてください。

他のページよりもそのページの離脱率が高いような状況だと、他のページにはない離脱しやすい原因があるかもしれないので、注意が必要です。

 

ユーザー属性(性別・年齢)の確認方法


これまでは、サイト全体と個別ページのユーザーの動きを見てきましたが、ユーザーの属性(性別や年齢)も確認できます。


性別や年齢を知ることで、ターゲットに応じて記事の内容や訴求ポイントの改善ができるのです。


アナリティクスの左側のメニューから「ユーザー」▶︎「ユーザー属性」▶︎「概要」の順に選択します。



このグラフを基に、自分のブログにはどんなユーザーが訪れているのかを確認します。


まとめ:Googleアナリティクスでアクセス数を確認しよう

Googleアナリティクスでアクセス数を確認しよう


ここまで読んできて、Googleアナリティクスで最低限の機能がわかってきたのではないでしょうか?


今回は、Googleアナリティクスの導入方法から使い方まで解説してきました。


初心者の方は、最初はアクセスがなくて当然だと思ってください。


アナリティクスばかり覗いてしまう人がいますが、アクセスの解析は1週間に1度くらいで、あとはメインのコンテンツ作りに時間を割きましょう。


Googleアナリティクスを使えば、ブログへのアクセス数を簡単に確認できます。


訪問者の特徴や訪問時間、どんな人がどれくらいブログをチェックしているのかもわかります。


今回説明したアクセス解析方法だけでも、改善点がいくつも見つかりますので、解析してみましょうね。

 

当ブログ「dotsBlog」では、副業でブログを始めた方やブログ初心者の方に、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています!


▼ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

あわせて読みたい

  悩んでいる人 「ブログを始めたいと思っているのですが、結局何から始めれば良いのか分かりません。ブログで副業収入を得たいので、稼ぐまでの流れを詳しく教えてください!」 こうした悩みにお答えします。この記事では、ブ[…]


» 完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】


▼また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。
あわせて読みたい

  悩んでいる人 「WordPress(ワードプレス)でブログを始めたいです。簡単に始められる方法はありますか?初心者でもわかるように教えてほしい。」 こうした悩みに答えます。この記事では、初心者でも迷わず、確実に[…]


»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方


というわけで、


今回は「Googleアナリティクスの導入方法と使い方を解説【アクセス数を確認しよう】」をまとめてみました。

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございます

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪