WordPress(ワードプレス)にログインできないときの7つの原因と解決策

 
悩んでいる人
WordPressにログインできていたのに、突然ログインできなくなってしまいました。原因がわかりません。

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、WordPressにログインできないときの原因と解決策を説明します。

 

 本記事の内容
  • WordPressのログイン・ログアウト方法
  • WordPressにログインできないときの7つの原因と解決策

 

WordPressは、通信環境やいつもと違う媒体からのログインをしたときなど、さまざまな要因でログインできなくなる場合があります。

 

今回は、そうした場合の解決策も解説しているので、万一のためにじっくり読んでみてくださいね。

 

 
焦りは禁物です。落ち着いて対応していきましょう!
 
※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。
 
それでは、さっそく見ていきましょう。
 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

WordPressのログイン・ログアウト方法

WordPressのログイン・ログアウト方法

 

まずはじめに、WordPressのログイン・ログアウトの方法を解説していきます。

 

ログイン方法

 

WordPressは、サイトURLの最後に「wp-login.php」をつけることでログイン画面が表示できます。

 

例)

  • https://サイトURL/wp-login.php
  • https://サイトURL/wp/wp-login.php

 

URLに間違いがなければ、以下のようなログイン画面が表示されます。

 

ログイン画面

 

WordPressのインストール」の際に設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインボタンを押せば、以下のような管理画面に切り替わります。

 

管理画面

 

これで、ログインは完了です。

 

「wp-login.php」ではなく「wp-admin」でもログインできますが、ログインできないことが多々ありますので、必ず「wp-login.php」でログインしましょう。

 

〜/wp-login.php」と「〜/wp-admin」のURLの違いは、下記のとおりです。

 

  • ログイン画面のURLは「〜/wp-login.php」
  • 管理画面(ダッシュボード)のURLは「/wp-admin」

 

ログアウト方法

 

管理画面での操作が終えたらログアウトをしましょう。

 

管理画面右上の「こんにちは、〇〇さん」にマウスカーソルを持っていくと、ログアウトが表示されるので「ログアウト」をクリックすれば完了です。

 

ログアウト画面

 

WordPressにログインできないときの7つの原因と解決策

WordPressにログインできないときの7つの原因と解決策

 

WordPressにログインができないときの原因と解決策をご紹介していきます。

 

ログインできない場合の7つの事例は、下記のような感じです。

 

  1. ユーザー名・メールアドレスを忘れた場合
  2. ログイン時のパスワードを忘れた場合
  3. /wp-admin」 でログインしていた場合
  4. Cookieの影響でログインできない場合
  5. 「404 Not Found」が表示される場合
  6. 「500 Internal Server Error」が表示される場合
  7. 「403 Forbidden」が表示される場合
 
1つずつ、解説していきます。
 

①:ユーザー名・メールアドレスを忘れた場合

 

ユーザー名を忘れてもWordPressへ登録しているメールアドレスが分かればログインできるのですが、メールアドレスもわからなくなるとログインできません。

 

そこで自分のメールアドレスがわからなくなった人のために、phpMyAdminというツールを使ってデータベースに登録されているWordPressのユーザー名とメールアドレスを確認する方法を紹介します。

 

今回は、当ブログが利用しているエックスサーバー のサーバーパネル(管理画面)からデータベースを確認します。

 

エックスサーバー のサーバーパネルのログイン画面に行き、IDとパスワードを入力してログインします。

 

サーバーバネルのログイン画面

 

WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

「WordPress簡単インストール」をクリック

 

対象ドメインの「選択する」をクリックします。

 

対象ドメインの「選択する」をクリック

 

MySQLデータベース名」「MySQLユーザー名」「MySQLパスワード」が必要になるのでメモしておきます。

 

「MySQLデータベース名」「MySQLユーザー名」「MySQLパスワード」

 

サーバーパネルに戻って「phpMyAdmin」をクリックします。

 

「phpMyAdmin」をクリック

 

先ほど調べた「MySQLユーザー名」と「MySQLパスワード」を記入して「ログイン」をクリックします。

 

「ログイン」をクリック

 

左側にある文字列から先ほど調べた「データベース名」をクリックします。

 

「データベース名」をクリック

 

左側の1番下にある「wp_users」をクリックします。

 

「wp_users」をクリック

 

user_login/ユーザー名」「user_email/メールアドレス」を確認して完了です。

 

「user_login/ユーザー名」「user_email/メールアドレス」を確認
 

②:ログイン時のパスワードを忘れた場合

 

ログイン時のパスワードを忘れてしまった場合は、ログイン入力欄の下にある「パスワードをお忘れですか?」という文字をクリックします。

 

「パスワードをお忘れですか?」という文字をクリック
 
以下の画面に切り替わりますので「ユーザー名またはメールアドレス」を記入し「新しいパスワードを取得」をクリックします。
 
「新しいパスワードを取得」をクリック
 
ユーザー名かメールアドレスを入力すると、インストール時に登録したメールアドレス宛にパスワードリセットのリンクを含んだメールが送られるので、パスワードを再設定します。
 
パスワードを再設定

 

③:「/wp-admin」でログインしていた場合

 

ログイン画面に「http://サイトURL/wp-admin」でアクセスしていた場合、正しいユーザー名・パスワードでも、突然ログインできなくなる場合があります。

 

その場合は、WordPressのログイン方法のときにも説明しましたが「wp-admin」ではなく「wp-login.php」でアクセスするようにしましょう。

 

④:Cookieの影響でログインできない場合

 

正しいユーザー・パスワードを入力しているにもかかわらず、WordPressの管理画面にログインできないことがあります。

 

その場合の原因として考えられるのがCookieの影響です。

 

Cookie(クッキー)とは、ユーザーの履歴や入力内容などのデータを保存しておく仕組みで、主にネットショップのユーザー履歴の保存やPPC広告のリマーケティングなどで使われています。

 

その場合は、単純に使っているブラウザのCookieからWordPressのドメイン名を削除すればOKです。

 

 

Cookieの削除完了後に再度ログインを試してみましょう。

 

⑤:「404 Not Found」が表示される場合

 

WordPressへログインしようとして「404 Not Found」が表示される場合があります。

 

原因は「WordPressアドレス(URL)」または「サイトアドレス(URL)」を意図せずに誤って変更したためだと考えられます。

 

WordPress管理画面の「設定」→「一般設定」の項目から「WordPressアドレス(URL)」または「サイトアドレス(URL)」を誤って変更すると管理画面へログインできなくなることがあります。

 

WordPress管理画面の「設定」→「一般設定」

 

WordPressアドレス(URL)を修正する方法を説明します。

 

WordPressダッシュボードにログインできない場合、当ブログと同じくエックスサーバー を利用している方は、サーバーパネルから修正してください。

 

サイトアドレス(URL)を確認する方法は、先ほど説明したサーバーパネルからの確認方法をご覧ください。

 

WordPressアドレス(URL)に記載しなければならないURLは、赤枠部分の「サイトURL」になります。

 

赤枠部分の「サイトURL」

 

次に「phpMyAdmin」を使ってデータベースにアクセスしてURLを修正します。

 

サーバーパネルにて「phpMyAdmin」をクリックします。

 

サーバーパネルにて「phpMyAdmin」をクリック

 

「MySQLユーザー名」と「MySQLパスワード」を記入して「ログイン」をクリックします。

 

「ログイン」をクリック

 

wp_options」をクリックします。

 

「wp_options」をクリック

 

siteurl」と「home」に記載されているURLを先ほど調べた正しいURLへ修正していきます。「編集」をクリックして、どちらも同じURLに変更してください。

 

「編集」をクリック

 

URLを先ほど調べた正しいサイトURLに変更したら、右上の「実行」をクリックして完了です。

 

なお、この作業において、他の部分は絶対に変更しないでください。
 
 
最後に「http://サイトURL/wp-login.php」でログインできるか試しましょう!
 

⑥:「500 Internal Server Error」が表示される場合

 

500 internal Server Error」が表示されWordPressへログインできない場合、サーバーやPHPなどに不具合があると考えられます。

 

ブログ初心者の場合は、WordPress本体やデザインテーマ、プラグインを更新したときに500エラーがよく出たりします。

 

これはPHPのバージョンが最新バージョンのWordPressやプラグインに対応していないことが考えられるからです。

 

エックスサーバー のサーバーパネルにログインし「PHP Ver.切替」をクリックします。

 

サーバーパネルにログインし「PHP Ver.切替」をクリック

 

推奨されているバージョンへ変更しましょう。

 

推奨されているバージョンへ変更
 

⑦:「403 Forbidden」が表示される場合

 

403 Forbidden」が表示され、WordPressへログインできない場合、サーバーの契約の期限が切れていないか確認しましょう。

 

エックスサーバー のXserverアカウントにログインします。

 

Xserverアカウントにログイン
 
赤枠部分の利用期限が「期限切れ」と表示されていないか確認してください。
 
利用期限が「期限切れ」と表示されていないか確認


まとめ:原因を見つけたら焦らず対応しよう!

原因を見つけたら焦らず対応しよう!

 

今回は、WordPressにログインできないときの原因と解決策について解説してきました。

 

WordPressへログインできなくなると焦ってしまうと思いますが、必ず原因がありますので1つ1つ試して解決していきましょう。

 

本記事のおさらいをしましょう。

 

<ログインできないときの7つの原因と対策>

  1. ユーザー名・メールアドレスを忘れた場合
    →データベースで確認

  2. ログイン時のパスワードを忘れた場合
    →再発行手続き

  3. /wp-admin」 でログインしていた場合
    →「wp-login.php」でアクセス

  4. Cookieの影響でログインできない場合
    →ブラウザで削除

  5. 「404 Not Found」が表示される場合
    →データベースでURLを確認

  6. 「500 Internal Server Error」が表示される場合
    →PHP Ver.の変更

  7. 「403 Forbidden」が表示される場合
    →サーバーアカウントで確認

 

WordPressへ不正アクセスがあったことでログインできないこともありますので、セキュリティ面も考えておきましょう。

 

 
この記事を参考にして焦らず対応しましょうね!

 

というわけで、

今回は「WordPress(ワードプレス)にログインできないときの7つの原因と解決策」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪