ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

ジブリ作品のメッセージ性を全て紹介します【子供から大人まで感じ方が違う!】

  • 2020-09-18
  • 2021-06-02
  • 生活
  • 1825view
「ジブリ作品を一覧で見せてほしい。あと、各作品のメッセージ性を簡単に教えてほしい。」

 

こうした願いにお答えします。

 

この記事では、ジブリ作品にメッセージ性を添えながら全て一覧にしてみました。

 

<この記事に向いている人>

  • ジブリ作品を一覧にしてほしい
  • どんな作品があるのか興味がある
  • 各作品のメッセージ性が知りたい
  • 週末に見るジブリ作品を探したい

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

ジブリ作品のメッセージ性を全て紹介

ジブリ作品のメッセージ性を全て紹介

 

※ 年表順になっています。

 

風の谷のナウシカ【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 人が生きるためには自然との共存がテーマである。
  • 自然は人間の争いに巻き込まれながらも生きているので、大切にしなくてはならない。
  • 未来の地球を守るために一人一人が地球環境と平和に立ち上がる必要がある。
  • 自然は何も悪くないし、むしろ悲しんでいる。
  • ナウシカこそ現代の女性のようだ。

 

 

天空の城ラピュタ【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 戦争を忘れてはいけないし、戦争は常にどこかで起きている。
  • ラピュタ=核兵器だとしたら、現代に置き換えると…。
  • ロボットが存在する時代がすぐそこまできている。人がどのように生きていくべきなのかを考えさせられる。
  • 過ちだらけの大人よりも子供のほうが世界を救えるのではないかと思ってしまう。
  • 海賊(=悪人)も人の心は必ず持っている。

 

 

となりのトトロ【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 自然との共生について描かれている。
  • 未だかつて見たことのない生物がきっとどこかで暮らしているというロマンがある。
  • 子供の純粋さと成長がよく描かれていて、大人になってクリーンな心を取り戻せる。
  • 子供のような純粋さと素直さがトトロを現し、信じることすらできない大人にはトトロが見えない。
  • 子供にとって親の存在が如何に大きなものなのかが分かる。

 

 

魔女の宅急便【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 世の中は自分が望むようにはなかなか進まない。
  • 成長するということは大人になるための経験である。
  • 素直な心を失うと自分の本当の強み(=魔法)がなくなってしまう。
  • 情熱や信じることを取り戻せば、自分の強みが戻ってくる。
  • 人は特別な力を持っていても、みんな経験することは同じ。目を背いて生きてはいけない。

 

 

火垂るの墓【高畑勲】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 容赦無く戦争の残酷さを感じさせる。
  • 今の生活が何不自由ないことを実感する。
  • 涙を流さずには見られない命の尊さを再認識する。
  • インパクトはあるけれども忘れてはいけないことだし、事実から目を背いてはいけない。
  • どんな時代でも人間の本質は変わらない。

 

 

おもひでぽろぽろ【高畑勲】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 大人になると幼い頃の自分を思い出すことに共感する。
  • 田舎の自然とそこに生きる人々に癒される。
  • 本当の自分探しをしてみようと思う。
  • どこか懐かしさを感じる。
  • 昔を思い出して成長する姿は、今も昔も自分という1人に繋がっているんだと思わせてくれる。

 

 

紅の豚【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 自由を求める男のロマン。
  • 女性設計士のかっこよさ。
  • かっこいいとは、こういうこと。
  • 本当の愛とはこれか。
  • 人は見た目で判断することはできない。
  • どんなに見た目を変えても、真の心は見抜かれてしまう。
  • 情熱とはここまで人を惹きつけて人を巻き込むものなのか。

 

 

海がきこえる【望月智充】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 出会いと物語は一期一会。
  • 学生時代の青春は取り戻せる。
  • 当時の悩みは今思うと大したことのなかったことに気づく。
  • 男にはわからない女性の悩みがある。
  • 後悔しないように学生生活を送ろう。
  • 学生時代のあの子は今どうしているだろう。

 

 

平成狸合戦ぽんぽこ【高畑勲】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 自然破壊が深刻化している現在、自然と共存することも忘れてはいけない。
  • 私たち同様、自然にもそこの暮らしがある。
  • 動物も人間も生きるための行動をしている。生きることはどの世界でも同じこと。
  • 人間以外だって必死である。
  • 人間か、それ以外か。ではなく、人間も、それ以外も。

 

 

耳をすませば【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 好きな人が頑張っている姿に刺激されて焦る気持ち。
  • 青春の清々しい気分にさせられる。
  • 将来への期待と不安、夢と現実、誰もが経験して大人になる。
  • 最後の言葉は驚いたけど、若さ故の愛情表現なのかもしれない。
  • 親が挑戦する姿や家族が協力し合う姿はお手本になる。

 

 

もののけ姫【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 人間の欲は文明も自然も滅ぼす可能性がある。
  • 生きることの意味を教えてくれる。
  • 飯を食わねば戦はできぬ。いや、女の支えがなければ戦はできぬ。
  • 人間と自然が共存すれば平和な世界になる。
  • 自然の恐ろしさは、現実でも人間が敵うことはない。共存を意識する必要がある。

 

 

ホーホケキョ となりの山田くん【高畑 勲】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 家内安全は世界の願い。
  • 日常生活こそ幸せな家族の姿だと思い返す。
  • 家族あるあるに共感する。
  • 家庭のことを気にしなくなる。
  • こんな家族が隣に住んでいたら楽しそう。
  • こんな家庭が憧れるかも。

 

 

千と千尋の神隠し【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 自分の生まれた意味を思い出せ。
  • 資本主義経済社会が作る洗脳からの脱却。
  • 人間は必ず二面性を持っている。二面性を持たずして、この社会のシステムでは生きられない。
  • 子供なら簡単に「変だ」とわかる事がわからない大人たちの姿を垣間見る。
  • カオナシは資本主義経済が生み出した被害者なのか。
  • 名前=生きている意味を奪うシステムは、現実世界でも起きている。

 

本作品については、千と千尋の神隠しでわかる社会問題【考察しました】にて社会問題を照らし合わせています。本編の面白さが倍増しますので読んでみてください。

 

 

ギブリーズepisode2【百瀬義行】

 

スタジオギブリは、スタジオジブリをモデルにした架空のアニメ制作会社です。

そして、スタジオギブリで働くスタッフをギブリーズと読んでいます。

ごく一般人の暮らしの一部をテーマにした短編映画です。

 

<この作品のメッセージ性>

  • リアルすぎて共感する。
  • 独特な世界観がある。
  • どこか癒される。

 

 

猫の恩返し【森田宏幸】

 

<この作品のメッセージ性>

  • ハルの成長がよく読み取れる。
  • 自分らしく生きることを諦めてはいけない。
  • 現実逃避を繰り返して行くと自分が自分でなくなってしまう。
  • 猫に限らず恩返しは様々な形で現れる。すべての出来事がどこかで繋がっている。
  • 理想としていた世界も現実世界では想い通りにいかない。
  • 自分の時間を生きるように心がけよう。

 

 

ハウルの動く城【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 本気で大切なものを見つけることが人生では大切なこと。
  • 本当の自分の心を取り戻そう。
  • すべてのキャラクターがそれぞれ違う心を持っている。現代にも厄介な人は多くいる。
  • 心とどう付き合い、向き合ったらいいのかを考えさせられる。
  • 本当に大切なことは外見よりも内面の美しさ。
  • 心とは?を考えさせられる。

 

 

ゲド戦記【宮崎吾朗】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 自分の心にある1番醜いものを知ることによって、より人として成長できる。
  • 誰しもがもつ光と闇。
  • 人それぞれが課題を抱えており、その改善に努めないと真の平和は訪れない。
  • 地道な行動を1人1人が努められたら、平和な世界への足がかりとなる。
  • 生きることの意味を知る。
  • 楽になろうとすると必ず苦しくなっていく。
  • 平凡に生活している人と目的を持って生活している人では輝いが違う。

 

 

崖の上のポニョ【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 各シーンで現れる「3」のもつ意味とは。
  • 決心こそ人を別人にまで変える。
  • 神経症と不安の時代に立ち向かう。
  • 描かれていることはすべて現代を映し出している。
  • 子供たちに「生まれてきてよかった」と思える世界を。
  • ポニョが人間に変わりたいと思うほど、人間はまだまだ捨てたもんじゃない。
  • 人間と自然の共存は避けることのできない事実。

 

 

借りぐらしのアリエッティ【米林宏昌】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 人それぞれが生きる世界でハンデを持ちながら生きている。
  • 自分が苦しいときも相手のことを考えて行動してしまうのが人間。
  • 人それぞれ見えている世界が違うもの。
  • 世界には自分と同じ考え方の人間は必ずいる。
  • 人の欲望は人の生活を乱してしまう。
  • 世界観が違うもの同士でも勇気や希望を分け与えられる。
  • どんなこともきっと何かに繋がっていることを教えてくれる。

 

 

コクリコ坂から【宮崎吾朗】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 若者の中には古き良きものは残そうという意思がある。
  • 古き良きものはこれからの時代にも必要だから、守らなければならない。
  • 家事をすることが必ずしも親ではなく、昔は子も家事をするのが当たり前だった。
  • 思いは必ず誰かの元に届き、前進させてくれる。
  • 昔と今を比較すると、今は別世界となってしまった。
  • 過去の記憶や記録は、人が生きた証拠であり宝。
  • 世の中にある多くの情報には、必ず真実は1つしかない。

 

 

風立ちぬ【宮崎駿】

 

<この作品のメッセージ性>

  • エンジニアにはたまらなくロマンを感じる。
  • 妻や夫への愛が強くなる。
  • 人生はどこで運命が結びつくのかわからない。
  • 見知らぬ人でもヒントを与えてくれることがある。真摯さと素直さは人を成長させる。
  • 優先したいことはあっても、人生は常に二者択一の中で進んでいる。1番は自分を信じること。
  • 失敗が良いものを生み出し人を成長させる。最初から成功する人なんていない。
  • 生きることは自分だけのためではない。生きることにはたくさんの意味がある。

 

 

かぐや姫の物語【高畑勲】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 人の欲深さがよく伺える。
  • 大人の考えで子供の未来を変えてはならない。
  • 短い一生の中で命の輝きを求めようと感じる。
  • いくら特別でも笑い、泣き、喜び、怒りはみんな共通のもの。
  • 数ある星の中から地球が選ばれたのには必ず理由がある。
  • 特別な人間ほど障害物が多く生きづらいのかもしれない。
  • 誰しも思い出せない記憶を持っているのかもしれない。

 

 

思い出のマーニー【米林宏昌】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 人は何かのきっかけで変われる。一歩前に踏み込む勇気を持とう。
  • 自分を過小評価しすぎてはならない。
  • 苦しんでいるのは自分だけではない。
  • 幸せそうに見える人も幸せとは限らない。
  • いろんな過去を持ってみんな生きている。
  • 自分の殻に閉じこもっているうちは何も解決しない。
  • 無償の愛は永遠に続く。

 

 

レッドタートル ある島の物語【マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット】

 

<この作品のメッセージ性>

  • 人間の本質がわかる。
  • 自分だったらどうなるのだろうと考えてしまう。
  • 幸せは0から作り上げるもの。
  • 何もなくなってしまったとき、人はお金も名誉も意味のないものになる。
  • 今当たり前のように暮らしていることが実は危ない。
  • ここまで人間の生々しさを見にすることはない。
  • 言葉がなくても人は支え合える。人間が生まれる前の時代からそうだったはず。

 

本作品には、セリフがないため常に自分の想像力が掻き立てられながら物語が進んでいきます。

 

81分間にわたって観る人の心にひたすら訴えかけてくる本作品は、特に事前知識がない人でも楽しめます。

 

アニメーションをそこまで観ない人でも、大きなインパクトを受けるかもしれません。

 

不思議な作品ですが、いろんな意味で自身の価値観が変わる素敵な作品です。その魅力を共感してみてください。

 

 

まとめ:ジブリ作品は世代によって感じ方が違う

ジブリ作品は世代によって感じ方が違う

 

ジブリ作品は、子供から大人まで老若男女が楽しめます。

 

というのも、世代ごとに感じ方が違うからです。

 

ぜひ、家族の間でも感想を話し合ってみてください。価値観や感じ方が違うので面白い発見があるでしょう。

 

というわけで、

今回は「ジブリ作品のメッセージ性を全て紹介します【子供から大人まで感じ方が違う!】」をまとめてみました。

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

 

追記

 

ジブリ作品は、目と耳で楽しんでみてください。

 

ジブリ映画と言えば本編中に流れるサウンドもとても最高に良いです。映像と音楽の組み合わせはもう芸術。

 

何度も見ることで理解や感じ方が変化していくのも面白みの1つです。

 

何度も見たくなる!これがジブリ作品の良いところですね。