【○○曜日】仕事に行きたくない朝【考察しました】

 
悩んでいる人
「朝起きたとき、急に「仕事行きたくない」「会社休みたい」「ずっと家にいたい!」という気持ちになります。しかし、不安や悩みが同時に襲いかかってきます。」


会社勤めをしている方であれば、きっと誰でも一度は感じたことがある感情ではないでしょうか。


仕事に行きたくない理由には、どのようなことが多いのかを考察しました。


この記事を読むと腑に落ちて悩みが解消されます。

 本記事の内容
  • 1.仕事に行きたくない朝

  • 2.「仕事行きたくない」が「仕事を辞めたい」に変わってしまう瞬間

  • 3.人生を後悔しない選択を考える


この3本立てでいきます。


あなたもご存知の通り、仕事に行きたくない理由を出したらきりがありません。

▼一般的に、以下のような理由が曜日毎に挙げられます。
月曜日:休み明けで体が重いからずっと寝ていたい

火曜日:月曜頑張って行ったからお休みにしたい

水曜日:折り返し地点なので、今日休めば後半も頑張れる

木曜日:3日も頑張ったし、今日休めば明日は頑張れる

金曜日:今週は頑張ったから3連休にしちゃいたい

土曜日:世間は休みなのになんで自分は仕事なのか

日曜日:明日の仕事のことを考えると体調が悪くなる


この症状は、全員が対象なので自然のことです。


中には毎日の仕事が楽しいという人も実際います。


その差はなんだと思いますか?


この記事を読んで、あなたの未来が変わるかもしれません!

 

1.仕事に行きたくない朝


仕事に行きたくない朝



多くの人がある時間帯にネガティブになる傾向があります。


どの時間帯でしょうか?


それは、朝です。


どんなに昨晩から心も体も万全な体制を整えていたとしても朝がピークであり、ここを乗り越えると多くの人は一日を乗り越えられます


無理をして行ったとしても自分のパフォーマンスを発揮できないなら、『いっそのこと休んで次の日頑張ればよい』という考えの方もいるでしょう。


とはいえ、働いている方の多くが感じているのは「仕事を休んでも、休んだ分のしわ寄せが自分に返ってくる」「結局甘えなのではないか?」「周りは頑張っている」と思うのです。


また、仕事をしている社会人であれば、『今の仕事を続けるべきか』と誰でも一度は悩んだことがありますよね。しかし、そう簡単に今の職場を辞める考えには至らないのです。

2.「仕事行きたくない」が「仕事を辞めたい」に変わってしまう瞬間


「仕事行きたくない」が「仕事を辞めたい」に変わってしまう瞬間



仕事に行きたくない理由には、「残業の多い過重労働が待っているから」「寝不足や寝ても寝ても眠い」「やりたい仕事ではない」「向いていない仕事を続けさせられている」などの不平不満が原因の場合があります。


そのような思いがある方は体調不良になるケースが多いです。


医者に行ったけど特に問題はないと言われてしまった方は、自律神経の乱れが原因の可能性が高いので、別記事に自律神経の整え方がありますので参考にして見てください。

参考記事

  「病院に行っても「なんの異常もありませんよ」と言われてしまうけど、なんとなく身体がだるい、眠れない、イライラするといった不調がみられます。この原因と治し方を教えてほしい。」 こうした悩みに答えます[…]




日本人は世界的にも働きすぎと言われていますが、日本人の特徴といたしましては、身体の限界がくるまで会社を辞めることを決断しないという方が多いのです。


僕は過去に軽いうつ病を発症させた経験があります。まさに、典型的な日本人でした。


今となってはわかります。


それが間違いだということを。


最悪の結末を知らない多くの人はなんらかの理由を考えて自分を騙し騙し仕事に戻って行くのです。


▼そうした方の対処法として以下のようなことが挙げられます。

気合いで行く
▶︎自分の気持ちに嘘をついている

生活習慣を強引に変える
▶︎理想の自由を手放している

テンションの上がる曲を聴く
▶︎脳に負担を与える

人間関係の改善に努める
▶︎ストレスの蓄積

業務が終わらないなら自分のなかの期限を決める
▶︎達成できない期限を設定し失敗する



▼自分を騙し続けると以下のようなことになっていきます。

いっそ休みを取る
▶︎罪悪感で疲れが取れない。むしろ逆効果。

会社に期待せず転職を考える
▶︎周りとの差をつけようとするが本腰は入っていない

自分の成果が上がらないから
▶︎自分は仕事ができないと開きなおるが通用しない。

職場の人間関係が修復不可能になったから
▶︎仕事にやる気がないことで評価や信頼が下がる

上司からのパワハラに耐えられなくなったから
▶︎労働局に訴える

待遇面に不満があるから
▶︎副業を始めるも中途半端

自分の働きが正当に評価されないから
▶︎過小評価しがちになる

やりたい仕事ではないから
▶︎自分に向いてないと納得する

会社の業績不振だから
▶︎この会社にいても未来がないと考える


このように最終的には、病気になってリタイアするか、会社をやめる考えに至ります。


どちらにしても、仕事に行きたくないと思った時点で何かしらの原因が発生しており、その後の仕事が楽しくなる未来がどこにあるのでしょうか?


多くの人はポジティブに明るい未来だけを想像していますが、それも自分を騙しているだけにすぎません。


辞めることが悪いことのように感じている方がかなり多くいるようです。


どんな使命感を持っているのでしょうか。


会社(組織)は、あなた1人がやめたところで困りません。それが会社が成り立っている理由です。


会社を辞める自分がやってくるのを待っているのはなんの意味もありません。


もっと自分の人生を自分軸で生きてはいかがでしょうか?


あなたがいる世界は非常に狭く、この日本だけでも一生会うこともないような人が数多くいるのです。それに今の時代は3人に1人がフリーランスあるいは個人事業主として自分の人生を歩んでいます。


遅かれ早かれ、今のあなたには見えている未来があります。ならば早い段階で周りよりも一足先に未来をしっかり考え出しましょう!


周りよりも一歩先に進むためにも、まずはこちらのような転職支援サービスに登録しておくだけでもよいでしょう。チャンスは自分で作るものです。準備をしている人にしかチャンスは訪れませんので。

>> キャリアアップをするならGraspy


会員登録しておけば、あなたのプロフィールに興味を持った、 話題のスタートアップ・ミドルベンチャーからスカウトメールが届きます。 魅力的な求人があったら、気軽に返信してみます。 思いもよらぬ新しいキャリアが待っているかもしれません。 もちろん自分から「気になる」を押してアプローチすることも可能です。


登録は早めに進めましょう。

3.人生を後悔しない選択を考える


人生を後悔しない選択を考える


人生を後悔しないためにも自分の未来をどうするのかは、自分次第です!
誰もあなたの未来は決められませんし。作れません。あなたが未来の選択をするのです。


人は常に二者択一の中で生きていますが、人はそもそも考えることを諦める傾向があるので、未来はなるようになると思い込んで生きています。


非常に無駄なことをしてしまっています。


まずは、自己分析をしてみることをおすすめします。
自分がやりたいことを初めて探すのです。


詳しくは別記事で解説していますので参考にして見てください。

参考記事

こんにちは、dotsです。このような方いませんか?   「自分って何ができるのだろう。現状を変えたいけど自分が何者かもわからない。本当は自分にしかできないことがきっとあると思うのですが、見つけ方がわからないまま日常が[…]





また、普段からあなたを支えてくれている家族・友人・知人に相談する事で、何か自分にとって有力な情報が入ってくることもあるでしょう。


最後に一般的で適切なのは転職エージェントを利用することが最もよいとは思います。
あなたが本当にやりたいこと、理想としている環境の仕事が見つかる可能性が高いからです。
転職エージェントに相談することからあなたの未来が切り開かれて行きます。これが最もスマートです。

>> 20代、30代の人事領域経験者に特化した転職エージェント【リデラ】


それか、自分の力で生きていくことを考えるのであれば早速行動しましょう!分からないことがあればどんな事でも僕に相談していただいてOKです。僕が答えられる範囲で力になります。


どんな選択をしてもあなたが決めたことが、正解です。


ここまで読めば、あなたは未来を変えようと思ったことでしょう。


その考え方は正解です。


一度に全て変わることは大変難しいことです。


コツコツと自分の理想の未来に近づけていきましょう!


僕は小さい頃のような好奇心旺盛で自由な感覚を取り戻したいと考えました。



最後に、

本記事の内容を読んで

あなたの人生がストレスフリーな未来に繋がるきっかけになることを願っています。


というわけで、

今回は「【○○曜日】仕事に行きたくない朝【考察しました】」をまとめてみました。

さっそく実行して人生を変えましょう!

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまでした!

≫フォローお願いします≪