アフィリエイトに便利な心理学テクニックとは【おすすめ書籍あり!】

 
悩んでいる人
「 アフィリエイトには心理学も重要みたいです。アフィリエイトで使える心理学って具体的にはどういったテクニックですか?」

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、アフィリエイトに便利な心理学テクニックを解説した後におすすめの書籍もご紹介します。

 

 本記事の内容
  • アフィリエイトに便利な心理学テクニックとは
  • アフィリエイトをする上でオススメする心理学の本
  • アフィリエイトで稼ぐために覚えておくべきこと

 

アフィリエイトと心理学は切っても切り離せない関係です。

 

これからガンガン稼ごう!と思う方は、ぜひ最後まで読んでテクニックを取得してみてください。

 

 
紹介するすべての本を一気に買うとお値段的にも高いので、解説を読みつつ「取得した知識で書籍代は回収できそうだな」と思ったらポチる感じでお願いします。
 
※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。
 
それでは、さっそく見ていきましょう。
 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

アフィリエイトに便利な心理学テクニックとは

アフィリエイトに便利な心理学テクニックとは

 

まず、前提として「アフィリエイトと心理学は切っても切り離せない関係である」ということです。

 

<アフィリエイトで大切な心理学テクニック>

  1. 無料が一番効果あり
  2. 成功しても、失敗はしたくない
  3. 選ぶのは常に読者(お客さま)

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:無料が一番効果あり

 

無料」は、インターネットビジネスをする上で、絶対なので覚えておきましょう。

 

例えば、

 

  • A:興味があれば、こちらから購入をどうぞ。
  • B:興味があれば、まずは無料で資料請求をどうぞ。

 

AとBでどちらの売上が上がるかというと圧倒的にBになります。

 

無料が最強なのは分かっていただけたと思いますが、大手企業が使っているテクニックもご紹介します。

 

大手企業は「2ステップマーケティング」という手法をよく使います。

 

 
実は2ステップマーケティングって、みなさんが馴染みのある販売手法だったりします。
 
2ステップマーケティングとは、まず商品のサンプルや試供品をユーザーに試してもらい、納得した上で商品の購入へとつなげるマーケティング手法のことをいいます。
 
次の例をご覧ください。
 
  • 特設コーナーでサンプル商品を試してから商品を購入する
  • 試食コーナーで試食してから食品を購入する
  • 無料のお試しセットを利用してから商品を購入する

 

上記は、すべて2ステップマーケティングを用いた販売手法です。

 

みなさんも体験されたことのある販売手法ではないでしょうか?

 

「お試し → 購入」という2つの段階(ステップ)を踏むことから、こうしたネーミングが付けられました。

 

2ステップマーケティングは、ユーザーの心理に効果的にアプローチできる手法です。

 

②:成功しても、失敗はしたくない

 

人間は「成功よりも失敗を恐る生き物」だと言われています。確かに心当たりはありますね。

 

次の例をご覧ください。

 

  • 快適にドライブできるコース5つを紹介します
  • 絶対に避けたいドライブコース5つを紹介します

 

もちろん場合にもよりますが、基本的には後者の方がよく読まれます。

 

例えば、アフィリエイトは努力次第で稼げるのに「そんなのはごく一部の人しか稼げない。そんなに甘い話はない。」みないな感じで思ってしまっている人ばかりです。

 

実際にアフィリエイト自体は初期費用もかかりませんし、損することもないので、とりあえずやってみることをおすすめしたいのですが、みなさん動きません。

 

おそらく「失敗したら嫌だな。結局稼げなかったら時間の無駄だな。」という気持ちが大きいのでしょう。

※成功よりも失敗を避けるみたいな話は、大半の心理学書に出てきます。

 

③:選ぶのは常に読者(お客さま)

 

突然、自宅にセールスマンが訪れてきたら、あなたは警戒しませんか?

 

セールスマン
こんにちは。〇〇商事の〇〇です。太陽光パネルの紹介させてください!

 

家主
…。はい….。(騙されんぞ。)
 
「いったい何を売りつけてくるんだ・・・!」と警戒して、みなさん財布の紐をきつく締めます。
 
世の中には、良い人もいれば悪い人もいますからね。
 
インターネットでも同じことで「何となくググる → サイトが出てくる → 筆者におすすめされた → だけど知らない人が言っていることだし信用できない」というのが本音のはず。
 
そうした「読者から信頼してもらえない問題」を解決するのが「選ぶのは常に読者(お客さま)」という法則です。
 
アフィリエイターのやることは、あくまで「情報提供のみ」です。
 
例えば「Aという商品は超人気ですが、今ならBという商品の方がお得ですけど、どうですかね。」くらいが絶妙。

 

こんな感じで、読者さんと信頼関係を作りつつ、警戒を紐解いていく感じが大切です。

 

アフィリエイトをする上でオススメする心理学の本

アフィリエイトをする上でオススメする心理学の本

 

おすすめ本に目を通す前に理解していただきたいことがあります。

 

当たり前ですが「本を買う → 稼げるようになる」ではありません。

 

本でインプットしたことは、必ずアウトプットすることが何より大事です。

 

個人的には、記事執筆以外の時間(休憩を含む)でインプットする、みたいな感じが良いと思います。

 

それでは、見ていきましょう。

 

人を操る禁断の文章術

 
アフィリエイターの中では定番書でして、よく紹介されている気がします。
 
読まない理由がないので読んでおくべきですね。
 
内容は、セールスライティングのコアな知識が詰まっています。

 

相手を洗脳する文章テクニック

 
こちらの本は、有益との評判があったので読んでみました。
 
実際に有益でした。気になる方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。
 

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

 
表示がダサいわりに有益です。
 
内容は、セールスライティングのテクニックが書かれています。
 

影響力の武器[第三版]:なぜ、人は動かされるのか

 
当ブログで、度々紹介される一冊です。
 
いろんな心理学テクニックが実験結果を通して紹介されている、超有益な書籍です。
 
なお「アフィリエイト全般の知識も本で学びたい」という方は、以下の書籍もどうぞ!

 

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

 

アフィリエイトの全体像を理解するのに役立つ本です。

 

基本的な仕組みは、この一冊で理解できるはずです。

 

ブログ飯

 

アフィリエイトと言っても種類は豊富ですが、中でも定番なのがブログアフィリエイトですね。

 

ブログ飯では、ブログでご飯を食べることについて学ぶことができます。

 

沈黙のWebマーケティング

 

アフィリエイトには、Webマーケティング知識が必須ですが、この本なら漫画形式で読みやすく解説されています。

 

沈黙のWebライティング

 

こちらの本では、Web上で最適化するためのライティングを学ぶことができます。

 

「沈黙のWebマーケティング」の続編みたいな感じで、漫画形式で読みやすい、かつ詳しく解説されています。

 

ロングテールアフィリエイトの極意

 

アフィリエイトをする上で、大切なのがキーワード選定でして、とくにロングテールキーワードの理解が必要です。

 

Amazonが成功したのは、ロングテールキーワードのおかげと言われていますが、その真髄がわかる一冊です。

 

こんな感じです。

 

まとめ:アフィリエイトには作業量が必要

アフィリエイトには作業量が必要

 

今回は、アフィリエイトに便利な心理学テクニックとおすすめの書籍をご紹介してきました。

 

アフィリエイトをする上では、まず手を動かすことが最重要になります。

 

なかなか手が動かない場合は「先人サイトの記事数をチェックしてみる」ということをしてみてください。

 

どれほどの記事を積み上げてきているのかがわかります。

 

<サイトの記事数をチェックする方法>

 

当ブログの場合「site:dots-on.com」でググると、以下のようにサイト内の記事数を調べることができます。

 

サイトの記事数をチェックする方法

 

上記のように「約318件」と出ていますが、ここが記事数になります。

 

 
先人の記事数を見ると心が折れそうになりますが、良い意味で目標になるので試してみてくださいね。

 

というわけで、

今回は「アフィリエイトに便利な心理学テクニックとは【おすすめ書籍あり!】」をまとめてみました。

気になる本を手にとってインプットを始めましょう!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪