150を超える、ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

ブログのタグをSEOの観点から解説【カテゴリーとの使い分け】

悩んでいる人
「WordPressにはカテゴリーとは別に「タグ」機能がありますが、タグって重要なの?」

 

こんな悩みにお答えします。

 

この記事では、ブログのタグをSEOの観点から解説します。

 

 本記事の内容

  • ブログのタグって何?
  • タグとカテゴリーの使い分け
  • ブログのタグをSEOの観点から解説
  • WordPressでタグを設置する方法

 

ブログのタグ機能ってイマイチ役割がわからないですよね?カテゴリーがあるし…。

 

それにタグに関していえば、

 

  • タグはSEO的に必要だ
  • タグは必要ない

 

などの違った意見が飛び交っているため、困惑しているブロガーさんもいるでしょう。

 

ブログのタグは、使い方次第ではSEOにも逆効果になってしまうことがあります。

 

結論を言いますと、タグは使わなくてもOKです。

 

その理由を本記事では解説していこうと思います。

 

※ これからブログを作ろうとしている人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

>> THE・THOR(ザ・トール)

 

ブログのタグってなに?

ブログのタグってなに?
ブログのタグってなに?

 

タグとは、記事を分類する方法の1つです。

 

例えば、記事を特定のキーワードで仕分けるための「付箋」のようなイメージです。

 

読者が記事をピンポイントで探しやすくするためのものだと考えればOKです。

 

<タグのイメージ>

#ブログ / #タグ

 

なお、タグとカテゴリーは別物です。次からは、それぞれの特徴について解説していきます。

 

タグとカテゴリーの使い分け

タグとカテゴリーの使い分け
タグとカテゴリーの使い分け

 

タグとカテゴリーの特徴を表で見やすくしました。

 

\タグカテゴリー
用途記事を細かく分類記事を大きく分類
階層親カテゴリーと子カテゴリーで構成
複数1つ
重要度低い高い

 

上記のとおり。正直、重要度はカテゴリーの方が高いです。

 

というのも、カテゴリーを分類することで、検索エンジンに記事を認識してもらいやすいからです。

 

そのため、初心者はとくにカテゴリー分けを意識して使いましょう。

 

カテゴリー

 

カテゴリーは、メインとなるキーワードや関連キーワードを組み合わせて、大枠の中に記事をまとめます。

 

ピンポイントで記事を探すのは難しいですが、ある程度の分類がされていることと、検索エンジンから評価されやすいという特徴があります。

 

タグ

 

カテゴリーよりも詳細なキーワードでまとめることで、ピンポイントで記事を探すことができます。

 

タグページは、ピンポイントで記事を探しやすいものの、基本的にカテゴリーページより評価されることはありません。

 

ブログのタグをSEOの観点から解説

ブログのタグをSEOの観点から解説
ブログのタグをSEOの観点から解説

 

そもそもSEOは、記事を検索上位に表示させるための取り組みなので、タグを正しく使えばプラスのこともあります。

 

タグを効果的に使えば、読者がブログを回遊しやすくなります。つまり、読者が他のブログの記事を読むきっかけになるということです。

 

1人の読者が複数の記事を閲覧することがSEO的には良いことなので「SEO的に必要」な理由はそこにあると思います。

 

ただし、タグを使ったからといって読者の回遊率が改善されるというわけでもありません。

 

逆に、注意しないとSEO的にマイナスになることもあります。それは、タグの作りすぎです。

 

当ブログも過去にタグを作りすぎて、検索エンジンからの評価が下がったことがあります。

 

タグを大量生産してしまうと少数記事に対してタグページがたくさんできてしまうので、検索エンジンから「情報量が少ない低品質なページ」と評価される可能性があります。

 

さらに、タグを作りすぎてしまうと、読者が目的の情報を探しづらくなり、読者がブログから離れてしまう原因にもなります。

 

もしも、タグの設定をするなら、少なくとも5記事以上の記事数が該当するタグのときだけにしましょう。

 

まとめると、タグを使うことはリスクもあるということです。初心者はとくに最初のうちは使わなくても問題ありません。

 

当ブログは、評価が下がったことをきっかけにタグをつけなくなりました。

 

WordPressでタグを設置する方法

WordPressでタグを設置する方法
WordPressでタグを設置する方法

 

最後にタグを設置する方法を解説します。

 

STEP1:WordPressの投稿画面にアクセス

 

まずは、WordPressのダッシュボードから投稿画面にアクセスします。

 

投稿画面の右側にある「タグ」から設定を行いましょう。

 

「タグ」から設定
「タグ」から設定

 

STEP2:タグを設定する

 

設定するタグを入力します。

 

入力したら「追加」をクリックします。

 

「追加」をクリック
「追加」をクリック

 

STEP3:タグを確認する

 

タグがすぐ下に追加されていることを確認しましょう。

 

タグを確認する
タグを確認する

 

最後にプレビュー画面などで反映されていることをチェックして、タグがついていればOKです。

 

※ 表示方法はWordPressのテーマやデザインによって異なります。

 

まとめ:タグは使わなくてもOK!

タグは使わなくてもOK!
タグは使わなくてもOK!

 

今回は、ブログのタグをSEOの観点から解説してきました。

 

タグとカテゴリーの使い分けについても理解できたのではないでしょうか。

 

タグは使い方によってはSEO的に有利に働きますが、マイナスな面もあるということを覚えておきましょう。

 

今回は、以上です。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

  • ブログをこれから始める人は、以下の記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討してみてくださいね。

 

というわけで、

今回は「ブログのタグをSEOの観点から解説【カテゴリーとの使い分け】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。