150を超える、ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

WordPressブログで改行や段落を作る方法【改行できない時の対処法も解説】

悩んでいる人
「他人のブログと比較すると、なぜか自分の記事は読みにくい。」

 

こんな悩みにお答えします。

 

この記事では、WordPressに改行や段落を取り入れて、記事を読みやすくする方法をご紹介します。

 

 本記事の内容

  • 改行と段落の違い
  • 改行と段落で記事を読みやすくするコツ
  • 改行と段落を作る方法
  • 改行できないときの対処法

 

周りと同じように記事を書いているつもりなのに、なぜか自分の記事は読みづらいなんて経験はありますよね。

 

文章の中に改行や段落を入れるだけで、記事の読みやすさは劇的に変わります。これはユーザビリティの向上にもつながるため、とても重要な要素だと言えます。

 

読みやすい文章はユーザーにとってもメリットが多く、途中離脱や滞在時間が改善することで間接的にSEOにも有利に働きます。

 

この記事を最後まで読むと、正しい改行や段落の作り方が理解でき、あなたの記事は今よりも読みやすくなりますよ。

 

※ これからブログを作ろうとしている人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

THE THOR公式ページ

 

改行と段落の違い

改行と段落の違い
改行と段落の違い

 

まず一般的な改行や段落の違いについて確認しておきましょう。

 

  • 改行:文章を区切って行を変えること
  • 段落:長い文章を複数に区切って構成すること

 

さらに具体的に説明すると「改行」は句点「。」などで生じる区切り「段落」は内容で区切る文脈上の区切りです。

 

これらは文章が長いから区切るのではなく、ちゃんと意味を持って改行や段落を使う必要があります。

 

また、より質の高い記事を書くためのブログの書き方については「ブログ記事の構成と書き方の型を解説【悩まず書ける!】」にて詳しく解説しています。

 

改行と段落の使い分け

 

本や小説のような文章と違い、WordPressのようなメディアでは、明確な改行や段落のルールはありません。

 

むしろユーザー目線で読みやすい文章を作るために、改行や段落を使うということです。

 

例えば、改行は行間を空けずに行を変えるため、改行だけで長い文章を続けてしまうと、文字だらけで読みにくいものになってしまいます。

 

特にスマホでは1行あたりの表示文字数が少ないため、改行を多用すると画面が文字だらけになってしまったり、中途半端な位置で文が区切られてしまいます。

 

つまり、改行を多用すると、ユーザーに余計な圧迫感やストレスを与えてしまうということです。

 

一方で、段落は1行文の行間が空くため、ユーザーにとっての圧迫感は少なくなります。

 

なので、改行はあまり考えずに段落を使うことをおすすめします。

 

改行と段落で記事を読みやすくするコツ

改行と段落で記事を読みやすくするコツ
改行と段落で記事を読みやすくするコツ

 

冒頭でもお伝えしましたが、改行や段落で文章を区切ることは、ユーザビリティの観点からも重要です。

 

ブログは長文であることがほとんどのため、より簡潔で読み流しができるような構成であれば、ユーザビリティが上がり、サイトのコンバージョンにつながることも期待できます。

 

そこで、ポイントとなるのが改行や段落をうまく使ってユーザーにとって読みやすい記事にすることです。

 

もっとも効果的な方法として、あなた以外の人にコンテンツを読んでもらうといいですよ。というのも、頭ではわかっているものの、いざ記事を書き始めると、ユーザー目線を忘れてしまっていることが多いです。

 

できれば、ブログをやってない方などからのフィードバックがもらえると良いです。

 

そうすることによって、読みやすい文章を作り上げるだけではなく、気づけていない部分も理解できるので、コンテンツのブラッシュアップにもつながります。

 

いくらユーザーに読みやすいコンテンツを作っても、検索エンジンから評価の低いコンテンツだと判断されれば、ユーザーとの信頼関係を築くのは難しいです。

 

そこで良質なコンテンツを作る方法を「ブログのSEO対策とは【知っておくべき本質を徹底解説】」で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

 

それでは、改行と段落を使って記事を読みやすくするコツをご紹介します。

 

コツ①:改行を多用せず、段落を使う

 

改行は行間を空けずに行を改めるものです。改行を多用すると文章と文章の間が詰まってしまい、文字だらけの読みにくい文章になってしまいます。

 

先ほどもお伝えしたとおり、特にスマホで見ると文字で埋め尽くされてしまうので、ユーザーのストレスに直結します。

 

改行よりも段落を使って、圧迫感のない文章を意識しましょう。

 

コツ②:見せ方に変化を出す

 

段落は改行よりも広く行間ができますが、これも長く続くと単調で読みにくい文章になってしまいます。

 

解決策として、テキストだけをだらだらと続けるのではなく、途中で見せ方に変化を出すと良いでしょう。

 

具体的には、

 

  • 写真・イラスト
  • 図・表
  • ボックス・囲み
  • 吹き出し・箇条書き

 

といった要素をうまく活用しましょう。

 

目安としては、1つの文章のかたまりが2〜3個続くごとに上記の要素を入れてみてください。

 

文章にテンポが生まれて、ストレスなく読みやすい文章になりますよ。

 

コツ③:1文あたり60文字程度にする

 

1文は60文字程度が理想です。

 

それよりも長くなると、文章が複雑になり読みにくい文章になってしまいます。

 

60文字は、スマホで見た場合でも2〜3行の文章です。4行以上の文章をスマホで見ると圧迫感を感じ、ユーザーは離脱しやすくなります。

 

コツ④:スマホの見え方を意識する

 

多くのメディアでは、PCよりもモバイルによる閲覧が増えています。

 

つまり、多くの人はWordPressをPCで執筆していますが、記事を読んでいるユーザーのほとんどはスマホで見ているということになります。

 

なので、記事を作成するときは、PCよりもスマホでどう見えるのかを意識しながら、改行や段落を適切に使いましょう。

 

コツ⑤:読者ファーストで考える

 

改行や段落の使い方も大事ですが、最も大切なのが読者であるユーザーを一番に考えるということです。

 

使い方やルールに固執するのではなく、その時々で読者が何を感じるのか、どう伝わっているのかを意識しましょう。

 

WordPressで改行と段落を作る方法

WordPressで改行と段落を作る方法
WordPressで改行と段落を作る方法

 

ここからは、実際にWordPressで改行と段落の作り方をご紹介していきます。

 

まずは、以下の表をご覧ください。

区切り入力キーHTMLソース
改行Shift + Enter〇〇〇<br />
段落Enter<p>〇〇〇</p>

 

「入力キー」とは、キーボードのキーを表しています。また「HTML」とは、ブラウザで表示するための言語のことで、WordPressの投稿画面「テキスト」から確認できます。

 

「改行と段落を明確にしなければ検索エンジンのペナルティを受ける」なんてことはないですが、HTMLのルールを無視することができませんので、正しい理解をもってコンテンツを作っていきましょう。

 

それでは、それぞれの作り方を解説していきます。

 

改行を作る方法

 

WordPress管理画面の左メニュー「投稿」から記事を作成し、文章の中で改行したい箇所をクリックします。

 

改行したい箇所をクリック
改行したい箇所をクリック

 

Shift」キーを押しながら「Enter」キーをクリックすると改行が挿入されます。

 

改行挿入
改行挿入

 

また、以下のように「テキスト」タブをクリックするとHTMLソースが確認できるので、改行のソース<br/>が挿入されていることが確認できます。

 

改行タグ確認
改行タグ確認

 

※ 画像はクラシックエディター(旧エディター)によるものですが、グーテンベルク(ブロックエディター)でも同様の操作で行えます。

 

段落を作る方法

 

先ほどの改行と同様に段落を挿入したい箇所をクリックします。

 

段落を挿入したい箇所をクリック
段落を挿入したい箇所をクリック

 

「Enter」キーをクリックすると文章を段落で区切ることができます。

 

段落挿入
段落挿入

 

また、以下のように「テキスト」タブをクリックするとHTMLソースが確認できるので、段落のソース<p>〜</p>が挿入されていることが確認できます。

 

段落タグ確認
段落タグ確認

 

※ 画像はクラシックエディター(旧エディター)によるものですが、グーテンベルク(ブロックエディター)でも同様の操作で行えます。

 

改行できないときの対処法

改行できないときの対処法
改行できないときの対処法

 

改行と段落の作り方がわかったと思いますが、改行ができない場合は、WordPress内で自動整形が行われている可能性があります。

 

  • 改行を多くして空白を作りたい
  • 画像と文章の間にスペースを作りたい

 

といった場合は、自動整形を無効にすることで解決できます。

 

自動整形を無効にするにはプラグインを入れる方法があるので参考にしてみてください。

 

以下では「TinyMCE Advanced」というプラグインを使って無効にする方法をご紹介します。

 

 自動整形を無効にする方法

 

まず「TinyMCE Advanced」をインストールしたら、管理画面「設定」→「TinyMCE Advanced」をクリックします。

 

下にスクロールすると「高度なオプション」という項目があるので、その中にある「段落タグの保持」にチェックを入れます。

 

チェックが入れば無効にすることが可能になります。

 

まとめ:WordPressブログの改行・段落は適度に!

WordPressブログの改行・段落は適度に!
WordPressブログの改行・段落は適度に!

 

今回は、改行や段落を取り入れて記事を読みやすくする方法をご紹介してきました。

 

本記事の内容をおさらいしておきましょう。

 

  • 改行:文章を区切って行を変えること
  • 段落:長い文章を複数に区切って構成すること

 

区切り入力キーHTMLソース
改行Shift + Enter<br />
段落Enter<p>〇〇〇</p>

 

改行・段落は文章を読みやすくするために、とても重要な要素です。

 

改行と段落の使い方がわかったら早速試してみましょう。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

  • ブログをこれから始める人は、以下の記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討してみてくださいね。

 

というわけで、

今回は「WordPressブログで改行や段落を作る方法【改行できない時の対処法も解説】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。