150を超える、ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

被リンクを自然に増やす方法と獲得方法8選を徹底解説【SEO裏ワザ】

  • 2021-08-29
  • SEO
  • 30view
悩んでいる人
「被リンクを自然に増やすコツってあるの?獲得できる方法があれば知りたい。」

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事では、被リンクを自然に増やす方法と自分で獲得できるサービスについてご紹介します。

 

 本記事の内容

  • 被リンクを増やす方法がわかる
  • 自分で被リンクを獲得する方法がわかる

 

検索順位を上げるために必要な要素として、被リンクを増やすことがあげられます。

 

そして、ブロガーであれば、被リンクの獲得は気になる要素の1つですよね。

 

何よりSEO(検索エンジン最適化)に欠かせない要素ですし、その中でもかなり有効な対策とされている施策です。

 

とはいえ、ブログを立ち上げたばかりの初心者にとって、質の良い被リンクを獲得するのは中々難易度が高いものです。

 

この記事を最後まで読むと、自分で被リンクを獲得するができるようになります。被リンクの獲得はドメインパワーにも効果的なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

※ 当ブログでは「会社員の収入に依存せず、個人で稼ぐ力をブログで身につける」をテーマに、ブログ運営やアフィリエイト、SEOに関するノウハウを、200を超えるコンテンツで無料公開しています。ぜひお役に立てれば幸いです。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

THE THOR公式ページ

 

被リンクとは

被リンクとは
被リンクとは

 

被リンクとは、外部対策としての主な内容でして、外部サイトに自サイトのリンクが設置されることです。

 

つまり、外部リンクを意味するもので、ご自身では調整できない対策かと思われますが、最近のSEO対策には欠かすことのできない重要な要素でもあるのです。

 

そして、被リンクが集まるコンテンツは、検索順位にも良い影響を及ぼし、さらに多くの被リンクが集まる好循環を作ります。

 

その中にも、良質な被リンクと質の悪い被リンクがあります。

 

例えば、2012年以前のSEOでは、被リンクの大量獲得によって検索順位を変動させるブラックハットSEOが横行していました。しかし、2012年以降から段階的にペンギンアップデートが実施され、低品質なコンテンツを不正な方法で上位表示させているサイトの評価を一気に下げ、インデックス削除などのペナルティが課せられるようになりました。

 

現在、ブログ界隈では「量」より「質」の方が重要だと囁かれている理由は、このペンギンアップデートにより、被リンクの基本が「量」→「質」にシフトしたからだと考えられます。

 

良質な被リンクとは

 

一般的に良質な被リンクのことを「ナチュラルリンク」と呼んだりします。

 

具体的に良質な被リンクとは、

 

  • 関連性の高いサイト
  • 有名(ドメインパワーの強い)サイト

 

のようなサイトから被リンクを受けることです。

 

関連性の高いサイトや有名サイトからの被リンクは「Googleが掲げる10の事実」でも語られているように、Webサイトのコンテンツが重要であるかどうかを決める客観的な指標です。

 

Googleの検索エンジンがサイトのコンテンツを評価するだけではなく、ユーザーが設置したリンクも合わせて評価することで、よりユーザーニーズに沿ったコンテンツ表示が検索結果上で可能となります。

 

要するに、良質な被リンクが増えると大きなSEO効果を得られるということです。

 

質の低い被リンク

 

一般的に質の低い被リンクを「スパムリンク」と呼んだりします。

 

具体的に質の低い被リンクとは、

 

  • インデックスされていないページ
  • コンテンツとは異なるジャンル

 

のようなサイトから被リンクを受けることです。

 

要するに、質の低い被リンクは、検索結果に悪影響を与えるリンクの構造や低品質ページからの被リンクだということです。

 

それらは、Googleの「ガイドライン違反」として認識される場合があります。

 

ガイドラインに違反したWebサイトは、検索エンジンでの順位下落やインデックス削除などのペナルティを受ける可能性があるため注意が必要です。

 

SEOにおける被リンクの効果

 

被リンクとSEOには、強い関係性があります。

 

SEOにおける被リンクの効果は、

 

  • 被リンクを受けたページが上位表示されやすい
  • ドメインパワーが上がる
  • クローラビリティが向上する

 

といったことが考えられます。

 

被リンクを獲得したページは、Googleの検索エンジンによって、他サイトから評価されていると解釈されるため、リンクを発しているサイトとの関連性や専門性、権威性によって被リンクの質が決まります。

 

こうして、良質な被リンクを獲得できると検索エンジンから評価されるので、ドメインパワーの向上も期待できます。

 

また、検索エンジンのクローラーはリンクを辿ってページインデックスするため、被リンクが増えることでクローラビリティの向上にもつながります。

 

被リンクを自然に増やす方法

被リンクを自然に増やす方法
被リンクを自然に増やす方法

 

SEOにおいて重要な被リンクを獲得するためには、被リンクを自然に増やす8つの方法があります。

 

 SEOにおける重要な被リンクの増やし方

  1. 質の高いコンテンツを作成する
  2. 露質する場を増やす
  3. サイトにシェアボタンを設置する
  4. 他サイトの紹介記事を作成する
  5. 調査データをまとめた記事を作成する
  6. 無料ツール・テンプレートを作成する
  7. インフォグラフィックを作成する
  8. 相互補完を目的としたパートナーシップを組む

 

良質な被リンクを増やすためには「良質なコンテンツを発信し続けること」が重要です。しかし、それだけでは多くの関連サイト、有名サイトから被リンクを獲得できません。

 

被リンクを増やす方法としては、他サイトが発リンクしたくなるような仕組み作りが必要です。

 

発リンクしたくなるような仕組み作りとは具体的に言うと、ご自身のサイト運営に置き換えてみてください。コンテンツの作成時にどのようなサイトを参考に引用しているかということです。

 

サイトを運営する上では、常に逆の立場で考えるようにすると新しい発見につながりますよ。

 

方法①:質の高いコンテンツを作成する

 

まず1つ目は、サイトを訪問したユーザーにとって有益な質の高いコンテンツを作成するということです。

 

有益なコンテンツとは、ターゲットの検索意図に沿ったタイトル設計や見出し設計ができている記事のことです。

 

ターゲットキーワードの検索結果を調査して、検索上位ページにはどのような傾向があるのか、どのようなニーズに答えられていないのかを探っていくことが重要です。

 

>> SEOにおいて検索意図が重要な理由とは?【調べ方と作り方も解説】

 

方法②:露質する場を増やす

 

2つ目は、自サイトの露出を増やすことで、被リンク獲得のきっかけ作りをするということです。

 

具体的に自サイトの露出を増やす方法は、

 

  • SNS運用
  • 広告出稿

 

の2パターンがあります。

 

SNS運用では、TwitterやInstagramなどで個人アカウントを作成し、ユーザーにとって有益なコンテンツを発信すると同時にコンテンツのURLを設置していきます。

 

また、広告出稿では、検索連動型広告などを利用し、特定キーワードで検索するターゲット層に自コンテンツをアピールすることが可能です。

 

>> ブログとSNSをセットで運用すべき理由【集客方法と違いも解説】

 

方法③:サイトにシェアボタンを設置する

 

3つ目は、記事コンテンツの冒頭や末尾に、SNSなどにシェアできるボタンを設置するということです。

 

サイト運営で使用しているCMSによっては、テーマ変更をおこなうだけで簡単にシェアボタンを設置できます。

 

ここでいう具体的なCMSとは「WordPress」のことを指してまして、テーマを変更することで以下のようなシェアボタンが1クリックで設置可能です。

 

SNSボタンが1クリックで設置可能
SNSボタンが1クリックで設置可能

 

方法④:他サイトの紹介記事を作成する

 

4つ目は、他サイトの紹介記事を作成するということです。

 

他サイトの紹介記事を作成することで、対象サイトから被リンクを獲得できる可能性があります。

 

方法⑤:調査データをまとめた記事を作成する

 

5つ目は、調査データをまとめた記事を作成するということです。

 

サイトに記事を更新している方ならわかると思いますが、作成する記事の内容によっては「調査データ」が必要になるケースがあります。

 

そのときに、国や自治体が調査公開している情報であれば、記事コンテンツに引用することもあるでしょう。

 

というのも、記事の中で何かを主張する際に、エビデンス(参考文)を求めるサイト運営者やブロガーは多いはず。

 

しかし、なかなか目当ての調査データに出会えないこともありますよね。

 

そうした記事は、作成者の手間を省くメリットがあるため、調査データを作成・発信し、被リンクの獲得を狙いましょう。

 

方法⑥:無料ツール・テンプレートを作成する

 

6つ目は、無料ツールやテンプレートを作成するということです。

 

無料ツールやテンプレートの作成は「おすすめ〇〇選」といった記事で紹介されたり、リンクを設置される可能性を高めます。

 

また、検索ユーザーは「無料かつすぐに使えるツール・テンプレート」を探している傾向にあるため、被リンク獲得のみならず、リード獲得の施策としても有効です。

 

方法⑦:インフォグラフィックを作成する

 

7つ目は、インフォグラフィックを作成するということです。

 

記事の補強を目的とした画像選定や図の作成は、作成者の手間を省くメリットがあるため、代わりにインフォグラフィックを作成してWeb上に公開しておくと、被リンク獲得の機会を創出します。

 

方法⑧:相互補完を目的としたパートナーシップを組む

 

8つ目は、相互補完を目的としたパートナーシップを組むということです。

 

検索順位を不正に操作することを目的とした相互リンクはスパムとして認知されますが、相互補完を目的としてWebサイトのパートナーシップを組むことは不正ではありません。

 

まずは、信頼関係にあるサイト運営者やブロガーとパートナーシップを組み、それぞれが優れたコンテンツに発リンクすることで被リンクを獲得しましょう。

 

被リンクを獲得する方法8選

被リンクを獲得する方法8選
被リンクを獲得する方法8選

 

ここからは、被リンクを獲得する方法をご紹介していきます。

 

ご自身のドメインパワーを底上げするチャンスでもあるので、手を動かしつつ、読み進めてみてください。

 

 自分で被リンクを獲得する方法8選

  1. はてなブックマーク
  2. pinterest
  3. ペライチ
  4. HTML名刺
  5. note
  6. ブログサークル
  7. にほんブログ村
  8. 人気ブログランキング

 

それでは、被リンクを誰でも獲得できる方法を8つご紹介していきます。なお、すべて無料で利用できます。

 

その①:はてなブックマーク

はてなブックマーク
出典元:はてなブックマーク

 

はてなブックマークは、オンライン上にブックマークを保存・公開できるサービスです。

 

良質なWebサイトを共有し合えるので、価値のある情報を効率よく入手することができます。

 

ドメインパワーが強く、無料で簡単に登録できるのでブロガーであれば利用しておきましょう。

 

ご自身のサイトをブックマークすることで、被リンクの獲得につながります。

 

>> はてなブックマークで被リンクを獲得する

※ ドメインパワー90超。

 

その②:pinterest

pinterest
出典元:pinterest

 

pinterest(ピンタレスト)は、画像共有するためのSNSサービスです。

 

画像共有はもちろん、画像とともにWebサイトをシェアすることもできます。

 

Webサイトとスマホアプリの両方に対応しており、使い勝手が良いのでおすすめ。

 

ご自身のWebサイトをアイキャッチ画像付きで投稿すれば被リンクの獲得につながります。

 

>> pinterestで被リンクを獲得する

※ ドメインパワー90超。

 

その③:ペライチ

ペライチ
出典元:ペライチ

 

ペライチは、パワーポイントのように手軽にホームページが作成できるWebサービスです。

 

シンプルなホームページなら誰でも簡単に作れます。

 

ペライチでは、サイト内にリンクを埋め込むこともできますので、当然自分で被リンクを設置できるというわけです。

 

ペライチには、無料プランと有料プランがありますが、無料プランでも不便なく使用できます。

 

ちなみに、無料プランだと1ページしか公開できないので気をつけましょう。

 

>> ペライチで被リンクを獲得する

※ ドメインパワー90超。

 

ペライチ

 

その④:HTML名刺

HTML名刺
出典元:HTML名刺

 

HTML名刺とは、自分のSNSやWebサイトの情報を簡単にまとめることができるサービスです。

 

ボタン操作だけであっという間に作成・編集できます。

 

Twitterアカウントがあれば、追加の登録などは必要ありませんし、即ログイン可能です。

 

3分程度で設定が完了し、被リンクも獲得できます。

 

>> HTML名刺で被リンクを獲得する

※ ドメインパワー60超。

 

その⑤:note

note
出典元:note

 

noteとは、文章や画像や音声を投稿して共有し合うブログサービスです。

 

細かい設定は不要で、テキスト形式のブログが投稿できるので、ブロガーに限らず人気を集めています。

 

もちろん、noteでも投稿記事内に被リンクを設置できます。note用の記事を書く必要はありますが、被リンクの獲得につながるので、ぜひ活用しましょう。

 

強いドメインパワーの恩恵も受けられますので、ぜひ取り掛かってみてください。

 

>> noteで被リンクを獲得する

※ ドメインパワー90超。

 

関連記事

悩んでいる人 「ブログを始めようとしたのですが「note」で記事を書いている人もいます。違いはあるのでしょうか?詳しく教えてください。」   こうした悩みにお答えします。   この記[…]

 

その⑥:ブログサークル

ブログサークル
出典元:ブログサークル

 

ブログサークルとは、ブロガー同士の交流を目的としたコミュニティサービスです。

 

自分のプロフィール欄に運営サイトのリンクを貼ることで、被リンクを獲得できる仕組みになっています。

 

他サービスと異なりブックマーク機能やシェア機能はありませんが、プロフィール欄の被リンクだけでもある程度の効果が期待できます。

 

>> ブログサービスで被リンクを獲得する

※ ドメインパワー60超。

 

その⑦:にほんブログ村

にほんブログ村
出典元:にほんブログ村

 

にほんブログ村は、ブログサークルと同様にブロガー同士の交流を目的としたコミュニティサービスです。

 

ランキング機能や注目記事一覧などサービスが充実しており、被リンクの獲得には欠かせません。

 

強いドメインパワーの恩恵も受けられますし、簡単に無料登録できますので、ぜひ取り掛かってみてください。

 

>> にほんブログ村で被リンクを獲得する

※ ドメインパワー90超。

 

その⑧:人気ブログランキング

人気ブログランキング
出典元:人気ブログランキング

 

人気ブログランキングとは、全ブログのアクセス数を集計して、ランキングとして紹介するサービスです。

 

自分のブログがランクインすれば、良質な被リンクを獲得できます。

 

もしもランクインしなかったとしても、プロフィールページに設定したリンクは被リンクとして認識されますよ。

 

>> 人気ブログランキングで被リンクを獲得する

※ ドメインパワー90超。

 

被リンクには2種類の属性がある

被リンクには2種類の属性がある
被リンクには2種類の属性がある

 

被リンクといっても、見かけだけではなく2種類の属性があることをご存知でしょうか。

 

それら2つはHTMLコードの<a>タグのref属性で設定されているもので、それぞれ役割が異なります。

 

ここでは、注意点として「nofollow」と「dofollow」の違いについて解説していきます。

 

nofollowとは

 

Googleの検索エンジンは、基本的にページの評価をリンク先に渡すようになっています。

 

これに対して、リンクにnofollow属性を設定すると、検索エンジンに対して「このリンクには辿らないで」という指示を伝えることができます。

 

<a href="#" rel="nofollow">リンク先へ</a>

 

つまり、リンクにnofollow属性が設定されていると、検索エンジンがリンク先を辿らないので、ページの評価が渡されなくなるのです。

 

例えば、SNSでも有名なTwitterやFacebookで共有されたURLは、すべてnofollow属性が付与されます。なので、被リンクという観点でSEOの高評価を得ることはできません。

 

ご自身のサイトと関係のない分野のリンクにnofollowを設定することで「設定リンクの関連性」を上げて、Googleから良い評価を受けるという使い方もありです。

 

まずは、nofollow属性のリンクからはSEOの評価を受けないということを覚えておきましょう。

 

>> ブログのSEO対策とは【知っておくべき本質を徹底解説】

 

dofollowとは

 

dofollow属性は、リンク元のサイトの評価を受けられるリンクのことです。つまり、nofollowではないリンクのことですね。

 

nofollow属性とは違い、サイトの評価を受けられるわけですから、SEO的にも良い効果を期待できます。

 

<a href="#">リンク先へ</a>

nofollowが入らなければ、すべてdofollowになります。

 

ここで注意していただきたいことは、SEOにおける被リンクは量よりも質が重要だということです。

 

具体的に説明すると、

 

  • ジャンルが異なる
  • ペナルティを受けている
  • ただリンクが並べられている

 

といったサイトに設置された被リンクは質が低く、どんなに数が多くてもSEOで高評価を得ることはありません。

 

被リンクの獲得には十分気をつけましょう。

 

本記事でもご紹介していますが、noteやペライチで共有されたURLはすべて、dofollow属性が付与されるので、SEO的にも良い効果が期待できるというわけです。

 

今回ご紹介した被リンクの獲得方法で設置したリンクは、すべてdofollowなのでご安心ください。

 

被リンク獲得の注意点

 

被リンク獲得には、

 

  • 被リンクを購入する
  • SEOを狙った相互リンクをおこなう
  • 関連性の低いサイトから被リンクをもらう
  • 同一アンカーテキストからの被リンク
  • 可読性を下げる隠しリンクの設置
  • 被リンクがフッターに埋められている
  • コピーコンテンツなどの低品質サイトから被リンクをもらう

 

といった獲得方法も存在しますが、そのような行為には注意してください。

 

これらは、Googleの違反に当てはまることなので、何も良いことはありません。

 

被リンクの調べ方

被リンクの調べ方
被リンクの調べ方

 

サイトの被リンク獲得状況は、Googleサーチコンソールから調べることができます。

 

 被リンクを調べる手順

  1. サイドメニューの「リンク」を選択する
  2. 「外部リンク」の項目を確認する

 

Googleサーチコンソールでは、外部リンクの数以外に「上位のリンク元サイト」なども調べることが可能です。

 

どのようなサイトから被リンクを受けているのかを確認し、自社との関連性を調べながら容認・削除の判断を下す必要があります。

 

手順①:サイドメニューの「リンク」を選択する

 

Googleサーチコンソールのダッシュボード画面のサイドメニューをスクロールします。

 

下部にある「リンク」をクリックします。

 

「リンク」をクリック
「リンク」をクリック

 

手順②:「外部リンク」の項目を確認する

 

「リンク」をクリックすると、外部リンクや内部リンクの数、ページについて調べることができます。

 

「外部リンク」の項目を確認
「外部リンク」の項目を確認

 

まとめ:被リンクを獲得してドメインパワーを底上げしよう!

被リンクを獲得してドメインパワーを底上げしよう
被リンクを獲得してドメインパワーを底上げしよう

 

今回は、被リンクを自然に増やす方法と自分で獲得できるサービスについて解説してきました。

 

 本記事のおさらい

  • 自分で被リンクを獲得することは可能
  • 被リンクにはdofollow属性とnofollow属性の2種類ある
  • SEOで効果が出るのはdofollow属性のリンクである

 

 自分で被リンクを獲得する方法8選

  1. はてなブックマーク
  2. pinterest
  3. ペライチ
  4. HTML名刺
  5. note
  6. ブログサークル
  7. にほんブログ村
  8. 人気ブログランキング

 

被リンク対策はSEOでは避けて通れない施策の1つです。そして、被リンク獲得のために施策を行うことは、サイトのSEO評価を向上させます。

 

また、自然なリンクを増やすには、魅力的なコンテンツが必要不可欠だと考えます。

 

良質な被リンクを獲得したページは検索エンジンから高く評価され、検索順位が上がりやすくなるので、今回ご紹介した被リンクの獲得方法を活用しつつ、ドメインパワーも底上げしていきましょう。

 

今回は以上です。

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者に分かりやすく丁寧にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策をご紹介しています。

  • ブログをこれから始める人は、以下の記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者向けに10分でできるWordPressブログの立ち上げ方法もご紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討してみてくださいね。

 

というわけで、

今回は「被リンクを自然に増やす方法と獲得方法12選を徹底解説【SEO裏ワザ】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。