ブログ記事を書くときに意識すべきこと12個【最低限は抑えよう】

 
悩んでいる人
「ブログを書きはじめたのですが、書き方がよくわかりません。ブログを書く上で意識した方が良いことがあれば教えてください。」

 

こうした悩みにお答えします。

 

この記事では、ブログ記事を書くときに意識すべきことについて解説します。

 

本記事の内容
  • ブログを書く上で大切なこと
  • ブログ記事を書くときに意識すべきこと
 
正直、ブログの書き方に正解はありません。
 
それでも最低限のことは知っておいたほうが良いと思う部分があります。
 
 
この記事を読むとブログの書き方で基本的なところが理解できます。
 
※これからブログを始めようと思っている方は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法まで、丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使ってるWPテーマ『THE THOR』/

»【THE・THOR(ザ・トール)】

 

ブログを書く上で大切なこと

ブログを書く上で大切なこと

 

まず、ブログ記事を書く上で絶対に覚えてほしいことをお伝えします。

 

①:ブログを書くなら読者目線を意識すること

 

ブログ記事を書く上で一番大切なことは、常に「読者目線」を持って記事を書くことです。

 

ブログは自分の伝えたいことを一方的に発信することではなく、読者にとって役立つ情報である必要があります。

 

これから紹介していく考え方は、全て読者目線が前提だと思って読み進めてください。

 

ところで、各記事のターゲットは決まっていますか?

 

よく聞くと思いますが、誰か1人に刺さる記事を意識することが大切だったりします。

 

なぜなら、複数人よりも1人対象に説明しようとしたほうが内容が濃くなるからですね。

 

つまり、100人向けよりも1人向けのほうが読んでいる人の心に刺さるというわけです。

 

②:読者が検索しそうなキーワードを選ぶ

 

次に、ターゲットが検索しそうなキーワードを選びます。

 

無料でも使えるツールとしてGoogleのキーワードプランナー(Google広告登録が必要)がおすすめです。

ツールでは「どんなキーワードがGoogle検索されているか」「そのキーワードがどれくらい検索されているのか」などを調べることができます。

 

記事を書いていると、キーワードに関連する情報をあれもこれもと詰め込みたくなってしまうことがありますが、あまりおすすめしません。

 

文章の長い記事よりも2,000文字ほどの簡潔に書かれているページの方が評価されることがあります。

 

初心者の方は、とくに書き慣れるまではメモツールを使用して記事の構成を決めていきましょう。

 

いきなり書き始めると伝えたいことがブレてしまったり、本来はその記事には必要ない内容にまで触れてしまったりと、まとまりが悪くなりがちです。

 

ブログを書く前に構成を作り込んでおくと必要な情報をもれなく伝えられ、読みやすい記事に仕上げられます。

 

当ブログが重宝しているメモツールは「ATOK Pad」です。

optionキーで「表示/非表示」の切り替えができるので、かなり便利ですよ。

 

ここまでの内容を前提に次からは、ブログを書く上で意識すべきことを紹介していきます。

 

ブログ記事を書くときに意識すべきこと

ブログ記事を書くときに意識すべきこと

 

SEO対策でもっとも重要なのは細かいテクニックを追いかけることではなく「読者ニーズは何か?」「自分のコンテンツは読者ニーズに答えられているか?」ということを徹底的に意識してみることです。

 

ブログ記事を書く際に結論を先に書いて、その理由を説明した最後にまとめを入れると良い感じにまとまります。

 

これは「CREC法」とも言われている書き方です。

 

要するに「結論 → 理由 → 具体例/根拠 → 結論(まとめ)」という順序で進めていくと、読者に伝わりやすくなります。

 

それでは、いよいよ本題へと入りましょう。

 

ブログ記事を書くときに意識すべきことは、下記の10個です。

 

  1. タイトルにはキーワードを入れる
  2. リード文は結論を簡潔に書く
  3. 内容は簡単に書く
  4. 専門用語は極力使わない
  5. 見出し・本文にもキーワードを含める
  6. ひらがなを多く使う
  7. 語尾を「です/ます」調で統一する
  8. 改行多めが読みやすい
  9. 箇条書きにできるところは率先して使う
  10. 記事を一晩寝かせる

 

1つずつ、解説していきます。

 

①:タイトルにはキーワードを入れる

 

「タイトルをおろそかにしてはいけません!」

 

例えば、内容が超有益な記事なのに、タイトルが「20xx年00月00日」みたいな感じだったら絶対に読まれません。
 
上記の例は極端ですが、タイトルで勿体無いことをしてしまっている人が少なからずいるのです。
 
記事のキーワードは、タイトルに入れるということを意識してください。
 
ちなみに、このキーワードというのは読者が検索しそうなワードのことです。
 
逆に言えば、この検索ワードから来た人なら役に立てるというワードを入れたらOKです。
 
「誰に」「どんなことを」伝えたいのかが明確になっていれば、タイトルはもっと楽に決めることができます。

 

②:リード文は結論を簡潔に書く

 

リード文(記事冒頭の文章)は、読者がタイトルの次に目にするものであり、ブログ記事の中で一番重要な文章です。

 

ただし、ここにばかり時間を使いすぎてもいけません。

 

ブログの利点として後から書き直すことが可能なので、結論を書いたら次に進みましょう。

 

③:内容は簡潔に書く

 

これも超重要です。

 

初心者はとくに言い回しを長くしがちなのですが「無くても内容が伝わるなら書かない」ことを意識して簡潔に書くように心がけましょう。

 

 
読者目線に立てば同じ内容なら短い方が良いことがわかりますよね!
 

④:専門用語は極力使わない

 

あなたにとって当たり前の言葉は、読者にとっては当たり前ではありません。

 

基本的にブログを書くときは、なるべく難しい表現や言葉、専門用語などを使わないように意識しましょう。

 

常に読者目線で言葉を選ぶことができていれば問題ありません。

 

ただし、経験者向けの記事であれば、専門用語を使用しないと逆に伝わりづらくなるので、常に読者のことを想像して書くように心がけましょう。
 

⑤:見出し・本文にもキーワードを含める

 

ブログを書く前に選んだキーワードは、見出しや本文にも使用することを心がけましょう。

 

キーワードはその記事の「主語」のような役割を持っているため、文章のあたまの部分で使うように心がけると自然とうまく含めることができます。

 

見出しは、ただ文字サイズが変更されるデザイン目的のものではなく、この章ではどんなことを書いているのかを読者と検索エンジンに伝える意味を持っています。

 

見出しにキーワードを入れることはSEOの基本ですが、無理に入れすぎても読者に伝わりづらくなることもあるので注意しましょう。

 

⑥:ひらがなを多く使う

 

ブログを書く際には、難しい漢字は避けて「ひらがな」を多く意識して使いましょう。

 

ただし「ひらがな」ばかりの文章は読みづらくなるので「7:3」くらいを意識しましょう。

 

漢字は4文字、多くても5文字以上を連続して使わない、ひらがなだけの文章にしない、カタカナを少し入れてみるなども意識しましょうね。

 

ひらがな・カタカナ・漢字の黄金比

ひらがな7割・カタカナ1割・漢字2割

(ひらがな7割・漢字3割)

 

⑦:語尾を「です/ます」調で統一する

 

記事を読んでいて違和感を感じる場合、原因として多いのが語尾が統一されていないケースです。

 

個人ブログでは、とくに理由がなければ「です/ます」調で統一することをおすすめします。

 

⑧:改行多めが読みやすい

 

行間が狭いと、とても読みづらくなってしまいます。

 

改行を意識して書きましょう。

 

⑨:箇条書きにできるところは率先して使う

 

下記のように箇条書きにすると読みやすくなります。

 

<ブログ記事を書く上で意識すべきこと>
  • タイトルにはキーワードを入れる
  • リード文は結論を簡潔に書く
  • 内容は簡単に書く
  • 専門用語は極力使わない
  • 見出し・本文にもキーワードを含める
  • ひらがなを多く使う
  • 語尾を「です/ます」調で統一する
  • 改行多めが読みやすい
  • 箇条書きにできるところは率先して使う
  • 記事を一晩寝かせる

 

⑩:記事を一晩寝かせる

 

当ブログでは、作成した記事を一晩寝かせて公開しています。

 

ブログ記事を作成し終えると達成感があってすぐに公開したくなるのですが、一晩記事を寝かせて翌日以降に公開することをおすすめします。

 

というのも、記事を公開する前に記事を読み返すとかなりの確率で修正箇所が発見されます。

 

また、別の端末で記事を読むことで見づらさなども発見できます。

 

 
気になった箇所を修正して記事を公開しましょう!

 

以上が、ブログを書く上で意識することになります。

 

まとめ:ブログを書くなら最低限のことは意識しよう!

ブログを書くなら最低限のことは意識しよう!

 

今回は、ブログの記事を書く上で意識すべきポイントをまとめて紹介してきました。

 

実際のところ、今回だけでは紹介しきれないところもあります。

 

それでも今回の内容を実践すれば、書く基礎は十分身につくはずです。

 

ブログに関して常々思うのですが、ブログの地味なイメージは間違っていないようにも感じています。というのも、毎日コツコツと積み上げていくしか方法がないからです。

 

最後に繰り返しにはなりますが、もっとも重要なことは「読者目線」です。

 

これだけは必ず意識して記事を書きましょう。

 

というわけで、

今回は「ブログ記事を書くときに意識すべきこと12個【最低限は抑えよう】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

≫フォローお願いします≪