ブログ・アフィリエイト・SEO・ノウハウを随時公開

ブログが検索エンジンに登録される仕組みとは【検索順位が決まる流れ】

  • 2021-02-20
  • 2021-07-26
  • SEO
  • 47view
悩んでいる人
「頑張ってブログを更新したのに検索結果に表示されません。検索エンジンがどんな仕組みなのか教えてください。

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、検索エンジンに登録される仕組みと検索順位が決まるまでの流れについて解説します。

 

 本記事の内容

  • Googleが掲げる理念を理解する
  • ブログが検索エンジンに登録される仕組み
  • ブログ運営でやるべき3つの施策

 

検索エンジンの仕組みについて知るには、Googleのビジネスモデルや理念を理解しておくのが重要です。

 

というのも、Googleがどんな理念を持って、アップデートやアルゴリズムの改善を行なっているのかを知ることによって、Googleがどのようなサイトを検索上位に表示させているのかが分かります。

 

あなたが正しいやり方で少しでもアクセス数を増やしたいと思っているなら、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

まずは、Googleの理念から見ていきましょう!

 

※ これからブログを始める人は、完全初心者向けブログの始め方マニュアル【収益化まで徹底解説】をぜひチェックしてみてください。立ち上げから運営方法までを丁寧に解説しています。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

\当サイトも使っているWPテーマ『THE THOR』/

>> THE・THOR(ザ・トール)

 

Googleが掲げる理念を理解する

Googleが掲げる理念を理解する
Googleが掲げる理念を理解する

 

以下は、Googleが掲げている10の理念のうち、1番目に記載されている項目です。

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

 

つまり「ユーザーの悩み解決に役立つ記事」を書くことが、上位表示を狙うためのコツとも言えますね。

 

なぜ、Googleはここまでして、ユーザーの悩みに寄り添うことにこだわっているのでしょうか?

 

その答えは、Googleのビジネスモデルにあります。

 

検索エンジンのビジネスモデルを理解する

 

Googleの検索エンジンでは、さまざまな企業のWeb広告が掲載されています。

 

当然、利用者が集まるほど広告収入がアップするため「ユーザーの役に立つサービスであること」を追求しているわけです。

 

そして「ユーザーに役立つ記事を上位表示する」と明言すれば、多くのサイト運営者が、アクセスを集めるために質の高いコンテンツを作成します。

 

質の高いコンテンツが集まれば集まるほど、Google利用者は増加することになり、Googleのビジネスは大きくなっていくというわけです。

 

▽まとめると、以下の① → ② → ③ → ④のサイクルを回し続けている感じです。

 

  1. ユーザーに役立つ情報を上位表示する
  2. ブログ運営者は有益な記事を作ろうとする
  3. ユーザー満足度が高まり、Googleを利用する人が増える
  4. Googleの利用者が増えると広告費が増える

 

検索エンジンとは

 

そもそも「検索エンジンとは何なのか」について説明すると、インターネット上に存在するWebページや画像ファイルなどの情報を探すためのシステムです。

 

代表的なものとして、

 

  • Google
    世界で最も利用者数が多い
  • Yahoo!
    日本でGoogleの次に利用者数が多い
  • Bing
    世界でGoogleの次に利用者数が多い

 

などがあります。Googleの圧倒的なシェア率は長く続いているため、Googleアルゴリズムに合わせた施策を進めることが好ましいです。

 

検索エンジンは、インターネット上に存在する無数のWebページのリンクを辿ることで収集し、収集した情報をデータベースに分類・登録します。

 

情報収集する仕組みを「クローラー」と呼び、分類・登録するデータベースを「インデックス」を呼びます。

 

検索エンジンは、インデックスした情報をそれぞれの検索キーワードに合わせて最も適切だと判断した順番に並べています。

 

このインデックスした情報を適切な順番に並べるための仕組みのことを「検索アルゴリズム」といいます。

 

検索アルゴリズムとは

 

検索アルゴリズムとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに搭載されている「キーワードに対してどのような順番でWebページを並べるか」を決定する仕組みのことです。

 

Googleの検索アルゴリズムに関していえば、数百もの項目とされる「ランキングシグナル」という順位を決定するための要素によって構成されています。どのシグナルを重視するかといった細かい調整は毎日行われており、内部がどうなっているのかは一切明かされていません

 

「ランキングシグナル」の要素と思われる一例

  • タイトルにはどのようなキーワードが含まれているのか
  • コンテンツの内容がコピーされていたり、品質の低いものではないか
  • モバイル端末に最適化されているのか
  • コンテンツの表示速度は最適化されているのか

 

などといったものが考えられます。上記は、アルゴリズムのアップデートとして追加されたことをGoogleから発表されたのですが、基本的にはほとんど公開されていません。

 

詳細については、Googleの公式サイト「検索アルゴリズムの仕組み」をご覧ください。

 

GoogleとYahoo!の検索アルゴリズムは同じ

 

たまに、GoogleとYahoo!の検索アルゴリズムの違いについて聞かれるのですが、違いはほとんどありません

 

2010年から正式にGoogleはYahoo!に対して検索技術をライセンス提供しており、Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムを活用しながら独自の要素を追加して運用しています。

 

つまり、検索エンジンへの対策を考えるときには、まずGoogleのガイドラインを参照すれば、Yahoo!も同時にカバーすることができます。

 

>> Google Japan Blog | Yahoo! JAPANのより良い検索と広告サービスのために

 

ブログが検索エンジンに登録される仕組み

ブログが検索エンジンに登録される仕組み
ブログが検索エンジンに登録される仕組み

 

それでは、投稿したブログ記事が検索エンジンに登録されるまでの流れを解説していきます。

 

Googleの検索エンジンが検索順位を決めるまでには、以下の3つのポイントがあります。

 

  1. クローリング
  2. インデックス
  3. ランキング

 

1つずつ、具体的に何が行われているのかを解説していきます。

 

①:クローリング

 

クローリングとは、Webサイトの情報を集めるためのGoogleのプログラム「クローラー」がサイトを訪れて、記事の情報を集めることを意味します。

 

Web上には、このクローラーがたくさん存在していて、ひとつでも多くの記事を検索エンジン(Googleのデータベース)に登録するために、さまざまなサイトを動き回っています。

 

まずは、ブログや記事を作成したら「クローラーに訪れてもらうこと = クローリングされること」を理解しておきましょう。

 

②:インデックス

 

クローリングにて「クローラー」が情報を持ち帰り、Googleのデータベースに情報登録することを「インデックス」と呼びます。

 

③:ランキング

 

最後に、検索キーワードごとに最適な記事を最適な順位で表示するために、インデックスされた情報をランキング付けします。

 

GoogleのAIが導き出すアルゴリズムによって、200以上のさまざまな指標から「どのキーワードに対してどの記事が最適だろう」と選んでいるのです。

 

例えば、以下の指標などです。

 

  • URLが作られてからの年月はどれくらいか?
  • オリジナルのコンテンツか?
  • ページの表示速度はどれくらいか?
  • 頻繁に更新されているか?
  • タイトルや見出しにキーワードは入っているか?
  • サイト全体で同一ジャンルの情報はどれくらいか?

etc…

 

このランキングでは、アルゴリズムによって記事に点数が付けられて、その後検索順位に反映されるといった流れになっています。

 

Googleは頻繁に精度向上を行っている

 

Googleは、常に検索ユーザーにとって価値のあるサイトが検索上位に表示されるように「クローリング・インデックス・ランキング」のすべてを日々改善しています。

 

ランキングに関しても、常に低品質なサイトの順位を下げ、良質なサイトの順位を上げる目的でパンダアップデートが行われています。

 

また、Googleのアルゴリズムの隙間をついて無理やり検索順位を上げていたサイトを排除するためにペンギンアップデートが行われているそうです。

 

ブログ運営でやるべき3つの施策

ブログ運営でやるべき3つの施策
ブログ運営でやるべき3つの施策

 

ここでは、検索エンジンから適切に評価されるための施策や上位表示を狙うための施策をご紹介していきます。

 

基本となる正しいSEO対策は、以下の3つです。

 

  1. クローラー最適化
  2. インデックス最適化
  3. コンテンツ最適化

 

①:クローラー最適化

 

まずは、ブログにクローラーを呼び込むための施策をご紹介します。

 

クローラーは、リンクを辿ってWebサイトを巡るので、他サイトや自サイト内での回遊性を高める施策を打つ必要があります。

 

クローラーを呼び込むための4つの施策は、下記のとおりです。

 

1:Googleサーチコンソールの「インデックス登録をリクエスト」を使う

2:良質なコンテンツを作成して自然に被リンクを集める

3:内部リンクを貼り巡らせる

4:サイトマップを設置する

 

1つずつ、解説していきます。

 

1:Googleサーチコンソールの「インデックス登録をリクエスト」を使う

 

「インデックス登録をリクエスト」は、唯一の自分でクローラーを呼び込む手段です。

 

この機能は、Googleサーチコンソールで利用できるので、まだ利用したことがない人は、Googleサーチコンソールの設定方法と使い方を解説【ブログ運用改善には欠かせない】にて解説していますので、ぜひはじめてみてください。

 

2:良質なコンテンツを作成し自然に被リンクを集める

 

他サイトからあなたが作成した記事へのリンクを貼ってもらうことで、クローラーに訪れてもらいやすくなります。

 

ただし、他サイトから被リンクをもらうためには、良質なコンテンツを作り続けるしかありません。

 

記事の作り方については、ブログが簡単に書ける記事作成テンプレート【文章が読みやすくなる】にて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

3:内部リンクを貼り巡らせる

 

本記事でも、いくつかの内部リンクを貼っています。

 

内部リンクとは、関連する自社サイトのコンテンツが記事内に設置されたリンクのことです。

 

繰り返しになりますが、クローラーはインターネット上にあるリンクを移動しながら情報を集めています。

 

そのため「別記事で補足説明したい場面」などが出てきたときに、内部リンクを設置するとクローラーの回遊率を高めることができます。

 

4:サイトマップを設置する

 

サイトマップは「このサイトには、どんな記事が存在するのか?」をユーザーとクローラーの両方に対して分かりやすく伝えるものであり、クローラーがサイトを巡回しやすくする役割もあります。

 

②:インデックス最適化

 

インデックス時に重要になるのは、検索エンジンにとって分かりやすい構造になっているかどうかということです。

 

検索エンジンは機械であるため、記事内容を正確に伝えるには、ページのHTML構造を最適化する必要があります。

 

インデックス最適化で大切なことは、下記のとおりです。

 

  • 見出しや本文を適切な構造にする
  • 記事タイトルに検索キーワードを入れる
  • メタディクリプションにキーワードを入れる

 

例えば、本文が見出し(hタグ)だらけだったら、検索エンジンは「なにこれ?見出しどれ?」って困ります。

 

インデックス最適化として取り組むべきことは、ブログのSEO内部対策とは?【20のコツを徹底解説!】にて詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

③:コンテンツ最適化

 

最後に、1番重要なのは「ユーザーにとって良質なコンテンツを提供すること」にあります。

 

「クローラー最適化」や「インデックス最適化」は、マイナス評価を回避する施策であり、評価を高めるための施策ではありません。

 

もしも検索エンジンに適切な評価をされたとしても、そもそもコンテンツの質が低かったら、上位表示を狙うことは難しいです。

 

なお良質なコンテンツを作るためには、ユーザーの悩みに合わせた記事の作成方法を覚える必要があります。

 

ブログ記事の書き方については、ブログ記事の構成と書き方の型を解説【悩まず書ける!】にて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ:検索表示させるには検索エンジンを理解することが重要

検索表示させるには検索エンジンを理解することが重要
検索表示させるには検索エンジンを理解することが重要

 

今回は、ブログが検索エンジンに登録される仕組みや検索順位が決まるまでの流れを紹介してきました。

 

今回の記事内容をもう一度おさらいしておきましょう。

 

 ブログが検索エンジンに登録される3つの仕組み

  1. クローリング
  2. インデックス
  3. ランキング

 

 検索エンジンで上位表示を取るための3つの施策

  1. クローラー最適化
  2. インデックス最適化
  3. コンテンツ最適化

 

被リンクが多いほど、検索順位が高まると誤解しているのは非常に勿体ないです。

 

全く意味のない被リンクは無意味なので、本気でページの検索順位をあげたいのであれば、本当に行うべきなのは、コンテンツの最適化とインデックス最適化だと思います。

 

これが分からずに無謀な被リンク獲得で検索順位が落ちたり、ペナルティを受けたりするのは回避しましょう。

 

検索ユーザーは、自分が求める情報を手に入れるために検索エンジンを使います。

 

そして、Googleは検索ユーザーを満足させるために、最も良質なページが検索上位に表示されるように、日々改良を繰り返しています。

 

検索ユーザーにとって何の役にも立たない低品質なページの検索順位を無理やり上げようとするブラックハットSEOを行おうとしても、すぐにGoogleによってペナルティを受けるので、ユーザーにとって最高のコンテンツを作り提供するという王道のSEOを心がけましょう!

 

ブログを始めたい方へ

当ブログでは、副業でブログを始めた方ブログ初心者のに、分かりやすく簡単にブログ運営に関する有益な情報やノウハウ、問題の解決策を紹介しています。

  • ブログをこれから始める方は、コチラの記事をぜひご覧ください。

» 超初心者向けブログの始め方【完全ロードマップ】

  • また、初心者の方向けに10分でできるWordPressでのブログ立ち上げ方法も紹介しています。

»【超簡単】たった10分で出来るWordPress(ワードプレス)の始め方

ぜひ、この機会にブログ開設をご検討ください!

 

というわけで、

今回は「ブログが検索エンジンに登録される仕組みとは【検索順位が決まる流れ】」をまとめてみました。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。